しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




随筆

当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

低いは正義!…か

「力は正義!」とか「かわいい(イケメン)は正義!」とか、そんな言葉があるが、卓球においてはどうだろう。

sakurai
卓球界のイケメンとして名高い櫻井コーチ

私は「低いは正義!」だと思っていた、最近までは。

ツッツキは言うに及ばず、ドライブもブロックも低いのがいいに決まっている。

*************

最近こんなことがあった。

ゲーム練習でこちらから相手のバック深くに低くて速い順回転横下ロングサーブを出してみた。全力のスピードで出したので、相手は案の定強く打てない。角度を合わせてツッツキ気味に返してくれればこちらの思うつぼである。バックドライブで待ち構えていて、強打し、完全にこちらが主導権を握ることができる。しかし、相手のFさんはバックへのロングサーブをバックドライブでこちらのバック側に返球してきたのだ。といっても速いロングサーブである。あちらがカウンター気味にバックドライブ強打を打つのはリスクが高い。そこでFさんはチョリっと山なりにゆっくりしたバックドライブで応じてきたのである。ツッツキよりはスピードがあるが、スピードが遅く、打ちごろのボールである。こうなると、こちらのバックドライブ強打でほぼ決まるはずのボールだった。が、私のバックドライブは空振り。相手のボールの伸びが激しく、頂点付近でグンと伸びてきたのだ。

「落ち着いてタイミングを合わせなきゃ」

次のサーブも同じようにバックへのロングサーブ。Fさんは強く打てず、やはり同じようにバックでチョリッとドライブをかけてくる。今度こそ決めてやる!しかし今度はラケットに当たったものの、オーバーミス。

なんだかイヤなボールだなぁ。スピードも遅いし、弾道も高いし、打てないはずはないのだが。

その後も何度も同じ展開になるが、私はミスが多く、なかなか気持ちよく強打できない。そしてゲームが終わるころにようやく気付いた。Fさんはエンドラインの白線を狙ってゆっくりとした高いドライブを送ってくるのだと。

こちらもサーブでギリギリまで深いところを狙っているのだが、あちらもレシーブでギリギリまで深いところを狙っていたのだ。こうなると、ふだんの立ち位置ではつまってしまい、いいボールが打てない。それに加えてFさんのバックドライブは私の胸ぐらいの高さでゆっくりと飛んでくる。これをバックドライブのカウンターで狙うと、(比較的)低くて深いボールよりもさらに詰まりやすくなる。

低さ一辺倒ではなく、時には高いボールでも深くさえあれば、効果があるんだなぁ。というか、私がもう半歩後ろに下がって待てばよかっただけの話か。

また一つ勉強になった。

思ふどちして戯れむ

久しぶりに卓球台の前に立ち、気心の知れた相手とボールを打ち始めるとき。

相手と近況や世間話をしながら徐にボールを打ち始める。

といっても試合の前の3本の練習のようにガシガシと打つのではなく、じゃれ合っているようなボールである。親しい相手なので、私はフォア打ちもせず、いきなり短い逆振り子サーブを出してみる。ボールの軌道は高く、ポテンポテンと弾んでいく。相手はバックハンドでパシンと払うこともできるのだが、あえて角度を合わせただけの返球をする。返るボールはふわーッと高い。私はゆっくりと回り込んで、おどけた大げさな大きなフォームで軽くバック側へループドライブ。相手はブロックでフォア側へ。私はそれをまたゆるいループで返球すると、今度は「これはどうかな?」とばかりに私のバック側へブロックを送る…。

練習でらしい練習が始まる前のこういうゆるいラリーが好きだ。こういうラリーは延々といつまでも続けることができる。
buriki

音楽にたとえれば、R&Bというのだろうか、ユニクロなんかで流れている、落ち着いた曲のイメージである。こういうときは身体全体の力が抜けている。足取りが軽い。普段の私はフロアに根が生えたように足が動かないのに、こういうときは自ずと足が動き出す。練習って本来こういうふうにやるのではないだろうか。

「フォア前にショートサービスをください。それをフリックでフォア側に払いますから、そこから全面で」

などとコースをある程度指定して練習するときにはフリックから0.1秒でも早く後方に移動して、厳しいボールを打とうと必死になってしまい、足がなかなか動かない。

ラケットは前に振らない、横か上に振る。

これが私が最近心がけていることである。こうするとボールが飛ばず、ボールがラバーに引っかかって安定するし、ボールのスピードも遅いから足も動きやすい。速いボールでの練習は足が動くようになってからでいい。

ただ、こういう練習は同じ意識の人でないと成り立たない。私はゆっくりしたラリーが練習になると思っているけれど、相手によっては速いボールでパシパシ打ち合うことこそが練習になると思っているかもしれないからだ。

buriki


いろいろなタイプの人と打つと練習になるというのも真理だと思うが、気心の知れた同士でじゃれ合うような練習をするのもいい練習だと思う。


レシーブの耐えられない単調さ

私にとってイヤなサービスというのは、ドカンと足を踏み鳴らして、身体全体を使って出されるサーブである。
それでこっちが身構えて迎撃姿勢をとると、びっくりするぐらい遅くて短いサーブを出されて、手を伸ばしきって力ないレシーブをするしかなかったりする。
それで今度は短いサーブを警戒していると、同じモーションでとんでもなく速くて深いサーブが来たりする。

次はどっちだ? 長いサーブか、短いサーブか…。こういうサーブは的が絞れず、どうしても受け身になってしまう。

これまではショートサーブを出されたら、私はいつも低くて切れたツッツキなりストップなりでレシーブしようと心がけていたのだが、この間の練習で、とにかく早くボールに触ることを試みてみた。もう、バウンドと同時ぐらいに触ってやろうという気持ちで相手のショートサーブをできるだけ早く返球してみたところ、相手がすごく崩れて甘い返球をしてくれたのだった。

打点が早いあまり、こちらもあまりサーブの回転を吟味する時間がないので、30~40センチほど浮かせてしまうこともしばしばだった。しかし、その早さとボールの飛んでこなさに相手は困惑していたようだ。たとえ浮かせてしまっても、そうそう厳しいボールは来なかった。そうやって相手が早くて浅いストップを警戒してきたら、今度は普段の打点で低くて深いツッツキをお見舞いするのである。

つまり、私がもっともイヤなサーブ――短いか深いか分からないサーブを、レシーブでやってみたわけである。私が身体全体ですばやくボールに突っ込んでいくので、相手は「すわ!速いツッツキがくるぞ」と少し下がって身構えるのだが、予想に反してちょっと浮いた浅いボールが来るので、打とうにも打てない(上手な人にはそこで簡単に打たれるだろうが)
receive

レシーブは低く短くということばかり考えて慎重に返球していたので、これまでの私のレシーブは相手からすれば単調にすぎたのではないだろうか。そのような単調な打点でのレシーブなので、相手からすればリズムを取りやすかったのだろう。しかし、たとえ浮いてしまっても、緩急さえつければ相手は簡単には打てないというのは発見だった。

これを逆の立場で考えてみると、3球目を待っているサーバーとしては、長ければ打つし、短ければつっつくつもりではいるものの、早い打点で2球目を打たれると、打てるかどうか吟味している時間がない。ギリギリ出るかもしれないボールでも、安全につっついてしまいがちである。そうすると、こちらは4球目で長いツッツキを待てることになる。

多彩なレシーブというのは私には難しいが、単に打点に緩急をつけるぐらいなら、私にもできそうだ。これでチャンスボールが来やすくなるなら、これからレシーブに積極的に取り入れてみるべきだろう。

日本の(推定)卓球人口

「東洋経済」の記事で「卓球「Tリーグ開幕」に漂う大ブームの予感 日本の卓球人口「1000万人」も夢物語ではない」という2017年12/25の記事があって、笹川スポーツ財団のデータやJリーグとの比較で「2030年には卓球人口が663万人の約1.4倍、958万人に増える」可能性があると述べている。

ただし、この「卓球人口」というのは年に1回以上卓球を楽しんだことのある人の数なので、卓球に興味がない人が、温泉でたまたま卓球を楽しんだという人も含まれる。

この記事は卓球に対して非常に好意的に書いてあるので、文句を言いたくはないのだが、663万人という数字は実質的な卓球人口ではない。

結論を前もって述べると、私の推定した日本国内の卓球人口は以下の通りである(追記:中学生の扱いを変更し、数字を大幅に変更した)

A:卓球人口最大41万人
B:熱心な卓球愛好者11万人
C:卓球依存症3000人

Aは実際に定期的に卓球をやっている人の数。Bは卓球が本当に好きな人の数。Cは卓球に取り憑かれている人の数。

私は数字が嫌いである。自慢ではないが、高校時代に数学で赤点を取ったこともある。年をとるにつれて数字に対する不信感は深まるばかりである。

特に「客観的」な統計データというのは、パラメータを調査者が作為的に変えることによって、全く正反対の結果が出ることも少なくない。コーヒーを飲むと癌にかかりやすいとか、かかりにくいとか、あの手の医学的?な調査はスポンサーの意向によってどうにでも変えられるように思われてならない。数字も科学も扱う人によって薬にもなれば毒にもなる。

たとえ悪意がなかったとしても、非卓球人が機械的に出した卓球人口の推計よりも、卓球を肌身で感じている私が推定した卓球人口のほうが実際の人数に近いはずである。卓球人の推定した卓球人口というのは意味のある数字だと思われる。

なんでこんなことを考えたかというと、Tリーグにどのぐらいの人が入るか気になったからである。

Tリーグを観に行く人は、8割がたは卓球人だと思う。9割かもしれない。

非卓球人が会場にわざわざ足を運んでルールもよく知らない卓球を観戦するとしたら、職場関係でチケットをタダでもらったとか、友人・恋人に連れられて観戦に来たような人じゃないかと思う。

現時点でTリーグを観に行く人は相当な卓球好き(つまりBとC)か、つきあいで見にいくような人だろう。

バドミントンの桃田賢斗選手が世界ランク1位の選手を破ってジャパンオープン優勝を成し遂げたのだという。賭博事件のスキャンダルから立ち直り、素晴らしい戦績を残した桃田選手は世界でも有数の実力らしいが、桃田選手と世界トップレベルの選手を集めたバドミントンのプロリーグが仮にできたとして、果たしてどれほどの人が観戦に行くだろうか。私は卓球以外のスポーツでも、卓球の参考になるなら観たいと思うが、電車賃と入場料を払ってまで観に行くかというと、たぶん行かないと思う。タダでチケットをもらって、京都で開催される試合なら、時間の都合がつけば行ってみたいと思うが、それでも行くかどうか微妙である(気が向いたら行くかもしれない)

そう考えると、Tリーグにどれぐらいの客が入るかの推計は実質的な卓球人口からなされなければならない。

以下に上記の数字の根拠を記す。

卓球人口を測る指標として日本卓球協会の加盟人数(H29)がある。これを見ると、348,195人ということである。これは中学の部活で自動的に加入している部員の数字も含まれるので、それほど卓球に熱心でない人も含まれる計算である。35万弱。その一方で協会に登録はしていないので公式戦には出ないが、地方で卓球を楽しんでいる社会人の数も少なくないと思われる。

ちなみに加盟人数の内訳は以下の通りである。中学生が圧倒的に多く、50%近くを占めている。

小学生: 14,630
中学生: 171,893
高体連: 73,694
日学連: 7,712
日本リーグ:190
教職員: 534
一般: 62,553
役員・教職員: 8,116
役員・役員: 8,873

中学生のうちなんとなく部活に入っている人で、卓球なんかほとんどしない人もいるかもしれないが、そういう人も数のうちにいれておく。

一方、社会人で地域のクラブとかで練習しているけれど、協会に加盟していない人はどのぐらいだろうか。
私が地域のクラブに行って、協会に登録していない社会人の割合を考えると…半数は登録していない気がする。高齢者は特にその傾向が強い。都市部には協会主催の社会人リーグがあって協会加盟者も多いが、地方では社会人の協会加盟者の割合はもっと少ないかもしれない。上の内訳のうち、「一般」は62553人ということだが、この倍以上の社会人卓球愛好家がいると思われる。仮に「一般」非加盟者の割合を5割、加盟者の割合を5割としておくと、合計は125106人となる。

協会加盟者に非加盟者の「一般」62553人を追加して410748人。この潜在的な「一般」をどのぐらい取るかで数字が変わってくる。

実質的な卓球人口最大約41万人

といっても、41万人のうち、部活に入っているだけでやる気のない中学生や、やるのは好きだが、観るのには興味がないという人もたくさんいるだろう。このうちTリーグを観戦に行く可能性のある卓球の大ファンと言える人はどのぐらいだろうか。

本当の卓球好きの多くは、youtubeのWRMーTVのチャンネルを登録しているだろう(もちろん登録していない人もいるだろうが)。WRMーTVの登録者は約10万人。ただし、家族で卓球をやっている人なら1世帯で1つのアカウントの登録かもしれない(小学生1.5万人はアカウントを持っていないだろう)。その一方で、一人が複数のアカウントで登録しているかもしれない。さらにWRMのチャンネルは海外の登録者も多いだろうから、それらを考慮すると…国内でWRMの動画を見ている卓球大好きな人は8万人ぐらいだろうか。

ネット利用する卓球愛好家8万人

年配の人でyoutubeなどは見ないけれど、卓球が好きでたまらないという人がたくさんいる。そういう人がTリーグを観戦に来るかもしれない。定年退職して時間に余裕のある人ならなおさらである。こういう人はどのぐらいいるだろうか。

youtubeで卓球動画をほとんど見ないけれど、卓球が大好きな人…これは難しい。地方によってずいぶん雰囲気が違うかもしれない。ネットを利用する愛好家が7万だとすると、思い切り主観になってしまうが、社会人の練習場に10人いたら、3~4人は卓球動画をチェックしていない人がいそうな気がする。8万人の30~40%で、ざっと2~3万人ぐらいいるとすると、実質的な卓球人口の合計は8万+3万で11万人ぐらいだろうか。それを47都道府県で割ると、1県あたり110000÷47=2340人ほど。

