しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




随筆

当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

夏休み 横須賀・横浜散歩

お盆休みで練習も休み。卓球ができない。あ~せっかく先週つかんだ感覚を忘れてしまう…。

しかたがないので、帰省がてら旅行に行ってきた。行き先は横浜、横須賀である。

東京で卓球教室の個人レッスンを受けるというのも考えたのだが、ペン両面のコーチというのがかなり限られている。青春MIクラブの伴誠也コーチ、TOM卓球倶楽部の見目剛廣コーチなどが有名だが、予約をとったり、スケジュールを調べたりするのがおっくうで、今回は完全に卓球なしの旅行になってしまった。日本各地の卓球教室の情報にアクセスできる「食べログ」のようなサイトがあればと強く思った。

以下、私の観光の記録である。卓球は出てこない。神奈川観光を考えている人の参考にでもなればと思う。
---------------
まず新横浜駅で降りて、浦賀を目指す。
浦賀というのはペリーが上陸したことで有名だが、あまり話題に上らない。どんなところか見てみたかった。

横浜駅で京急に乗り換え、浦賀駅に到着。
121616_29-01higashiuraga

なんだか思ったより鄙びた感じだった。ちょっと歩いていくと、海が見え、浦賀ドック(の跡)という入り江があった。
img_26728

このあたりに黒船がやってきたのだろうか。

そしてしばらく歩くと、どうやら「ペリー公園」という公園があり、そこに黒船関係の記念館があるということがわかる。ペリーが初めて上陸したのはこのペリー公園のある久里浜という海岸らしいのだが、そこまで4キロもある。浦賀駅ではなく、むしろ久里浜駅で降りたほうがよかったようだ。

ペリー公園を目指して海沿いの道を歩く。風光明媚なところであるが、日差しがきつい。途中のコンビニで休息を取り、丘を上り、トンネルを抜けると、そこが久里浜だった。

650x_34209212

こぢんまりした砂浜があり、大きな観光船が行き来している。家族連れなども来ていて、海水浴もできるようだ。あまり混んでいなかった。

そのすぐ近くにペリー公園があった。
ペリー公園

ただの公園なのだが、一角にペリー記念館がある。入場無料である。そのなかのジオラマがとてもよくできていて、在りし日を偲ばせてくれた。館内の説明も簡にして要を得ており、勉強になった。

それから京急久里浜駅まで歩く。少し距離があった。駅前は浦賀駅よりもずっとにぎやかだった。浦賀駅ではなく、久里浜駅で降るべきだったかとはじめは思ったが、浦賀駅から自分の足で久里浜まで歩いて、実際の距離感を知ることができたので、やはり浦賀で降りてよかった。

京急に乗って汐入という駅で降りる。どぶ板通りを歩く。昼間なので、あまり人が多くない。ハンバーガーの店があちこちにあるが、そのハンバーガーが1個1000円以上する特大サイズなので驚いた。米軍の払い下げ品なども売っていたが、横須賀といえばスカジャン。ちょっと興味があって店に入ってみたが、1着2~3万円もするので、すごすごと立ち去った。

どぶ板通り

どぶ板通りを抜けて、北東に向かうと三笠公園がある。
mikasa-park

はじめは行き方がわからず迷ってしまい、近くのコンビニで道を聞いたところ、米軍基地の入り口を横に抜ける道があり、そこから三笠公園に行けるのだった。

東郷平八郎率いる連合艦隊が日本海海戦で歴史的な勝利を収めた時の旗艦「三笠」。その実際の戦艦を保存したのがこの三笠公園である。
三笠

ガイドさんの説明を聞きながら、日露戦争の往時に思いを馳せた。館内にはVRで日本海海戦を体験できる設備があり、試してみたが、おもしろかった。

近くの無人島、猿島に行く船があったが、疲れ果ててしまったので、また次の機会に訪れるとしよう。近代の歴史を満喫して、満足な一日だった。

その晩はホテルで一泊し、翌朝、横浜の金沢文庫を訪れることにした。

ホテルはシーサイドラインという路線の沿線だったので、「海の公園柴口」という駅から称名寺まで歩く。この「海の公園」というところへは行かなかったが、海水浴に適しているようだった。近くには八景島という水族館のようなテーマパークもあって、家族連れで楽しめそうだった。

称名寺

称名寺は小綺麗にしてはあったが、往時のさびれた寺の風情も遺していて好感が持てた。周りに店などもほとんどない閑静な住宅地の中にある。こんな場所に住んでみたいなぁ。

仁王様
山門の仁王様

境内の端にある隧道を抜けると、
隧道

金沢文庫があった。
金沢文庫

古い資料などを見ると、よく「金沢文庫本」などと記してあるので、どんなところか見てみたかったのだ。中に入ると、思ったよりも小さく、展示も漢籍に偏っており、専門家でもなければあまり楽しめない雰囲気。学芸員さんに所蔵の資料について尋ねてみた。

学「中世期に資料を保存しているところというのが、そもそも貴重だったので、金沢文庫には非常に価値の高い善本が集まっていたんです。そして金沢文庫というのが一つのブランドになってしまい、金沢文庫の所蔵印が押してあればそれだけで価値が上がるという風潮になってしまいました。」

学「その後、北条氏の力がなくなると、金沢文庫の管理をする人がいなくなり、隣の称名寺が管理することになったのですが、戦国時代に力のある大名たちが金沢文庫から価値の高い資料を持ち出してしまい、全国各地に流出してしまったんです。」

し「というと、今現在金沢文庫に残っているのは、保存状態が悪くて、大名が持ち出そうとしなかった本ばかりということですか?」

学「う~ん…。」(一概に言えないらしい)

し「関東には足利学校もありますが、足利学校との交流なんかもあったんでしょうか?」

学「足利学校も金沢文庫から本をごっそり持ち出したんですよ。」

----------
細かいところでは覚え違いもあるかもしれないが、だいたい上記のような説明だった。細川幽斎の古今伝授の例もあることだし、戦国時代に地方の侍が稀覯本に群がったのは容易に想像できる。金沢文庫というのはブランドとしては一流だが、かつての輝きをほとんど失ってしまったようだ。といっても、国宝に指定された資料がまだ数多く残っている。

以上、一昨年に続き(「鎌倉散歩」)、今回、神奈川県を訪れたわけだが、神奈川県は観光地として非常に魅力的である。卓球教室などが充実していれば、改めて神奈川県を訪れてみたい。


「足で打つ」とは――フットワーク練習の意味

全国レベルの学生たちが練習しているところへ監督的な人が「足で打て!」と叫んでいるのを聞いたことがある。しかし、禅問答ではあるまいし、足でボールなど打てるものだろうか。そんなはずがあるわけ…。

いや、もしかしたら、私は脳が衰え、硬化しているから理解できないだけで、実際は足で打球できるのかもしれない。

ネットで検索してみると、あるはあるは。
ゴルフ、テニス、剣道、バスケ、ボクシング…多くのスポーツで「足で打つ」ということが推奨されている。

足で打つといっても、いろいろな解釈がある。

A フットワークを使って、ボールの近くまで行って打つ。
B 手から先に行かないで、しっかりと踏み込んでから打つ。
C 足で床を蹴る力をラケットに伝えて打つ。
D 体重移動で上半身を揺らすことによって打つ。腕の力を抜く。

Aはないだろう。もしAなら「足で打つ」ではなくて「足を使って打つ」になるのではないだろうか。
Bは「手からではなくて、足から動かす」という順序についてである。これは私も最近意識しているので、このBの解釈は私の中では有力である。
Cはゴルフやテニスなどで推奨されている意見に近い。他スポーツでは「腰を入れて打つ」の延長で「足で打つ」ということを言っている人が多いのかなと思う。
Dは体重移動で打つということだが、Cのように足だけでなく身体全体で打つイメージか。

しかし、よく考えてみると、B~Dの内容には重なりがあるように思える。Aだけちょっと毛色が違うが、B~Dはどれも下半身の力をラケットに伝えるという共通点があるように思う。あるいはBをA寄りに考えて、まず足から入るという意味だと考えれば、AとBが部分的に重なってくるように思える。

整理すると、A(あるいはB)は、移動重視ということであり、B以下は打球重視ということである。

このことについてお世話になっているNさんに尋ねてみた。Nさんは長谷川・伊藤・河野選手といった日本の黄金時代の選手とだいたい同世代である。

し「『足で打つ』って分かりますか?どういうことですか?」
N「そらあ、ボールにしっかり近づいて打つことに決まってるやろ」

まさかのAであった。しかし、これはあくまでもNさん(の世代)の解釈であって、もっと若い指導者は別の意味で言っているのかもしれないことをお断りしておく。

N「強豪校の練習いうんは、たいがいフットワーク練習や。それができんことには試合には勝てへん。」
し「フットワーク練習って、例えばフォアに1本、バックに1本をオールフォアで延々と繰り返す練習ですよね。」
N「そうや。フォア・ミドル・バックの3点の場合もあるし、最近だったらオールフォアちごうて、バックハンドも使うんちゃう?」
し「そういう練習って、全国レベルの豪快な卓球には必要かもしれないですが、私たちのような一般愛好家には必要ない練習だと思うんです。フォアからバックまで大きく動いてラリーする前にポイントが決まってしまいますし。一般愛好家のレベルで必要なフットワークってもっと小さいフットワークだと思うんですよ。ミドル処理とか、回り込みとか、フォア前ストップからのバックハンドドライブとか。」
N「わかっとらんな。大きく動けるようになれば、小さいフットワークなんて簡単なんや。大は小を兼ねるやろ。」

フットワーク練習…。
前から疑問だったのだが、どうして上級者はこんな単調な練習ばかりするのだろうか。卓球上達に欠かせない秘密があるのだろうか。

荒ぶる季節
「どうしてみんなアレをしようとするの?」
「アレにどんな魅力があるっていうの?」


そういえば、ぐっちい氏のブログでもフットワーク練習の重要性を説いており(「なぜフットワークが必要なのか」)、その中で次のような説明があった。

動き系を極めてくると全体の技術の動きが速くなってきます。

いつもよりも少し速い対応できたり、動きで追いつくことができる。

フォアもバックも台上もレシーブも速く動けるようになるのでフットワークは強い人によくある全体的なキレのある動きを磨くことができます!(しろの注:改行は適宜削除)

ぐっちい氏は打球に威力が出るということにも言及していたが、私は「キレのある動き」、つまり総合的な反応の早さというところに注目した。

フットワーク練習の意味というのは、素早く「移動する」ことに主眼があるのかと思っていたが、それよりも、むしろ素早く「動き出す」ことに主眼があるのかもしれない。返球されたボールは1球1球深さや左右の幅が違う。それに対応して常に適切な打球位置に移動するにはどうしても素早く動きださなければならない。そして素早く動き出すためには相手が打球する瞬間(あるいは直前)を確認しなければならない(返球される位置はおおまかには決まっているが)。ということは、「動き出す」に先立つものとして「確認」のほうに眼目があるのかもしれない。

優先順位をつけるなら、

確認>動き出し>移動

ということになろうか。そうすると、フットワーク練習というのは足を速く動かす練習に見えて、実は早く相手の打球方向を察知し、素早く動き出し、速く移動するという3つの目的がある練習ということになるだろうか。


さらに打球との関連で言えば、大振りをしていたら反応も移動も遅くなるので、できるだけコンパクトなスイングにしなければならない。そうするとスイングの無駄をそぎ落とすという効果も期待できそうだ。

やっぱりそうだった――回り込みと戦術

「卓球は頭を使うスポーツだ」などと言われるが、果たして私は頭を使っているのだろうか。サービスを出す前に

「フォア前に短いサーブを出して、ストップされたら裏面バックハンドでフリックしよう。相手が先にフリックしてきたら、カウンターで強打しよう。」

ぐらいのことを考えないことはないのだが、この程度で「頭を使っている」などと言えるのだろうか。おそらく上級者はこんな簡単なことではなく、めまぐるしく代わる局面で瞬間的に何手も先を読んで1つのポイントを組み立てているに違いない。

---------------

卓球のレベルをどう考えるかについては諸説あると思うが、私は大雑把に3つのレベルを考えたいと思う(もちろん厳密に考えれば、こんなにきれいに分けられるというわけではない)

レベル1:初中級レベル
このレベルではボールを正しく打つというところに重点がある。例えば「横系のサーブを浮かさずにしっかりと台に収めてレシーブできる」「体幹を使って力のこもったショットが打てる」等である。私もこういうレベルの問題を数多く残しているので、強い興味をもっている。

レベル2:中上級レベル
このレベルでは打球と打球をつなぐ技術が問題になる。例えば「どうすればドライブ連打ができるか」「素早くボールに近づくにはどうすればいいか」等である。レベル1でどんなボールでもだいたい安定して返球できるようになったが、実戦ではそれらの技術がうまく機能しない。ほぼすべてのボールに対して間に合っていない。

「おかしい。練習ではちゃんといいショットが打てるのに実戦では全く打てない。」

ここに来て中級者は壁にぶち当たる。そして気づく、打球と打球の合間に問題があるのだと。打球のしかたというのは目に見えるものである。雑誌の写真でラケット面や腕の位置がどうなっているかが参考になるし、ビデオでも威力のあるボールを打つためにどのような姿勢で待っているかというのはわかりやすい。しかし、上級者が打球の前後にどんなことを意識し、どんな狙いで、どうやって足を動かしているかというのは見えにくい。いくら上手な人のプレーを見てもレベルの低い人間には自分のプレーと何が違うか分からない。

「自分のサービスを出した瞬間に相手のラケットの角度を確認し、その方向へ素早く動くんや」

などと上級者や指導者に解説してもらってはじめて気づくのである。自分の観察だけでは分かるわけがない。このような打球と打球の間に隠された秘密が分かってくると、レベル1で習得した打法が実戦でも使えるようになってくる。

レベル3:上級レベル以上
私はこういうレベルに達したことがないので分からないのだが、Rallysの記事で大島祐哉選手がこんなことを語っていた。

大島:「最後はフォアハンドで」と皆さん簡単に言うんですけど、そこまでにいろんなストーリー、シナリオがあった中での最後のフォアなんですよね。ただサーブを出して、(バックサイドに来るボールを)フォアハンドで回り込めば良いってものではない。そこが卓球の奥深さです。

――なるほど。フォアで勝負行く1本にストーリーがあると。

大島:相手にもフォア側にチキータやストップをするなどいろんな選択肢がある。そんな中で、最後に僕がバック側で回り込んでフォアを振るためには、それまでの布石がなければ、絶対に攻められない。そういう戦術、勝負勘が必要なんですよね。

見ている方にはなかなか伝わりづらいと思いますが、回り込んでフォアを振っている時は、常に勝負をかけているんです。

https://rallys.online/person/player-voice/oshimayuya2/


大島回り込み

やっぱりそうだったのか。
上級者はどんなボールでも軽々と回り込んでいるように見えるが、そんなに簡単なことではないのだ。そのためにしっかりと「布石」を打っていたのである。レベルが上がれば上がるほど、相手は自分の回り込みを防ぐ対策を講じてくる。そんな中でも回り込めるというのは相手のボールを自分のバック側に集めるための工夫や戦術が要るのである。

私もよく回り込みをしては失敗するので、「若い人のようなフットワークがあれば…」などと、自分のフットワーク力の低さを嘆いていたのだが、それ以前の問題なのである。たとえ若い人のような脚力、体力があったとしてもおいそれと回り込みなどできるものではない。大島選手ほど身体能力の高い選手であっても、偶然バック側に来たボールをフォアで回り込むなんて「絶対に攻められない」のである。偶然ではなくて、必然を作ってからでないと回り込めないのである。

そしてこれは回り込みだけではなく攻撃全般に言えることだと思う。簡単そうに強烈なスマッシュを打ちこむペン表の人も、きっと綿密な準備をしてはじめてスマッシュを打っているに違いない。
「頭を使う」と言えるほど高度な作戦ではないかもしれないが、自分から攻めるためには中級レベルでもある程度の工夫や仕掛けをした上でないと「絶対に攻められない」。

正しく打球できる(打球単体の)レベル、打球と打球を繋げるレベル、そして最後のレベルは戦術と駆け引きのレベル。この最後のレベルになって初めて真の意味で「頭を使った卓球」というものができるのではないかと思う。私が今から上級者になれるとも思えないので、一生縁のないことかもしれないが、中級レベルでも「頭を使う卓球」というのをいつかやってみたいものだ。

