しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




卓球理論

当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

「面を開いてドライブ」は間違い?――水谷隼選手の技術論

私は水谷隼選手の大ファンである。

私が部活で卓球をしていて頃は、田舎の中学生であり、国際大会や全国大会観戦などには縁もなく、ビデオなどで有名選手をみることもなかった(小学生の時、一度バタフライの合宿で伊藤繁雄氏に会ったはずだが、ほとんど覚えていない)。当時の私にとって有名選手というのは、名前と写真の印象しかなく、リアルな存在ではなかった。
それが中年になって卓球を再開した頃には、神戸のジャパン・オープンを観戦に行ったり、大阪で日本リーグをやっていたり、youtubeでいくらでも有名選手のプレーが観られたりする環境になっていた。

私が初めて世界レベルの卓球を目の当たりにし、興奮させられたのは水谷選手のプレーであった。それ以来、水谷選手が私にとっての卓球のシンボルともいうべき存在になったのだ。

autograph
もちろんサインだって持っている。

大ファンなので、今でも欠かさず水谷隼選手のブログを見ているのだが、1~2週間前の記事で水谷選手が読者からの技術的な質問に対してコメントを返していてビックリした。その前回の記事「バカヤロー」のコメントへの回答だったのだが、水谷選手のこんな対応は極めて稀だ。水谷選手はブログでは基本的に技術的な質問コメントには回答しない立場だと思われる。
もちろん、それに対して文句を言うつもりなど毛頭ない。水谷選手は卓球のプレーでファンに応えてくれれば十分だと思うし、素人のコメントや質問に対する返信や回答に水谷選手の貴重な時間を費やしてほしくないと思う。

それにしても、水谷選手に技術的な質問を答えてもらえるなんてうらやましい。
水谷選手は非常に基本的な初中級者向けの質問にさえ答えている。

Q1 カットマンに勝つ方法は?
A1 相手のラバーが裏の場合。(全部バック側が前提です)
とにかくループドライブしてください。めっちゃゆっくりのドライブ。山なりであるだけ良いです。回転をおもいっきりかければさらに◎ 

Q2 深いツッツキのいい打ち方は?
A2 ツッツキは自分の台についてからボールが止まる(失速)ので焦らないことが大事です。たぶん焦って手が先にでてるはずです。


Q3 チキータが安定しない。
A3  とにかくゆっくりで良いので回転かけることです。当たる瞬間にだけおもいっきり力いれてください。

A2の解答などは、目からうろこだった。そういえば、速くて深いツッツキが来た時は、焦って手打ちになりがちだ。半歩下がって落ち着いてループドライブで対処すればいいのかもしれない。

より高度?な技術的な質問にも回答してくれている。

Q4 3球目を持ち上げてドライブしてしまう。前方にドライブするには?
A4 特に気にすることはないですよ。ティモボルは持ち上げるドライブがほとんどです。ただ強烈にスピンをかけるように意識してください。


ループドライブはつなぎのドライブで、スピードドライブは攻撃的なドライブという先入観があったが、持ち上げるループ気味のドライブでも、回転さえかければ、十分戦えるらしい。しかしこの見解は本当に信用できるのだろうか。やはりスピードドライブがなければ試合では相当不利になるのではないか…といっても、この「持ち上げるドライブだけで大丈夫」という見解を否定するのは至難の業だ。なにせこの見解は、当世の日本卓球の第一人者、世界ランキング10位(2014年4月現在)の水谷選手の見解なのだから。

また、次のような見解もあった。

Q5 試合になると、サーブが高く、長くなってしまう。
A5 僕も練習よりはサーブ切ることができないですし台からでたりします。台からださないためにはトスを低くしたりストレートにサーブだしたりします

サービスを短くし、台から出さないためには距離の長いクロスに出すべきではないのか…。しかし水谷選手が言うのだから、ストレートに出すというのはサービスを短くするのに有効であるのに違いない。