熱心な卓球愛好家数約11万人

こういう人は日時や場所などの条件さえ都合が付けば、観戦に行くかもしれない。ただ、電車で片道2時間かけて、3000円近いチケットを購入するとなると、きっかけがないことにはなかなか足が向かないのではないだろうか。

さらに多少遠くても観戦に行く、卓球を愛してやまない、卓球こそが人生、卓球がアイデンティティーになっている最もコアなファンはどのぐらいだろうか。

xia氏のブログのアクセスカウンターを見ると、特別なイベントがない、平常時は1500人ほどが閲覧しているようである。古いデータだが、伊藤条太氏は自身の2009年横浜大会の速報を読んでいた人について「おそらく多くて500人程度だろう」と述べている。

ここから想像するにいつも卓球のことばかり考えている、ピンキチと言えるほどの熱心な卓球人(卓球の実力は関係ない)の人数は全国で3000人程度ではないかと推定するが、あまり自信がない。

卓球依存症3000人

明けても暮れても卓球のことばかり考えている卓球バカ(上級者は案外卓球に対して冷めている人もいるかもしれない)が1県あたり、平均64人ほど生息している計算になる。もちろん人口の多い県なら100人を軽く超えるだろう。人口ランキングではちょうど中間の23位が熊本県176万人、24位が鹿児島県162万人である。これらの県で64人ほど卓球依存症の人がいれば、私の推計が大きく間違っていないことになる。

以上、私が卓球人口をはじき出した道筋を示した。

1県あたり110000÷47=2340人ほどと述べたが、東京や愛知、兵庫のように卓球人口の多い県ではこの倍の4700人ほどの潜在動員数があると思われる。さらに近隣の県の潜在動員数を同数の4700人ほどと試算すると、大都市圏の潜在動員数は9400人ほどとなる。このうちの何割が会場に来るだろうか。

観戦しやすい日時、会場までのアクセス、チケット代などの条件を最高にしたとして、実際に会場に足を運ぶのは2割の1880人としてみよう。一人で行く人は少ないだろうから、非卓球人の友人などを連れてきてくれるかもしれない。小学生は親を連れてくるだろうし、それプラス、スポンサー企業などの社員で半強制的に応援にいかなければならない人もいると考えると、2500人ぐらいはコンスタントに集められるだろうか。3000人収容の体育館というのは少ないから、これだけ入れば大成功だろう。これが沖縄や東北といった地方都市になると、これほどの人数は集まらないかもしれない。ピザ屋のように「2人目は入場料半額!」とすれば、非卓球人の入場が増えるかもしれない。いや、2人目は無料のほうが誘いやすいかもしれない。観客の大半は中高年なので、若い人を惹きつける工夫も必要である。

ちなみに、ウィキペディアなので数字の信憑性は高くはないが、全日本卓球の観客動員数の平均は「2015年度は25300人(7日間、一日平均3614人)」ということである。伊藤氏のスポーツ新聞の記事で今年の全日本は「史上最高の2万8450人」とあったので、今年の平均は4064人ということになる。最終日やその前日は東京体育館のキャパ1万人近く入ったかもしれない。

zennnihon
昨年度?の全日本決勝。張本選手対水谷選手

卓球の熱心な愛好家の2割に訴えることができれば、Tリーグは成功するに違いない(見込みが甘すぎるか?)

なお、BリーグやVリーグの1試合の観客動員数の平均は公称3000人前後らしい。

数字のことばかり考えたので頭が痛くなった。計算ミスがないことを祈る。

Tリーグは盛り上がってきたか――24時間卓球などとからめて

前記事「Tリーグ・プレミアと庶民感情」でツイッターでのTリーグへの危機感について触れたが、Tリーグ開幕をひと月後に控えた現在、Tリーグに対する関心が急激に強くなってきたように感じる。

琉球アスティーダの早川氏とT.T彩たまの坂本氏を中心にTリーグを盛り上げようという熱意が伝わってくる(逆に言うと、それ以外のチームの監督は、顔が見えてこない…)

先日は「24時間テレビ」ならぬ「24時間卓球」というイベントが開かれたのは、卓球人なら知っている人も多いだろう。今までこういう場がありそうでなかった気がする。

このイベントの果たした役割は大きい。というのは、24時間都合がつかない人というのは少ないから、都心の交通の便利なところで行われるイベントなら30分とか60分だけなら参加できる人はけっこう多いと思う。それであのイベントには卓球関係者が多数参加することができたのだと思う。こういう場を定期的に設けることができれば卓球関係者の交流が密になり、卓球界が大きく発展することになるだろう。ちょうど今回はナショナルチームの合宿とかぶってしまったが、日にちを調整すれば、Tリーガーも参加してくれたかもしれない。

私も録画された動画をyoutubeで見てみたのだが、卓球有名人が多数出演し、おもしろかった。
主催者のかたがた、お疲れ様でした。このようなイベントが毎年の恒例行事となることを期待しています。

ただ、少しだけ要望を言わせていただくと、
年をとると耳が遠くなるので、音量を上げなければ声が聞こえにくかった。しかし、大音量にすると、カメラの近くで大拍手や歓声がしばしば起こり、耳に悪かった。
来年はこの点の改善をおねがいします。

さて、だんだん盛り上がってきたTリーグだが、世間の注目度はどうだろうか?

調査方法の詳細はわからないのだが、グーグル・トレンドで過去30日の検索数の統計を見てみると次のようになる。

Tleague
おお! T.T彩たま坂本氏のツイートが8/17、Lili村田氏のツイートが8/26。8/24あたりから徐々に検索される件数が増えてきたように思う。

だが、残念な結果についても触れなければなるまい。例の大坂なおみ選手との比較である。


大坂なおみ


卓球界ではTリーグは盛り上がってきているが、世間的に見ると、注目度は大坂なおみ選手の1%未満なのである。

数字は数字に過ぎないといえば、それまでだが、世間でTリーグに注目が集まるのはまだ先のことになるだろう。それまで卓球人の地道な努力でTリーグを成功に導きたいと思う(私も職場でさりげなくTリーグを宣伝している)




「打てない」ってどういうことだろう?

「Aである」と「Aでない」を分けることが Aが分かるということなのだと

世間で言われるけれど

私は「打てる」ボールと「打てない」ボールが分からない

相手のストップがネットよりもボール2個分浮いた

台から出るロングサーブが来た

どちらも打てるように思える

ストップは下回転がかかっているけれど こういうのを厳しく打つのを見たことがある

ロングサーブはあっという間に私のミドルをえぐるけれど 大丈夫、間に合うはず

思い切り打ってみると なぜかボールはネットにかかったり、オーバーしたり

現実はいつも私に教えてくれる

「それはあなたには打てないボールなんだよ」と

でも私は現実を信じない

何か小さな行き違いがあっただけで ホントは打てるはずなんだ

「根本的に間違っているんだよ」というささやきは 私の耳には届かない

何度も何度も同じミスを繰り返す 私はあきらめず試みる

だって練習の時は入るのだから

「あんなボール打てるわけないだろ」 上手な人に言われて

私はやっと気づく 現実が教えていたことは掛け値なしの本当だったのだと

でも浮いたストップをツッツキで返すのは地味だ

「台から出るサーブは打て」と聞いたことがある

やはり打てるんじゃないか?

現実はいつも私に教えてくれる

「それはあなたには打てないボールなんだよ」と

私は打てるボールと打てないボールが分からない

どうすれば打てるのだろう?

でもこのボールはきっと打てるはず

花はくれない、やなぎは緑――アープ卓球通信のPVから

前記事「しっとりした打球」で山中教子氏の主唱するARP理論の動画をとりあげたが、ARP理論というのはどういうものなのだろうか。あまり販促に興味がないのか、情報が少なく、たとえば高島規郎氏や平岡義博氏のような著名な卓球指導者と比べて卓球界であまり話題にのぼらない(私が知らないだけ?)が、私にはゆかしく感じられる。

adjust

力を抜いてリラックスした自然体での卓球を推奨するのは、体力の衰えた中高年に合っているように思われる。中高年が体力のある若い人と同じような豪快な卓球を目標としていたら、身体を壊してしまう。中高年初中級者の卓球というのは、全国大会を目指している限られた人たちの卓球と同じであるはずがない。勝つための卓球理論や練習法というのがあってもいいとは思うが、それは厳しい練習を必要とし、週に最低5日は練習しなければならないだろう。そういう全国を目指す卓球ではなく、週に1~2回しか練習できない中高年の、楽しむための卓球理論というのも必要だと思う。アープ理論はそういう楽しむための卓球に適しているのではないか(と私は勝手に思っている)

とはいっても、私はアープのDVDを持っていないので、サンプルビデオを見てこの理論の要点を想像してみようと思うのである。それにDVDなりを購入していきなり「正解」を知ってしまったらおもしろくないではないか。ビデオ中の断片的な映像や言葉から、アープ理論がどのようなものか想像するのがおもしろい。

というわけで、ここで私が考えたことはあくまでも私の思い込みであって、「正解」ではないことをお断りしておく。また、引用も私なりの補足・要約があり、正確ではない。

ビデオ(1)

フォアドライブ連打。十分引き付けてから打球し、腕の力も抜けており、ボールとラケットが「ケンカ」していないのが分かる。
山中氏は連打中に動きが止まっていない点がポイントだと言っているようだ。

ビデオ(2)


「頭がボールを追うのではなく、骨盤と床が水平移動するように重心を移動させる」
身体の中心軸が傾いて、頭から先に動き出すような移動の仕方を戒めているようだ。そういえば私はフォア側の遠いボールを打とうとしてとっさに頭を先に出してしまうことが多いが、そうではなく骨盤から先に動かすのがいいということである。上半身から動かして、下半身はあとからついてくるという理論もあるかとは思うが、身体の中心である骨盤を先に動かそうという意識は納得できるものである。

「無意識に中心軸に乗って失敗している人がいるかもしれない」
骨盤をまず移動させる意識でということなので、中心軸をつねに意識して移動するのかと思ったが、軸がずっと中心ではなく、重心を左右に移動させるのがいいということだろうか?


ビデオ(3)

「軸を立てて全身を使っていけばボールが見えて腕の力が抜ける」

右利きがフォアハンドを打つ場合、右足に軸を作り、次に左足に重心を移動させる。すると、右腕の力が抜けるので、そこでフォアハンドを打つということだろうか?軸の移動を先にすれば、小さな力でフォアハンドが早く振れ、次の動きにも連繋しやすいかもしれない。

「腕のスイングが先になっていると、上手にはならない」
「手で時間を合わせる、手で打とうとする、手で加減しようとする、そうすると上手になっても悩んでばかり。(そうではなく)全身を上手に使っていこう」

本当にそうだと思う。腕でタイミングを合わせたり、力加減を変えたりしようとすると、ミスにつながる。腕の力をずっと抜いていたい!しかし現実はつい腕に力が入ってしまう。

ビデオ(4)


「(フォア前フリックは右の)かかとから入って指が効く、(右の)かかとに(重心を)移して(かかとが上がる)、(右足を後ろに引いて、左の)かかとが上がって、左へ体幹を回しながらスイング」
「右の軸に乗って、左足のかかとから左軸に移動していく」
「これがフォアフリックからフォアドライブへの連動」
「かかとという目安(基準)があれば身体を持っていくことができる」
「基準があいまいなままだと、いくらやってもうまくならない」

ここでは足の具体的な使い方が説明されている。踵という基準で身体の動きを決めるというのは分かりやすくてすぐにでも自分の卓球に取り入れられそうだ。なんとなく身体を使って打つのではなく、動きはじめの基準を作るのはいいアイディアだと思う。

ビデオ(5)


「身体の左右が連動して軸移動すること」
「右足に軸を作って、左足に軸を移動させる。当たり前だが、これができていない人が多い。」

台上では右足のかかとから着地し、つま先でふんばった瞬間、左足に重心を移動させるという基本動作がいいとされる。

「(ラリー中)必ず足は動いている。一球ごとにかかとから着地(アジャストステップ)し、つま先を利かせて打球、重心は左足へ。」
「左右を連動させると、身体の芯で打つことができる」
「どこにも力が入っていない、身体の使い方が自然体だから」

「身体の芯」という表現が興味深い。腕の力でスイングスピードを上げるのではなく、身体全体の動きでスイングスピードを上げることを意味しているのだと思う。

ビデオ(6)


「タッチが分かるとスピンが分かり、スピンが分かると軸の移動が分かる。これが本格的卓球の道筋」

タッチの優先順位が高い。これは前記事「しっとりした打球」(あるいは3hit理論)で考察したボールが当たる瞬間に力を入れるタッチを指すのだと思う。私もこのタッチが安定した卓球の基本だと思っている。ただ、上級者の中にはこれに当てはまらない打ち方をする人も多い。


ビデオ(7)


「フォームではなく、タッチこそが基本」
「フォームに合わせて身体を動かそうとするから無理が出る」
「今、『点』が見えたよね?」「はい、見えました」

フォームに合わせようとするのではなく、「点」に合わせようとするのがいいのだという。この「点」が何を指すのかはっきり分からない。

ビデオ(8)


「ラリー中心の基本練習と実戦的な練習は全く違う。時間やタイミング、作戦の要素が入ってくる」
「レシーブしたら、すぐ戻らなければいけないというのが常識。しかし、それは実戦ではできない。間に合わないから」
「(こちらが)打ったら、返球されたボールに合わせて「タッチ」する。その時にボディーワークで身体がついていく。特に足の運動をつけていってあげると、タッチで打てる」

ここで言う「足の運動」というのは、上に挙げた、かかとから着地し、つま先でふんばっておいて、左足に軸を移動させることを指すのだろうか?