カットマンの美学

最近、卓球界に勢いがなくなってきた。

去年の後半から今年の前半にかけてはずいぶんと卓球界がにぎやかだったのに。
Tリーグが始まり、国際大会では伊藤選手や張本選手を筆頭に中国のトップ選手を破る快挙があり、他の日本選手のレベルも高く、「もうすぐ中国と肩を並べる」と思わされたが、ここに来て、日本選手が減速しているように感じる。

無理もない。大会が多すぎるのである。充電する間もなく、次から次へと国際大会が続いては、選手のモチベーションも下がってしまうだろう。選手からすれば、ちょっと立ち止まって自分の卓球を見直してみたいところだろうが、東京オリンピック代表権を獲得するためにはそんなことも言っていられないから、仕方がないといえば仕方がない。今、調子を落としている選手たちは、試合を通して調整しながら、オリンピックに自身のピークが重なるように牙を研いでいるのかもしれない。

そういえば、1年前は何をしていただろう。
そんなことが気になって去年の拙ブログの記事を見ていると…

「あっ!」

ボールを当てる位置」という去年の記事ですでにエラ打球のことを述べているではないか。前記事「ブレードのどの辺で…」を書いているときに、なんだか以前にも似たようなことを書いたような気がしていたのである。これは本当に脳が劣化しているのかもしれない…。
でも、まぁ今回の「ブレードのどの辺で…」は「ラケットを斜め(縦気味)に使う」というのが眼目なので、一歩前進した主張となっている、ということにしておこう。

-----------

今年のハンガリーの世界選手権も日本選手は不完全燃焼だったなぁと思いながら、世界卓球2019の動画を見返してみる。当時はあまり余裕がなくて、結果だけしかチェックしていない試合も多かった。



佐藤瞳選手対王曼昱選手の試合をじっくりと観てみたのだが、すごい激戦だった。今回はこの試合を観てカットマンの気持ちが分かったような気がしたので、それを述べてみたい。

佐藤選手は王曼昱選手の豪打を苦にしておらず、何本でもカットで返球し、互角の戦いを見せる。ゲームカウント2対3で迎えた6ゲーム目は、佐藤選手が終始リードしており、このまま7ゲーム目に入るかと思われた。7ゲーム目に入れば佐藤選手が有利だったと思う。王選手はこれまでさんざんドライブを打たされているので、打ち疲れてくるはずだ。しかし惜しくも9-11で佐藤選手がこのゲームを落とし、負けてしまう。その後、王選手は準決勝まで進み、3位に終わる。

佐藤選手はどんな気持ちなんだろう。
カットマンという戦型では、ベスト4ぐらいまでは行けるが、いくらがんばっても世界チャンピオンにはなれないだろう。1981年の童玲選手が最後のカットマンの女子世界チャンピオンらしいが、これからもカットマンは世界チャンピオンにはなれそうもない。

「攻撃型にしておけばよかった」と佐藤選手は後悔しているのだろうか。

おそらくそんなことはないと思われる。というのは同じ非主流派のペンドラの私は「シェークのほうが有利だ」と言われても、シェークに戻ろうなどとはこれっぽっちも考えていない。シェークなら面の角度が出しやすく、両ハンドドライブでどこにでも強打しやすい。ペンでシェークと同じことをしようと思うと、いろいろ工夫しなければならない。そういう工夫をしながら「フォアでシュートドライブっぽいのが打てるようになった!」などと、ペンの「障害」を一つ一つ克服していくのが楽しい。勝てるかどうかは二の次である。

非主流派であることが私のアイデンティティーを満足させるのである。

女性に「女性は社会的に差別されたり、いろいろな制限が多いし、男性よりも生きづらいと思うんですが、生まれ変われるとしたら、男性に生まれたいですか?」という質問をすると、たいていの女性は女性が不利なことが多いのは認めるが、それでも女性に生まれ変わりたいと答える。それと同じなのではないかと思う。

カットマンというのは特に女性に人気がある。生物学的に男性は攻撃を好み、女性は攻撃を好まない、というのもあるのかもしれないが、それよりも美学的にカットマンは女性を惹きつけるスタイルなのではないかと思う。「バチバチ速いボールを打ちあっても美しくない。相手の豪打を柔らかくいなすのが最高にスマートだ!」という美意識があるのではないか。カットマンは勝敗よりもむしろ美しく戦えるかどうかにこだわっているように思えるのである。

息をもつかせぬ怒涛のドライブ連打を浴び、フォアサイドからバックサイドまで大きく振り回されながら、台のエンドから4メートルも下げられ、そこから乾坤一擲のバックカットを放つ。

勝った!
時よ止まれ!君は今美しい…。

今までせわしなく聞こえていた打球音、足を踏み鳴らす音、シューズのこすれる音等が一瞬消え、ボールが虚空をゆっくりと一直線に滑っていく。満場の熱い視線はそのボールの行方に注がれている…。

こんなドラマの主人公になれるのはカットマンだけである。このシーンで佐藤選手は「勝った!」と思ったに違いない。卓球の勝負にではない。美しさの勝負にである。たとえ試合に負けてもこのポイントを演出できたことで彼女の中では大勝利である。彼女が攻撃型にしておけばよかったなどと思うはずがないだろう。

佐藤選手の試合を観て、カットマンは、もちろん試合の勝敗も大切だとは思うが、プレーの美しさという点でも勝負をしているように思えた。佐藤選手と話す機会があれば、この辺りのことをぜひ聞いてみたいものだ。

ブレードのどの辺で回転をかけるか――エラ打球のすすめ

主観と客観は大きく異なることが多い。自分では小さなスイングで打っているつもりでも、はた目には大振りだと思われていたりといったことはよくあることである。思い込みと現実の乖離が甚だしい場合には主観を修正する必要も出てこようが、さして実害がない場合は思い込みを放置しておいても構わないように思う。

何を言っているかというと、これから私の思い込みを話したいと思うのである。現実と一致している保証はない。ただ、この思い込みが多くの初中級者の卓球に裨益するにちがいないと思ってのことである。

黄裏面01
昨日のT2ダイヤモンドで黄鎮廷選手がベスト4進出!

まず、ブレードに補助線を入れてみる。

ブレードを斜めに
図1

私はフォアドライブで漠然と上図のイの線に沿ってドライブをかけようと思っていた。つまり、線イに沿ってボールを転がすイメージでドライブをかけようとしていたのである。実際にはこんなにきれいに真横にボールを通すことなんてできないから、あくまでもイメージである。

しかし、最近はロの線に沿ってドライブをかけたほうが威力が出るのではないかと思うようになり、実際にそうしてみると、スピードが出る。

スイングの軌道を図示すると、ペンならヘッドが下を向いている状態Aから、スタートし、スイングが後半にさしかかったところCでヘッドが上を向きはじめると思う。

スイング図2
ドライブでヘッドがまだ下を向いているときにインパクトしたときと、ヘッドが上を向いているときにインパクトしたときを比べてみると、違いがあるだろうか。私の場合、図2のAやB(ヘッドが下や横を向いているとき)でインパクトすると、大きなトルクが必要で、ボールが重く感じる。逆にCやD(ヘッドが上を向いているとき)でインパクトすると、軽い力で速いドライブを打てるように思う。

これはどういうことだろうか。

おそらくヘッドが下を向いている相で回転をかけると、ボールが図1のイのライン(つまり横)に沿って「転がる」のだと思う(実際の接触時間は一瞬だが)。一方、ヘッドが上を向いている相で回転をかけると、ロのライン(つまり斜め)に沿っていく(あくまでもイメージである)のだと思われる。

これを別の言い方で表現すると、ブレードを横気味に使うか、縦気味に使うかの違いだと思う。ブロックをするとき、ブレードを横(気味)に使うと、ボールの威力に押されやすい。一方ブレードを縦(気味)に使ってブロックすればボールに押されにくくなる。

ブロックだけでなく、ドライブでもブレードを図1のロのラインに沿って縦気味に使った方がいいショットが打てる。
シェークはドライブを打つとき、ブレードを縦気味に使いやすいので、ロのラインに沿ってドライブをかけるのが普通なのかもしれないが、ペンの場合はスイングのスタートが遅く、ボールが自コートでバウンドしてからスイングをスタートしようとすると、スイングの前半のAやBでドライブをかけてしまいがちである。また背筋を伸ばし、体勢が高い状態でドライブをかけると、ブレードを横気味に使ってしまうと思う。スイングのスタートを早くして、姿勢を低くし、スイングの後半のCやDでインパクトを迎えられるようにするのがいいと思う。またインパクト位置はブレードが上を向いているときのスイングの外側のエラの部分(ハ)でこするイメージがいいと思う。回転をしっかりかけるなら、ブレードの先端寄りでかけたほうがいいかもしれないが、(ハ)のあたりでインパクトすると、ボールがよく引っかかる。下回転が持ち上がりやすい(前記事「インパクトの位置」)。

こういうことを思いついたのは下回転ショートサーブを練習していたときである。下回転サーブは図1のイのラインに沿って切るものとばかり思っていたのだが、むしろロのライン(斜め)で切ったほうが短く安定するということに気づいたのである。

裏面ドライブやフリックもブレードの先端を上向きにして、エラの部分でインパクトしたほうが安定すると思う。しかし、黄鎮廷選手の裏面ドライブ(本記事冒頭)の写真を見るとヘッドが下を向いており、ブレードの先端で回転をかけている。やはり私の思い込みは客観的とは言えないようだ。しかし、このような現実を突きつけられても、私は依然としてエラでのインパクトは有効だと考えている。客観的には私もエラ付近でインパクトしていないかもしれないのだが、エラでインパクトしようと意識することによって安定性や威力が増すことは私の経験から否定しがたいものだからである。


-----------
今週、京都アニメーションをめぐる、なんともやるせない事件が起こった。

「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「けいおん」「日常」「響けユーフォニアム」
ハルヒ

質の高い作品の数々に私も大いに楽しませてもらった。台湾の総統が「京アニは我々の青春だった」と語ったそうだが、私も共感する。京都アニメーションの社長は工場跡地を公園にしたいと述べたそうだが、この事件は京都人にとっての911テロ事件だと思った。

かけがえのないものが失われてしまった。このような事件が二度と起こらないように私たちも何かしなければならないと思う。

【追記】
張本選手との1回戦より。
こちらはエラの辺りで打球している。
エラ裏面

気になる手打ち

今日は祇園祭の山鉾巡行。
船鉾

京都の夏の風物詩をのんびり見物してみたいものだが、そんな余裕はなく、ブログの更新もちっともできなかった。

世間ではみんなどうやって練習する時間を作っているのだろう。毎日があっという間に過ぎていく気がする。知人でパン屋さんで働いている人から話を聞いたが、毎日12時間以上働いていて、腕が肩より上に上がらなくなってしまったのだという。それでも仕事を休むことができず、余暇など望むべくもないのだという。一握りの人を除けば、今の日本でゆとりのある生活を送っている人などいないのではないかという気がしてくる。昔はもっと心の余裕や余暇もあったように思うのだが…。

-----------
それはさておき、4~5年前の自分の練習を振り返ってみると、当時は相手にバックブロックしてもらって、ワンコースでフォアドライブを打つという練習が好きだった。ワンコースといっても、常に一定のコースに返ってくるわけではなく、左右数十センチの幅のあるボールが返ってくるし、ボールの深さも微妙に異なる。それをフットワークで微調整しながら全力でフォアドライブを打ち、10往復以上続けるという練習である。腰の入ったフォアドライブが打てるようになってきたので、ドライブの威力が増し、安定性を損なわずにさらなる威力を出すために体重移動のタイミングを調整したり、スイングの大きさを変えてみたりと、いろいろなことを試し、それが自分のショットにどのような影響を与えるかが気になって仕方なかった。

しかし、いつしかそういう練習をすることもなくなり、より実戦的な練習を好むようになった。なぜかというと、そんな豪快なフォアドライブを打つチャンスは実戦ではあまり多くないからである。こちらは一撃必殺?のフォアドライブを打つつもりで構えていても、実戦では台上の段階でパシパシと払われて主導権を握られたり、回り込みが間に合わないようなグッと深いツッツキを打たれたりで、ワンコースフォアドライブ連打練習が生きる場面は限られているのである(意味のない練習だったとは決して思わないが)

アニメの中では、正義の味方が華麗な変身シーンで長々と踊りながら変身したり、必殺技の名前を唱えて決めポーズをとっている間、敵は攻撃せずに待っていてくれるが、卓球ではそうはいかない。
SMR変身
こんなのが7~8人分続いたら、5分ぐらいかかると思う。

こちらのロングサーブを相手が長めに返球してきた。台からちょっと下がって

「よし、ここで全力でフォアドライブだ!ぬぉ~」

と打点を落としてバックスイングを大きく振りかぶっている間に相手はブロックできる位置に移動を終え、万全の態勢で待っている。その渾身のドライブはわりと簡単に止められてしまい、こちらが慌ててそのボールを棒球で返すと、今度は相手が攻撃する番になっているのである。

台から離れて時間的な余裕のあるラリーなどしていては試合で勝てない。前陣でちゃっちゃか早いピッチで攻撃したほうが私のレベルでは勝ちやすいと思う。
目下の課題はいかに戻りを早くして、相手のフリックやツッツキを狙っていくかである。こちらがしっかりとポジショニングを終えて打つ準備も整った段階でちょうど打ちごろのゆっくりした下回転が返って来るなどというおいしいシチュエーションはなかなかない。実戦では常にどこに打たれるか分からないボールを警戒しながらの自転車操業だということをしみじみと感じる。

そういう意識が芽生えるとともに、自分の手打ちが気になってしかたなくなってきた。今まではあまり意識していなかったのだが、台上でふいに甘いボールが来たときなどに、つい手打ちをしてしまうのである。今までもとっさに手打ちをすることがよくあったと思うのだが、それが最近、妙に気になってしかたがない。ドライブやフリックだけでなく、ツッツキでさえも「あぁ、また手打ちしてしまった…」と後味の悪さを感じることが多いのである。

この後味の悪さが意識できるようになったのは大きな進歩だと思う。課題さえ見つかれば、解決するのはそれほど難しいことではないからである。

【寄稿】初中級者にとっての技術認識について――木を見て森を見ず――

初めまして。うどんと申します。初めて寄稿させて頂きます。

10代後半で、中高の部活で5年ほど卓球をやっていました。

私にとっての「初中級者」というのが、部活動の一環で見た同校、又は他校の学生をベースにイメージしているので、できるだけ初中級者全体を意識して書こうと努めましたが、偏りがあることをお断りしておきます。

----------

 現在、ネットの普及の影響で、かつてよりも多くの人が卓球技術に関する情報を発信できるようになった。そしてその多くのものが、かなり範囲を狭めた限定的なシーンについての技術説明である。例えば、「バック前下回転に対するチキータでは、肘を支点にして横から擦って打つ」というものだったり、「バック側のロングボールに対しては手首を支点にして若干押し出すように打つ」というものだったりする。

 こういった説明はつまり、各技術の「相違点」に着目して、それぞれの技術に対して「チキータ」「下回転に対するフォアドライブ」などといった名称をつけているわけである。このようなそれぞれ別の技術を組み合わせていく「卓球」というのが、現代の卓球界の共通認識であるように思える。

 しかし、バックドライブのレベルが非常に高い選手なら、チキータも上手なのがふつうである。別個の技術を組み合わせるのが卓球という認識では、このことを説明できない。

 この点について私が思うのは、バックドライブとチキータには非常に大きな「共通点」があるという仮説だ。これらの技術を別々の名前で呼ぶことは「相違点」ばかりを強調して「共通点」を隠してしまうのではないかということである(バックドライブとチキータというのは例にすぎず、他にもあらゆる技術同士がこのような共通点を持つ関係にあると思う)。もっと全体的な、アバウトな捉え方が必要ではないだろうか。その捉え方が「共通点」に着目する技術認識である。

 例えば、「チキータ」と「下回転に対するバックドライブ」と「上回転に対するバックドライブ」と「バックフリック」と「バックブロック」、これらを全て、「バックハンドで上回転をかけて返球する打法」というふうに、「共通点」からとらえてみる。そう考えることで、各技術の細かな相違点に着目していた時よりもずっと卓球の根本的な部分が見えてくる。その根本的な所こそが、初中級者の全面的な技術上達に必要なことだと私は思うのだ。

 この「共通点」の設定方法は多岐に渡る。「バックハンドで上回転で返球する方法」というのは、自分がどちらの面で何回転をかけるかという点に着目したものである。

 これ以外にも例えば、相手から送られるボールの回転に着目して考えれば、「フォアツッツキ」も「下回転に対するバックドライブ」も、両者共に「相手の下回転に対する打法」と考えれば、共通点が見えてくる。