Q6 チキータができなければ全国を目指すのは難しいか?
A6 チキータできなくても大丈夫ですよ。僕も下手ですし。

Q7 ドライブがいつもカーブになってしまう。
A7 手首を開いて打てばシュートになります。オススメはしません

A6についてだが、一体これはどういうことだろう?世間では現代卓球(中級者レベルでさえ)ではチキータぐらい使えるべきだという論調ではないか。それどころか「チキータはもう古い、これからは台上バックドライブを身につけないと試合では勝てなくなる」みたいな雰囲気ではないか。我々初中級者なら、チキータができなくてもなんとか戦えるかもしれない。しかし、水谷選手は全国大会でも(ひいては国際大会でも)チキータができなくても勝てるというのだ。たしかに水谷選手が台上処理でチキータや台上ドライブを頻用している印象はない。

さらにA7の「手首を開いて打」つことは勧められない!?そんなバカな!?世間の指導者は口をそろえて「面を開いてドライブを打て」「相手にフォア面を見せるように打て」と言っているではないか。これは間違いなのだろうか。たしかに水谷選手が面を開いてドライブを打っているのをあまりみたことがない。どうして「オススメできない」のか。その理由を詳しく知りたい。
 
このように水谷選手の見解は世間の指導者やメディアの見解と正反対の場合があるのだが、水谷選手の技術論が間違っているとは思えない。なぜなら誰もが認める日本一、そして世界有数の卓球名人なのだから。とすると、世間の指導者やかつてのトップ選手の方が間違っているということになるのだろうか…。

以前、拙稿「卓球における近代的自我の目覚め」で同じようなことを考察した。おそらく水谷選手の技術論も、世間の指導者の技術論もどちらもイデオロギーに過ぎず、「真理」ではないのだろう。時と場合によってどちらも「正解」になりうるし、一方が他方を排除するという関係ではなく、巨視的に言うと、どちらも「正解」なのかもしれない。そういえば、Q4「3球目を持ち上げてドライブしてしまう。前方にドライブするには?」というのも、80年代にあった議論ではなかったか(記憶が曖昧なので、間違っていたらごめんなさい)

当時、日本国内では圧倒的強さを誇る斎藤清氏が国際大会ではほとんど勝てなかった。それは低い打点からの持ち上げるドライブだったため、中国選手のスピードについていけないためだったと記憶している。それで「前陣でもっと早い打点で速いドライブを打たなければ世界では通用しない」などと言われたものだ。それで打点を落とす持ち上げるドライブは「間違い」あるいは「古い」ということになっていたのだが、水谷選手は現代では持ち上げるドライブ主体でも勝てると言っているのだ。

それにつけても卓球の理論や指導というのは一筋縄ではいかないと感じる。一方が正しくて他方は間違いだと単純に切り捨てることはできないだろうし、古いスタイルの卓球が装いを改めて現代でも通用したりする。水谷選手の解答がそういうことを浮き彫りにしてくれた。私にはこのような矛盾をどう整理すればいいのか分からない。一つの理論に拘泥するのではなく、そのときの条件に応じて臨機応変に諸理論のいいところを取り入れるという態度をとるしかなさそうだ。諸家の理論は「仁義の心」(前記事「馬琳選手の言葉」)が行動に現れたものに過ぎないと、突き放して眺めるぐらいの態度がちょうどいいのかもしれない。なんとも後味の悪い結論で申し訳ない。

【付記】
以前、英語のネイティブの人に水谷選手のブログのタイトル"Single-mindedly Table Tennis"は「卓球一筋」の英訳としてはあまりぴったりではないと言われた。それよりも以下の二つの方がぴったりなのではないかという。

(ア)Dedicated to Table Tennis
仕事として、卓球のためにはどんな苦労も厭わないといった感じ。たとえば、料理人が最高の食材を求めて、アフリカの奥地にまで訪れる、といったイメージ。

(イ)Devoted to Table Tennis
卓球を愛していて、卓球のためにすべてを捧げるといった感じ。恋愛のシチュエーションで使われやすく、女性などに対して忠誠を誓い、浮気をしないで、あなただけを大事にする、といったイメージ。