----------
以上、断片的な情報からアープ理論の主張について考えてみたが、要点を私なりにまとめれば以下のようになるかと思う。

・タッチが最も重要、次にスピン(これがあいまい)、次に軸移動(下半身)
・ボールを弾き飛ばさない軽いタッチを重視
・軸移動によって身体全体を使う
・移動時は腰骨を中心に、頭はずっとまっすぐ立っている
・身体のどこにも力を入れない(特に腕)
・特定の部分に力を入れないから、体勢が崩れない

世間で注目される、勝つための卓球理論とは必ずしも同じではないかもしれないが、こういう年齢を問わず実践できる卓球理論は高齢化が進む日本では大きな意味のあることなのではないかと思う。

【付記】
北海道の停電が9日現在、ほぼ復旧したようだ。
まだ不便な生活を送っている人も多いが、ちょっと明るいニュースだった。
北海道の一刻も早い復興を願っている。


心に刺さることば――賢二選手の対談を見て

卓球大好きな読者の皆さんはすでに「むらじの部屋」(松平賢二選手との対談)全4回をご覧になったかと思う。

 
https://www.youtube.com/watch?v=RDecMXT2w00

これですよ! これこそ私が求めていたトップ選手による情報発信である。
前記事「送り手と受け手のギャップ」でトップ選手ならではの卓球観を発信してほしいと主張したが、賢二選手の動画にはそのような情報が溢れている。どういう練習をしてきたか、転機となったのはどんなできごとか、ライバル選手の強さの秘密、卓球の難しさ等など。

kenji

単に情報の価値が高いというだけでなく、賢二選手は話がうまい。頭もいい。それは聞き手の村田氏にも言えることだが、この二人の対談を多くの卓球人が待ち望んでいたのは動画のコメント欄からもうかがえる。なんならTリーグに村田氏をゲストで呼んで、「むらじの部屋」をTリーグ会場でやってもらえれば、試合に花を添えることになるのではないだろうか。こんなおもしろい対談をyoutubeで無料で配信するのは、ありがたいが、ちょっともったいない気がする。

それはさておき、内容についてであるが、私の心に突き刺さるようなすばらしい言葉がたくさんあった。そのうちのいくつかを紹介したい。

「フットワークはいつの時代も必要な練習」
「大切なのはサーブとフットワーク練習」

やっぱりフットワーク練習は大切なんだなぁ。「フットワーク練習は自己満足に過ぎない」などという意見も聞いたことがあるが、そう言う人はおそらくフットワーク練習をやり尽くして、もう練習の必要のないぐらい極めてしまった人なのだろう。賢二選手がやりこんだ練習はフットワークとサーブだという。いくらフットワークがよくても、最初のサーブがまずくて相手に主導権を握られてしまうなら、フットワークを生かすこともままならないということなのだろう。そういえば先月号の『卓球王国』で水谷選手も基本的なフットワーク練習を勧めていたっけ。

また、賢二選手はロングボールから始めてフットワーク練習をするのではなく、レシーブや3球目から始めてフットワークにつなげる練習がより効果的だと述べている。私もいつか「吐くぐらい」フットワーク練習をしてみたいものだ。

「ブロックできたらレシーブもうまくなる」
「そんな厳しいレシーブしなくてもいいという安心感が生まれると、変なミスが減る」

レシーブが下手な人はブロックに自信がない人が多く、3球目を相手に打たれるのを過度に恐れているためレシーブを厳しく返そうとしてミスしてしまうのだという。逆にブロックが上手なら、相手のサーブをとりあえず入れておけば、次でブロックできると思えるので、プレッシャーのない、力の抜けたいいレシーブができるのだという。
これはツッツキにも言えることだろう。ツッツキというのもブロックとセットなのだと最近よく思う。ツッツキはどうしても打たれてしまうので怖いと以前は考えていて、台上ではツッツキを避けてストップやフリックばかり使っていたのだが、ブロックがきちんとできればツッツキを送るのはそれほど怖くないということが分かってきた。ツッツキが深く、速ければ、あるいはコースがよければ、そんなに厳しく打たれることはまずないからである(私のレベルでは)。そう考えると肩の力が抜けて、リラックスしてツッツキができる。そうするとツッツキの質も高くなり、相手に厳しいドライブを打たれることも減る。相乗効果である。


「今の時代ストップ・ツッツキが大事」

ふつうの人のストップは入れるだけなのであまり切れていないが、馬龍選手のストップは非常に切れているので、それをネットにかけまいとこちらがちょっと余裕を持って面を開け気味にして返すと、回転のかかり具合によっては、ほんのちょっと浮かせてしまう時がある。それを一発で持って行かれるのだという。先手を取るというのはこういうことなのだと気づかされた。相手の台上が上手く、なかなか先手を取らせてもらえないとき、相手のちょっと浮いたボールを台上でドライブできるというのは私のレベルでも練習する必要があるかもしれない。
馬龍選手はチキータやフリックをあまりせず、ストップやツッツキでオーソドックスな卓球をするので隙がないのだという。まず相手に軽く打たせて、それを待ち構えて強打でしとめるらしい。こんな卓球を私もやってみたいが、そのためにはストップとツッツキの質を高めなければならない。

他にも岸川選手の天才的なボールタッチや中国選手の用具の「仕上がり」、「ボールを食ってる感覚」など、興味深い話題がいくつもある。まだ見ていない人にはぜひ視聴をおすすめしたい。

嵐の京都

台風の接近で仕事が休みになり、うちで徒然なる時間を過ごしていると、ブログでも書いてみようかという気分になってくる。

なんだか最近、更新が多いなぁ。週に2回ぐらいのペースだ。なかなか練習ができないフラストレーションがそうさせるんだろうなぁ。

卓球がうちで一人でできたらなぁ…。

しかし、ビデオゲームのようにうちで一人で好きなだけ卓球ができるなら、私は絶対引きこもりになってしまうだろう(前記事「魚、水中にありて水を知らず」)。

一人では練習できない卓球に、そして二人いれば練習できる卓球に感謝!

-----------

なんか風がすごいことになっている。
雨は大したことないのだが、今まで経験したことのないほどの暴風が京都を襲っている。
家の前の街路樹の枝が何本も折れているし、ガラス窓が風圧で歪んだりしている。
風による地響きが聞こえる。
これでは住宅への被害はかなり出ているはずである。
ネットのニュースを見ると、大阪の関空のあたりでも被害が出ているらしい。

これから北陸、東海地方へと台風の中心が移るということだが、みなさん十分に用心してください。
台風一過

16時過ぎ、ようやく台風が通り過ぎ平穏が戻った。

送り手と受け手のギャップ――卓球選手のツイッターから

アジア大会2018が終わった。
日本勢は残念ながらメダルなし。男子団体ではインドチームに敗退するという番狂わせもあった。
アジアは卓球のレベルが高いので、一軍の選手を欠いたメンバーならこの結果もやむを得ないところだろう。そうでなくても大きな大会というのは何が起こるか分からないものだ。

-----------

私は上田仁選手が大好きである。

京都府出身というのもあるが、性格的にも浮ついたところがなく、実力的にもきちんと結果を残してくれるので、日本代表の精神的な支柱といっても過言ではない。

その上田選手のツイートにこんなものがあった。

bikkuri

「インドツイート」というのは下のツイートを指すのだろう。

indo

「思いのほか反響があって」というのはどういうことなんだろう。
私は全く「思いのほか」ではないと思う。
格下のインドチームに敗退するのは何かわけがあるはずだ。しかし、一般人はどうして日本チームが負けたのか分からない。その、いわば種明かしをしているのが「インドツイート」ということになる。

”インド人は子供の頃にまずブロックを学び、ミスせず台に入れることを重んじるため、ブロックの質が高い。ブロックがインド卓球のおいては基本であり、攻撃はそれができた上で身につける技術である。”

敷衍すればこうなるだろうか。

こんな意味のあるツイートが反響を呼ばないわけがない。呼ぶべくして呼んだ反響なのである。

このツイートを見た一般卓球愛好家は、「攻撃よりも、まずミスせず入れることが大切なんだ。その意識で練習を積めば、格上の日本代表にさえ勝ててしまうんだ」ということを学んだだろう。あるいは自分の卓球にもこの意識で臨もうと決心した人もいるかもしれない。こんな有意義なツイートはなかなかお目にかかれるもんじゃない。さすが上田選手である。

しかし、上田選手はなぜ「思いのほか」だと思ったのか。私は想像をたくましくしてこんなことを考えてしまう。

トップ選手は、自身のどんな情報発信が歓迎されるか知らないのではないかと。

前記事「もしかして卓球に飽きちゃった?」でトップ選手のブログのトピックにイライラするという記事を書いたが、こう思うのは私だけだろうか?みんな卓球選手のおススメの店とか、卓球選手の週末の過ごし方に興味があるのだろうか?私なら、「きのう××ちゃんと飲みに行った」「最近のマイブーム」といったツイートには全く興味がない。読もうとも思わない。郵便受けに毎日入っている不動産広告のようなものである。そうではなく、私は上田選手のツイートのように卓球の奥深さを教えてくれるようなツイートを切望している。

なんなら、終わった試合を振り返って感想戦をやってもらえるなら、これにすぎた喜びはない(前記事「本人による解説」)。

末を見ればこそ事はゆゑあれ――バルサミコ氏の分析から教わったこと

年配の女性と卓球をしていたとき、ミート打ちを多用して安定しないので、思わずアドバイスしてしまった。

しろの「そんなに速いボールを打つ必要はないですよ。ドライブをかけてゆっくりと山なりのボールを打てば、相手に打たれることはそうそうないですよ。弾いてミスを連発するより、ドライブで安定性を重視したほうがいいんじゃないですか?」

女性「私、ドライブってかけられへんねん。こすって打とうとしても、どうしても弾いてまうんやわ。」

中高年から卓球を始めた女性の中にはドライブがかけられないという人がけっこう多い。それで何の不足も感じておらず、卓球を楽しんでいるようなので、それはそれでいいのだが、こする感覚が分からないというのはどういうことなんだろう?

そういえば、表ソフトを使っている人も同じようなことを言っていた。

「お前はこする感覚がないから、表ソフトに転向せい言われて、表ソフトになったんです。」

最近、卓球の「感覚」ということがよく言われる。やみくもに長時間練習するより、まず「感覚」を身につけるのが先決なのだと。

私も最近フォアドライブの打ち方を変えて、新たな感覚を覚えたように思う。それは言葉では説明しにくいが、小さな力で速いボールを打つ感覚なのである(前記事「しっとりした打球」)。バルサミコ氏の3hit理論に近いものかと思い、氏に指導を乞い、氏のドライブに対する考え方を伺ったのだが、お医者さんだけあって非常に鋭く、分析的であり、いろいろな発見があった。

使われる用語が難解で、中年の衰えた脳では正確に理解できたとは言い難いのだが、簡単?に説明すると以下のようになる。

・腕は直角ほどに曲げたまま
・バックスイングは小さく(もちろん体幹のひねりをつかって)
・肩につながっている腕の骨をほんの少し回す意識で
・ボールをギリギリまで引き付けてから力を入れる
・スイングの円運動がボールに対して横方向に向かうところでインパクト(前方向への力をできるだけ加えない)
・ラケットの当てる位置は下半分
・スイングは水平気味に(バックスイングでラケットを台より下げない)
・ラケット面はあまり伏せない
・フォロースルーは小さく


以上は上半身。下半身のほうは…割愛。

細かい…。

下半身も同じぐらいの情報量があるので、よほど打法に相当興味のある人でなければ、頭の中でイメージしようとは思わないのではないだろうか。

私はこれが「感覚」の正体だと思った。

冒頭の年配の女性がこれらのチェックポイントをすべて満たして打った場合、おそらく私の感覚とかなり近い感覚でドライブが打てるに違いない。「感覚」というものは、言葉で説明すると細かすぎてかえって混乱してしまうことをあえて説明しないで学習者の主体的な気づきに委ねることだと思うのである。

「どうすれば人間関係がよくなりますか?」
「相手に対する『愛』を持つことだ。」

というときの「愛」に似ている。人間関係をよくするためのルールを挙げればキリがない。言葉遣いに気をつけるとか、いつも笑顔で接するとか、約束や時間を守るとか、相手をむやみに否定しないとか…。そういうものをルール化しようとすれば、膨大な情報量になるので、あえて説明せずに「愛」とだけ言って、具体的なことは自分自身で探させるわけである。同様にドライブを打つにはどうすればいいかという初心者の問いに対しては言葉で細かく説明せずに模範を示して「『感覚』を身につけなさい」と、自分自身で気づかせるような指導が行われているのかと思う。

自分で模索しながら身につけるわけだから、紆余曲折がある。人によってはなかなか正解にたどり着けないこともあるだろう。しかし、それを20ぐらいのチェックポイントを設けて指導すれば、誰でも最短距離でゴールにたどり着くことができる。長い間、卓球を休んでいて「『感覚』がない」という社会人がいる。「感覚」を取り戻すために基本練習を長期にわたって繰り返し、やっと「『感覚」を思い出してきた」となる。しかし、その20ぐらいのチェックポイントを一つ一つクリアしていけば、長期間の基本練習や「感覚」のことを考えなくても、かつてと同じようなドライブが打てるようになる。卓球の「感覚」という言葉は必要なくなる…?