FH push


BH drive


一見無関係に見えるこの二つの技術も互いに、下回転のボールのバウンド後の変化が見えていなければ成立しないという意味で、共通する部分もあるのだ。

 このように、点としてバラバラに存在する各技術の「共通点」を探し、その共通点の設定の仕方を様々に工夫していくことによって、それぞれの技術に関係性が生じて、体系的に卓球技術を把握することができる。点ではなく、線、平面あるいは立体的な形での技術認識によって、自分の卓球と目指しているプレーの違いがはっきり分かってくる。それは初中級者が目指すべき、卓球の「全面的な実力向上」に繋がるはずだ。

  この「共通点」に関しての私の考えは、言葉にすれば余りにも当たり前であり、また、センスのいい人や上級者は実感として理解できるものであって、余り意識されていないように思う。勿論、現在主流の各技術に対して細かいアプローチをしていく指導方法には大変有意義な面もあると思うのだが、この指導では所謂不器用な選手が成長しにくいように思う。

 センスのいい人、あるいは上級者は「共通点」を無意識に心得ており、個々の技術の違いを補うことができるからこそ、技術全般が安定してレベルが高いのだと思われる。しかし、無意識で当たり前だからこそ、上級者層の意識は細かな「相違点」に向いており、「共通点」は意識に上らない。しかし、初中級者に必要なのは、「共通点」、他の言葉で言えば、「基礎力」なのである。

  上級者の技術の「共通点」に対する考察がもっと盛んになって、初中級者本人、又は初中級者層に指導などの形で関わる人(中高の顧問の先生や先輩たち)がそれを理解して、今よりもっと立体的な技術認識を行なっていけば、従来の指導法で伸び悩んでいた不器用な選手にも自身が目指すべき道が見えてくるのではないだろうか。そしてそれは、初中級者層の全ての人の卓球に対する可能性が広がることを意味すると思うのだ。

「難しい」ボール――粒高攻略

私は異質との対戦が苦手である。ペン粒と試合をして勝ったことなんて数えるほどしかない。

「ツブに下回転を送ると、『どうぞ打ってください』と言わんばかりの上回転で返ってくるんですよ!なんで苦手なんですか?」

などと友人には言われるが、そんなおいしい展開になるイメージがほとんどない。下回転サーブを出そうものなら、深いナックルのような、よく分からない回転のプッシュでズンっと押されて、それをループドライブで応じると、次はとんでもない下回転が返ってきて…とにかく「ツブ高は怖い」という拭いようのない苦手意識が私には刷り込まれていたのである。しかも私の周りにはツブ高がいないので、いつまでたってもツブ高に慣れることができない。

しかし、先日公開された中国卓球の孟コーチの動画をみたら、ツブ高ってあまり怖くないかもしれないと思うようになった。



ツブ高は

”こちらが回転をかければかけるほど、重いボールが返ってくる”

したがって

”いかに軽い力で打つかが大切になってくる”

極端な話、軽く打つフォア打ち(ロング)とツッツキを交互にミスなく繰り返せばツブ高に勝てるというのである。

易しいときは軽くドライブ
軽いボールのときは、軽く打つ

難しいときはツッツキ
重いボールのときはつっつく

”ツブ高と対戦するとき、すぐに決めようとしてはいけない、延々とラリーを続ける覚悟で臨まなければならない”

永遠に続けろ

なるほど。私はツブ高が苦手なので、ラリーに持ち込ませずにできるだけ早い段階で打ち抜きたいと、3球目強ドライブをしてしまうのだが、それでは相手の思うつぼなのだ。

振り返ってみると、私がツブ高と対戦するときは、私がナックルロングサーブを送り、それを相手が低くプッシュしてくるので、3球目で全力でドライブしてブロックされ、ドツボにハマってしまうというのがいつものパターンなのである。これからは軽いボールでゆっくり戦うことにしよう(といっても裏面とかでパシっと打たれしまったらどうしようもないが)

この動画を見て、もう一つ考えたことがある。

A1「こちらがドライブする」→A2「重い、難しいボールが返ってくる」
B1「こちらがつっつく」→B2「軽い、易しいボールが返ってくる」

動画を見ていると、私にはA2が「難しいボール」には見えなかったのである。というか、むしろ打ちごろの下回転に見えたのである。

たぶん、私はA2を全力でドライブしてしまうだろう。

A3「ドライブ強打」→A4「非常に重く難しいボールが返ってくる」

そしてA4を体勢を崩してでも、イチかバチか、渾身の力でなんとか持ち上げようと思うだろう。

私の「難しい」ボールの認識は、おそらく上手な人と違うのである。となると、私が今まで「難しくない」と思っていたボールのうち、何割かは、実は難しいボールだったということになる。レベルの低い人ほど難しいボールをムチャ打ちしにいってミスを連発するものである。私がミスしているボールの多くは実は難しいボールだったということにならないか。

相手の返球場所を指定して、こちらが打つ練習をしているときは8割がた入っているボールでも、どこに来るか分からないときは、ミスすることが多い。難しさはボールのスピードや回転だけではない。むしろ、どのコースに来たボールか、身体との距離が遠いか近いか、逆を突かれて身体の向きがあらぬ方向を向いていないか、そういう気づきにくい点から私にとっての「難しい」ボールを点検しなおさなければならないだろう。


「バイバイ」の動き――「サービスはマジックだ」を観て

村瀬勇吉氏の監修による「サービスはマジックだ(前編)」を見て、驚くべき説明に出会った。



”手首で回転を掛けようとしても、手首の動きは遅い”

「バイバイ」を手首の筋肉だけで行おうとすると、非常に疲れるし、機敏に動かない。そうではなく、手首の力を抜いて前腕を全力で振ると、手首がそれに「振られて」目に見えないほど速く動くのである!「手首を振る」のではなく、「手首が振られる」のである。

言われてみれば当たり前かもしれないが、私にとっては目からウロコだった。

バイバイ

この動きをサービスのインパクト時に使ったらどうなるのか…おそろしいことになるに違いない。いや、サービスだけではない。ドライブやツッツキにも応用できるに違いない。

自分の手でいろいろ試してみたところ、「バイバイ」だけでなく、「おいでおいで」も前腕を使えばすごいスピードで動く。ペンホルダーの場合は「おいでおいで」の可動方向を利用すればループドライブがすごいことになるかもしれない。いや、むしろフォアフリックやバックハンドのツッツキのような小技のほうが効果を実感しやすいかもしれない。

私もおそらく無意識に手首の力を抜いて前腕でボールを打つことはあったのだと思う。しかし、これまでは意識して可動方向に沿って前腕を振っていなかったために手首が十分振れておらず、中途半端だったように思う。

早くこのアイディアを試してみたい。週末の練習が待ち遠しい。

なお「サービスはマジックだ(前)」には他にも多くの有益な情報がちりばめられていておすすめである。

ライトウェイト卓球

今週は余裕がなかったなぁ。ブログにまで手が回らなかった。
10日以上更新していないので、さすがに何か書かないといけないなと思い、最近の練習を振り返ってみる。

そうだ!こんなことがあった。

カット打ちをしているとき、相手のカットが低くて、切れていて、なかなか持ち上がらない。
うちのパーティーには裏裏の攻撃型とペン表しかいないので、私はツブとかカットマンと打ち慣れていないのである。

muramatsu
そういえば、村松選手は最近あまり話題に上らないが、元気にしているだろうか。

その人のカットは、早い打点で全力で持ち上げて、ようやくネットを越えるぐらいである。1~2球はなんとか持ち上げられるが、3~4球連続でカット打ちをすると。ネットにかけてしまう。よくあるケースは、威力のあるショットを打とうとしすぎて前方にスイングしすぎているというものである。私もそれは分かっているので、ほぼ真上に擦り上げているにもかかわらず、まったく余裕がない。これは何かが根本的に間違っていると直感した。
一般愛好家レベルの卓球で全力でないとボールが持ち上がらないというのは何かが間違っているはずだ。われわれのレベルで全力で打つショットよりも、上級者が軽く打つショットのほうがスピードが速いというのはよくある話である。カット打ちも上手な人は「あらよっ!」と軽々とボールを持ち上げる。絶対に私より力を使っていないはずにもかかわらずである。それでいろいろ試行錯誤してみたところ、バックスイングを取らないというやり方が効果があった。はじめは重い下回転に負けないように十分にバックスイングをとって台の下からブーンと大きなスイングで持ち上げていたのだが、それをやめてラケットを台の上からスタートさせるようにしたのである。そうすると、多少余裕が出てきた。ついでにボールにあと20センチぐらい(ブレード1枚分)身体を近づけて打つようにしてみた。すると、さらに軽い力で持ち上がるようになった。腕を伸ばしすぎだったんだろうと思う。

腕を伸ばしきる
初中級者がこんなふうに腕を伸ばして打つのは危険だと思う。

また、最近ロングサーブからの展開を練習しているのだが、せっかく打ちごろのボールが返ってきても、うまく打てない。サーブが速いだけに返ってくるボールも速いのであまり動けず、さしこまれてのオーバーミスが多い。おそらくボールに間に合っていないのだろう。横下フォアサーブを出すと同時に後ろに飛び跳ねて時間を作ろうとするのだが、そうすると、今度は浅く返されたときにうまくタイミングが合わない。

「サーブのあとに無駄に腕を動かしていませんか?」

そんなことを言われて思い当たることがあった。私はサーブのフォロースルーが大きいのである。インパクト後にスイングの勢いのまにまに、腕を前方に伸ばしてしまうので、次の打球に間に合わないのかも。いや、そうは言っても、インパクト後に30センチほどしかラケットは移動していないように思う。この30センチが私の卓球にどれほど影響しているというのか。しかし、試せることは全部試してみたい。やるなら徹底的にやらねば。インパクトと同時にラケットを止めて、すぐにニュートラルに戻り、3球目を待つようにしたところ、たしかに動く余裕が少し出てきたのである。それにバックスイングなしのドライブを合わせると、さらに余裕が出てくる。

------------
ネットのニュースで「最近のスポーツカーが高額化する理由とは」という記事を読んだ。それによると、スポーツカーにはイギリス流のライトウェイトスポーツカーと、大陸的なハイパフォーマンススポーツカーの系統があるのだという。

ロードスター

テスタロッサ

卓球も同じようにコンパクトなスイングで軽快に小さく動くライトウェイト卓球と、台から距離をとって大きなフットワークで強力なショットを放つハイパフォーマンス卓球とがあるように思う。私はそんなハイパフォーマンスな卓球などできるはずもないのに、気がつくと、つい全力で打っていることがある。ユーノスロードスターにフェラーリ・テスタロッサのエンジンを積めるとしたら、きっと私の卓球のようにちぐはぐなことになってしまうだろう。よりコンパクトに、より素早く。これが私の身の丈に合った卓球だろうと思う。

人はどうして自分の実力を省みずハイパフォーマンス卓球に走ってしまうのだろう。おそらくライトウェイト卓球よりもハイパフォーマンス卓球のほうがかっこいいと漠然と感じているからに違いない。できればハイパフォーマンス卓球がしたいけど、無理だから、ライトウェイト卓球をするというのではなく、ハイパフォーマンス卓球よりも、ライトウェイト卓球のほうがかっこいいと積極的に感じるようになるには年齢とか、人生経験といったものが必要になってくるのかもしれない。若くて体力の有り余っている人にライトウェイト卓球のほうが勝てるんだと言ってみたところで、頭では理解しても、心から納得してもらうのは難しいに違いない。

週末は卓球観戦――香港OPを観ながら

「ああ、時間がない。このままでは今日の練習に遅れてしまう…。」
しかしどうしても練習時間までには終わらない仕事量である。なんとか仕事を選別して、自宅でできない仕事だけ、職場で済ませることにした。

というわけで、この週末はいろいろ仕事を持ち帰ってしまい、うちで片づけなければならなかった。
ちょうど香港オープンをやっていたので、ブラウザで卓球動画を開きながら、PCで仕事をしていた。これがおそろしいほどハマった。つまらない仕事でも、卓球の試合を見ながらだと、非常にはかどるのである。卓球の試合も楽しめるし、それにつられて仕事の方も苦痛ではなくなってくる。
Tリーグで生の迫力を堪能するのもいいけれど、年をとると、わざわざ出かけるのがおっくうになる。自宅で仕事のかたわら試合を観戦するほうが私のライフスタイルに合っているようだ。これで積み残した仕事は解消され、月曜から晴れ晴れした気分で仕事に取り組むことができそうだ。ワールドツアーをちゃんと見ることは少ないが、仕事のBGM代わりにすると、とても楽しめる。

以下、香港OPを見たとりとめもない感想などを綴ってみたい。

香港オープンは中国オープンと違い、中国の1軍が出場しなかった。それで日本選手が上位に食い込めたので観戦にも熱が入った。とはいえ、中国の準1軍ともいうべき若手やベテランの強い選手などが出場していたのでレベルが低かったわけではない。

女子は佐藤瞳選手がベテランの木子選手(元世界選手権3位)を破るという快挙を成し遂げ、平野美宇選手は同じくベテランの馮亜蘭選手や馮天薇選手を下した。平野選手は最近思うような戦績が残せていないだけにこの勝利は復活を期待させるものだった。

印象に残ったのは張本選手と周雨選手の準決勝である。

周雨



周雨選手は準々決勝でティモ・ボル選手をラリーで圧倒し、張本選手にもそのすさまじい威力のドライブで襲いかかった。これで1軍に入れないなんて中国の層の厚さよ。ラリーでは張本選手も相当レベルが高いはずだが、その張本選手をもってしてもラリーでは分が悪かった。さすがの張本選手も万事休すかと思われたが、張本選手はラリーで打ち合わず、レシーブでは台上で短く止めたり、コースを厳しくしたりしてラリーに持ち込ませないようにしているようだった。驚いたのは張本選手のサーブである。張本選手のフォアショートサーブは短く低くレシーブされることがほとんどないのである。周雨選手だけではない。他の選手も張本選手のフォアショートサーブをどうしても少し浮かせてしまう。それを張本選手は3球目でフォアフリック強打やフォアドライブで厳しく攻めて、大きいラリーにさせずに一気に攻めきってしまうことが非常に多いのである。それほど個性的なサーブには見えないのだが、試合を通じてずっと効いていた。そして序盤の私の予想を裏切って4-1で張本選手が勝ってしまった。私はついつい派手なラリーに目が行ってしまうが、この試合でラリーが強いからといって勝てるものではないのだと学習した。

試合後のインタビューがおもしろかった。張本選手は抱負を聞かれて「GFでは勝っていますが、相手のほうが世界ランキングも上ですし、格上だと思っているので、1球1球気持ちを込めてプレーして勝ちにいきたいと思います。」のようなことを言っていたが、通訳の英語の説明は「勝てて嬉しいです。次もベストを尽くします」だけだった。張本選手もこの通訳にはびっくりして「え、それで終わり?」と目をパチクリさせていた。張本選手が自分で中国語に翻訳したほうがずっとよかったのに。

え、それで終わり?
「そんなこと一言も言ってないけど…」と驚く張本選手。



続く決勝では林高遠選手との対戦である。中国男子の一軍が馬龍、樊振東、許昕選手だとすれば、林選手は限りなく1軍に近い選手だと言えるだろう。実力では1軍の選手に対して遜色がない。ただ、いつも惜しいところで勝ちきれないという気の毒な選手である。世界ジュニアでは丹羽孝希選手に金メダルを譲ってしまったし、グランドファイナルでは張本選手に金メダルを献上してしまった。実力はあるのに運には恵まれていない選手という印象である。私は張本選手に勝利してほしいと思う一方で林選手にもがんばってほしいと思っている。現在24歳ということなので、張本選手と9つ違いということになる。もう「若手」とは言えない年齢である。実況で林選手のことをDark Knightと連呼していたが、どういうイメージなんだろう?バットマンの映画を見ていないのでよく分からないが、知人のアメリカ人に聞いてみたところ「陰からスッと現れるイメージ」ということだった。それは優勝候補ではないが、無名の人が優勝をかっさらうみたいなことなのか、と聞くと、それはDark horseだということだった。やはりよく分からない。

林選手も周選手と同様ラリーがめっぽう強い。張本選手はやはり正面から打ち合わず、相手の打つ機を外しながら試合をしているようだった。

林高遠
「高遠」という名前がかっこいい。私も改名できるなら「たかとお」にしたい。

他にも伊藤美誠選手のプレーも印象的だった。素人目に見てだが、勝つ気がないのではないかというぐらい思い切ったプレーでミスを連発していた。ラバーを変えたというのが大きいと思うが、要所でミスが出る。ふつうの選手なら、「ちょっと安定性を重視してミスしないようにしよう」と思うところだが、伊藤選手はまるで「こんな試合で負けたっていい、勝利に執着するよりも、思い切っていろいろな技を試してみたい」とでも言いたげにミスを恐れずにプレーしていた。伊藤選手の目標はもっと高いところにあり、ワールドツアーの1大会での負けなど気にならないのだろう。

