しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




力の抜き方

当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

緊張と弛緩―力の抜きどころ

上手な大学生と練習させてもらった時にこんなことを聞いてみた。

「そんなに上手なのに、どうして大学で卓球部に入らなかったんですか?」

その人は、小・中・高とがっつり卓球をやって、県でも上位に入れるような成績を残した人だった。

「小・中・高・大と、ずっと卓球漬けというのもなんだか虚しいじゃないですか?全国で上位を狙えるわけでもないし、大学時代のときぐらい、卓球のことを忘れて、他のことにも取り組んでみたいですよ。」

なんだか、どこかで聞いたことのある言葉だ(「あたし、ついていけそうもない…」)。なるほど、このぐらいのレベルの人ともなると、全国レベルの選手の強さを知っていて、そういう人たちには逆立ちしても敵わないということを身をもって知っているのだろう。あるいは満足の行くまで卓球をやったという充実感があるのかもしれない。

「週1回ぐらい、運動不足解消を兼ねたレクリエーションとして卓球するだけで十分です。」

私が今、熱心に卓球に取り組んでいるのは、小中までしか卓球をやらず、社会人になって卓球を再開するまでの20年ほどの空白期間があったからだと思う。空白期間が長かったからこそ、それを補おうと、今熱心に卓球をしているように思う。
逆に小・中・高・大まで、すきまなく卓球をやった人は、もうこれ以上強くならないので、ほどほどでいいという気分になるようだ。 恋愛関係にも「長すぎる春」という言葉があるように、モチベーションというものも、途中に区切りや空白がないと、長く持続させることが難しいものである。

最近、スイング時に前腕が痛くなってくる。腕に力が入りすぎているのだ。ボールに効率的に力を伝えたいと思うあまり、始終力を込めてしまうせいらしい。よく指導者に手に力が入っていると指摘されるのだが、力の入れどころというのは、力の抜きどころがあって初めて成立するものである。効率的な力の伝達というのは、入れどころと抜きどころのメリハリがはっきりしていなければならないだろう。ずっと力を入れ続けていたら、そこにさらに力を入れることはむずかしいし、モチベーションと同じで、ずっと力を入れ続けていたら、持続しない。

フットワークも同様かもしれない。全力で左右に移動し、全力で元の位置に戻るということを続けていたら、全力で動いたさらにその上に力を加えることはできないから、あまり素早く動けず、停滞してしまう。また下半身に意識が集中しすぎて、上半身が疎かになってしまう。左に回り込んだ後、右に移動するといった場合、たとえば、左への第1歩だけに力を込めて、2、3歩目は力を抜き、次の右への1歩目にはグイッと力を込めて、2、3歩目は力を抜くというふうにメリハリをつけなければ、流れるような素早いフットワークにはならない気がする。

力を入れる方法についてはいろいろな意見や工夫を聞いたことがあるが、積極的に力を抜く方法についてはそれほど注目されていないように思う。しかし、緊張と弛緩は相補う関係なので、どちらか一方だけでは機能しない。聞く人がいなければ、話す人が存在できないように、力の抜き方を知ることが力の入れ方を知ることでもあるのではなかろうか。

スイングにおける力の抜き方に関しては、以下のブログに興味深い練習法が紹介してあった。
力を抜いて入れるの感覚
ラケットを使わず、手でボールをキャッチするという練習法らしい。今度試してみたい。
 

右尻に力を込めて

強いボールを打つためには力を一点に集中しなければならない。
一般的にはスポーツでは臍下丹田に力を込めるといいと言われている。
卓球ではどうなのだろうか?

最近以下のブログを読み返してみた。
今では更新が止まっていて、遺跡のようになっているが、いろいろ興味深い記述がある。

「捻る」

> 膝を曲げて腰をラケットハンドがへ捻っていくとある地点で股関?のあたりがハマるというかロックされてそれ以上動かしづらい位置があります(そのときラケットハンド側のお尻はかなり張っている)ここが腰を捻って卓球に最適な力を生み出す位置になります。
> なのでここまで腰を捻ってから腰を押し出すことでボールに力が大きく加わります!

尻か!右の。

上の説明では「腰を押し出」して力を込めるように書いてあるが、腰に力を込めるというのはイメージしづらい。おしりならそれがイメージしやすい。私は実際に右のおしりに力を込めてスイングしてみたが、イイ感じだった。

スイングをするときに力を込める点がどこかにないと落ち着かない。普段は前腕に力を込めて振っているのだが、そうすると力んでしまい、腕がつかれてしまう。不必要に腕に力が入りすぎている感じだ。それよりもおしりのほうがずっとスマートに振れる感じがする。

そして振る前は「パワーポジション」という姿勢でいるのがいいらしい。
『卓球王国』2013年4月号「体幹トレーニング」によると、「股関節・膝関節・足首の関節が屈折し、骨盤が立っている状態」だそうだ。要するに腰を曲げずに軽く各関節を曲げた状態らしい。その姿勢を基本姿勢として、右尻に力を込めて打つのだ。

反対に力を抜くところはないのだろうか。先のブログでは

サービスに回転をかけるコツ!

サービスのときは指先だけに力を入れてラケットを握るといいと書いてある。
要するに手首の力を抜けということだろうか。これはサービスだけに限らず、いろいろなスイングでも応用できるのではないだろうか。実際に手首の力を抜いてYGサービスをしてみると、とんでもなく速く振れる。

野平直孝氏の『卓球―基本から戦術まで』(日東書院)にも以下の記述がある。

卓球の天才、とはどういうことだろうか。僕は、指の力を抜いた状態でラケットコントロールができる人が天才だと思う。指に力が入るとヒジにも、肩にも力がはいるものだ。【中略】指によけいな力が入らない”天才”は、インパクトまでラケットはゆるく、不安定で、その瞬間だけぴしっとタイミングを合わせることができる。打つ瞬間までよけいな力が入らないから、腕はムチのようにしなり、スイングのスピードが非常に速い。

つまり、スイング中は腕の力を抜いて、インパクトの瞬間だけ指だけに力を込めるのがいいらしい。

まとめ
卓球では腕や手首、指に不必要に力を込めるのはよくないらしい。そうではなく、腰や尻に力を込めて、インパクトの瞬間だけ指に力を入れてフォアを振れば、速くていいボールが打てるようだ。

【追記】
先日、ラージをやった。ラージは腕に力を込めて振ると、かえってボールがネットに引っかかってしまったりするものだ。そこで、インパクトの瞬間に腕の力を抜いて振ってみたところ、イイ感じだった。このことも検証を重ねて後日報告してみたい。

【追記2】
「バタフライコミュニティー」にある「エキスパートに聞こう」で岩崎清信氏が腰を使ってドライブする方法について以下のように述べている。

体を使ってスイングするために重要なポイントは、体重が乗っている軸足(右足)を大きく蹴り上げることでスイングをスタートさせることです。右足を蹴った勢いで左足が浮き、右足がつま先立ちになるイメージで振りましょう。
振り始めるときは、どうしてもラケットを持っている右腕や上半身を意識しがちです。しかし、これでは上半身と下半身がバラバラになりやすく、せっかくためた体の力を生かせません。
下半身を軸にして始動することで、まるで"でんでん太鼓"のように腰、肩、腕がスムーズに連動しやすくなります。

「右足がつま先立ちになる」「でんでん太鼓」という比喩を使って表現しているのが素晴らしい。指導経験の豊富な人はイメージの伝え方が秀逸だ。
最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