バルサミコ氏の解剖学に基づく打法の考察というのは、「感覚」という概念であいまいに捉えていたものを、論理によって洗いざらい明らかにすることかなと思う(徹底的にやろうとすれば相当な情報量になる)

同様に「調子」というあいまいな概念も、論理によって白日の下にさらされることになる。「なんか今日はフォアドライブの調子が悪いなぁ」というとき、やはり数十のチェックポイントのうちのいくつかが満たされていないためにミスが起こったということが分かる。「今日は調子が悪い」ではなく、「ポイント3,6,8が今日はうまくできない」となる。結果があれば、当然、原因がある。不思議なことは何もない…。

ナウシカの地下室
そういえば東京に行ったとき、ジブリ美術館に行けばよかった

ただ、文系の私としては、もし卓球の打法の全てが解剖学的に記述され尽くしてしまうとしたら…一抹の寂しさを覚えるのである(単なる感傷であり、もちろん、氏の姿勢に批判的なわけではない)

Tリーグ・プレミアと庶民感情

今、私は自分と戦っている。
このラケットに一目ぼれしてしまったからなのだ。
nostalgic alround
ノスタルジック・オールラウンド PAC

スティガの中ペンって、ブレードが大きくて、グリップがぶっとく、日本人の手には大きすぎるんじゃないかと思って敬遠していたのだが、このPACというグリップは細くて握りやすそうではないか。
ブレードの大きさも極端に大きいわけではない。国際卓球のページによるとブレードの大きさは160mm×150mm。私はアコースティック・カーボン・インナーCを所有しているが、それよりもブレードが1ミリずつ小さい。SK7-CSやインナーフォース・レイヤーALC-CSよりも縦が1ミリ小さい。むやみにブレードが大きいわけではない(ちなみにアコースティック・カーボン・インナーの打球感は、手に響かず、最高である)

そして色遣いのなんと上品なことよ。実物は分からないが、写真で見る限り、実売8000円ほどのラケットには見えない。実売1万円以上の高級ラケットに見える。しかも、ネットの評判や試打動画などをみると、このオールラウンドは好評である。さらに卓球応援団で28日までセールをやっているではないか。スティガのラケット4割引き!これはチャンスである。

待て待て!今まで何回これを繰り返してきたんだ?うちにどれだけラケットがお蔵入りしていると思ってるんだ!アコースティック・カーボン・インナーCも4~5回打っただけじゃないか。和の極み蒼だってそうだ。インナーフォース・レイヤーZLCにいたっては一度もラバーを貼らず箱に入ったままだぞ!他にも何本ラケットが眠っていると思ってるんだ!

それはそうなのだが、ちょうどF面のラバーを買い替えたいと思っていたし、接着剤ももうすぐなくなるし…ついでにノスタルジックを買ったらお得なんじゃなかろうか。ラバーも白茶けてきたし、接着剤とかラバークリーナーはどうせ要るものだし…。

卓球人の物欲は果てしない。ラケットが10本あれば実用的には十分すぎるほどだが、それでもカッコいいラケットが出れば買ってみたいというのが人情である。ラケットが1本5万円とか、10万円となると、それほどたくさんほしいとは思わないが、1本数千円~1万円という手の届く価格帯なら庶民の物欲を大いに掻き立てる。

-------------

前記事「俺たちのTリーグ」では、地方の社会人の動画を取り上げたが、今回は本物のTリーグ・プレミアについての記事である。ツイッターを見ていると、Tリーグについて心ある人は警鐘を鳴らしている。

たとえば、LILIの村田氏
murata

https://twitter.com/yuhei25lili/status/1033630981670887424

たとえば、坂本竜介氏
sakamoto
https://twitter.com/ryusukesakamoto/status/1030381012549685249

Tリーグが初年度で大いに盛り上がり、メディアに注目され、観客がたくさん入れば、今様子見をしている選手やら企業やらも雪崩を打って参入してくるに違いない。逆に初年度で鳴かず飛ばずだったら、様子見している人は興味を失うだろう。

もし、Tリーグの興行が失敗した場合、誰が責任を取るんだろうか。

「がんばったけど、うまく行かなかったね。」

で終わり?

結局誰も責任を取らないままフェードアウトしてしまうのだろうか。

前記事「卓球プロリーグについて」でも述べたが、私は一流選手を集めただけで観客が呼べるかどうか疑わしいと思っている。多くの卓球人は自分の卓球に役立つものなら興味を持つが、雲の上のトップ選手の試合にはさほど興味がないという人が多いのではないかと思う。初めは物珍しさで1~2回観に行く人も多いかもしれないが、3回以上会場に足を運ぶ人がどれほどいるのだろうか。というか、村田氏の言うように卓球人以外の層を取り込まなければ成功したとはとても言えないだろう。

「なんとかなるさ」

でいいのか?

今、日本は卓球ブームだというが、この程度で満足していていいものだろうか。もしTリーグがこけたら、卓球ブームも頭打ちになり、これ以上は盛り上がらないだろう。逆にTリーグがうまくいけば、卓球ブームはさらに広い層にまで浸透するに違いない。このチャンスを逃したら、この先30年はプロリーグなんてできないだろう。今がチャンスなのである。これに乗らずしてどうする、卓球メーカーさん!

私は資金援助はできないが、アイディアで支援したいと思う。

もし、会場に卓球メーカーのブースが並び、「全品40%引き!」となっていたら、どうなるか。

「そういえば、欲しいラケットがあったんだよなぁ。ラバーもくたびれてきたし。Tリーグを観に行くついでに用具を買ってこよう。」

という人も多いのではないだろうか。庶民は「ついで」とか「お得」という言葉に弱いものである。Tリーグに3000円(と交通費)を払っても、欲しい用具が4割引きで買えるなら、「お得」だと感じるはずである。そうやってとにかく観客に足を運ばせることができれば、定着するファンも増えるかもしれない。卓球メーカーさんとしては4割引きというのはいろいろ厳しいかと思うが、先行投資だと思って卓球界を挙げてTリーグの盛り上げに協力してほしいものである。

でも、これだけでは、卓球人には訴えることができるかもしれないが、非卓球人には訴えることができない。非卓球人に訴えるために会場内で全農が国産野菜格安セールをするとか、スヴェンソンが無料育毛診断をしてくれるとか、村田氏の言うように人気グループに司会を任すといった「お得」があれば、「ついで」に卓球を見てもいいという人も多いだろう。

以上、私なりにTリーグの成功のためにまじめに考えてみたのだが、いかがだろうか。

しっとりした打球――ラケットの当て方

試合での一コマ。

-----------

相手の横下回転ロングサーブを回り込んでドライブしたが、持ち上がらない。

「たぶん手打ち気味だったので、スイングスピードが遅くて持ち上がらなかったんだろう。次こそは!」

今度もまた横下ロングサーブ。今度は万全の態勢で回り込んで、渾身の力でガッと思い切りフォアドライブ!
明らかにさっきよりも力がこもっているはず…なのにネットをかすめてギリギリイン。

「ネットを越えたのはよかったけれど…。なぜだ?あれだけ力を込めてドライブしたのに。スイングスピードだって前のドライブよりも速かったはず。練習の時ならあのぐらいのロングサービスは簡単に持ち上がるのに、どうして試合になると持ち上がらないんだ?」

-----------------

youtubeでなんとなく卓球動画を見ているとき、「アープ卓球通信」のプロモーションビデオが目に留まった。なんとなく見てみたら、腑に落ちたので紹介したい。


実戦に強くなる!

「レシーブしたら、早く戻らなきゃいけないっていうのが常識的に言われてたんですが、実際にゲームになったら、それはできません。」
「ほんとに基本的なラリーは(フリックを)打ったら、飛んでくるボール(相手の返球)に合わせてもう一回タッチするんです。そのときボディーワークで身体がついてくる。」
「レシーブしたら、相手のボールが返ってくる。返ってくるのを見ながら、タッチして、そこから全身を特に足の運動をつけていってあげると、間違いなくタッチで打てちゃう。」
「ボディーワークも無理にガッと構えてないから力が入らない。流れてる。ボールに乗っかってくような感じで打ってけるでしょ。」

arp
このように次球に備えてガッと身構えると、ミスするのだという。

前記事「ARP理論」で山中氏の卓球理論を紹介したが、あのときはただ「リラックスしてて楽しそうだなぁ」程度にしか考えていなかったのだが、今なら山中氏の言わんとすることが理解できるような気がする。なお、私はARPのDVDを見たこともないし、講習会に参加したこともないので、山中氏の理論を正確に理解しているわけではない。あくまでも私なりの理解であることをお断りしておきたい。

山中氏は力を抜いて打つということを勧めているのだと思うが、「タッチして」から「全身」の動きを伴わせると流れるように、楽に打てるのだという。

そういえば、前記事「ボールをいたわってあげなされ」で羽佳純子氏の講習会のエピソードを紹介したが、羽佳氏も「ボールとケンカしちゃダメ」と言っていた。これも山中氏の主張に通じるものがあるのではないだろうか。つまりボールに触れる瞬間はやさしく「タッチ」するように触れるのがいいということである。

バルサミコ氏の提唱する3hit理論というのも、これに近いものかと思う。3hit理論というのを私が正しく理解しているのか怪しいが、氏の言葉を借りれば「ボールとラケットの距離が3cmになるまで待つ」「しっかり待ってちょっと振る」ということである。

相手の下回転のボールが飛んできた。それを頂点をちょっと過ぎたあたりの打球点でドライブしようとタイミングを測るのだが、ボールから30センチ、いや40センチ以上離れた距離からガッと力を込めてしまうと、ボールを弾き飛ばして、あるいはボールが滑ってしまう。

そうではなく、ボールがラケットに触れるか触れないかの瞬間にスイングを加速させると、不思議とボールは落ちない。当て方によってはインパクトの音もピシィと鋭い音がする。このような感覚を喩えて言うなら、「しっとりした打球」である。ボールがラケット面に貼りついて飛ばされていくように感じるからである。逆にボールと離れたところから加速を始め、ボールと「ケンカ」してしまう状態は言わば「乾いた打球」である。力を入れてもボールが落ちるからである。

ARP理論でいう「タッチ」してから「全身」を伴わせるというのは、言い方を変えれば、「当たってから全身で打つ」ということではないだろうか。ただ「足の運動をつけていってあげる」というくだりは何を指すのかよく分からない。


ARP理論についての記事を書いたのが2013年。
そしてそこで言われていることが最近になってようやく理解できたように思う(たぶん)。あのときと比べると、私の卓球の実力も近所の中学生レベルから近所の高校生レベルぐらいには進化したと思う。しかし、上級者への道はまだまだ遠い。

ボールの威力を上げるために――低性能ラバーでの卓球

卓球で威力のあるショットを打つにはラバーにこだわらなくてはいけないのだろうか。

--------------

私の裏ソフトラバーに対する認識は、いたってシンプルである。

A 高性能ラバー:テナジーやファスターク、ラクザXといった各社の看板ラバー
B 中性能ラバー:ベガやファクティブ、ライガンといった比較的低価格のラバーや柔らかめのテンションラバー
C 低性能ラバー:スレイバーやマークVといった高弾性ラバー
D その他のラバー:中国ラバーや入門者向けラバー(オリジナルとか、レトラとか)

用具に詳しい人にとってはAの高性能ラバーとBの中性能ラバーは全く違うだろうし、高性能ラバーの中でもいろいろ違いがあるのかもしれないが、私にはAとBの違いがあまり分からない。特に使い古して引っ掛かりが弱くなってくると、その傾向はますます強くなる。

今、私が使っているラバーはフォア面がAの特厚、バック面がCの中である。Aは表面が白茶けてきて、ずいぶん引っ掛かりが弱くなっている。こういう状態になったら、以前なら早めに新品に替えていたのだが、今回はしつこく使い続けている。というのはドライブの打ち方を変えたことによって、引っかかりが弱くなってもあまり打球に影響がなくなったからなのだ。以前は薄くこするような打ち方だったので、引っ掛かりが弱くなると、滑るような気がして心もとなかったが、最近はぶつけるような打ち方のドライブを打つので使い古したラバーでも最低限のひっかかりがあれば打球にあまり影響がない。そしてバック面にはCの高弾性ラバーの、中を使ってみた。これはたまたまうちに保管してあったのを、使わないままだったら、もったいないと使ってみたのだが、なんだ、全然いけるじゃないか。

rub_markv-200x200
Cのラバーの代表格「マーク・ファイブ」。
30年以上前だったら、今のテナジーのような位置づけだったのだが。


初めてAやBのテンション系ラバーを使ってみたときは、その許容度の高さに驚いたものだ。Cのラバーなら落としてしまうボールもテンション系なら入ることが多いし、打点を問わずビュンとスピードのあるボールも行きやすい。それ以来、Cのラバーを顧みることがなくなってしまったのだが、今、あえて低性能ラバーを使ってみると、勉強になる。打ち方が正しければ入るし、正しくなければ入らないというのがはっきりしているからである。下回転打ちやブロックをする場合などはそれが顕著で、早すぎる打点でドライブなりブロックなりをしたとき、AやBのラバーなら入っていたボールがCのラバーだとネットにひっかけてしまうことがよくある。それで打点をしっかり意識しながらドライブやブロックをするようになる。裏面ドライブを打つ場合でも頂点前の相手のボールの威力が残っている間に(つまり、軽くカウンターのように)当てると、CのラバーでもAのラバーと遜色ないスピードのボールが打てる(前陣なら)が、打点を落としてから打とうとすると、あまりいいボールが出ない。相手のボールの力を借りるのを「借力」と、中国卓球で言うらしいが、Cのラバーを使えば相手のボールの力を借りた時と、借りない時の違いがはっきりと感じられる。Cのラバーというのは適切な打点を知るのに非常に有益だと再認識した。

前記事「ボールの生き死に」で「生きたボール」について考えてみた。そのとき私は試合で打たれるような「スピンや勢いのあるボール」を「生きたボール」としたのだが、今回は向かってくる勢いの強い、頂点付近までのボールを「生きたボール」とし、頂点を過ぎて、勢いを失いつつあるボールを「死んだボール」と考えることにする。

性能の低いラバーで威力を出すためにはどうしてもボールが生きている間にボールの勢いを利用して打たなければならない。AやBのラバーを使うようになってから、このボールの生き死にについてあまり気をつけなくなってきたように思う。しかし、Cのラバーを使うようになってから、どうしてもボールの生きているうちに打球しなくてはと思うようになった。

ラバーの性能というのは、諸々の条件で変わるので、常にA>B>Cの順にいいボールが打てるというわけではない。Cのラバーでも、全身を使って最適の打点でドライブを打てば、Aのラバーで下手な打ち方をしたときよりもよほどいいボールが出る。最近、打球タイミングのシビアな中国ラバーを好んで使う人が増えているが、もしかしたら、そういう人の中にも私と同じ意識の人がいるかもしれない。