----------
この間、ツイッターをたまたま見ていたときにこんなツイートが…。

ishikawa

https://twitter.com/ittfworld/status/1136901898697494528

「今年になって一度も中国選手を倒していない」
「中国の若手にさえ負け続けるなら、東京オリンピックへの出場は難しい」

中国オープンでは若手の陳幸同選手にストレート負け。香港オープンでも若手の王芸迪選手に1-4で敗北。世界ランキングは一時3位まで上がったが、だんだん下がり、現在6位。

石川選手の日本卓球への貢献は計り知れない。世間の好感度も非常に高いし、実績もすばらしい。ミックスダブルスでは、元世界チャンピオンである。現在の卓球ブームは彼女なくしては訪れなかったといっても過言ではない。若手の台頭にどうしても伍していけないというのならしかたがないが、まだまだ十分強いのだから、気力の続く限り、がんばってほしいと切に願っている。

ズンチャッチャ――卓球のリズム

「あの選手の打点の早いこと」
「ドライブの威力もさることながら、コースも厳しい」

プロの試合を見るとき、そういうことにばかり目を奪われていたのだが、自分がフットワークで悩むようになってからは下半身のほうばかりに目が行くようになった。


木原美悠選手 対 加藤美優選手

上の動画の木原選手の動き方を見ていると、前陣では「打球→ステップ→ステップ、打球→ステップ→ステップ…」という小気味よい3拍子のリズムを刻んでいるように見える。大きく動かされたり、通常より速い、あるいは遅いボールが来たときは、これほど規則正しいステップではないのだが、ポイントの序盤、台上や軽いドライブに対応する場合はこのような3拍子のステップになることが多いと感じる。

kihara

エンドが変わり、加藤選手のステップを見てみると、やはり前陣では3拍子のステップが確認できるのだが、木原選手ほど規則正しいステップではないように見える。

ラリー中はいろいろなスピードのボールが返ってくるわけだから、常に規則正しい3拍子のステップを刻めるわけではない。

基本的には

「ズン・チャッチャ」

だが、ゆっくりしたボールが返ってきたら、

「ズン・チャッチャー」あるいは「ズン・チャッチャチャ」

の場合もあろう。逆に早く返球されたときは

「ズ・チチャ」あるいは「ズン・チャ」

となるかもしれない。
ボールの遅速にかかわらず、常に3拍子のステップを守り、拍の間隔を変える方法(「ズン・チャッチャ」「ズン・チャッチャー」「ズ・チチャ」)と、ボールの遅速によって、拍の間隔はあまり変えず、拍子を増減させて、4拍子(「ズン・チャッチャチャ」)、あるいは2拍子(「ズン・チャ」)にするやり方もあるだろう。どちらがいいのか分からないが、常に3拍子を守ったほうが安定すると思われる。あるときは4拍子、あるときは2拍子のように拍子が不規則になると、足が止まりやすいからである。

以上、実践を伴わない机上の考えであるが、前陣では3拍子を守るやり方が有効なのではないかという仮説を立てておく。

カウンターだよ、卓球は

とある練習風景。

10分ぐらいに時間を区切ってお互いに練習したい課題での練習。

「バックドライブからの展開を練習したいので、こちらのサーブをバック側につっついてください。それをそちらのバッククロスにバックドライブを打つので、そこからオールでお願いします。」

相手が格下で、あまり強く打つとラリーが続かないから、ほどほどのスピードの安定性重視のバックドライブからゆるくラリーを続ける。こういう練習をして、だんだん慣れてくると、相手の人は、つっつくと同時に回り込んで、こちらの打ったバックドライブに対し、フォアでカウンターを試みてくる。

「ありえない…。」

実戦で、こちらのバックドライブを回り込んで前陣でフォアカウンターするというのは一か八かの博打行為である。そんなショットが決まる可能性は相当低い。初心者に毛が生えたような人に限ってこういうありえない行動を取る。もちろんそんなショットが入るわけがない。しかし10球に1球、偶然入ることがあって、その「成功」がますます相手を勇気づけ、その「練習」に駆り立てる(その時間はこちらの課題練習の番なのに)

カウンターなんて私のレベルでそうそう打てるものではない。あれはたまたま相手の打つコースをうまく誘導でき、球種やタイミングが予想どおりだったときに限って打っていいショットであって、初中級者がふだんから打つようなシロモノではない。

私は常にそう思い、自分を戒めてきた。たとえ相手に「打たれる」と分かっている瞬間であっても、私は手堅くブロックで対応すると決めている。胸のすくようなスーパーショットが10球に1度決まるよりも、50%以上の確率でブロックしてラリーを続けるほうがよっぽど生産的ではないか。カウンターなんて打つのも打たれるのも大嫌いである。

-----------

嫌い、というか私の苦手なものはダブルである。ダブルではラリーが続く気がしない。シングルならある程度ラリーが続き、卓球らしいプレーもできるのだが、ダブルとなるとろくにラリーが続かない。なんてことのない台上のツッツキをミスしてしまったり、シングルなら確実に止められるドライブもブロックミスしてしまったりする。
そもそも一つのボールを二人で交互に打つなんて不自然すぎる。ボールを2球使ってラリーを続ける(もちろんシングルで)という曲芸を見たことがあるが、ダブルというのはそのような曲芸に近い超絶難度の種目だと思うのである。

コーナーのたびにドライバーとナビゲーターが運転を交代しながら走るラリーというのが想像できるだろうか。

rally

ドリブルを1バウンドずつ2人で交互に行いながらプレーするバスケというのは競技として成立するのか?

卓球のダブルというのは、そのような曲芸じみた不自然なことを行っているのであって、上級者のような熟練した技術がなければ「卓球」として成立しない。初中級者には難易度が高すぎる。神経を集中させ、一瞬の判断の遅れが命取りになる卓球で、1球打つごとに打ち手をパートナーに渡し、自分は休む。反対に自分が休んでいるところへ唐突に打ち手が回ってくる。こんなこと、できるほうがおかしい、ダブルはシングルの息抜き、仲間との絆を深めるためのレクリエーションの一環。そう思っていた…。

先日の練習で久しぶりにダブルでゲーム練習をすることになった。
かわり映えのしない、いつもの下回転ショートサーブからゲームが始まる。それを相手が無難につっついて私の打つ番になるのだが、フォア前ぐらいに返球されるかと思ったら、バック奥に深くつっつかれてしまい、つまって私がミス。はぁ~、こんなツッツキでポイントが決まってしまうなんて情けない。次も同じようなショートサーブから始まる。今度はほとんど切らないナックルサーブだったのだが、相手が払うようなそぶりを見せたので、ブロックで止めようと思ったが、反応が遅くて、また私のミス。パートナーに申し訳ない。そうこうやっているうちにだんだんダブルのタイミングに慣れてきて、凡ミスが減ってきたのだが、どうしてもこちらから攻められない。相手が先に攻めてきて、こちらはそれをなんとか棒球で返すことしかできない。まるで役割が固定しているかのような試合である。相手は一方的に攻める役、私たちはそれをなんとか拾い続けて相手のミスを待つ役。全く勝機が見いだせない。「先に攻めなければ」とは思うのだが、ミスしないようにするのが精いっぱいで、どうしても攻められない。
ダブルは、台上の段階は非常に窮屈でイヤである。そういう心理もあってか、上回転のラリーになってから、つまり4球目以降は私もパートナーも少し台から距離を取って展開していることが多い。そのポイントもそんな展開だった。相手が3球目で先にボールを起こし、上回転のラリーになると、すぐに私は一歩下がり、相手のドライブに備えていたのだが、冷静に見てみると、相手のドライブはそれほど速いボールではないことに気づいた。相手も交互にボールを打ちながら動いているので、ポジショニングがしっかりできていなかったり、予測外のボールが来たりして、万全の姿勢で打てないことが多いからである。

「ブロックのつもりで待っていると、ちょっと時間を持て余すかもしれない。あのボール、カウンターできるんじゃなかろうか。」

私は中陣とまではいかないが、台のエンドから1メートル以上離れていたので、相手のドライブをカウンターする時間的な余裕があった。そこで相手が打つ姿勢になったのを確認すると、そのボールを狙ってカウンターを打ってみたのである。入った!この試合で初めてこちらから攻められた!
もしかしたら、ダブルでは相手のドライブをカウンターで狙っていけばいいのではないだろうか。それからは、私は相手が起こしてくるボールをほぼすべてカウンターで狙うことにした。もちろん打てない場合やミスする場合もあったのだが、カウンターを狙っていくと、おのずとタイミングを早くしなければならなくなる。相手が打った瞬間にバックスイングを完了させておかなければならない。そのように打つ姿勢、心的態度が早まると、たとえカウンターが打てなくても、ポジショニングも早くなり、ボールに届く位置まで素早く移動できるようになる。
今までは「打たれるんじゃないか…」とビクビクしながら、なんとか相手のボールに合わせるのに精いっぱいだったのが、カウンターを狙おうと待っていると、こちらから攻められるチャンスが増えてくる。ダブルってこういう心の持ちようが有効なんじゃないだろうか。いや、ダブルに限らず、シングルでもすべてカウンターを狙う心構えでいれば、判断が早くなり、急に相手に打たれてもしっかりブロックできるのではないか。

レベルが高くなれば、そうそうカウンターなど打てないだろうが、心構えとしていつでもカウンターを打つつもりで待っていると攻めるチャンスが増えてくるのではないかと思う。

卓球で人生を語る

ちょっと前のWRMやっすん氏の動画。



女子離れしたとんでもなく強い選手だなと思ったら、最近までエクゼディの選手で、今はコーチをやっている人だった。どおりで強いはずだ。
田中彩能




お名前は田中彩能氏。この動画は全日本上位レベルの選手がこれまでどのような練習をしてきたかをインタビューしたものである。

中高――仙台育英時代は、ひたすら基本練習をしていたのだという。この時期は身体の効果的な使い方を習得する期間だったと言えよう。ミスせずに延々とラリーを続けるような練習だったのだという。
もちろんゲーム練習もあったが、それよりはフットワーク練習、サーブからの展開、レシーブからの展開の練習がメインだったようだ。インターハイで団体優勝するようなレベルの人たちでさえ(だからこそ?)基本練習ばかりしているのである。それに対して私のような草卓球レベルの人間はオール練習やらゲーム練習ばかりしている。何かがおかしい…。私は何か大きな間違いを犯しているのではないだろうか。私が遅々としてなかなか上達しないのは「身体の効果的な使い方」を身につけていないせいではないのだろうか。

大学は早稲田で、そこでは特定の指導者に習ったわけではなく、自分で考えながらチームメイトに教えてもらいつつ練習していたらしい。
今までは指導者の言うとおりに卓球をしていたが、大学では自分で勝てるスタイルを築き上げなければならない。田中選手はバックハンドが得意だったのだが、バックで決めるスタイルではなく、あえてフォアで決めるスタイルに変えたのだという。

なぜそんな回り道をするのか。バックが得意なら、バックで決めるスタイルが一番勝てるはずなのに。

それに対するやっすん氏のコメントがよかった。得意な技術(バックや台上、ブロック等)を決定打として使うのではなく、チャンスメイクとして使うのは、非常に有効なスタイルなのだと。なるほど、確かに何もないところからチャンスを作るのと、打てるボールを確実に決めるのを比べると、前者の方が難しい。それで得意な技術をチャンスメイクに使うというわけである。

社会人になってからは日本リーグ所属のエクセディでプレーするようになった。

そこで監督(あるいはコーチ?)に言われたのは、ガッツいてすぐに攻めようとせず、ある程度「距離をとって」ゆっくり打ったほうがいいということだったという。

つまり、少しでも早く攻めたい、相手つけ入る隙を与えたくないというのは誰もが思うことだが、無理な速攻をしかけるのではなく、少し間をとって打つようにしたということである。

田中選手はそれを実践することによって自身の卓球が大きく変わったのだという。

曰く「相手が見えるようになった」と。

今までは自分の技術――ドライブの威力とか、コースの厳しさとかを向上させるのに精一杯で自分のことしか見えていなかったのだが、ゆっくり打つようにしたら、相手の考え、相手の狙いといったことがよく分かるようになったということだろうか。

これはなんだか人生にも通じるものがある。

社会人になると、基本的に仕事はそれぞれの人に任されている。上司や先輩も忙しいので、向こうから手取り足取り教えてくれるわけではない。自分でできる仕事を探して、自分で方法を探りながら、責任をもってやらなければならない。社会人になったばかりのころは、絶対にミスできないと思いつめて、毎日あれこれ準備をしたり、忘れていることがないか必死で確認したりしていて余裕がない。ストレスがたまり、つい周りの人に厳しくあたってしまうこともある。

それが中年になると、仕事の全体像も見えてきて、ミスも少なくなる。心の余裕が生まれてくる。そうすると、周りの人たちのことを思いやる余裕も出てくる。余裕を持ちすぎてミスすることもあるが、「なるようになるだば」と気楽に構えている。若いころには全く見えなかったことが、中年になるといろいろ見えてくるようになる。

いい動画を見た…茶店で霧がかった富士を見た太宰治の気分である。

卓球動画は技術動画や試合動画が多いが、それ以外の方向性を探ったものとして、トップ選手に今までの卓球人生を語ってもらう「むらじの部屋」がある。「むらじの部屋」も非常に内容が濃く、勉強になるが、今回の「やっすんの部屋」もいい動画だった。わずか15分程度の動画なのに満足度が高い!次回作が楽しみである。


型離れ――戦型を考える

ずいぶん昔に大会に出たときのこと。

「次の相手はメチャクチャ強いカットマンですよ。」

そんなことを聞かされて、攻撃型の強い人でなくてよかったとホッとした。

同じ強い人なら、全く攻撃させてもらえず一方的にやられるよりも、ある程度攻撃させてもらえるカットマンのほうがマシだ。どうせ負けるだろうが、少しはカット打ちの練習になるかも、などと思っていたのだが、いざ対戦すると、その「カットマン」はなんと私との試合中に1~2本しかカットを引かなかったのである。サーブは取れないし、レシーブでこちらが打ちにくいところに打っても結局先手を取られて一方的に打たれて惨敗である。あれが本当にカットマンなのか…?

