しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




コメントについて:
他の読者に気づきを与えてくれるようなコメントをおねがいします。
以下のコメントは公開しません。
・名乗らない(あるいは「名無し」とか「通りすがり」といった名前)
・独り言(一文で終わるような文とか。コメントを返しにくいです)
・中傷
なお、メールアドレスは公開されません。

とある試合形式の練習でのこと。

Dさんはペン表なので、上回転のラリーが得意である。レシーブはあまり切れていないツッツキが多い。早い打点でポンとつっついてくる。その日の練習でも、「ポン」というツッツキを送られて、3球目でそれを私がバックドライブでオーバーミス。思ったほどツッツキが切れていなかったようだ。次の3球目でも同じようなツッツキがフォアに来たので、細心の注意を払ってフォアドライブでとにかく入れに行くゆるいドライブをかけたが、これもオーバーミス。

「なんなんだ、あのツッツキは!切れてないにもほどがある。」

サーブ権が相手に移って、次にまたこちらのサーブの番の時も、あのツッツキである。

「今度はもっと面を寝かせて思い切り打ってやる!」

とドライブをかけたが、これもオーバーミス。

「あ~イライラする。Dさん、いつの間にかペン粒か半粒に転向したんじゃなかろうか。」

そんなはずはなかった。そしてその後もツッツキをドライブで対処したらオーバーミスを連発してしまった。この試合に限らず、そういえば、私のツッツキ打ちは、ネットミスよりもオーバーミスのほうが圧倒的に多い。これは何か原因があるのではなかろうか。

Dさんのツッツキは、それほど切れていないというのは間違いない。そして打点が早くて、低くて、あまり深くない。ハーフロングというほどではないが、あまり台から長く出ない。そういうツッツキは台のエンド近くで上方向気味に擦り上げることになる。下回転を落とさないように、慎重に擦り上げるのだが、どうやらこれがオーバーミスの原因だったのではないかと今では思っている。

頂点でドライブ


低くて速いツッツキなので、差し込まれてつい打点が落ちてしまい、そこからドライブすると、どうしても前方向に余分に飛ばしがちである。前に飛ばさないようにループドライブをかければいいのだが、私は「落とさないように」というほうにばかり気が行ってしまって、「前に飛ばさないように」というところが疎かになっていたのだ。しかし、ナックル気味のボールをループで持ち上げるというのもおかしな話だ。上の図のようにふつうに頂点を狙って前にドライブしたらいいだけなのではないか。

そう思って頂点で前に振ると、当たり前だがふつうに入った。今まであまり打点を意識せずにその時々で、バラバラの打点でドライブをかけていたので、頂点でドライブしたり、頂点から落ちてきたところでドライブしたりして、安定しなかったのだということに気づいた。打点を常に頂点付近にしようと意識することによって安定性がかなり向上したように思う。

ただ、頂点を狙ってスイングをスタートさせてもうまくいかない場合がある。

「初中級者あるある」だが、自コートにボールがバウンドしてからバックスイングを取り始める人が多い。これでは時間的に余裕がなくなり、頂点に間に合わないのである。頂点をしっかり捉えたいなら、自コートにバウンドする前にバックスイングをスタートしなければならない。私の経験でいうと、私は練習始めのフォア打ちのときに、頂点を過ぎた打点でゆるく打つことに慣れてしまっていた。フォア打ちは頂点を打たなくても安定して入るものだから、自コートでのバウンドを合図にバックスイングを引き、頂点を過ぎたところで打球するという感覚が染み付いてしまっていたのである。今ではフォア打ちの段階から頂点を狙って速いボールを打つべきだと考えを改めた。

一方で、対下回転のドライブは頂点をやや過ぎてからと聞いたことがある。実際にプロの選手でも頂点を過ぎてからドライブしている人もいる。下の動画は松平賢二選手のカット打ちだが、頂点を過ぎてからドライブしている。私はカット打ちも頂点を打ったほうが安定するのだが、ブチ切れのカット打ちの場合は頂点じゃないほうがいいのだろうか?
カット打ち
「レジェンド松下さんのカットを…」
https://www.youtube.com/watch?v=dR-VQQzFUoc&t=169s

頂点過ぎを打ったほうがいい場合もあるのだろうが、私の場合、基本的に下回転でも上回転でも頂点で打つのが一番安定して速いショットが打てる。ネット動画などで頂点過ぎの打点を勧める意見をよく聞くが、あれは何か理由があるのだろうか。疑問である。

下の動画で横山氏が自身の下回転打ちについてコメントしている。

英田
「英田選手にバックドライブを教えてもらったら…」
https://www.youtube.com/watch?v=-9nEZ8siMRs

横山氏「全部(英田選手の)ボール重いな、下回転のボール。打球点落としすぎなんですね。僕、感覚でもそうなんですよ。落ちてきてからグッ、グッってしっかりかけようっていうちょっと昭和な卓球なんですよ。」

頂点過ぎをドライブするというのは、回転を強くかけたいときに有効なのかもしれない。


ウィンクがうまくできないというのは、脳の指令に関係があるらしい。

wink

下の記事によると、ウィンクができないのは、脳からの指令が片方のまぶたに送られた時、それがもう片方のまぶたにも伝わってしまうからなのだという。

http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/285239.html

たとえば左まぶたを閉じるように脳が指令を出すと、その指令が右まぶたにも漏れ?伝わってしまい、「つられて」右まぶたも閉じてしまうのだという。

これで思い出すのが、ずいぶん前の記事「ロケット理論」である。
ロケット理論とは、野球のピッチングの理論であり、簡単に言うと、

体の各部分(1)脚、(2)腰、(3)肩、(4)腕、(5)手、を同時に動かしてはいけないのです。5段ロケットのように(1)から(5)へと順に動かしていかないといけない

ということなのだが、私はこれを(1)から(5)へと順番に力を込めていくのだと誤解していた。下半身から力を込め初め、最後にラケットを握る手に力を込めるという具合に。しかし、そうするとかなり時間がかかるのである。特に腕から手に力を込めると、打ち終わった後もしばらく硬直時間があって、次のアクションに移れない。

それを最近はフォアドライブで2点だけに力を入れるようにしたら、次のアクションに素早く移れるようになり、フォアドライブ連打に対応しやすくなった。

フォアドライブを打つ時、右足の付根にグーッと力を込めて、右腕の付け根あたりに一瞬力を入れるだけで打つと、その前後の各部位も「つられて」動くのである。各部位に順番に力を込めていくのと、2点だけを意識してフォアドライブを打つのを比べると、発動時間も硬直時間もかなり違う。しかも、右腕の付け根だけに力を込めようとすれば、上腕・前腕ともに脱力でき、スイングスピードも速くなるように感じられる。

これはフットワークでも同じかもしれない。足の各部位に順番に力を込めるのではなく、例えば足の付け根だけに(あるいは付け根と膝の2点だけに)一瞬力を込めて動くことで、素早さが向上するかもしれない(まだ検証はしていないが)

このように力を込める点を絞り、身体の「つられ」をうまく利用することで、素早く身体を操れるのではないだろうか。

以上、細かいことだが、最近気づいたことである。

このページのトップヘ