そういうことを思い出させてくれたCのラバーをこれからもしばらく使い続けたいと思う。

もちろん、どのように打てばいいボールが出るかという基準がはっきり分かっている中上級者なら、わざわざCのラバーを使う必要はないだろうが、基本のできていない初中級者はCのラバーをあえて使うのもアリだと思う(前記事「諸刃の刃」)。

毎年いろいろなラバーが各社から発売され、世間でも「ラバーXよりも、ラバーYのほうが威力が出る」「いや、回転はYよりもZのほうがかかる」などとかまびすしいが、本当にそうだろうか。絶対的な性能でいえば、そうかもしれないけれど、初中級者にとっては、ラバーをより「高性能」なものに変えるよりも打ち方や打点を改善したほうがよほど威力が増すのは明白である。初中級者の打ち方は未発達で伸びしろが大きいからである。マークVを全日本に出るような上級者が使えば、テナジーを使っている初中級者よりもずっと威力のあるボールが出ることは想像に難くない。上級者は用具を性能の限界近くまで使い切れるだけでなく、全身の力を効率的にボールに伝えられるからである。

初中級者がラバーの絶対的な性能によってボールの質を上げようとすると、自分の打法の改善のほうに目が向かなくなりがちで、かえって上達が遅れてしまうことにもなりかねない。


守備練習のありがたさ

連日の猛暑で熱中症で倒れる人が続出という報道をよく耳にするが、3~40年前と比べて日本の気候はそんなにも変わってしまったのだろうか。たしかに数字の上では現在のほうが暑いのかもしれないが、私にはそういう実感があまりない。3~40年前の日本だって夏の暑さは相当なものだったと思う。おそらく昔と違ってあちこちにエアコンのある環境が当たり前になってしまったので、肌寒い部屋から急に炎天下の屋外に出るといったことを繰り返した結果、人体の体温調節機能が未発達な子供が増えているのではないだろうか。昔の子供は暑いのが当たり前の環境の中で鍛えられていたので、暑さに耐性ができていたように思う(もちろん昔も熱中症で倒れた子供はいたが)
長刀鉾
今年の祇園祭(前祭)も暑かった
--------------

今日はお世話になっているNさんのお宅にうかがって、昭和の東山高校の練習についていろいろお話をうかがった。

しろの「Nさんが高校1年のときはどんな練習をしていたんですか?」
Nさん「7月までは球拾いとトレーニングしかやらんかったんや。先輩が練習してる台の後ろで中腰になってな、ボールが飛んできたら、それをサッと動いてキャッチして、すぐに先輩に渡す。キャッチし損ねたりしたら、部活が終わってから正座で説教や。それで7月までに部員の半分がやめてしもた。」
し「つまり3年生が引退するまでボールを打たせてもらえなかったということですね。」
N「そうや。厳しかったでぇ。今の高校生だったらとても続かんわ。」
し「じゃあ、夏休みになって、台でボールが打てるようになったらどんな練習をしたんですか?」
N「ずっと先輩の打つボールを止めたり、3点に回したり、先輩のサーブをつっつく役や。自分の練習なんか全くでけへん。おかげで守備がうまくなったけどな。送るボールが指定された位置から10センチもずれたらめちゃくちゃ怒られたんや。」
し「それでよくインターハイに行けましたね。」
N「守備がうまくなると、卓球が底上げされるいうんかな…。こういう技術を早い段階で身につけとかんといくら練習しても伸びへんで。」

--------------

非常に耳の痛い話である。
私は守備技術――とりわけブロックが苦手である。
というのも、上手な人のドライブをブロックする練習をほとんどしていないからなのである。オジサンになると、周りに強烈なドライブを打ってくれる人が非常に少なくなる。しかも10分ごとに課題練習をするということになると、私はいつも攻撃系の練習を選択してしまう。試合で即効性があるのが攻撃の練習なので、つい守備の練習をおろそかにしてしまう。しかも社会人になると、上手な人はたいていこちらに合わせてこちらに練習させてくれる。上手な人が全力で攻撃して、それをこちらに止めさせるなどという場面がほとんどない。下手な人はやたらと攻撃したがるが、そういう人の攻撃は安定もしないし、威力もないのであまり守備の練習にならない。

1年生の夏から2年生の夏(3年生の引退)までの丸1年間、来る日も来る日も体力的に充実した若者の全力の攻撃をミスなく止め続け、しかも厳しいボールコントロールを要求されていたら、いやでも守備技術が上達することになるだろう。それだけ守備力が高くなれば、上手な人から練習相手を申し込まれることも増えるだろうし、結果として質の高い練習もできるようになる。私は守備が未発達なのでよく分からないが、守備が上手くなると、試合でもこちらから攻撃できるチャンスが増えてくるのではなかろうか。

社会人になって守備を徹底的に練習する機会のなんとありがたいことよ。こういう機会の豊富にある学生は幸いである。


卓球の緻密さについて

「私は、年下の美誠(伊藤)ちゃんや美宇(平野)ちゃんたちの中にいて、彼女たちに追いつこうと必死にやってきたんです。強い選手、勝ち続けている選手は緻密ですし、総合力が高い。私はひとつが飛びぬけているけど、ダメなものも多い。…」森園美月選手インタビューより)

「緻密」という言葉が目に留まった。強い選手は卓球が緻密なのだという。

緻密というのはどういうことなのだろうか。

私がまずイメージしたのは戦術の緻密さである。「フォア前に切れていないサーブを出して、クロスへのフリックを誘い、それをフォアドライブでストレートかミドルにカウンターで狙い打つ…」のようにサーブから3球目、5球目の展開を計算しておき、相手の打球を先回りして待ちかまえているといったふうに緻密なのではないかと想像していた。

しかし、もしかしたら、それ以外の緻密さのことを指しているのかもしれない。

 
Q. なぜ、ボルは強いのか? vol.1
https://www.youtube.com/watch?v=JVaYNWj2how&t=0s

たとえば、上のティモ・ボル選手の衰えない強さを解説した動画の中で、こんなことを言っていた。
「数cmの差にこだわってサービスを出すのが私のサービス戦術でそれが自分の最大の長所だと思います。」
Boll selfcommentary

数センチといえば、ボール1個分以下(おそらく)である。第一バウンドなら誰でもそれぐらいの精度で出せるかもしれないが、回転量を変えながら第二バウンドまでコントロールするのは難しいだろう。さらにボル選手はコースをあちこちに変えながら数センチの誤差で出すというだから、一般愛好家がそうそう真似できるものではない(当たり前か)。

次に最近見たWRMの動画である。やっすん氏の動画はいつも内容が深く、教えられることが多いが、今回も非常に有益な動画だった。
やっすん氏がフォア側2/3の範囲のフットワーク練習で意識しているポイントを公開してくれた。


やっすんが大切にする、フットワーク練習の意識とは
https://www.youtube.com/watch?v=SGSmVs3iSCA&t=132s

「どこからどこまで動くのかという基準をはっきりさせることですね。」

たとえば、フォア側2/3の範囲をオールフォアで動くというフットワーク練習の例でいうと、


フォアの身体の位置
「フォア打つときはこの辺」

ちょうどセンターラインのあたり(ややフォア寄り)に身体の中心がくると、フォア角にラケットが届く。
そして今度はバック側のボールをフォアで打つときなのだが、

バック側の身体の位置(悪い例)
「動いているつもりで、(実際は)腕を伸び縮みさせながら打っている方がいる」

あ…これはまさに私のことだ。
バック側に動くとき、下半身のことを忘れてしまい、まずラケットをボールに当てることばかり考えた結果、十分移動できず、中途半端な状態でラケットを振ってしまい、詰まりながら打ってしまうのだ。

バック側の身体の位置(良い例)
「同じような(身体の)ポイントで打つには、この辺まで動かないといけないんですよね。」

うすうす感づいてはいたが…詰まらないでバックサイドのボールを打つためには、やはり身体が台の外側に出るまで動かないと、ダメなのである(成人男性の場合)

やっすん「これすごい意識してます。」

私はバック側に来たボールを打つとき、どこまで身体が移動すれば(足を動かせば)打てるかなんてことは意識せずに感覚で動いてしまい、よく詰まってしまう。上級者は、なんとなくそこまで動いているのではなくて、「ここまで身体を移動させれば、ここのボールが打てる」のようにしっかり身体の位置とボールの打てる位置の関係を意識して動いているのである。逆に言うと、そういう距離感を強く意識しないと、つい横着して十分動ききれないまま打ってしまうということなのだ。

上級者はこういう数センチ、あるいは十数センチの違いを決してないがしろにしない。しっかりと自分の中で意識している。振り返って私はどのポイントでボールをバウンドさせて、どこまで足を動かすといったことにとんと無頓着である。これでは卓球がうまくなるはずがない。

「いや、世界トップレベルの超上級者や、全日本に出場するような上級者と一般愛好家は違う」

という意見もあるかもしれないが、少なくとも一般愛好家でも一定のコースへのサービスなら第一バウンド、がんばれば第二バウンドも一定の長さにコントロールできるはずである。回り込みのときの身体と台の距離感だって愛好家でもある程度は決めておくことができる。

仕事で締め切りを守って書類を提出したり、遅刻しないで出社したりといったことは社会人なら誰でもできるはずである。こんなことだってよく考えてみたら、かなり緻密な行動である。平凡な社会人だって毎日いろいろなことが起こる。締め切りの2日前に大きな書類上のミスが発覚したとか、朝起きたら、炊飯器が壊れていたり、うっかりクロックスを履いて電車に乗ってしまったり(私も実際にこういうことがあった)とか。そんなときでもなんとか締め切りを守って書類を提出できるし、遅刻せずに会社にたどり着けるではないか。そのような仕事での精度を卓球で発揮できないことがあろうか。

冒頭の森園選手の言う緻密さというのはこのようなレベルにとどまらず、卓球のあらゆる場面をカバーしているのだと思うが、最近、レシーブしたボールをネットからどのぐらいの距離に落とすべきかということとフットワークに興味があったので、このような点のみを取り上げてみた。

レベル差のある人たちへの教育

地震の次は大雨…。
京都市の街中はまだ被害らしい被害はないと思うが、西の桂川、東の鴨川のどちらも増水し、危険水域に達しているらしい。市内の山沿いの地域は避難勧告等が次々と出され、予断を許さない状況のようだ。

三条大橋
朝、増水した鴨川を見に行ってしまった。

大雨で仕事が休みになったので、最近ぼんやり考えていることなどを記事にしてみようと思う。結論は出ないので、問題提起だけである。今回も卓球には直接関係ない記事で恐縮である。

------------

こんなニュースが気になった。

 政府は5日に決定した「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)の原案で新たな在留資格を設けることを明記し、外国人労働者の流入拡大を認める方針を示した。対象を実質的に単純労働者の領域にも拡大し、50万人超の受け入れ増を見込む。外国人労働者の受け入れに関し、専門職に限定していた従来からの方針を事実上、大幅に転換することになる。(ロイター 2018年6月6日 / 16:19

農業、介護、建設、宿泊、造船の分野で人手不足が甚だしいため、政府はここに外国人労働者を投入するという計画らしい。日本語でのコミュニケーションがとれない単純労働者も受け入れるのだという。当面、帯同(家族の呼び寄せ)はないということだが、日本での生活が安定すれば、家族を呼び寄せるというのは自然な流れだろう。自国の政情が不安定だったり、貧困から抜け出せなかったり、カーストなどの差別が根強く残っている国で差別にさらされる生活を送るより、日本での生活のほうがはるかに住みやすいと感じるにちがいない。

そうなると問題になるのが子供の教育である。

両親ともに日本語が話せず、日本語が全くできない子供がいきなり日本のふつうの小学校に入ることになるわけだが、日本にはそのような子供を受け入れる環境が整っているとはいいがたい。先生だってどう扱っていいか分からない。先生の指示が全く通じないことさえあるだろう。あるいは多少言葉が通じたとしても、文部省から下りてくるカリキュラムをこなすことができるとは思えない。イジメに遭うこともあるだろうし、なかなか日本社会に溶け込めないかもしれない。

これは私の杞憂ではない。すでにそのような現実が日本のあちこちにあるのである。

A県某市の、とある小学校。そこは学年の約半分の子供が外国にルーツを持つ子供である。日本語が全く分からない子供もいれば、日本語でコミュニケーションをとり、日本人の子供と仲良く遊んでいる子供もいる。しかし、彼らは一様に学校の授業についていけない。友達との会話なら流暢にこなせる子供もいるのである。だが、教科書の内容を理解する段となると、とたんについていけなくなる。カナと、せいぜい簡単な漢字しか読めない。いや、文字自体の読み方が分かったとしても、それらが連なると、どのような意味内容を表すのか分からなくなる。何度読んでも頭に入ってこない。喩えて言えば私たちが難解な哲学書を読んでいるような感覚だろうか。

知人のCさんがそういう子供の教育の専門家で、詳しく話を聞かせてもらう機会があった。
-------------

C「この間、その小学校に招かれて、授業を見学したんですが、やっぱり子供たちは授業の内容がほとんど分からないようでしたよ。」

しろの「それじゃあ、先生は困るでしょうね。大前提として文科省のカリキュラムに沿って授業をしなければならないというのがあるけれど、それをしたら、外国籍の子供を完全においてきぼりにしなければならなくなる。教室にただ座っているだけの『お客さん』になってしまう。かといって、そういう子供たちに合わせて授業をしたら、日本人の子供たちはほとんど勉強にならないし、日本人の親たちが黙っていないでしょうね。子供たちを分けて、日本語の理解力の低い子供だけの特別クラスを作るということはしていないんですか?」

C「そういうのはなかったですね。分けたところで、ポルトガル語、中国語、ベトナム語、タガログ語等の外国語をスイッチしながら授業できる先生なんていないでしょ。日本人といっしょのクラスでした。」