その人は大会の終盤で歯ごたえのある相手にはしっかりカットを引いていたのだが、実力差がありすぎる相手には普通の攻撃型の選手のようにふるまっていた。イメージ的には陳衛星選手のような感じだった。こういう人が強いカットマンなんだろうな。

chen weixin

私の周りには、いわゆる前陣速攻型のペン表の人がいるのだが、その人は型通りの人で後ろに下がらずドライブを打たず、フォア主体である。後ろに下がって攻撃したときやドライブを打ったときなどは「またやっちゃった」と反省している。

「いやいや、中陣からの攻撃も威力がありましたよ。ドライブも裏ソフトの人と違って回転量が読めないので、案外効果があるんじゃないですか?」

とコメントしてみると、ペン表のいいところがなくなってしまうので、できるだけ下がらず、ミート打ち主体でゲームメイキングをしたいのだそうである。なるほど、たしかに前陣の早いピッチでバシバシ打っていくのは表ソフトらしくてかっこいいとは思うけれど、前陣でも中陣でも攻撃できて、ドライブも打てて、スマッシュも打てたほうがいいのではないだろうか。上手な人なら「対ペン表対策」というのがしっかりできているので、型通りの戦術だと老獪な相手には「型に嵌められて」しまうのではないか。

私はたぶん「ペンドラ」という戦型に分類されると思うが、フォア主体でちょっと下がって大半のポイントでドライブを打つという型通りの卓球では意外性がなく、格上には勝てないと感じる。それよりはドライブも引くけれど、台上やスマッシュでも得点したいと思う。

「趣味がないのが不安だから、何か趣味を持ちたい」とか「好きなアイドルの一人もいないのはちょっと…」という人の心理に似ているのかなと思う。自分には戦型がない、というのが不安だから、既存の「ドライブ主戦型」「ペン表速攻型」「カット守備型」などといった型にできるだけ自分を近づけたいという心理の人が多いのかなと思う。

型から離れてしまうと、きっと何か不都合もあるんだろうとは思うが、どんな相手にも一つの型で戦うのではなく、相手のタイプに応じて型を少し変えられるような卓球ができればと思う。冒頭のカットマンのように。といっても私が相手によって戦型を完全に変えて、カットマンとして戦うというのではなく、ペンドラという型のままでも、ときにはその型から離れ、相手によっては台上の細かい展開を工夫したり、あるいは自分から先に攻めずに、先に相手に下回転を起こさせてスマッシュしたりと、そういう戦型の幅のようなものが私の卓球にもあればと思う。




われは中年、のびんとす

「しろのさんはマスターズとか出はらへんのですか?しろのさんならチャンスあるんじゃないですか。」
などとおだてられて、うっかり「マスターズ予選に出てみようかな?」などという考えが頭をかすめたことがあるが、よく考えたら、チャンスなどあろうはずがない。ああいう全国大会につながっている大会には東山卓球部のOBをはじめ、化物のように強い人が出てくるのだから。

東山高校卓球部で3年間卓球をやっていた人なら、ふつうはたとえ中年になってもおそろしく強い。私のように中学時代まででやめてしまい、中年になって卓球を再開したような人間とは根本的に違う。向こうがサラブレッドなら、こちらは農耕馬である。勝てるはずがない。

しょせん、中年の草卓球である。これからいくら努力しても、上達できる伸びしろは高が知れている。全国レベルなどには到底到達できない。

こんな卓球を続けていて、いったい私は楽しいのだろうかと自問してみる。

われは草なり 伸びんとす
伸びられるとき 伸びんとす
伸びられぬ日は 伸びぬなり
伸びられる日は 伸びるなり


楽しいに決まっている!
一生全国大会に縁がないとしても卓球ほど楽しいことなどないではないか。

私は、毎日部活で3~4時間もレベルの高い練習をしている学生のような「樹」にはなれない、へたくそな「草」である。そして多少は上達するときもあれば、なかなか上達しないときもある。いや、練習時間の大半は上達しない、停滞しているときなのである。試行錯誤を繰り返し、内に何かを萌しつつも、それが表には表れない状態である。だが、上達しないときは上達しないことを受け入れ、上達できるチャンスがめぐってくれば、思い切り上達しようとがんばるのである。

われは草なり 緑なり
全身すべて 緑なり
毎年かはらず 緑なり
緑の己れに あきぬなり
われは草なり 緑なり
緑の深きを 願うなり


若い人のようなフットワークもなく、速いボールは連打できず(1本ぐらいなら打てる)、なんとかミスせず入れるのが精一杯のオジサン卓球である。若い人は日に日に目に見えてうまくなるが、私は去年と同じような進歩のない卓球をしているように感じる。しかし、それでも卓球が楽しくてたまらない。こんな卓球でも私なりの深さで追求しようと思う。

ああ 生きる日の 美しき
ああ 生きる日の 楽しさよ
われは草なり 生きんとす
草のいのちを 生きんとす


卓球をしている、それだけで楽しい。生きていると実感できる。
ヘタクソなりに、卓球をしていると、あるとき自分でも信じられないようなスーパープレイが飛び出したりする。

「今、私は何をしたんだ?こんなショットが私にも打てるのか!」

今のプレーを再現したい。どうやったらコンスタントにできるようになるのだろう。たぶん、さっきのフォアドライブは、ボールを打つ直前に一瞬、上体を沈め、膝にグッと力を込め、伸び上がりながらドライブを打ったのだと思う。ということは、膝を固定点にして打てばいいのではないか……

これだから卓球はやめられない。自分の限界がどこまでかなんてどうでもいいことさ。

zassou

リソース不足――フットワーク練習で気づいたこと

フットワーク練習といえば、フォアサイド、バックサイドに一本ずつ送ってもらい、それをフォアで動いて打つとか、3点に送ってもらい、オールフォア、あるいはフォアで2点、バックで1点を打つとか、そういう練習を思い浮かべる。
上級者はみんなこのようなフットワーク練習をしているのだから、きっと上達に必要な要素がいくつもあるのだろう。そう思って私もこの手の練習を試みるのだが、続かない。すぐに振り遅れてきて、ステップも遅れがちになる。
まぁ、中年のオジサンがこんな練習をするなんて無謀なんだろうな。
しかし、卓球でフットワークが大切なことは言うまでもない。だからフットワーク練習をしたいと思って、フォア半面にランダムに送ってもらってフォアで動きながら打つということをしてみるのだが、これもボールのスピードが上がってくると、すぐに追いつけなくなってくる。

フォア半面でもだめか。

もうやけくそで、今度はバック半面で、オールバックのフットワークをしてみることにした。
すると、なぜかよく足が動く。もちろん大きく動くことはできないのだが、小さく、細かく動くフットワークが気持ちいい。

「若者じゃないんだから、こういう小さなフットワークで十分じゃないか。」

しかし、どうしてバックのフットワークのときは足がよく動くのだろう。
省みると、バックハンドのときは、フォアハンドのようにラケットをブンブン振り回さずに、バックショートのように軽くラケットを押すだけだった。そうすると、ラリー中のボールも速くならないし、足に意識が向きやすい。

私の仮説はこうである。

人間の意識の容量は一定量に決まっていて、腕と足を同時に大きく複雑に動かすと、意識の容量が不足してしまい、どちらかの動きが疎かになるというものである。あたかもメモリの少ないPCで多くのアプリケーションを同時に開くとリソース不足でフリーズしてしまうように、人間も一度に身体の複数の部分に意識を割くと、動かなくなる。

リソース不足


オールバック練習の場合は、前腕を軽く動かすのと、足を小刻みに動かすという2つの動きだけに意識を割いていたため、フットワークが止まらずに機能したのではないか。フォアハンドをつかったフットワークの場合は、しっかりとドライブをかけて、いいボールを打とうとして、身体のいろいろな部分に指令を出しながら足を動かすということをしていたため、ボールに遅れてしまっていたのではないか。

しかし、「上級者はフットワークを止めずに質の高いボールが打てるではないか」という反論もあるかもしれない。それは上級者の場合は上半身か下半身か分からないが、どちらかの動きを無意識に行えるほどに身体に染み付いているからだと思う。歩きながら本を読むとき、我々は歩くという下半身の動きにほとんど意識を割いていないはずである。そのとき本の内容にだけ意識が行っている。それと同様のことが上級者のフットワーク練習で起こっていると推測される。

ということは、初中級者がフットワーク練習をする場合は、上半身の動きを最低限のものにして、まだ習熟していない下半身の動きに意識を割かなければならないのではないだろうか。

人生卓球――世界卓球2019を振り返って

世界卓球2019ブダペスト大会がが終わった。今年は個人戦だったが、振り返ってみると、微妙な結果だったと言わざるを得ない。
団体戦の方は毎回熱戦が繰り広げられ、日本はコンスタントに結果を出しており、楽しめるのだが、個人戦は毎回物足りなさを覚える。

男子シングルスの水谷選手や張本選手は、時には中国選手を破るポテンシャルを持っているし、丹羽選手にしても確実に強くなっている。森園選手のガッツや、吉村和弘選手の大物食いにも期待させられたが、結局メダルには届かなかった。丹羽選手とリャン・ジンクン選手とのメダル決定戦はすばらしい試合で、楽しめたが、結果はついてこなかった。

女子シングルスの伊藤選手は中国のトップ層に匹敵する実力があり、メダルに届くかと思っていたが、ダメだった。石川選手や加藤選手も、「もしかしたら」と思わせるものを持っていたのだが、やはりダメだった。加藤選手とリウ・シウェン選手の試合はすばらしい試合で、楽しめたが、結果はついてこなかった。

このもどかしさは一体なんなんだろう?

東京オリンピックに向けて選手には課題がたくさん。今、中国選手に勝てなかったのは、よかったのかも?マスコミが騒ぎすぎです。選手を過大評価しすぎです。マスコミが騒ぐほど日本選手は強くないのです。(「世界卓球、伊藤・早田銀メダル」)


「マスコミが騒ぐほど日本選手は強くない」。なるほどそういうことか。

たしかに水谷選手や張本選手が中国のトップ選手に勝ったり、伊藤選手はスウェーデン・オープンで中国のトップ3人を連破したりとすばらしい活躍をしたが、それも5回戦ってやっと1回勝てるぐらいなのかもしれない。

Tリーグが盛り上がり、マスコミなどにも頻繁に取り上げられるようになって、今まで全く歯が立たなかった中国トップ選手にもときどき勝てるようになり、なんとなく「とうとう日本は中国に追いつきつつある」と錯覚してしまったようだ。中国の前に韓国やドイツ、香港などと比べても優位に立っているとは言い難いと思わされたのが今回の世界卓球の結果だった。

劉詩文優勝

10年間にわたり、世界トップの実力を維持してきた劉詩文選手が28歳の今大会で初めて金メダルに届いた。私は劉選手のファンなので、すなおに喜びたい。2015年蘇州大会では、決勝で丁寧選手が負傷。ついに世界チャンピオンになれるかと思ったが、まさかの準優勝。長らく無冠の帝王として有名だったが、今大会の優勝で劉選手は名実ともにチャンピオンとなった。
同様に馬龍選手も約10年間金メダルの候補になっていながら、2015年の世界卓球まで優勝できなかった。毎回いいところまで行くのだが、どうしても王皓選手に勝てなかった。
世界卓球のシングルスで結果を残すというのは、それほど大変なことなのである。一度や二度中国のトップを破った日本選手がメダルに届かなかったからといって驚くには当たらない。これを3回に1回は勝てるぐらいのところまで持ってこなければ世界卓球のシングルスでメダルを獲ることはできないのではないか。
ここで思い出すのは、77年の世界チャンピオン河野満氏である。『卓球王国』2019年5月号「伝説のプレーヤーたち」によると、67年のストックホルム大会に弱冠20歳で出場してから10年間、おしいところまでは行くが、どうしてもチャンピオンになれなかった。そして77年のバーミンガム大会でついに世界チャンピオンの栄冠を手にする。

「河野がもし、初出場の67年世界選手権決勝で長谷川を破って優勝していたら。あるいは日本選手権でタイトルを獲っていたら、現役生活はもっと短いものになっていたかもしれない。」(「伝説のプレーヤーたち」)

劉詩文、馬龍、そして河野満(他にも馬琳、樊振東とか)。若くして将来の世界チャンピオンを嘱望されながら10年間、金メダルを逃し続けてきた。そして30歳近くまで辛抱強く戦い抜いた結果、ついに世界チャンピオンになることができたのだ。郭躍選手のように若くして世界チャンピオンになった選手に比べれば、彼らは卓球の楽しさも苦しさも存分に味わい尽くしてきたのではないかと思う。彼らの人生は卓球そのものだと言っても過言ではないだろう。こんな幸せな卓球人生があるだろうか。

日本選手が10代で、あるいは20代前半で世界チャンピオンになってしまうとしたら、彼らは卓球を十分味わい尽くすことができないかもしれない。なかなか結果を出せず、苦しみながら、世界のトップレベルで戦い続け、30歳近くまで門をたたき続ける不屈の選手に対して世界チャンピオンの扉は開かれる。これこそロマンである。そんな劇的な卓球人生を送れる選手は幸いである。


卓球における質の高さ

最近、硬いラバーを使うことによってドライブの質が高まったように思う(前記事「心機一転」)。回転もスピードも以前に比べれば増したはずである。が、(私なりに)「質の高い」ドライブが打てるようになると、今度はそれが返ってきたときに対応できないという問題が起こる。

私はドライブ連打が苦手である。1球は強打できるのだが、その強打がなまじスピードがあるだけに返球されると次は合わせるようなゆるいショットしか打てなくなってしまう。となると速い返球に対応できるだけの速いフットワークの習得が課題となってくる。

--------------
卓球ではよく「質の高いボール」ということが言われるが、まず思い浮かぶのはスピードが速く、台に突き刺さるような低いドライブだろう。しかし、それ以外にもサイドを切るような、コースの厳しいボールも質の高いボールである。これらは相手の想定を超えたスピードや、コースの厳しさで、決定率が高いボールと言える。

そんな決定打のようなボールだけではなくて、台から出るか出ないかの絶妙の長さのツッツキや、どうしても強打できない短くて低いサービスも質の高いボールだと思う。ナックル気味の深いブロックもそうだし、逆モーションで相手の逆を突くような「流し」もそう言えるだろう。

と、「質の高いボール」の範囲をここまで広げると、もはや回転量やスピードの問題というより、相手の予測を外すようなボールが「質の高いボール」となってくる。

となると、いわゆる「高性能」な用具ではなく、コントロール性能の高い用具でも「質の高いボール」が打てることになる。それほど弾まず、引っ掛かりも弱い、初級者向けのラバーやラケットのほうが長さのコントロールがしやすいだろうから、ボールのスピードは速くないものの、相手の打ちにくいところにツッツキやフリックを送ることができる。

ここまでショットの質の高さについて考えてきたが、試合で勝つためにはショットの質の高さだけではなく、フットワークの質の高さということも重要だろう。冒頭の私の経験のように相手から速いボールを返球されても、こちらが打球と同時に1歩下がり、素早くニュートラルな向きや姿勢でそのボールを迎えることができれば、連続攻撃が可能になる。低いレベルの試合なら、もしかしたらショットの質の高さよりもフットワークの質の高さを優先すべきなのではないだろうか。


 Mと違って、ドライブ性能は落ちているものの、引き換えに安定感が大幅に上がっていて、筆者のような実力層からするとSの方が手を出しやすく感じました。ちなみに筆者は、当たれば入るからフォアの練習に時間が割けてフットワークも上達するという嬉しい副作用が生まれました。(くろかみ氏によるマントラSのレビュー


上のレビュー記事で、くろかみ氏はショットの方はそこそこの質でいいから、フットワーク、その他の質を高めようとしているように読める(おそらくバック面で使ったときの印象だろう)。当てればとりあえずは入ってくれるので、ショットのほうに意識を集中しなくても済むため、その他の技術に意識を割くことができるというわけである。私の周りでも、一発強打はすごいが、レシーブや台上、フットワークの方はおそまつという人はあまり試合で勝てないというイメージがある。入ればすごいボールが出るが、許容性が低く、うまくタイミングを合わせなければミスが出る用具よりも、そこそこの性能だが、適当に打っても入る用具を使ってもっとフットワークを磨くべきなのではないだろうか。

なんだか前にも同じような記事を書いた気がする(「必要にして十分」)。思考力も記憶力も衰えているので、同じような主張を何度も繰り返すが、ご容赦いただきたい。

また、フットワークではなく、戦術の質を高めるという方向性もあるだろう。

故・荻村伊智朗氏の「卓球は100m競争をしながらチェスをするようなスポーツ」という言葉を借りるなら、馬龍より100m競争が早い選手は他にもいる。しかし、馬龍よりチェスがうまい選手は、恐らく今、世界の卓球界にはいないだろう。(卓球王国「世界卓球ブダペスト大会速報」より)

ボールの質もフットワークもそこそこでいいから、戦術的な質を高めようという方向性である。これも質の高い卓球と言えるだろう。しかし、戦術的な質を高めるにはある程度のボールの質も、ある程度のフットワークも要求される。うまく相手の弱いところにボールを集めても、そのときのショットがあまりにも貧弱だと、逆に相手に攻め込まれてしまうからである。

ということは、どういうことだ?え~と、ショットの質ばかりを高めようというのは間違っている。それよりもフットワークの質を高めよう。それに戦術の質も高めよう。でもショットの質も大切?

今日は疲れているので頭が働かない。この辺で擱筆するとしよう。

張本敗退

世界卓球2019で張本選手は不本意なベスト16敗退という結果になった。
しかし、彼はまだ15歳。この経験が彼をより強くしてくれることだろう。もし彼が今大会で運よく世界チャンピオンになってしまったら、それで満足してしまい、これ以上強くなれないのではないか。




神巧也選手の前後のフットワーク

神巧也選手がyoutubeチャンネルを持ったということである。神選手のファンとしては見ないわけにはいかない。


https://youtu.be/TLa7OiqayY0?t=44

技術を解説する動画ではなく、練習メニューを紹介する動画なのだという。

「技術論フィルターに通さず、幅広い視野で見てもらえる為にも、技術解説は入れません!」

技術の分析は本職である指導者に任せるという慎重な態度は、さすがである。

動画を見て、まず気づいたのは「動きが止まらない」ということである。当たり前と思われるかもしれないが、私にとっては当たり前ではない。動かずにワンコースで打つのなら、なんとか止まらずに打つこともできるかもしれないが、動きながら止まらないで打つというのは私にとっては非常に難しい。

ジンタク前へ
前への移動。

こちらは打ちながら移動している。まるで歩いているような感じである。移動しながら打つのはよくないイメージがあったが、前への移動は打ちながらでも問題ないようだ。

ジンタク後へ
こちらは後ろへの移動。

打ちながらではなく、打ち終わった後に両足を同時に蹴って後ろにジャンプしているように見える。
前への移動なら私でも上半身の動きを止めずにできそうな気がするが、後ろへの移動は上半身が止まってしまう気がする。どうやって後ろに移動しているのだろうか。

動画を見ると、神選手はラリー中、常に膝が曲がっているのが分かる。それに対して私はドライブを打ち終わった後、膝が伸び切ってしまっていると思う。膝を伸ばした状態では、前への移動はできるが、後ろには移動できない。それで、後ろに下がると決めてから、一度膝を曲げて、足で床を蹴り、後ろにジャンプするという動きになる。それだとかなり時間をロスしていると思う。だから、解決法としては、打ち終わるのと、膝を曲げて、足裏に体重が乗っている状態であるのが同時に起こらなければならない。打ち終わった瞬間にグッと足で床を蹴れる準備ができていないといけないはずである。

後ろへの移動を細かく見てみよう。
前にいる状態からスタート。
ジンタク後へ01
まずバックスイング。足は特に動いていない。

ジンタク後へ02
次にスイング。スイングと右足を半歩下げるの同時である。

ジンタク後へ02b
次におそらく左足から床を蹴り、後ろへ飛び退いている。

ジンタク後へ03
飛び退くのと、バックスイングが同時に完了している。

これは3歩動ではないか!