水谷選手にご検討いただきたい。

これぞ四つのかなめなりける――ドライブの安定性を高める方法

「誰でもグングン卓球が上達する!」

などと、よくブラウザの隅に広告が表示されるのを見かけるのだが、ああいう広告には一切手を出さないようにしている。「誰でも」というのも怪しいし、「グングン」というのはもっと怪しい。何年も卓球に熱心に取り組んでいる私のような下手っぴが一向に上達しないのに、そんなうまい話などあるわけないと思うのだ。

「1ヶ月でみるみる痩せる!」

とか

「寝室に響きわたるオットセイの雄叫び」

などという広告と同断で、広告の説明文を読む前から「絶対だまされるまい」と身構えてしまう(別に私は肥満や精力減退に悩んでいるわけではない)

topgear
 下山隆敬選手や松平賢二選手も飲んでいるのだろうか。

img_1
効き目があるかどうかはともかく、思わず見入ってしまう…

「若いころはドライブなんて軽々と入ったし、力がみなぎっていた。ミスを恐れるなんて考えられなかった。しかし今の私ときたら…。もう一度あの頃の自信を取り戻したい!」(上の広告に影響され過ぎか)

こんな嘆きを解決する方法を見つけたのだ。それは私のブラウザの隅にしょっちゅう表示されていたバナー広告で紹介されているDVD「試合に勝つための”必須”スキル」にあった。

dvd_set

講師の藤井貴文氏というのは、「シェークハンズ」内のブログで名前だけは知っていたが、「卓球三昧」という卓球教室の代表をつとめている、有名な指導者だという(先日、高田馬場に行った時に訪れてみればよかった…)。のみならず、全日本選手権シングルスベスト32という輝かしい戦績も残している。

藤井氏はフォアドライブを安定して入れるには以下の4つの条件があると主張する。

打球点
ラケットの角度
ラケットの振る方向
スイングスピード

下の図を見れば、一目瞭然である。何も説明はいらない。

p6
“打点が下がるほど、スイングスピードは遅くなります”

指導はできるだけシンプルなのがいい。ドライブの打ち方をこんなにシンプルに美しく法則化してくれると、安定性を高めるのに大いに役立つだろう。

おそらく私はCあたりの打球点と角度でドライブをかけることが多いと思う。ここでは約70%ほどのスイングスピードが要求されるが、私はときには50%、ときには90%のスイングスピードと、バラバラのスイングスピードで打ってしまったために不安定になったわけなのだ。もしCの打点でとっさに70%のスイングスピードで打てず――スイングにスピードが乗らず、ネットミスをしたのなら、次に同じような場面に遭った場合は、打点を遅らせるとともに、ブレードの角度を開けば――無理にCで打たず、BやAの打点と角度まで待って打てばスイングが間に合い安定するというわけだ。私の場合、このようなミスをフィードバックする際に、ネットにかかったのは、スイングスピードが足りなかったせいだと、むやみに力を入れて振り切ろうとすると同時に打球点も早めてしまったり、ブレードの角度も支離滅裂にいろいろいじくりまわしてしまうために安定感がなかったのだと思われる。

しかし、このようにストロークを4つの要素に分析し、それらのバランスが取れるよう一定の法則に従って自分の打法を調整していけば、ドライブの安定性は飛躍的に高まると思われる。

これまでバナー広告の商品は信用できないと敬遠していたけれど、これはちょっと観てみたくなる。

しかし、「試合に勝つための”必須”スキル」は3枚のDVDで構成されており、税・送料込で約15000円…。1枚約5000円…。
これは藤井氏の1時間の個人指導の料金5000円に基づいての価格設定なのだという。たしかに個人指導を何度か受けたと思えば15000円はそれほど高くない。