し「それじゃあ、子供たちは授業の内容がちっとも分からず、そのうち不登校になって平日の昼間から街をフラフラするようになったり…。」

C「それが、みんなまじめで、分からないながらも、ちゃんと授業を聞いて、ノートをとったりしていましたよ。」

し「でも、授業内容が分からない子がほとんどなんでしょ?毎日日本人と一緒に授業を受けていたら、自然に分かるようになったりするものですかね?」

C「それはないでしょうね。だから何か対策を講じなきゃと思って私が呼ばれたわけなんですよ。先生たちもほとほと困っていて、藁にもすがりたいって感じでしたよ。」

し「こういう日本語の理解力の極端に低い子供たちが日本人といっしょに勉強するにはどうすればいいんですか?」

C「どうすればいいと思います?」

し「外国の移民政策や移民教育の本を読んだりして、参考にしてみる、とか?」

C「まず子供たちが今、どんなことが理解できないかを突き止めることですよ。問題の解決法は専門家や研究書の中にはないですよ。どうやって教えるのが一番いいかなんて私には分かりません。子供たちのことを一番よく知っているのは、私じゃなくて担任の先生でしょ?答えは子供たちの中にあるんですよ。」

し「なるほど。とすると、えらい先生が考え出した便利な指導理論があって、それをクラスに当てはめて解決!ではなくて、一人一人の子供と向き合い、先生が一人一人の問題――理解を妨げているものは何かを把握し、それを一つ一つ解決しながら、手探りで授業を作っていかなければならないということになりますね…気の遠くなるような作業に思えますが。そんなことできるんですか?」

C「できないからみんな困ってるんですよ…。」

20130826131709rrr111
イメージです。
----------------
この問答を卓球で考えるとどうなるだろう。

社会人の地域のクラブでは、中高の部活でガッツリやってきた中級者と、年配になって卓球を始めたばかりの初心者とがいっしょに練習するという状況も珍しくはない。中級者の練習を優先すれば、初心者の居場所がなくなり、かといって初心者の練習を優先すれば、中級者はクラブを去っていくだろう。この両者を満足させる便利なクラブ運営法というのがあればいいのだが、あいにくそういう便利なものを私は知らない。

一体どうすればいいのか。

誰か一人ががんばればうまく回るというほど簡単な問題ではない。結局、メンバー全員が知恵を出し合って、問題を一つずつ解決していくしか方法がない…。

昔の人はえらかった――小説「武蔵野」を読んで

先日、「卓球以外のことも考えてみたほうがいい」と言われ(前記事「ボールを当てる位置」)、たまには読書でもしようと図書館を訪れた。

といっても、足は自然とスポーツ関連図書の書棚へ。

あいにく卓球書の新しいのは見当たらない。卓球書でないなら、かさばる本は読みたくない。持ち運びに便利な新書か文庫がいい。新書本で何か卓球関係の本、いや、他のスポーツ関連の本でもあるかと思って探してみたのだが、「これだ!」というものは見つからなかった。

しかたがない。たまには卓球に関係のない読書でもしてみようか。

昨今の新書本は本当に多彩で、あらゆるテーマを網羅しており、知的好奇心をいくらでも満たしてくれそうである。若いころは私もこういう本に興奮したりしたのである(前記事「「用具愛」からの解放」)。しかし、年を取ると、新しい知識を得たいという意欲に乏しくなる。新書本の棚を見ても手に取ろうという気にさせる本がない。東京の繁華街を歩いていて、人の多さに酔ってしまうということがあるが、それと同じようにびっしり並んだ本の背表紙を見ているだけで、本に酔ってしまいそうである。

文庫本の棚を見て、ちょっと気になる本を見つけた。

山田美妙の『いちご姫・蝴蝶』(岩波文庫)である。
5164dTeBp7L._SY346_

山田美妙は、名前は言文一致との関連でよく聞くが、作品は読んだことがなかった。若いころ、読んでみようと思ったこともあったのだが、文庫本では読めず、全集などにあたらなければならなかったので、めんどくさくてあきらめた覚えがある。しかし最近は岩波文庫で手軽に読めるのである。

この1冊だけ借りて、早速冒頭に収録されている「武蔵野」という短編を読んでみる(なお、あとで気づいたのだが、青空文庫でも手軽に読むことができた)

南北朝時代を題材にした坂東武者の話で、何てことのないストーリーの話なので、若い人には楽しめないかもしれないが、中年が読むと、その当時の価値観や表現が偲ばれて興味深く読むことができる(前記事「卓霊さま」)。長さ的にも手軽に読めるので、いい読書をしたという満足感を覚えた。

そこに登場する秩父と世良田という親子の武者は南朝に志があり、新田義興の陣に加わろうと武蔵野を縦断し、鎌倉へ参じるというのが前半のストーリーである。スタート地点がどこなのかはっきりしないが、近めに見積もって、今の千代田区あたりから鎌倉まで徒歩で向かうというのは、現代の私には信じがたい難業に思える。約70キロの距離である。手ぶらで70キロ歩くというのなら、私でもなんとか歩けそうだが、鎧具足に身を固め、弓矢を背負い、太刀を佩き、さらに食料や水、その他の日用品などを携帯しながら歩くとなると、いったいどのぐらいの重さになるのか。ネットで調べてみると、鎧だけでも2~30キロはあったという。
さらに舞台は戦乱の世なので、あちこちに伏兵が潜んでいる。道路も貧弱だっただろうが、あえて人の歩かぬ道なき道を行かなければならない。

このごろのならいとてこの二人が歩行あるく内にもあたりへ心を配る様子はなかなか泰平の世に生まれた人に想像されないほどであッて、茅萱ちがやの音や狐の声に耳をそばたてるのは愚かなこと,すこしでも人が踏んだような痕の見える草の間などをば軽々かろがろしく歩行あるかない。生きた兎が飛び出せば伏勢でもあるかと刀に手が掛かり、死んだ兎がみちにあれば敵の謀計はかりごとでもあるかと腕がとりしばられる。

その苦労はいかばかりだったか。が、当時の人にはこの程度のことはちょっと骨は折れるが、日常の延長にあったことなのかもしれない。

当時の武者の生活に思いをはせると、

重装備で一日に何キロも歩かねばならず、ときには山道を歩いたり、ときには全力疾走をしなければならなかっただろう。そんな日常を送っていると、ほんのわずかな身体の使い方の差が生死を分けることもあったに違いない。歩くときもただ足で歩くのではなく、上半身をうまく使えば疲労が少ないとか、刀を抜くときの肘や肩の使い方とか、そういう身体の効率的な使い方――「技」を豊富な経験から学び、それらが軍内で共有され、年長者から年少者へと伝えられていく。命がかかっているのだから、その習得には真剣にならざるをえない。

最近、古武術の卓球への応用が注目を集めているが、古武術の「技」というのは、あるいはこういうところに起源があるのかもしれない。

こう考えてみると、近代以前の社会では当たり前だった身体の使い方が、現代の私たちには失われてしまっているという気がしてならない。最近の都会の小学生はスキップができない子も珍しくないという話を聞いたことがある。これは極端な例にしても、重い荷物をもって長時間歩いたり、走ったりという経験が少なくなった現代は効率的な身体の使い方の伝統も途絶えてしまっているのではないか。私の亡くなった祖母は信州の山間の生まれで、戦前の話だが、ふもとの工場に通勤するために朝、薄暗い時間に出発して、数時間かけて山道(というか、半分、獣道)を歩いたのだという。毎日、朝晩にハードなトレーニングをするようなものである。こんなことを数年も続けていれば、いやでも疲れにくい、効率のいい動き方が身につこうというものだ。そういう経験の豊富な古老と山歩きでもしてみたら、多くの発見があるのではないかと思う。


仕掛けと予測――受動的な予測と能動的な予測

中学生のころ、部内戦をしたときのことをふと思い出した。

昭和trim
ちょっと昭和っぽい写真

今と違って卓球の情報などほとんどなく、レベルの低いうちの中学では、みな我流の卓球をしていた。その部の中では私は強かったが、もう一人同じぐらいのレベルのAくんがいた。Aくんはペンホルダーだったが、ミスが少なく、攻撃が安定していて、試合をして私とは勝ったり負けたりだった。

その日、Aくんと私は全勝同士で対戦したのだが、私はAくんに終始試合をリードされ、勝てる気がしなかった。私はフォアドライブが入れば勝てるのだが、その日はあいにくほとんど入らなかった。それに対してAくんのフォアドライブはガンガン決まっていた。そこで私はAくんにドライブを打たれないようにツッツキをバック側に徹底的に集めるようにした。

今の感覚ではバック側にツッツキを送ったところで相手のドライブを防ぐことにはならない、と思うかもしれないが、昭和の当時は今とは違い、バックハンドが自在に振れる人は非常に少なかった(県大会で上位にいくようなレベルは知らないが)。バック側に送られた38ミリ時代の低くて速いツッツキをバックハンドドライブで持ち上げようとしてもなかなか持ち上がらない。適切な打点で適切な体の使い方をすれば持ち上がったのかもしれないが、当時はラバーの性能も低かったし、我流卓球の私たちには打点などという概念さえもなかった。しかも完全な手打ちだったので、下回転をバックドライブしようとしても、成功率は3割以下だった。バックに来た下回転はツッツキで返すか回り込んでフォアで打つのが一般的だった。

私がAくんのバック側に早い打点でツッツキを送ると、Aくんも私のバック側につっつき返す。フォア側にツッツキを送ると、一発で決められてしまいかねないので、お互いに「早くミスしてくれ!」とばかりにバックへつっつき合い、ツッツキ合戦の様相を呈していた。そのようなラリーが2~3往復も続くと、やがてAくんは意を決して回り込もうとしては、詰まってミスをしてくれた。私はAくんに回り込ませないように早い打点で、しかもバックサイドを切るようなツッツキを送り続けていたのだ。その試合は結局私の勝利だった。後味の悪い勝利だった…。

もちろんルール上は何も問題ないし、今から考えると、うしろめたいことは何もないのだが、その時の私の認識では、その試合は正々堂々とドライブで勝負に出ずに、とにかく相手に打たせまいとする消極的な態度に徹して勝ったのが卑怯に感じられたのだ。

今から考えると、なんともこっけいな話である。

お互いバックハンドが振れない者同士の対戦で相手が執拗にバックにつっついてくる場合、いくらでもフォアで攻撃する方法があるだろうに。

たとえば深いツッツキを送ったあと、フォア前にストップしてみるかもしれない(当時の私は「ストップ」という言葉を知らなかった)。相手はバックでつっつこうと待ち構えているところへフォア前のストップである。相手は早い打点でボールにさわれず、ラケットに当てるのが精いっぱいで体勢を崩し、打てるショットといえば、せいぜいストップか、ゆるいツッツキになるはずである。それを待ち構えて、ストップならフォアミドルへ思い切り深くつっついて詰まらせるだろうし、ゆるいツッツキ――ミドルかフォア側に来るだろう――ならフォアドライブが打てそうである。

あるいはバックに横回転気味のツッツキを送ったり、ナックルのような切れていないツッツキを送るかもしれない。そんなボールが急に来たら、相手は驚いて反応が少し遅れる。そしてボールを浮かしやすい。それを待ち構えて回り込んでドライブやスマッシュが打てそうである。

しかし当時の私は愚直にツッツキをツッツキでひたすら低く返すということしか頭になかった。それがいちばんミスしにくかったのである。そしていつか相手がミスしてくれるだろう、甘いボールを返してくれるだろう、という期待が全てだった。こちらから相手の甘いボールを引き出して、次を強打するという考えがなかった。つまり、「仕掛ける」という概念がなかったのである。

仕掛けのない卓球というのは、なんともすさまじい卓球である。仕掛けをしなければ、次にどんなボールが来るかは、相手に打たれてからのお楽しみなので、こちらは全く時間的な余裕がない。不意に予想もしなかったボールを突きつけられるものだから、ミスを連発することになる。

卓球では予測が大切だなどと言われるが、相手が次にどこにどんなボールを打つかなんて超能力者でもない限り分かるはずがない。たしかに相手のサイドを切るボールを送ったら、ストレートには返しにくく、クロスに返ってくるという程度の予測はできるが、それ以上のことは無理だと思っていた。しかし、最近「仕掛け」という要素を組み込めば、予測の幅が広がるということが分かってきた。というか、予測というのは仕掛けとセットで使うものなのではないだろうか。

私は今まで予測というと、漠然とコースのことを思い浮かべていた。「さっきこのコースに打ったから、次はこう返ってくる可能性が高い」のように返球コースを「受動的」に予測していただけなのだが、最近は「こう仕掛けることによって相手から甘いボールを引き出そう」という「能動的」な予測に変わってきた。

予測は自分の打つコースだけではなく、ボールの深さ(ストップや深いツッツキ)、回転(切れているか切れていないか)、球種(フリックとかドライブとか)、スピード(ゆっくり来るか、すぐ来るか)なども影響する。たとえば最近ぐっちぃ氏のブログで陳衛星選手と対戦した印象が紹介されていたが、その中で次のくだりが目を引いた(読みやすいよう適宜改行した)

衝撃だったのが手前に落としたときやツッツキ戦のツッツキがあり得ないくらい深く差し込んでくる!!
ツッツキがめちゃめちゃ低く鋭く入り込んでくるので陣衛星選手がぐっちぃのドライブを狙ってボコスカにしてましたよね?(笑)

あれは

カウンターすげー、攻撃力やべー

ってなりますが実はその前の陣衛星選手のツッツキ!!これに秘密があったんです。
あれが今まで体験したがないくらいの超爆切れ系ツッツキ!!汗
あんな低く深く滑りこまされたらスピードドライブできません汗
もうループドライブをかけるしかない。しかも全然時間がない。
陣衛星選手のスイングスピードが尋常じゃないのかツッツキの鋭さ、ツッツキの高速時間がすごくてもう考える時間ないままでループドライブをかけないといけない汗