前記事「フォア・バック足りて…」の中で、3歩動というのは本当に有効なのかという疑問を呈したが、神選手は実際に前後のフットワークで3歩動を行っていた。

以前、Liliのフットワークの基礎についての動画でも似たようなことを言っていた。

オノタツフットワーク


「出来るだけ早く覚えておきたい足を動かす感覚」
https://youtu.be/QeKWkFrJ0yE?t=31

「両方の足を軸にしたら動けない」
「どっちかの足を軸にして、打ちながらでないと次の一歩が踏み出せない」
足を出しながら打つ
「大げさに言うと、(動く方向の)足をちょっと出しながら打つ」
これが神選手の2枚めの写真(右足を半歩下げる)に対応する動きだろう。ということは、神選手は後ろに下がるときに左足に軸があるということになる。

「このわずかな動きがあるかないかで全然変わる」

---------------

神選手に倣い、指導者でもない私がこれ以上、技術的なことに言及するのは慎もうと思う。次の練習でいろいろ試してみたい。

心機一転――ラバーを変えてみた

春の暖かさに加え、風もやわらかく、花は美しく咲き、甘い香りをふりまいている。
梅の花

春にふさわしく、何か新しいことでも始めてみたい気分である…と一ヶ月ほど前に思い立った。
-----------------

プラボールには硬いラバーが合うとされている。なんでもボールが硬くなったので、柔らかいラバーだと球威に押される、あるいはインパクト時に粒が潰れやすくなり、力が十分に伝わらないのだとか。

そうだったのか。私のドライブがあまりスピードが出ないのはそのせいなのかもしれない。私は小柄な方ではないし、細くもないので、体力的には自信がある。おそらく硬いラバーでも大丈夫なのではないだろうか。よし!今まで使い慣れた柔らかいラバーを卒業して、フォア面を上級者が使っているような硬いラバーにしてみよう。

何にしようか。テナジー05ハードというのは名前からして硬そうだ。しかし、実売価格が7000円を超えているので論外である。では、これを機に粘着デビューしてみようか(実は以前使ったことがあるのだが、合わないのですぐに替えた)。いやいや、キョウヒョウとかはいくらなんでも硬すぎるだろう。まずは普通のテンションラバーの硬いやつを試してみて、「まだまだいける」ということだったら、そのときに考えてみよう。他に定評のある硬いテンションラバーはファスタークG1とかオメガ7とか、ラクザXとかがあるようだ。

私はG1をフォア面に貼り、週末の練習でまずフォア打ちをしてみた。うん、たしかに硬い。この硬さが私のドライブを劇的に変えてくれるはずだ。しかし、全力でドライブを打ってみたところ、なんだか打球感がよくない。いや、人によってはこういう打球感が好みの人もいるのかもしれないが、私には合わなかった。ボールがラバーに全然食い込んでくれない…。回転を掛ける前にバチッとボールを弾いてしまうような感覚である。何度もドライブを試してみたがボールを掴まない、全く安定しない。ドライブのスピードが劇的に上がったようにも思えない。こんなはずじゃなかった…。インパクトを強くすれば、ボールがラバーに食い込み、しっかりと掴んでくれるのかなとは思うが、私なりに全力でインパクトしてもあまりボールが食い込んでくれない。今までのラバーなら、ボールがラバーに食い込んで、気持ちのいい打球感でドライブできたのだが…。

かといってラバーを元に戻すのもおもしろくない。送料込みで5000円近くするラバーである。2~3時間使っただけでお蔵入りなんてできるものか!少なくとも3ヶ月は使わないと元が取れない。きっと1ヶ月も使えばだんだん慣れてきて、今までよりもずっといいドライブが打てるようになるにちがいない。

そうやってG1と付き合うようになって一月になる。最近G1がようやく私に心を開いてくれるようになったと感じる。G1の打球感はいただけないと初めのうちは感じたが、今はずいぶん馴染んできた。人間関係でも同じだと思うのだが、どうにも反りが合わない人と仕事をしなければならないなら、相手を変えるのではなく、まず自分のほうを変えるのが定石である。私は自分のドライブの打ち方を変えてみることにした。

今まではボールの少し右の方を触っていたと思う。ペンのフォアドライブらしく、普通に打っても軽くカーブがかかっていた。それはそれで相手が止めにくくなるので、よかったのだが、そうすると厚く当ててしまいがちである。G1を私が厚く当てるとイヤな打球感が出るので、できるだけ薄くボールをとらえたい。それにはボールの左の方、つまりシュート気味にドライブを掛けるのがいいと思う。シェークの人にとっては面を開いてシュート気味にフォアドライブを掛けるなんて容易いことだろうが、ペンでそれをやるのは至難の業である。普通の姿勢でボールの左側を触ろうとすると、前腕を不自然なまでに内側にひねらなければならない。
この問題を解消するには、ラケットが目線の高さぐらいを通過するようにし、下からボールを見上げるようにしなければならない。さらに腕を伸ばせば伸ばすほど左側を捉えやすくなる。ボールを見上げるようにドライブを打つには必然的に姿勢を低くしなければならなくなる。今までなんとなく姿勢が高かったので、いい機会だからスタンスをもっと開き、膝を曲げて姿勢を低くしてみることにした。こうすると、台上でも台の中に深く入れて一石二鳥だ。最後にグリップも変えてみた。裏面の指三本を丸めてみたのである。これでかなり面を開いて打つことができるようになった。自分の意識ではシュートドライブなのだが、実際にはボールの左側を捉えられる場合は稀だろう。良くて真上、たいていはほんの少し右側を捉えているだろうと思う。しかしそれでも以前の打ち方に比べれば、ボールを薄く捉えられるようになったと思う。そうすると、G1がかなり優しくなってきた。インパクト時のバチっという感触がなくなり、心なしかラバーが柔らかくなり、ボールが食い込むような感触を感じるようになってきたのである。

打ち方を変えることによってラバーの硬さの感じ方もずいぶん変わるものだ。G1を初めて使ったときはどうしようかと思ったが、いろいろ工夫して解決法を考えることによって自分の卓球も変わってきた。ドライブの威力も増したような気がする。
私は硬いラバーを使うことにしたおかげで、姿勢も低くなり、ポジショニングにも気を遣うようになり、自分の卓球を見直すことができた。ずっと固定した用具を使うのもいいが、用具を変えることが自分のスタイルを変えるきっかけになるなら、それもまたよし。いろいろ勉強になった。

FLCL

「だからいったろ、ただ大きいからってそんな見たことないの買ってさ、いつもの麺づくりの方が安全だって」
「いーじゃん、そん時は痛い目に遭えば。まずいラーメン食ってみたりするのもさ、なんかオモロいじゃんよ」

足で稼ぐ――選挙と卓球選手

うらうらとのどかな春らしい週末。
京都市内ではけたたましい選挙戦が繰り広げられている。
日曜日に地方選挙があるのである。

lineup_6_vitz
選挙レンタカー。需要がありそう。

「○○をどうぞよろしくおねがいします!」などと名前をひたすら連呼する候補が多い。昔は「名前だけ連呼されても政策も何も分からないのでは支持のしようもないだろう」と思っていたが、ああいうのを見て「少なくとも必死さだけは伝わってくる」と支持する人もけっこういるのかなと最近は考えを改めるようになった。

卓球の区民大会などに行くと、来賓として大会を見学に来る議員さんが多い。
議員

その一方で大会役員として運営の手伝いをしてくれる地方議員さんもいる。ただ見ているだけでなく、積極的に参加してくれる議員さんは尊敬に値する。「選挙は足で稼げ」などと言われるが、地域の清掃ボランティアや小学校のイベント、地域の寄り合いなど、あちこちに顔を出しては手伝ってくれる議員さんを見ると大変な仕事だなと思う。私も地域のイベントにイヤイヤ駆り出されることがあるのだが、議員さんは嫌な顔ひとつせず、率先して手伝ってくれる。市民とのふれあいは議員さんにとっても楽しいことや、勉強になることもあるだろうと思う一方で、嫌な目にあったりすることもたくさんあるんだろうなと思う。初対面の人にあいさつもなしに、いきなり外交や内政について延々と自説を開陳されたり、所属党の不祥事についてネチネチと説教されたり。「あんたらは、わしらの税金で生活できてるんやで。」などと、消費税以外に納税など一切していないような人に嫌味を言われたりする。
理想を語るだけでなく、地道な活動を通して実践している議員さん。こういう人を応援したいと思う。

最近の卓球選手をみると、まるで地方議員さんのような選手がいる。
全日本でランクに入るような選手が地方を回って講習会を開いたり、イベントにゲストとして参加したりする選手が増えてきた。あこがれの有名選手が同じ会場で手の届く距離にいる。さらに実際に言葉を交わしたり軽く相手をしてくれたりする。すごい世の中になったものだ。

国際大会で日の丸を背負って苦しい試合を戦っている選手もえらいと思うが、こういう地方を巡業している選手もすばらしいと思う。私ももしこういう選手と2~3回言葉を交わす機会があれば、ファンになってしまうだろう。
しかし、ときには嫌な目にあうこともあるだろう。最近はyoutubeのコメントのような気安さで馴れ馴れしく話しかけられたりすることも多いだろうと思う。初対面の相手にプレースタイルについて「アドバイス」されたり、答えたくないプライベートな質問をされたり、物をねだられたり…。ついイラッと来ることもあるだろう。有名卓球選手をするのも大変だ。
情報発信だけでなく地道に卓球人一人ひとりとの交流を大切にしている卓球選手。こういう人を応援したいと思うし、こういう選手が卓球界でもっと影響力と持つべきだと思う。


平成の終わりと固定点

ショーケンが68歳で亡くなったというニュースが飛び込んできた。
また昭和のアイドルが一人世を去った。
ショーケンという男は人間的にいろいろ問題があったかもしれないが、若いころはとにかくかっこよかった。
傷だらけの天使

破天荒でがむしゃらで、野獣のような奔放さを持つ一方で、しゃれたデザイナーブランドを身にまとい、男の色気とでもいうべきものを放っていた。ドラマ「傷だらけの天使」では探偵オサムを演じ、水谷豊演じるアキラの兄貴分としての役柄はバッチリはまっていた。水谷豊といえば、代表作「相棒」で理知的で上品な紳士というイメージを確立したが、私の中では「あにき~!」といつもオサムを金魚の糞のように慕っているチンピラのヘタレである。水谷の舎弟役も名演だった。「死ぬ前に一度でいいから女を抱いて死にてぇよ~」という名言も忘れられない。
----------

先日の記事のコメントで読者のMr.Smith氏から興味深い動画をご教示いただいた。


徳島の野球専門トレーニングジム「インディゴ・コンディショニングハウス」で球速150キロの投球を実現するためにアマチュアの野球選手がトレーニングを積むという企画である。

次々と出てくる謎の測定器具やトレーニング器具、あふれる専門用語…トレーナーの殖栗氏の知識の博さには驚くばかりである。
こんな人に指導されたら、誰でも簡単に150キロの速球が出せそうな気がしてくる。
私は野球には全く興味がないが、「体のひねり」「タメ」「下半身の使い方」等、ここで指導されている内容というのが野球のみならず、卓球にも大いに関係しそうなのである。これは見ないわけにはいかない。
-------------

はじめに体力テストが行われる。
「骨盤回転」「バネ右足」「シングルスクワット」「リアクション」等、野球に関するあらゆる身体能力を数値化し、どこが弱いかを把握するのである。

それぞれの値について殖栗氏が野球のどんな部分に役立つかを解説する。手慣れている。
そして一通り体力測定を終えて、弱い部分を矯正していくのだが、内容が濃すぎて、一回で理解するのが難しい。頭で消化して、肚に落ちるまでにはかなりの時間がかかりそうだ。

すべてが競技力に結びついていてスキがない。おかしい…。スポーツの指導ってこんな手の込んだものだったっけ?これではまるで人間ドックではないか。

おそらく昭和の時代にはこういうスタイルの指導はほとんどなかったのではないだろうか。もっと「体力の限界」とか「長時間練習こそ正義」といった雰囲気だったと思う。日本のトップレベルではどうだったのか分からないが、アマチュアレベルで海外の進んだ理論にもとづいて科学的で無駄のないトレーニングを行うというのは平成に入ってからの傾向なのではないかと思う。インターネットが発達し、youtubeで世界中のスポーツ指導が手軽に見られるようになったことがその背景にあるのだろう。

-----------
ショーケンのような危険で歯止めの効かない役者は平成では居場所がない。平成では(舞台の外では)礼儀正しくルールを守り、誰に対してもニコニコしている社交的な役者こそが求められる。

昭和と平成は時代の雰囲気とでもいうべきものがやはり違うなと思う。若い人は昭和の雰囲気を知らない人も多いと思うが、社会は平成になって確実によくなってきたと思う。より公平で、より合理的で、スマートな社会に変わってきた。昭和はもっと暴力的で、権威主義的で、セクハラだらけで、悪いやつらがのさばっていた(古老の話によると、64年の東京オリンピック以前の日本はそれ以後とは全然違って途上国丸出しだったらしい)。そしてときおり突き抜けた(いい意味での)バカが時代を動かしたりできた。平成は違う。そもそもバカが生まれにくくなっている。情報が行き渡っているので、何かを始める前にだいたいの結果が予想できる。今の世の中、海外に渡り、事業で大成功を収めたいと、言葉も通じぬ異国に徒手空拳で渡ろうなどというバカはなかなかいない。だいたいネットで現地の事情を調べてから、相応の準備をして渡航するのがふつうだ。さらに身の丈に合った夢を追い、無理な夢は追い求めない。平成になってバカが少なくなった。合理的思考を身につけた常識人が多い。

そんな昭和と平成の違いに思いをはせる間もなく、あと1か月で平成が終わってしまうなんて…。感慨深い。
------------

殖栗氏の一連の動画に目を通して頭に残ったのは「固定点」という言葉である。これが今の私に欠けているところだと思うからである。
殖栗氏は選手に肘を曲げるように指示し、選手は言われたとおりに肘を曲げてみる。

「なんでそういう動き(肘を曲げる)が出るかっていうと、ここ(肩)が固定されてるんです。」
「筋肉が収縮する場合って収縮する前に必ず固定点が必要になってくるんです。」

固定点

「バッティングでもピッチングでも大事なのは全部そこですよね。」

言われてみれば当たり前なのだが、どこかを動かすにはどこかが固定されていなければならない。強いショットを打つために「力を抜いて」「体をリラックスさせて」などと言われるが、全身の力を抜いてしまったらいいショットなど打てるはずがない。腕や肩の力を抜くのは、他のどこかに固定されている箇所――力の入っている箇所がなければならない。

固定点からの動き
もうなにがなんだか分からないが、要するにすべての関節の動きには固定点が必要らしい。

固定点を作るには体幹がしっかりできてなければならず、そこから四肢が動き、重心移動が起こるという順番があるらしい。固定点にも複数あり、前後の固定点(腰を曲げる)、左右の固定点、水平面の固定点(上半身の捻り)があるという。すさまじい情報量と説得力である。

在野の指導者がここまでするなんて突き抜けている。もうここまでくると、愛好家レベルの枠を越えてしまっている。平成になって突き抜けた人が少なくなったと思ったのは私の勘違いであり、昭和に数多く存在していた突き抜けたバカが、平成になって進化し、突き抜けたナイスガイになってきたのではないだろうか(殖栗氏は非常に感じのいい人である)