しかし、15000円あれば…

010244b
インナーフォースZLC

016405b
水谷隼

03301203_4d929d9dd1616
ローズウッドNCT-V

02121721_4b750f7574ca9
エバンホルツNCT-VII

06160210_4fdb6c9d16766
インテンシティカーボン

12301246_52c0ecb35e3d6
アコースティック・カーボン

高級ラケット、よりどりみどりである。

「DVDなんて1枚の原価はわずか数10円なんだから、15000円なんて、暴利を貪りすぎだろう」という批判は当たらない。村上春樹氏の小説のように世界的に広い層に売れる商品なら、1冊1500円でも作者のふところにかなりの印税が入るだろうが、卓球DVDという限られた層をターゲットした商品では、利益は知れている。藤井氏には印税のようなものはほとんど支払われないと思われる。それどころか逆に藤井氏の方でいくらか支払ってDVDを出してもらった可能性さえ考えられる(あるいは作者に100セット=150万円分買わせて、教室でさばかせるとか)。つまり赤字である。卓球のメソッドは、指導者にとって商売道具であり、飲食店で言えば、秘伝のレシピである。1枚5000円のDVDで、その「秘伝のレシピ」を教えてもらえるのなら、決して高い買い物ではない。われわれは藤井氏の長年の経験と研鑽に敬意を表すべきだ。

…とはいうものの、指導者ではない私にとって1枚5000円はなかなか手が出ない。15000円の高級ラケットを所有し、触れて、打てて、眺められるという誘惑にも抗いがたい…。

とりあえず毎月2000円ずつ貯金してみようかな。

【追記】140511
「オルニチン」の新しい広告を見つけたので、貼っておく。
この広告のファンになってしまった。

3d52969cc18ba9c6fd89fc281eecab5e
f37d7eafa4954c1a11b121e2235da628

 SnapCrab_NoName_2013-10-15_7-25-2_No-00


2cd1df07e17cfc81e33891d8b6bb4a58_400ftsrfxo1uqykth_uymug-a

現代卓球指導必携――「超効くコツ!!」を観て

DVD「超効くコツ!!」2011年(卓球王国)を観た。

d040

これは、一言で言えば、ワンポイント・アドバイスの集大成である。
基本打法から台上処理、フットワークや身体の使い方といった初中級者が躓く点についての上達のコツが79も収録されている。シェーク向けが中心だが、監修者の一人、見目剛廣氏が中ペンだからか、ペン向けの指導も多少収録されている。バック表向けのコツが2つあったが、カットや粒高向けのコツはなかった。時間は115分ほどで、3500円。通常のビデオが60分ほどだと考えると、非常にコストパフォーマンスが高い。おすすめというより、これは卓球人なら必ず観ておかなければならない基本文献だと思われる。

私が以下の前記事で考察してきたことの「答え」はすでにここにあったのだ。

ぴょんぴょん
振り遅れについての考察
ラケットのニュートラルポジション
このバックハンド、変じゃないですか?

どのコツもなるほどと思わせるものばかりで、「捨てコツ」がない。非常に内容が濃い。ここに紹介されていることをそのまま指導に取り入れれば、私でも初中級者の指導ができそうな気がする(あくまでも「形にはなりそう」という程度だが)。

演出もわかりやすい。
kotu01
スローモーションと同時に現れる字幕と矢印などの効果がわかりやすい。

kotu02
いい例と悪い例の比較動画もわかりやすい。

kotu03
コツだけでなく、悪いフォームの矯正法・練習法もわずかだが紹介されている。

kotu04
「悪い例」があまり上手でないのはご愛嬌。

そうか、世の指導者はこういうものを基礎にして、自分なりにアレンジして指導しているわけか。
ここに紹介されているコツをしっかり身につけることができれば、安定した卓球ができるようになるだろう。

ただ、注意しなければならないのは、これだけいろいろなコツが詰め込まれていると、観ただけで分かったつもりになってしまうのではないかということだ。本来、この一つ一つのコツを身体で覚えるためには一つのコツにつき数時間の練習時間が必要かと思われる。習得には長い時間が必要だ。