陳選手の深くて速いツッツキは、いわば「仕掛け」のような働きをしている。相手が「あっ!」と思った瞬間には、もう選択の自由を奪われていて、ループドライブでなんとか入れるのが精一杯という鋭さのようだ。陳選手はその返球を予測していて、相手のループドライブを待ち構えてカウンタードライブでフィニッシュということになるようだ。

予測は、どちらにボールが返ってくるかというコースよりも、上の陳選手のようにどんな球種のボールが返ってくるかということに重点を置いたほうが有効なのかもしれない。例えば台上で相手のフォアミドル深くにナックル気味のフリックを送れば、相手は詰まって甘い順回転のボールを返すということを予測して、ナックルフリックを送ったらすぐ回り込んでフォアドライブ強打の準備をすれば、試合が有利に進められる。

中学生のころ、緩急や回転量に差をつけて、相手を崩してから攻撃するという発想は私の周りにはなかった。とにかく全力で切って、全力で打つことしか頭になかった。だが相手が打たれないように固く守っているところをあえて強打で打ち抜こうとするのはリスクが高すぎる。イチかバチかの卓球になってしまう。まず台上で相手を崩すところ――仕掛けから始めなければならないということを知らなかったのだ…。

中学時代にどうしてあんな卓球しかできなかったのだろうと、悔やまれてならない。

動いて、考えて、また動く――自分だけの打ち方

運動でも勉強でも、「まず動く、そして考える」ことが大切です。そうして何度も成功や失敗をくり返しながら工夫を重ねると、きっと、自分にとって最高のものを実現できます。

勉強で「まず動く」というのが何を指すのかはっきり分からないが、運動に関しては「まず動く」というのは大切だと思われる。というのは、最近は卓球の情報が非常に多いので、動く前に考えてしまうことが多いからだ。

「考えてから動いてもいいじゃないか」

という意見もあろうかと思われるが、私も「動いてから考える」のほうがいいと思う。というのは、「動いて」の後なら疑問が生じやすいからである。初めから「正解」を知ってしまっていて、疑問がない状態で考えると、なんというか、考える幅が狭くなってしまう。

わたしが走り方を工夫し始めたきっかけは、高校生のとき、当時取り組んでいた走り方にぎもんを感じたことでした。それは、「ひざを高く上げて」「あしを思い切り後ろにける」、つまり大きな動作で走るというものです。そうすれば、速く走れるといわれていたのです。

カール・ルイス

といっても、何もない、まっさらな状態から考えるのも難しい。考える「たたき台」のようなものがあると、考えやすくなる。ここの「大きな動作で走る」というのを「大きな振りでスイングする」に置き換えれば、卓球にも通じる問題になりそうだ。

あるとき、「ひざを高く上げるような大きな動作をせずに走ったらどうなるのか。」と思いつきました。

たしかにひざを高く上げることは必要です。でも、それは地面をより強くふむために必要なのであり、ただ高く上げることに意味があるわけではないのです。同じひざを高く上げる動作でも、地面を強くふむことを意識して行うことが大切なのだと気がつきました。

卓球で小さなスイングで振ったらどうなるのだろうか。やはり威力のあるショットにはならないのだろうか。大きなスイングはボールをより強く打つために必要なのであり、ただスイングを大きくすることに意味があるわけではない。そうではなくて小さなスイングでインパクトを強くする方法があるのではないか?インパクトを強くするために本当に必要なことは何なのか。

このように、いろいろためしながら、自分に合ったあしの動かし方やうでのふり方を考えました。そうすることによって、自分にとって最高の走り方を見つけることができた気がします。人によって、ほねの長さや筋肉のつき方はちがいます。ですから、習ったことをなぞるだけでは、自分に合った走り方を身につけることはできません。何がむだか、そうでないかは自分で動いてみて発見するしかないのです。(高野進「動いて,考えて,また動く」より)

人によって体の作りが違うのだから、理論先行で、自分の体を理論に合わせるというのでは本末転倒である。自分の体に合った打ち方、自分だけにしかできない打ち方を、時には理論の助けを借りて、模索するというのでなければならない。
最近は情報が氾濫していて、自分の体がどうなっているのか、自分にとって打ちやすい打ち方は何かということをつい後回しにして、安易に理論に従ってしまいがちである。

人間は,自分の手を動かし,頬に風が当たっていろんな感じを受け,それで脳が刺激されて進化してきたんだと思います。脳が先に進化して,それからいろんなことができるようになったわけではありませんからね。(「「動いて,考えて,また動く」で伝えたいこと」)

卓球で言えば、ボールを打った感覚を確かめ、それに刺激されて考えるというプロセスが大切なのではないだろうか。一度、理論などは全て忘れ、一番自分に合った打ち方を虚心に自分の体に聞いてみたほうがいいのかなと最近思っている。

貫く棒の如きもの――軸を意識する

健康のために街なかを走っている人をよく見るが、ときどきうっとりするような美しい走り方をしている人をみかける。
city running

まるで「動く歩道」がその人の足元にあるのではないかと錯覚するような滑らかな動きで水平移動していく。地面反力を効果的に使って柔らかく走っている。体幹がぶれないので、ほとんど力を入れずに楽々と走っているように見える。専門的なことはよく分からないが、こういうのを「軸が通っている」というんだろうな。

correct

卓球でも「軸」の感覚について言及されることが多い。一本の棒が頭から股の間までを貫いているような意識でスイングするといいなどと聞いたことがある。今まであまり疑問に思っていなかったのだが、よく考えると分からない点が多い。

卓球における軸のイメージというのは、上の図のような細い棒のようなものだろうか。あるいはもっと太い丸太のようなものだろうか。太さのイメージが変わることによってスイングの運動も変わってくるだろう。細い棒のようなイメージよりも太い丸太のようなイメージのほうが体幹を旋回させるイメージが強くなる。グルグルとよく回りそうなイメージである。固さはどうなのだろう?ガチガチに硬くて決して曲がらないようなイメージなのか、あるいはある程度柔らかくてしなったりするイメージのほうがいいのだろうか。卓球では前傾姿勢なのだから、まっすぐの棒のイメージではなく、支点を持った棒のイメージのほうがいいのだろうか。
そもそも実在しない軸について「何が正しいか」などというのは愚問かもしれないが、イメージが鮮明であればあるほどそれを意識したときの身体の動きも鋭くなっていくだろうから、イメージもバカにできない。

身体の軸はコマの様に縦に延びる軸の感じですが、上半身の傾きにより変わる為、常に垂直ではありません。(「体幹軸とは?」)

ネットでこんな記事を見つけた。この記事によると、支点がある棒ではなく、傾く棒をイメージするといいらしい。

そして体幹軸は、単にその軸だけではなく腕全体の内旋外旋につながり、それが円運動に発展し、結果的に野球では投球フォームになりテニスではボールを打つフォームになっている訳です(^ ^)(「体幹軸の感じ方」)


あぁ、これはなんとなく分かる。しかし、軸を意識して体幹を旋回させることによって腕の旋回が生まれ、円運動に発展するなんて…夢のある話だなぁ。これぞまさに「体全体を使ったスイング」と言えるだろう。


軸ということを考えることによって身体を効率的に使うことができるようだ。


フットワークの向上にも役立つらしい。




とりとめもない内容だが、今回は以上である。


僕らはみんな振り遅れ――私の卓球のパラダイム・シフト

質の高いボールが打ちたい。
上級者が打つような、回転のよくかかった、伸びのある、深いドライブ。そんなドライブが打てるようになるためにフォームを変えたり、力の入るポイントを探したり、打点を変えてみたりしてきた。

質の高いボールを打つという目的がまずあって、そのために何が必要かを模索するということを今まで続けてきたように思う。しかし、もしかしたら私は根本的な間違いを犯していたのかもしれない。

*****************

【前回】からの続き

振り遅れというと、たとえばこちらが打ったフォアドライブをカウンターされ、とんでもなく速いボールが返ってきたとき、ラケットに当てるのが精一杯…といった場面が分かりやすいだろう。誰でも

「あぁ、今のは振り遅れて返せなかったんだ」

と気づく。しかし、振り遅れという現象は、そんなに分かりやすいケースばかりではない。実際には振り遅れていても、入ってしまうことがままあり、初中級レベルでは当の本人がそれと気づかずに打っていることが非常に多いのだ。「切れ味の悪い包丁で切るような感覚」というのは、まさにこういうことなのである。

私はこのバック対オールの練習を通じて自分の振り遅れというものを自覚できるようになった。相手のラケットを見ずに、ボールだけを見て打っていたときは、来たボールに間に合わせようと必死で一打一打が力んでしまい、後味の悪い打球感になることが多かった。入ることは入ったが、ボールに振り回されている感がぬぐえなかった。それが今は、相手のラケットをモニターすることによってわずかだが時間的な余裕をもって打てるようになってきたので、力が抜けて打球感も爽快である。「ボールに打たされている」という消極的な感覚ではなく、「ボールを打っている」という積極的な感覚である。両者の感覚を比べると、同じロングボールを打っているとはとても思えないほどの違いである。

反応が遅いと、一歩が踏み出せず、体から遠い(あるいは近すぎる)位置で打球することになるし、突然、ボールを「突きつけられる」ものだから、適切なラケットの角度を作る時間もなく、とまどっているうちに頂点を逸してしまい、落ちはじめた打球点でドライブを打った結果、ネットに引っ掛けてしまっていたのである。気持ちよく入る頂点付近の打点と振り遅れて打つ打点は、ボールにしたらわずか1~2個分に思える。その5センチほどのわずかな違いが卓球にとっては致命的なのである。

下回転のボールを振り遅れて打つと、ネットにかけてしまうことが多いが、逆に上回転のボールを振り遅れてしまうと、今度はオーバーミスである。よくブロックをオーバーミスさせてしまったとき「抑えが足りなかった」「もっと面を寝かせないと」などと考えてしまいがちだが、ようするに振り遅れているから適切な角度を作る前にボールが当たってしまい、ボールをオーバーさせてしまうのである。ワンコースでドライブを相手に打ってもらえば、そうそうミスしないのに、試合の時は同じ相手の打つドライブが止められないというのは振り遅れている可能性が高い。

相手のラケットから目を離さず、相手の打つ気配を察してバックスイングをとるようになると、ドライブだけでなく、ブロックからフリック、ツッツキにいたるまであらゆる打法の安定性が高まってくる。もしかしたら、これって卓球において最も大切なことなのではないかと思えてきた。

***********
唐突に話は変わるが、マンガ連載でもっとも大切なことは何かと問われたら、どう答えるだろうか。

クオリティーの高い絵とユニークなテーマ、よく練られたストーリー、愛すべきキャラクター…といった答えが出てくるかもしれない。しかし、そういう高い理想よりも、もっと現実的な問題――締め切りに間に合わせることこそマンガ連載において最も大切なことだという意見にも一理あるだろう。

寺田克也

たとえば憧れのイラストレーターや作家がいて、その作品にできるだけ近づくために絵に凝ったり、情報の精度を高めたりすることは、立派なことである。

だが、それらの努力は決められた締め切りに間に合うという前提があってのことである。絵やストーリーに凝ったために原稿を落としてしまったというのでは本末転倒である。逆に締め切りに間に合わすために絵やストーリーのクオリティーを下げ、何としても締め切りに間に合わすという態度こそプロのマンガ家に求められるものではないだろうか(知った風なことを書いてしまったが、私はマンガを描いた経験など皆無である)

私はこれまで卓球で大切なことは「いかに質の高いショットを打つか」だと思っていた。たぶん私だけでなく、レベルの低い人はたいていこう思っているにちがいない。だからその目的を実現させるためにフットワークを使ったり、下半身でタメをつくったりするのだと思っていた。

しかし、もしかしたら卓球で最も大切なことは「いかに自分のインパクトを頂点に間に合わせるか」なのかもしれない。振り遅れないで、的確に頂点付近の打点をとらえるために戻りを早くして、フットワークを使い、体勢を整える。そのようにして常に高い打点を保持することができればミスは大幅に減る。それができた上で、時間的な余裕があれば、打球コースやボールの精度・威力にも意を用いるべきであって、質の高いボールを打とうとして適切な打球点を逸してしまうというのではミスを連発することになってしまう。厳しいボールが送られてきたときは、むしろ打球のクオリティーを下げ(大振りを避け)、打球点の高さを最優先する。これが初中級者に求められる卓球なのではないか。

今までは質の高いショットを打つことが目的で、そのためには打球点を落とすこともやむを得ないという態度だったが、今は高い打点で打つためにはショットの質を下げることも辞さない…というふうに私の中で考え方が変わってきた。初中級者の卓球の本質とは、もしかしたら「高い打点をつないでラリーを展開していく」ということなのではないのか…

私の考え方があらゆるシチュエーション、あらゆる層に受け入れられるとは思わない。
ループドライブのように頂点よりも低い打点が適切な場合もあるし、ストップやカウンターのようにより早い打点が有効な場合もあるだろう。全ての打法で頂点打が有効とはいえない。
また、私よりももっとレベルの高い中上級者にとっては、話はこれほど単純ではないかもしれない。
しかし、初中級者の卓球においては早く戻って高い打点に間に合わせるというのが最も優先されるべきことなのではないか。

今、私の中でパラダイムの転換が起こりつつある。

僕らはみんな振り遅れ――バック対オール実践記

ミスにもいろいろあるが、いちばん大きな原因はインパクト時のラケット角度が不適切なことだ…と思っていた。

練習の時にコースを決めてドライブを打つときは気持ちよく打てるのだが、実戦ではたいてい気持ちよく打てない。それを喩えていえば、切れ味の悪い包丁でニンジンやゴボウのような固い野菜を切っているような感じである。サクッと気持ちよくドライブできない。それで力をこめると、かえってネットに引っ掛けてしまう。練習のときのドライブはあんなに切れ味が鋭いのに…なぜだ。