----------
この動画を卓球にどのように応用すればいいか分からないが、とりあえず私は自分なりに理解した殖栗氏のポイントから、先日の練習では右足の付け根に固定点を作ってフォアドライブを打つようにしてみた。もちろん腕や肩の力は抜いて。すると、コンパクトなフォームでいい感じのドライブが打てた。
さらに動画を見てみると、どうやら足の裏も非常に大切らしい。

足の裏

今度は右足の付け根だけでなく、足の裏にも気をつけようと思う。

【追記】190514
右足の付け根に力を込めてドライブを打っていたところ、股関節が痛くなってきた。
故障しやすい打ち方なのかもしれない。

heika


ラバー・ペンシル・イリュージョン――卓球のグリップの話

シェークのグリップではどの指に力を入れるかが人によって違い、大きく2つのタイプに分かれるという。(「二本で握る?三本で握る?」)
一つは人差し指と親指に力を入れて握るタイプ。もう一つは小指と薬指(と中指)に力を入れるタイプ。
前者は角度が安定するので繊細なプレーがやりやすく(台上とか)、後者は威力が出やすいので、ラリーでの優位性があるのだという。

ペンホルダーの場合はどの指に力を入れるべきか。
ペンホルダーの場合、フォアとバックとで力を入れる指が変わるのがふつうだが、フォアハンドなら人差し指と親指と中指の3本で握る人が多いかもしれない。私は以前はフォアハンドで親指と中指の2本で板を挟むように力を込めていた(人差し指は遊ばせる)のだが、最近グリップを変えた。5本の指に力を入れないことにしたのである。

「指に力を入れない?どういうことだ!?」と意外に思われる方もいるかもしれない。以下に私のグリップについて述べたいと思う。

前記事「手首・肘・肩 支点のバックドライブ」で新井卓将氏のバックハンドを紹介したが、その延長でタクショー氏のフリッカー・バックハンドの動画を見ていて、どうしてもフリッカー・バックハンドを習得したいと思い、少し練習してみた。が、私には難しすぎて習得できなかった。


「一撃で決める!フリッカーバックハンド」

しかし、その副産物として私は「付け根グリップ」を会得したのである。

付け根グリップ

タクショー氏がフリッカーバックハンドを打つときは、どうやら指で握っていないらしい。指の付け根で握るのである。こうすると、ラケットと指の接地面積が極端に小さくなる。その結果、ラケットはグラグラになってしまう。

この「付け根グリップ」をフォアハンドで使ってみるとフォアハンドの威力が増すような気がするのである。シェークのグリップの下三本グリップ(小指と薬指、中指に力を入れるグリップ)に近いと思う。下三本グリップは上二本グリップ(親指と人差指に力を入れるグリップ)よりもラケットとの接地面積がずっと小さくなることによってラケットがグラグラになり、威力のあるドライブが打てる。ペンホルダーでも同様だと思うのである。

子供の頃に2本の指で鉛筆を握り、これを上下に振ることによって鉛筆が曲がって見えるという錯覚で遊んだ経験は誰にでもあるだろう。

rubber pencil

これを3本以上の指で握ると、あまり曲がらない。2本の指でグラグラに握るからこそ、先端が非常に速く動くのである。また、鉛筆の先の方を握るよりも、後ろの方を握ったほうがよく曲がる。つまり、2点で後ろの方を軽く握ると先端がよく回るということなのである。ペンホルダーの付け根グリップはこの条件をどちらも満たしている。

ハンドサイン

付け根グリップのフォアハンドドライブでは、上の図のように人差し指を伸ばすのがいいと思う(完全にまっすぐ伸ばすのは難しいが)。伸ばすことによって付け根のほうに力が入り、ラケットのヘッドがよく回るからである。


卓球ラバー4000円の壁

数日前に興味深いニュースがあった。

曰く、鉄道関係者の間では「4時間の壁」というものがある。それは片道で移動に4時間以上かかると、消費者は飛行機を選択するという考えである。事実、東京-広島間の新幹線での所要時間は約4時間。その移動は新幹線を選択する人と飛行機を選択する人がほぼ同等で、5時間かかる博多の場合は飛行機を選択する人が多数派になるのだという。それでJRでは新幹線のスピードアップが検討されているのだが、筆者はたとえ新幹線がスピードアップして、博多や、北海道まで4時間未満で移動できたとしても、新幹線が飛行機に勝つことはないだろうというのである。なぜならたとえ「4時間の壁」を越えたところで、料金が高ければ、安い飛行機を選択する消費者が圧倒的に多いだろうからである。

「新幹線というのは商品としての価格の問題を克服しない限り、せいぜい利用されるのは1万円の範囲内。」
「つまり、新幹線で片道2万円も払って旅行へ行くぐらいなら、LCCで南の島へ行きましょうというのが若い人たちを中心に始まっている」

筆者は新幹線が本当に越えなければならない壁は「1万円の壁」だと主張している。

もちろん、東京から北海道、あるいは博多までどうしても片道4時間以内で新幹線で行きたいという需要がゼロだとは言えない。しかし、一般人の感覚からすると、「6時間かかってもいいから1万円ぐらいで行きたい」、もう少し私個人に引き付けて言うと、「京都から東京まで8000円ぐらいで行けるなら、4時間かかってもいい」ということになる。「ぷらっとこだま」が約4時間で1万円強だが、「もう一声」ほしいのである。

------------
私は経営とか、市場とか、ビジネスとか、そういうことについて非常に疎い。なので、以下は素人の取るに足らない独り言として読んでいただきたい。

卓球界では今「ディグニクス05」というラバーが話題になっている。

Dignics05

なんでもテナジー05と比べて「弧線の描きやすさ」が大幅アップし、さらにスピード、回転量、球持ち、磨耗耐久性も多少アップしているらしい。

しかし、実売価格はどうやら9000円を超えるようだ。

もちろん、全日本や世界で戦う選手の中には「どうしても勝ちたい、今よりも勝率が上がるなら、一枚1万円でもほしい」という需要もあるだろう(というか、そういう選手はメーカーから無償で提供されるだろうが)。しかし圧倒的多数の卓球人からすると、「テナジーでいいから、実売価格4000円以下にならないものか」というところではないだろうか。私は別にテナジーでなくともいい。実売3000円台のスーパーヴェンタスやヘキサーグリップで十分すぎるほどなのである。おそらく私がテナジーを使っても、スーパーヴェンタスやヘキサーグリップを使っても、試合での勝率は変わらないだろう(おそらく違いもあまり分からないと思われる)

それに「高性能」――引っ掛かりが強いラバーなら、相手の回転にも敏感になり打ちミスが増えるだろうし、弾みが強いなら、レベルの低いプレーヤーはすぐにボールをオーバーさせてしまい、コントロールが難しくなる。私なんかは1~2か月使って引っ掛かりが落ちてきたラバーの方が安定するぐらいである。「高性能」であればあるほど卓球が上手くなるというわけではない。

こんな低いレベルではなく、全国大会を目指している若い人たちのような高いレベルのプレイヤーなら「高性能」なラバーを必要とするかもしれない。

しかし、たとえば週5回練習するとして、ディグニクス05を1か月使った場合、その「性能」は他のラバーを2~3枚使うのに比べてどの程度の優位性を保っているのだろうか。1か月使っても新品同様の「性能」が発揮されるとは思えない。いくら高性能なラバーでも週5のペースで1か月使えば、さすがに引っ掛かりは新品のときに比べたらかなり落ちるだろう。3000円台のラバーを1か月2~3枚のペースで使った場合と比べて、どれほどのアドバンテージがあるのだろうか。引っ掛かりだけでなく、弧線の高さなど、他ラバーには代えがたい性能があったとしても価格を考えたらどれほど支持されるか微妙である。2週間ほどで貼り替えるとして一か月に両面で5万円弱もの大金をラバー代に費やせるなら話は別だが、ほとんどの上級者はディグニクスを使うのをためらうのではないか。

採算度外視で高性能スポーツカーを作る自動車メーカーのように、ブランドイメージのためにどうしても高性能なラバーを作らなければならないということなのかもしれないが、9000円台は高すぎる。売る気があるとは思えない。バタフライの経営は大丈夫だろうか。進むべき方向性を間違っているのではないか。ロゼナと同程度の価格でロゼナの「性能」を上げたほうがよほど消費者の心をつかむだろう。

越えるべきはテナジーの、性能ではなく、4000円の壁なのではあるまいか。

以上、素人のつぶやきである。

【追記】190311
今日は東日本大震災を記念する日だったのを忘れていた。ケータイが急に災害の警告を発したのはそのためであった。あの悲劇をこれからも長く語り継いでいきたいと思う。

【寄稿】なぜトップ選手はバックサーブを使わないのか

80年代以前はバックサーブが全盛だった。
back serve

ペンのみならず、シェークの選手でもバックサーブが主体だったと思う。フォアサービスは初心者っぽい感じで私はあまり使わなかった。当時、巻き込みサーブなどはほとんど使われていなかったし、逆振り子サーブなんて見たこともなかった。順横回転サーブを出すためにラケットのヘッドを下にしたフォアサービスを使うこともあったのだが、バックサーブのほうが美しく洗練されているように感じていた。腕が内側から外側に開いていくバックサーブの動きは身体の理にかなっているため、流れるような滑らかさで3球目につながるように思った。

それが2000年代になって卓球を再開してみたら、みんながみんなフォアサービスなので驚いた。あんなに台の端からフォアサービスを出したら、フォア側がガラ空きになるではないか。みんな不安じゃないのだろうか…。

しかし、慣れとは怖いもので、私もすっかりフォアサービス派になってしまった。どうしてバックサーブを使わないのだろうか。

今回、ご寄稿いただいたのは、玄米茶さんで、フォアサービスとバックサービスのメリット・デメリットなどを考察されている。

以下、本文である。

----------
トップ選手はバックサーブを使わない選手が多いです。
メインで使っているのは男子ではオフチャロフ,サムソノフ,鄭栄植,女子では徐孝元をはじめとするカットマン達くらいではないでしょうか(ごくまれにバックサーブを使う選手はもっと列挙できると思いますが)。

ovcha

9割がたの選手はフォアサーブを主体で戦い,バックサーブは使いません。
使わない理由としては

①インパクトを体で隠せない
②ラケットの面を隠せない
③グリップの問題
の3つが挙げられると思います。

①について
卓球の現行のルール上ハイドサービスは禁止ですが,フォアサーブのインパクトの瞬間が相手にぎりぎり見えるか見えないかというレベルでサーブを出している選手が見られます(右利き対左利きの場合,ほぼ見えていない場合もあるのが実情だと思います)。
審判に注意されないぎりぎりのラインです。
全員が全員ではありませんが、こうした相手にインパクトの情報を与えない工夫をして,サーブの回転を読ませないようにすることでアドバンテージを得ている面があると思います。バックサーブではこれができません。

②について
フォアサーブの場合,インパクトの直前までラケットの面を体の利き腕側に隠して,相手にラケットの面の角度を見せない(相手に情報を与えない)ことができます。それと比較して,バックサーブではラケットの面の角度を、インパクトの前に相手にはっきり見られてしまいます。台の下にラケットを隠す人もいますが、インパクトの前にはどうしても台の上にラケットが出て、相手に面が見られてしまいます。

③について
フォアサーブを打つときには中指・薬指・小指をブレードから外すので手首の自由が利き、順横回転も逆横回転も自由に出せ、フェイクもかけやすいです。しかし、バックサーブは指を外してしまうと打ちにくくなってしまうので指を外さず、結果として順横回転が出しにくくフェイクの多様性も欠けています。バックサーブはそのグリップゆえに、フォアサーブより手首の動きが限定されるという欠点があると思います。

サーブ・レシーブでのわずかなアドバンテージの奪い合いが非常にシビアなトップ選手は,上記の理由でバックサーブをあまり使わないのではないかと思います。

いっぽうで,アマチュア選手にとってバックサーブは

・台に正面に向かって構えてサーブを出すので、フォアサーブよりサーブ後の戻りが楽になる
(フォアサーブのほうが3球目に繋げやすいという人も当然いて、プレースタイル次第だと思います)
・巻き込みやYGが苦手な選手でも逆横回転系サーブのバリエーションを増やせる

といった利点がありますので,十分に使うメリットはあるのではないかと思います。  

--------
拙ブログでは読者のみなさんからのご寄稿を募集しております。我はと思う方はふるってご投稿下さい。

それってyoutubeの見過ぎだよ――卓球の制限モードについて

バックハンドドライブが安定しない…。

先日、初めて打つ人と試合形式の練習をしていたとき、なかなかバックドライブが入らず調子が悪かった。それを上級者が見ていてこんなことを言った。

「それ、youtubeの見過ぎですよ。」

ITTF動画

もちろん、面識のある人に言われたのである。どういうことかというと、youtubeでレベルの高いプロのプレーを見て、自分もできると思ってプロの真似をして難しいボールをミスしたという意味である。

しかし、そんな高度なことをしたつもりはない。ただ相手がこちらのバック側に横下ロングサーブを出してきたので、それをバックドライブで迎撃しようとしただけなのだ。

「いきなりあんなドライブ強打を打って入るわけないじゃないですか。」

え?じゃあロングサーブをつっつけとでもいうのか。そんなことをしたら、相手にみすみすと先手を取られてしまう。台から出たボールはドライブで迎撃するのがふつうではないか。

「相手のサーブがどのぐらいの回転量かまだ分かっていないうちにあんな強いドライブを打っても入りませんよ。打ち慣れていない相手と試合をする場合、まず初めは相手のサーブがどんな回転で、どのぐらいの回転量があるか探りながら、上にこするドライブでとりあえず入れるべきですよ。しろのさんの打ったドライブはループドライブじゃなくて、前に振る、決めに行くドライブじゃないですか。打ち慣れている相手ならいざ知らず、初見の相手のサーブに対してあんな強打を打つのは危険すぎます。」

なんと!上手な人は台から出るサーブは全部ドライブ強打するものだと思っていたが、そうではないらしい。1ゲーム目は相手の回転を探りながら慎重にプレーし、2、3ゲーム目になって相手の回転が分かってきてから積極的にドライブ強打を打つようにしているのである。

「ショートサーブをいきなりチキータとかフリックとかするのも怖いから、私は試合の序盤では控えますよ。まずはツッツキとかで回転を探っていき、相手に慣れてきて初めて使う技術だと思います。」

こんなに強い人が「怖い」といっていることを私は平然とやってしまい、ミスを連発していたわけである。初見の相手のサーブをいきなり決めに行くというのは相当高いレベルの人でないと無理だというわけである。なるほど「youtubeの見過ぎ」と言われたのもむべなるかな。こういうことを譬えた蛇に関することわざがあったなぁ。なんだっけ?ネットで調べてみたが、差別的な表現だったので、代わりに英語のことわざを紹介したい。

 Fools rush in where angels fear to tread.
 【訳】 愚か者は、天使が恐れて足を向けない所へとび込んで行く。
"tread"を辞書で調べると、「歩く」とか「踏む」という意味があるので、「足を向けない」というよりも「足を踏み入れない」と翻訳したほうがいいかもしれない。

このことからいろいろなことが分かってくる。

・ドライブには決めに行くドライブと、打たれない程度につなぐドライブとがあること。
・レベルの低いプレイヤーはこの区別をあまり意識できていないこと。
・試合で相手の回転やリズムに慣れるためには意識して慎重に探っていかなければならないこと。

最近見た卓球丼氏の動画でも同じようなことを言っていた。



卓球丼氏「みなさんは最初のうちは絶対に自滅型です。」

自滅型


やっすん氏「めっちゃわかる、それ。そういう人、多い。特に学生だったら、中学生とか。高校生になると経験年数が長くなるので…それでも自滅型多いか。」

卓球丼氏「多い!すごく多い。」

やっすん氏「無理な3球目攻撃をしてミスる、みたいな。速い球出す練習ばかりしていて台に入らないとか。練習だったら入るけど、試合で台に入らないとか。」

そうなのである。まるで自分のことを言われているようだ。いつも練習している相手なら、回転の種類も量もだいたい見当がつくから、いきなり強打をしてもけっこう入るのだが、それで「この程度のボールなら、いつでも強打できる」と錯覚してしまうのである。同じようなボールでも人によって回転量や回転の方向が微妙に異なっている。卓球は非常にデリケートなボールタッチが要求されるので、そのような微妙な差異に敏感でなければならない。しかも問題は回転だけではなく、ボールの深さや打球点、打つリズムなども人によって微妙に変わるので、相手に慣れないうちに積極的過ぎるプレーに走るのは禁物である。というか、私のようなレベルの低いプレーヤーは、そのようなボールのさまざまな差異の存在すらあまり意識しておらず、したがって相手を観察したり、相手に慣れようとしたりする努力も怠っていた。その結果、「いつもの相手なら入る強打が入らない」「今日は調子が悪い」と、調子のせいにしてしまっていたのである。

「チキータができる」「カウンターができる」「強烈なスピードドライブが打てる」などというのはあくまでもいつも練習していて打ち慣れている相手に対してであって、あまり打ったことのない相手にはそれらの技術が不安定なのは当たり前のことである。自分の最大限の技術をよく知らない相手に使うのは自滅への道まっしぐらである。

そこで卓球の「制限モード」を提唱したい。レベルの低い初中級者は知らない相手に対しては、まず比較的ミスの少ない技術のみを使って相手のプレーを解析しなければならないと思うからである。

試合でまず使う技術として例えば次の技術が挙げられる
・ループドライブ
・ツッツキ
・ストップ
・角度レシーブ
・流しレシーブ
・ブロック/ショート

以上の安定性の高い技術のみを使うのが「制限モード」である。

そして試合の後半になって相手のプレー、回転に慣れてくるにつれて徐々に以下の技術を慎重に試してみるのがいいと思われる
・スマッシュ
・ミート打ち
・スピードドライブ
・フリック
・チキータ
・カウンター
・プッシュ

これらを使ったプレーは、いわば「完全モード」である。

練習でできる(といっても、おそらく成功率はせいぜい60%ぐらいだと思うが)ことが試合でもはじめから使えるわけではない。試合では相手のプレーをよく観察し、「制限モード」でミスをしないように遅くて高いボールを打ちながら相手の球質を見極め、次第に低くて速い、厳しいボールを打つようにしなければならないと思う。

メンタルと試合の流れ

私は「格下」と思われる相手と試合をしてよく負ける。
格下だと思うと、なんだか気が抜けてしまい、「相手を打ち負かしてやる!」という闘争心が湧いてこない。なんとなく相手に合わせるようなプレーを続けた結果、相手にガンガン打たれて負けてしまうのだ。

「こんなはずじゃなかった…」と後悔しても遅い。これがいわゆるメンタルの問題というものだろうか。

よく自分を奮い立たせるために、ポイントしたら大きな声を出す選手がいる。私もポイントのたびに大きくチョレイなどと叫んでみたらいいのだろうか。でもちょっと恥ずかしい。

高遠

声を出したら、闘争心が呼び覚まされて、プレーが積極的になる?