考え方や到達点は示されている。あとはこれを血肉となるまで身体に覚え込ませられるよう練習メニューを工夫することだ。
 

卓球における近代的自我の目覚め

前近代の家父長制度の中で、個人はイエの一部だった。伝統的な価値観――年長者を敬い、長男は親の跡を継ぎ、親の決めた相手と結婚し、女は男に従い、男の子を産み、序列に従い、身分相応に生きる…といった価値観を信じた、というより、その枠組みが当時は絶対的で、枠組み――イデオロギーの存在に気づく人が少なかったということかもしれない。しかし近代になって個人は近代的自我に目覚めた。今までは世界の一部として組み込まれていた自分が、世界と対等になり、世界を「見る」存在として現れてきた。「女が男に従う理由はない」「葬式とか墓参りって意味あるの?」「結婚しなくてもいいじゃない?」――伝統的な価値観にとらわれず、いいか悪いかは自分で――理性で決める。こうして権威や封建的な価値観が次々と崩れ始めた。

しかし、実際にやってみると、自分の生き方をすべて理性的に判断して決めるというのはけっこうしんどいものだ。このような自由という名の自己責任に現代人はとまどっているように見える。昔だったら何も考えず親の跡を継いだり、地元で無難に就職。「運命の人」ではない、平凡な相手と結婚。それが今では自分らしい生き方を求めての自分探しとモラトリアムの果てに、進むべき道が見いだせず、行き詰まってしまう人が大勢いる。イエの一部ではない、独立した個としての自分の目覚めが自分の進むべき方向を見失わせてしまった。自我に目覚めてしまった現代人は、何ものにも依存できず、孤独で不安で疑心暗鬼になってしまっている。かといって前近代の価値観にはとらわれたくない。それで宮﨑駿的な自然への回帰・崇拝に安らぎと救いを求めるようになる…そんな山崎正和氏の評論を読んだ(たぶん細部では誤読しているかと思うが、だいたいそんな内容だった)。

yamazaki


これは前記事「WRM高田馬場店への行き方」の店員さんの話の続きなのだが、店員さんは「いい」用具というのは結局人それぞれだから、万人に対して「いい」用具などというものはない、ということだった。5枚合板よりカーボンラケットのほうがいいラケットで、ペンならヒノキ単板が一番。そういう価値観を「どうして?」と疑い、自分の理性で改めて「いい」かどうかを判断する。

こういう社会意識の変遷は普遍的にさまざまな領域で起こりうることだろう。

日本卓球における前近代は50~70年代まで――日本が世界のトップレベルにあった時代だろうか。フォア主体、フットワーク重視で動きまわり、膝と腰を使ってドライブやスマッシュで決めるという伝統的な価値観にとらわれすぎたために80~90年代の長い低迷期に苦しんだ日本卓球は、次第に前近代の伝統的な価値観に疑問の目を向けそれを否定し始めた。「バックハンドを積極的に使わなければ勝機はない」「手打ちにもメリットがある」「三歩動はもう古い」。そして新しい「正解」がメディアによって様々な指導者から示されている。

A権威・束縛→B理性・自由→C不安・孤独→D自然?
                          →A新しい権威?

今は、BとCの段階だろうか。そして次にD「自然」の段階にいたるのか。しかし、卓球において「自然」に相当するものはなにか?勝ち負けにこだわらず、それぞれが自分なりに楽しむということかもしれない。あるいは別のEやFの段階が現れてくるのかもしれないし、またループしてAに戻るのかもしれない(これが一番可能性が高い)。たとえば現在、圧倒的な強さを誇る中国の卓球理論が新しい権威になって、それに従う時代がしばらく続き、また「どうして?」という疑問によって権威が否定され…という流れになるのかもしれない。

また長々と要領を得ない、独りよがりになってしまったが、ようするに山崎氏の評論を読んで、卓球にも同じことが言えるのではないか、「正しい」理論というのものが、「古臭い」理論を駆逐していつの時代にも現れるが、それらはどれもイデオロギーであって、「間違っている」と主張する新しい理論もいずれ「間違っている」と批判される日がくるし、逆に駆逐された「古臭い」理論の中にも学ぶべきことが多いのだから、現在支配的な指導理論が絶対とは言えない、ということを考えたわけである。
最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