しかし、そんな単純なものだろうか。声を出して気持ちが高ぶってきても、肝心のプレーがおそまつということもありうる。気ばかり逸ってしまい、打ちミスを連発してしまうかもしれない。

たとえば、サムソノフ選手や丹羽孝希選手のように寡黙にプレーしても自分の持つ能力を遺憾なく発揮できる選手もいるではないか。声をほとんど出さないのに強い選手は少なくない。声を出さないとプレーが固くなってしまう選手もいるのかもしれないが、声を出せばプレーが積極的になるとは一概には言えないだろう。

-----------
全日本卓球2019の伊藤美誠選手対早田ひな選手の準決勝の解説で宮崎義仁氏がこんなことを言っていた。

「チャレンジャー、向かっていったほうが勝つのかなと私は思います。そういう意味では早田のほうが1ゲーム目、乗っていくかな。伊藤が最初からね、早田にたいして挑戦者の気持ちで向かっていけたら、そりゃ別なんですけど、今、女王ですからね。彼女は受けてしまうんじゃないかな…そこの出足が心配だなというふうに見ています。」

「受けてしまう」。私が格下と試合する時はまさにこんな心境である。
相手の隙を突いて自分から積極的に攻撃を仕掛けていくというよりも、「相手はどんなことをしてくるのか」と様子見をしてしまう。途中から「このままでは負けてしまう」と分かっていても相手の出方に合わせてしまう。私は自分の実力が大したことがないということをイヤというほど思い知らされているので、格上ぶっているつもりもない。しかし、「格下」っぽい人と試合をすると、「受けてしまう」のである。どうすればいいのか。

そんなこんなでいろいろな「格下」に負け続けて気づいたことは、メンタルよりもマインドのほうが問題だったということである。カタカナで表現すると曖昧になるので漢字で言えば、「心」よりも「知」のほうが問題だと思うのである。私がどうして自分から先手を取れないかというと、自分の攻撃するイメージがないからなのである。

フォア前にサーブが来た。そこで相手のバックにフリックしたら相手は最も遠いこちらのバック奥に返球してくるだろう。だから急いで戻ってバックハンドで強いボールを打たなければ。

こんなイメージを持たずになんとなくフォア前のサーブを相手のバックにフリックしてしまい、相手がこちらのバック奥に返球してくるのに驚いて当てるのが精一杯の弱い打球で返した結果、相手に攻め込まれてしまうわけである。「格下」だと思うと、警戒心が薄れてしまい、次の展開を考えずになんとなくプレーしてしまうことが多いようなのだ。相手が格上だろうが格下だろうがやるべきことは変わらないはずである。格下だと思ったときに次の展開を思考するのを止めてしまうのが私の卓球の悪い癖だと分かった。

前記事「私の観た全日本卓球2019」で「迷ったまま入ってしまう」ということについて述べたが、私の場合は「迷ったまま」というよりも「何も考えずに入ってしまう」のである。声を出して自分を奮いたたせるというのは、迷いを断ち切る役には立つかもしれないが、そもそも何も考えずに入ってしまう私のような卓球では全く意味がない。それよりも頭を使って相手のプレーを分析し、次の展開のイメージを持つことこそが私に最も欠けているものだと思う。

シェークハンズの藤井貴文氏が「心技体知」についてブログで書いていた。

「技術は同じなのに、何度やっても勝てないケースがあります。その時の差は「戦術」の差です。」
「いわゆるどのスポーツでも言われている、「心技体」そして「戦術の知」だと思われます。」

スポーツや武道で「心技体」ということがよく言われるが、卓球に関しては「心技体知」だと聞いたことはあったのだが、最近この「知」の大切さがよく分かるようになってきた。よく「メンタルが弱いから負けた」ということを聞くが、そのときの「メンタル」というのは「心」も「知」もいっしょくたにした曖昧な言い方で、実際はメンタル(気持ちの強さや積極性、冷静さ)というよりも「知」の部分に問題があることが多いのではないだろうか。

先の宮崎氏は1ゲームを獲った伊藤選手について次のようにコメントしている。

「…去年のチャンピオンですし、ワールドランキングもだいぶ上ですし、伊藤がね、少しこう、待ち構えてやるような、受け身になるのかなと思ったら、なんのなんの、伊藤のほうが思い切ってましたね。やっぱりこのメンタルの強さ、さすがですね。」

こういうコメントを見ると、プロの試合では「心」の部分が試合を大きく左右するのだということがうかがえる。つまり、「技体知」の部分ができているのは当然のことで、あまり問題にならず、問題になるのは「心」の部分だということが分かる。しかし、初中級者の試合では「心」よりもまず「知」の部分が問題になることが多いのではないだろうか。

ここまで考えて、「試合の流れ」ということももしかしたら同じことなのかと思った。卓球全日本2019男子の解説で河野正和氏が「試合の流れ」に何度か言及していた。「流れがきている」などとよく言われるが、これについて私は幸運か何かが定期的にめぐってくるようなイメージを持っていたが、ようするに自分の戦術が相手に効いて、自分のイメージしたとおりの展開が続くことを言うのだろう。その戦術に相手がうまく対応して戦術が通用しなくなったら「流れが行ってしまう」ということになり、戦術を変えて、それがまた相手に効き出したら、また「流れが来た」ということになるのではないか。試合というのは徹頭徹尾、戦術であり、メンタル(心)というのは戦術という食材を際立たせる調味料にすぎないのではないだろうか。

アクセルか、ブレーキか――踏み込みについて

サービスを出すときに床をダンっと蹴ったり、フォアドライブを打つときにグッと右足で踏み込んだりする。そうすることで回転がかかったり、威力のあるショットが打てるのではないかと私は思い込んでいる(冷静に考えると、サービスの時に足を踏み鳴らして回転量が増えるかどうかは疑問だが)

この踏み込みという動作にはアクセルとブレーキの働きがあると思う。

たとえば野球のピッチングで非利き足をグッと踏み込むことは球威を上げるのに重要な役割を果たす。これはアクセルだろう。卓球でもフォアドライブで体重移動しながら非利き足をグッと踏み込むことは球威を上げるのに役立つはずだ。

他にも相手のショートサーブに対するレシーブ時に前に移動し、右足でグッと踏み込んでツッツキをしたりする場合は右足の踏み込みがブレーキとして働いていると言える。もしこの「グッ」というブレーキがなければ、ツッツキのとき、台上で前に突っ込みすぎてしまい、次の動作が遅れる原因になるだろう。

前記事「○球目にご用心」で1球目を終えて3球目に備える、あるいは2球目を終えて4球目に備えることの重要性を再認識したので、最近はできるだけ素早く次の動作に移れるように気をつけている。

ツッツキのときに右足でグッとブレーキをかけて、すぐに台から距離を取るようにしているのだが、ここで私の右足は上述の私の考えとは異なる働きをしていることに気づいた。

私は相手のサーブをツッツキするとき、相手のインパクトの前に助走として少し足をバタバタ動かし、インパクトの瞬間、ショートサーブだと分かると、2~3歩小さくポジショニングして、ボールを正面から迎えられるようにする(ペンホルダーのツッツキはシェークより正面ぎみでボールを迎えるので)。その最後の1歩が右足になるのだが、そのときの右足の「グッ」はどちらかというと、アクセルのような「グッ」になるのである。

踏み込み

私が想像していたように、体が前に行こうとする力を止めるのに右足を使っているわけではなかった。

小さなステップで台に接近して、最後に右足を踏み込んでから右腕を少し伸ばしてツッツキをする。時間的な余裕がある時は、前に突っ込むようなことはなく、あまり前傾姿勢にもならない。右足はブレーキではなく、むしろアクセルのように働く。このようにツッツキ時に右足を利かせると、攻撃的な深いツッツキが打てる。しかも、その右足はそのままブレーキにもなり、私の身体を台から後ろに移動させる働きもするのである。

右足の踏み込みはフォア側の打球全般で使うと思うのだが、フォアツッツキの場合、

右足の踏み込み→打球→右足に体重を載せたまま後ろに戻る

という流れになるので、右足の踏み込みはアクセルであると同時にブレーキでもあったのである。
以下の王皓選手の動画のようなイメージである。


1分ほどオープニングが続くので、下のリンクから視聴されたい。
https://youtu.be/zyEMKbalUxw?t=58

同じく右足で踏み込むフォアドライブではどうだろうか。

通常(?)は

右足の踏み込み→打球→左足の踏み込み

のような流れになると思うのだが、そうすると、右足の踏み込みはアクセル、左足の踏み込みがブレーキということになるだろうか。しかしこうすると体が左に流れてしまい、次の動作が遅れてしまう。

上手な人のフォアドライブを動画で見てみると、

FD踏み込み
右側に体を傾け、右足でグッと踏み込む


FD伸び上がり
打球後、左右のどちらにも偏らない中立の姿勢


FD戻り
左足でブレーキ…あれ?左足が仕事をしていない。




https://youtu.be/5TWreEciHGc?list=PLsb_4V4-v9foxwDadaD_P7P3n5JtqcbNo&t=81

左足の踏み込みでブレーキを掛けていない。打ち終わったときに左足にはとりたてて体重が載っているわけでもなく、ちょうど中立の姿勢で終わっている。左に体が流れない。

フォアドライブってこうやって打つのか…。なるほど、こうすれば次の動きにすばやく移れる。

今までの私のフォアドライブは、右足で踏み込んで左足でブレーキをかける、大振りで効率の悪いフォアドライブだったのか。

フォアサービスの場合はどうなるのだろう。私は今までフォアサービスのインパクトと同時に左足をダンッと踏み込んでいたのだが、もしかしたら、左足を踏み込むことによって3球目への準備が遅れていたのかもしれない。ツッツキとフォアドライブの考え方をフォアサービスにも援用すると、フォアサービスでも左足にはあまり体重を載せず、右足に載せたまま後ろに下がったほうがいいということである。

そういえば、「右から左、後ろから前への体重移動というのは時代遅れだ」という上級者の意見をどこかで聞いたことがある。こういうことだったのか。踏み込みというのは両方の足でするのではなく、片足だけで完結したほうが次の動きにすばやく移れるということが分かった。


郭子琦

上の動画のモデルは郭子琦選手。ジュニアの選手である。いつか日本女子代表と戦うことになるかもしれない。

○球目にご用心――台との距離

昔、TOEICという英語のテストを受けたとき、リスニングの問題が難しくて全然答えられなかった。会話文を思い出して選択肢を選んでいる間に次の問題に移ってしまい、ひどい結果だった。

私はリスニングの問題でどうしてあんなにボロボロだったのか思い返してみると、日本語の構造と無関係ではないように思う。

日本語は重要な情報が最後に来る。

「ご依頼の件は、担当者が説明に参り…」

まで来ても、まだ諾否が決まらない。

「参ります」なのか「参りません」なのか、ここを注意して聞かなければとんでもない誤解をしてしまうことになる。そうかと思うと、「参りますが…」などと、どんでん返しの展開も想定しなければならない。日本語では文末に最大限注意しなければ重要な情報を聞き逃してしまうおそれがある。

こういう日本語の構造に慣れてしまっているため、私は英語を聞くとき、前半は流しながら聞き、最後の部分だけ集中して聞くという癖が染み付いてしまっていたのだ。英語では逆に主観的な態度や時制、肯否などの重要な情報が助動詞などによって前半に提示されるので、前半を集中して聞き、後半は流しながら聞くべきだったと後悔した。

TOEICのリスニングで私は文意のかなめとなる前半部分をむざむざと聞き逃してしまったためにテストの点数が振るわなかったというわけである。

-----------
唐突に卓球の話になるが、卓球で何球目が大切だろうか?

「それは3球目に決まっている」
「レシーブ側なら2球目だ」

などという意見が出てきそうだが、たいていのポイントが5球目までで終わることを考えると、1球目のサーブが大切なのは言うまでもないし、2球目のレシーブが大切なのも当然である。3球目は攻撃のチャンスだし、4球目はそれをどう止め、反撃に転じるかの境目になるし、すべての球目が大切だと言っても過言ではない。1球たりともおろそかにはできない。

では聞き方を変えて、何球目に最も気をつけなければならないだろうか。

私はサーブ側なら1球目、レシーブ側なら2球目が最も気をつけなければならない球目だと思うのである。なぜかというと、サービスというのは台にピッタリくっついて出す人が多い。
下の森園選手のように台のサイドにまで入り込んでサーブを出す人もいる。

morizono serve

そして相手の次のレシーブが深いツッツキやチキータだった場合、距離が近いだけにかなり早くボールが自分の打球ポイントに到達してしまうことになる。上手な人はサーブを出した瞬間にすぐに飛び退くように下がることができるが、多くの初中級者の場合、ここの対応が遅れ気味で、1球目のあと、ボーッとしてしまうことが多い。そして、あっと気づいたときにはボールはすでに自分の打球ポイントまで迫っている…。そのため詰まってまともな打球ができなくなる。

「おかしいなぁ。練習では3球目が打てるのに試合ではちっとも打てない」

こういう人が初中級者に多いと思う。練習の時は打ち慣れている相手なので、どんなボールが来るかなんとなく予測できるので台との距離が近くてもなんとかなるが、試合ではそうはいかない。

レシーブのときも相手がショートサーブを出したら、台の中に右足を踏み込んで台に最も接近した状態になってしまうが、そこで3球目を打たれたり、相手に深いボールで突かれると、詰まってしまう。ポジションが台から近いので、軽いフリックもかなりのスピードに感じられる。サーブのときと同様に初中級者はここの判断が遅いのでまともに相手の3球目に対応することができない場合が多い。

その後、うまく4球目をしのぎ、5~6球目となると台からある程度距離ができているので、ちょっと反応が遅れてもなんとか対応できる場合が多い。

3球目や4球目で攻撃するのが難しいのではない。1球目、2球目という台に最も接近した状態からすばやく距離をとって3~4球目に備えることが難しいのだ。冒頭のTOEICでの失敗のように、私は1~2球目をなんとなく「打ち流して」しまい、3~4球目に集中していいショットを打とうとするのだが、それでは遅いのである。1~2球目が終わるか終わらないかの瞬間こそが最も集中していなければならないときなのである。

最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