最近、私がよくする練習はバック対全面のラリーである。
本当はふつうの切り替え練習がしたいのだが、フォア2本、バック2本とか指定すると、相手がブロックの上手い人でないと続かず、あまり効率的な練習ができない。それで私はずっと相手のバックにボールを送り、相手はランダムでこちらの全面に返球するという切り替え練習である。もちろん順回転のボールである。下の動画を見たことの影響もあるかもしれない。

 
https://youtu.be/w_Hxa3-08UQ?t=22

バック対オール

「昔からやってるのは、バック対オールですね。向こうはバック、僕は切り替えでオール」

この練習は「動きの練習」である。だから速いボールで4~5往復打つよりも、「ミスしないように6~8割の力で打つ」ことによって数10往復、延々と続けるのがいいようだ。そしてこの練習の優れた点は

「試合中のあらゆる動きが含まれている」
「その場面に最も適した(前後等の)位置を知ることができる」

ということである。

しかし、本当にこの練習にはそんなに効果があるのだろうか。たしかに中級者には効果があると思うのだが、数々のタイトルをものにしてきた日本卓球の革命児、岸川星也選手が今でも続ける価値がある練習だというのが信じられない。

岸川選手とは全く意識のレベルが違うが、私もこの練習を続ければ、私なりに上達するのではないか。そんな思いから私もバック対オールに挑戦することにした。

見た目よりも難しい練習だろうということは取り組む前から想像がついていた。そこで初めは軽いフォア打ちのようなゆっくりしたスピードから試してみたのだが…全く続かない。フォア・バックとゆるいボールを送ってもらうと3~4往復ぐらいはいけるのだが、そこにミドルが混じってくると「あっ」と一瞬判断が遅れ、体勢が崩れて詰まってしまう。そうすると体勢をリカバーできないまま、次のボールも変な姿勢で打ってしまい、ボールに振り回されているといった感じになり、ミス。ゆっくりやってもせいぜい5~6往復ぐらいしか続かない。なんという難易度の高さ。

どうしてこんなに続かないのか。その原因が振り遅れにあることは明らかだった。ハエが止まるほどのゆっくりしたボールでも私はボールが自分のコート?に入って初めてバックスイングをとっているのだから、振り遅れるのは当たり前である。もっと早い段階でバックスイングをとらなければならない。
とはいえ、行うは難しである。どこにくるか分からないボールを一瞬で判断し、反射神経の早さでバックスイングをとろうとしても間に合わない。卓球は反射神経の早さが勝敗を左右するイメージがあるが、実際には反射神経がいかに無力かということを思い知らされた。

想像してほしい、相手が多球練習で全面にスマッシュを打ち、それをこちらが前陣で拾うというムチャな練習を。
oka hiromi

バック対オールというのはスマッシュほどボールスピードは速くはないが、いわばそんな感じの練習である。相手はフォアからバックまでどこでも自由に打っていいが、それをこちらが拾う練習なんてそうそう続くわけがない。

だが、上手な人はみんなこんな練習ができるのだから、工夫すればもっと早く反応できるに違いない。どうすれば間に合うのか。バックスイングをできるだけ小さくすればいいのではないか。強く打つ練習ではないのだから、最低限の力で打てば十分である。バックハンドは軽く押すだけ、フォアのバックスイングは体側(自分の体の横)まで持ってこないで、体側よりも前方で終わるようにしなければならない。腕をほとんど使わず、ほぼ体幹のひねりだけを使ったおそろしく小さなスイング…やってみたが、全く効果がなかった。

次にスイングを止めずに円を描くようにスムースにすればいいのではないかと考え実践してみた。これもほとんど効果はなかった。というのは、スイングを止めずにスムースに素早くやろうとすると、早すぎて今度は相手が打球する前にこちらがバックスイングを完了してしまうことになってしまうのだ。そうすると、こちらが急いでフォア側にバックスイングを引いたにもかかわらず、相手にバック側に打球されてしまい、完全に逆を突かれることになる。この方法もダメだ。

むしろ、スイングの後、すぐにラケットを戻すのではなく、少し身体の前方でラケットを待機させておいたほうがいい気がする。早くフォアなりバックなりに引ききってしまうより、身体の前方にラケットがあったほうが、フォア・バックどちらに打たれても素早く引ける。逆を突かれることがない。打球した後、体の前方でラケットを静止させておけば…いや、しかしこれでは振り出しにもどったようなものだ。これで間に合うとも思えない。

いろいろ試行錯誤して到達した結論は、相手のラケットを見続けるというやり方だった。相手のラケットから目を離さず、相手が打球するときの面の角度からフォアに来るかバックに来るかを判断し、素早くバックスイングをとるというものである。もちろん一瞬たりとも目を離さないというのは難しい。こちらがインパクトする50センチほど前でボールの位置をチラッと確認しないと、うまく打てないので、一瞬だけ目を離すが、それ以外はずっと相手のラケットの面の角度を見続けるのだ。

そうすると、今まで平均して3~4往復しか続かなかったラリーが5~6往復以上続くようになった。体の動きが止まらず滑らかにフォア/バックの切り替えができるようになってきた。さらに練習を続け、慣れてくると平均10往復ぐらいラリーが続くようになった。これはいける!だんだん余裕が出てきたので、ゆるい、初心者のような打球ではなく、ある程度速い(5割ぐらいの力で)ボールでラリーを続けてもなんとか対応できるようになってきた。そしてこの練習を続けるうちに私の中で何かが変わった。

もしかしたら、私のミスの原因の大半は微妙に振り遅れているから…なのか?

【続く】


卓球の地域格差

「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由 知られざる「文化と教育の地域格差」

という記事を読んで非常に共感したので紹介したい。

筆者は釧路市で高校まで過ごした87年生まれの男性。両親はどちらも中卒以下。浪人して東大の文3に進み、今はアメリカで院生をやっているという。

釧路市は、見渡す限り畑が広がり家屋が点々と建っている、というほどの「ド田舎」ではないものの、若者が集まる場所といえば「ジャスコ」しか選択肢がなく、もっともメジャーな路線のバスは30分に1本しか来ず、ユニクロやスタバがオープンすると大行列ができるような、ある種の典型的な田舎町だ。

kushiro
釧路市の中心部は写真で見るとかなりにぎやかな感じの街だが面積が大きいので郊外はかなりさびしい感じなのだろう。筆者はそのような郊外の出身かと思われる。

「田舎」というと、緑が豊かな田園風景や、山の中の集落などを連想するが、そこまででなくとも、人口10万前後の小さな街ではどこも同じような環境だろう。私の出身地も同じような環境だったので、彼の育った環境が容易に想像できる。

たとえば、書店には本も揃っていないし、大学や美術館も近くにない。田舎者は「金がないから諦める」のではなく、教育や文化に金を使うという発想そのものが不在なのだ。見たことがないから知らないのである。

私も田舎から京都に出て来て本当に驚いた。特に洛中は町全体がなにかしら学校で習う歴史や文化に関係があるのだ。織田信長の墓所だの、在原業平の生家を示す石碑だの、そんなものが数百メートルごとに見つけられる。下賀茂神社や二条城、蛤御門といった建物も実際に残っている。関東の人間が高校で日本史や古文などを紙媒体の教材で学ぶのと、京都の人が同じ内容を学ぶのとではその濃さが全く変わってくるだろう。京都の人はそれらを具体的な地理感覚やイメージとともに学んでいるのである。また、京都は人口比率で言えば、たぶん日本で最も国際的な街なので、町中のいたるところに英語が見られるし、耳からも入ってくる(実際に耳から入ってくるのは中国語のほうが多いが)ので、英語の学習にもある程度アドバンテージがあるかもしれない。

そして京都にはあちこちに大学があって、無料の講演会だの演奏会、演劇の公演、展覧会といった文化的なイベントには事欠かないし、わざわざそんなことをせずとも洛中を散歩すればそれだけで立派な文化的イベントが成立するのだ(歴史的な知識さえあれば)

京都に限らず、関西から九州にいたる西日本には歴史的な舞台となった地域が少なくないが、東日本には教科書で教える歴史や文化と縁遠い地域が少なくない。今は何でも関東中心で、関西は元気がないというイメージがあるが、それは経済的な面でのことあり、文化的には関東はいまだに関西に大きく水をあけられていると感じる。

東日本の多くの地方都市には文化らしい文化がない。少なくとも私のふるさとには文化的に誇るべきものは何もなかった。そして記事にあるように文化に金をつかおうという発想がないし、教育にも申し訳程度にしか金をつかわない。パチンコや車のドレスアップなどに金をつかう若い人が多かった。

高校生の頃の私が「大学」と聞いたとき思い浮かべることができたのは、「白衣を着たハカセが実験室で顕微鏡をのぞいたり、謎の液体が入ったフラスコを振ったりしている場所」という貧しいイメージのみであった。

釧路にも大学は存在すると書いたが、しかし子供たちにとってそこは病院などと区別されない「建物」にすぎず、「大学生」という存在にじかに出会ったことは、すくなくとも私は一度もなかったし、また私の場合は親族にも大学卒業者が皆無だったため、高校卒業後の選択肢として「大学進学」をイメージすることは、きわめて困難であった。


私も同様の経験を持っている。私の出身地から車で30分ほど行ったところに無名大学というのが一つか二つ一応あったが、ただの建物としか認識していなかったし、大学生というものに会ったことがなかった。大学に入るまでは大学というのは高尚でありがたい、人類の知の粋を教えてくれるところというイメージを持っていた。大学に入れば高級な人間になれると思っていた。

いわゆる「底辺」と形容される中学に通っていた私には、高い学力を持ちながらも、その価値を知らず道を誤ってしまった親しい友人を多く持っていたため、むしろ自らが手にした幸運の偶然性に寒気がしたものであった。

私のまわりにも非常に優秀で人当たりもよく、人間的なポテンシャルの高い友人が何人もいたが、そういう人たちは高校に入ると偏差値的に並みの人になってしまい、地方の国立大か、日東駒専、大東亜帝国といった大学に入っていった。おそらく彼らが東京で育ったなら、ふつうにやってもMARCH、ちょっとがんばれば早慶上智ぐらいには入っていたものと思われる。偏差値はしょせん偏差値にすぎないとはいうものの、やはり偏差値的に高い大学に入ると将来の選択肢が広がり、その後の人生を豊かにする可能性が高いと思う。

田舎の何が問題かというと、高いレベルのものに実際に触れたり、目にするチャンスがないということである。そのため自分がそのレベルに実際に手が届くというイメージが湧いてこない。自分の人生がそこに連続しているという実感がない。インターネットが発達したから、地方にいても都市部と変わらない教育が受けられるという人もいるかもしれないが、地方にいて都市部の人と同じような意識を持てる人はそれほど多くはないと思われる。ネット越しでは実感がないし、周りの人の意識も違うのである。

この記事の中で、筆者は東京で生まれ育って東大に入った学生を「特権階級」「文化的な貴族」と呼んでいる。「彼らには、自らがその地理的アドバンテージを享受しているという自覚はない」のである。逆もまたしかり。だからこそこのような地域格差はなかなか問題とならない。

*************************

教育・文化的なことだけではなく、卓球においても同じようなことがいえるだろう。
都市部(あるいは卓球の強い地方都市)には県大会で常に上位進出する、あるいはかつては全国大会でも上位にくいこんだような人がゴロゴロいて、地域の大会等でそういう人のプレーを間近にみることもできる。時には声をかけて卓球上達のコツや意識というものを直接教えてもらえることもあるだろう。もしかしたら、同じクラブ内にそういう人がいて実際に練習相手をしてもらえることさえあるかもしれない。そういう人の練習を目にし、アドバイスをもらうことにより、どうすれば全国大会に出場できるのかが現実味をもって分かってくる。自分も全国大会に出場できるかもしれないというイメージを持つことができる。

一方、卓球の弱い地方には全国レベルの選手がほとんどおらず、地方の大会でダントツで優勝した人が県大会などに行って2~3回戦までしか進めないということが私の出身地ではあった。私の周りにも卓球に対して並々ならぬ熱意を持ち、卓球のセンスを感じさせるような人がいたが、そういう人も全国大会はおろか、県大会でも上位進出はならなかった(前記事「あたし、ついていけそうもない」「二十年後の君へ」)。私の地域で最も強かったYくんもおそらく県大会上位進出までしか頭になかっただろう。今思い返すと、彼の卓球はラリーに持ち込んで打点を下げて後ろから安全にドライブを打つ卓球だったように思う。ミスが少なかったので県大会予選ではそれで無敵だったが、県大会に行くと、前陣でガンガン攻撃してくる人に一方的に攻められてしまっていたように思う。指導者はもちろん、練習相手にも恵まれていなかった。しかし、もし彼が全国レベルを経験したような人たちの中で卓球をしていたらどうなっただろう。彼ほどの熱意があれば一度ぐらいはインターハイ出場にこぎつけたのではないかと思われてならない。

卓球が強い県は良い指導者や強い練習相手がたくさんいて、いつも強く、卓球が弱い県は熱意のある選手がいても、いつの時代も弱い。この格差は私たちが思っているよりもずっと大きい。こういうことを卓球後進県の人が自覚しないと、いつまでたっても卓球環境は向上しない。全てを環境のせいだというつもりはないが、環境の影響というのは卓球が上達する上で致命的な差となって現れるのではないかと思う。

用具についての断想

用具の評価
2年ぐらい前までは私はインナーカーボンのラケットを使っていた。そのころはラケットになんの不満も感じていなかったのだが、あるとき、特殊素材なしの7枚合板を使ってみて、その、すがすがしい?抜けるような打球感に惹かれ、ずっと7枚合板を使っている。先日、久しぶりにインナーカーボンのラケットを使ってみたところ、その硬い打球感にびっくりした。

「インナーカーボンってこんなに硬かったっけ?」

昔使っていたころは硬いなどと感じたことはなかったのだが、今では堪えられないほど硬く感じる。すぐもとの7枚合板に戻した。

私は用具音痴(前記事「ヤサカの新作ラバー ライガン」)なので、一般的な人より感じ方が極端なのかもしれないが、多かれ少なかれこのようなことは多くの人が経験していることではないだろうか。

たとえばふつうの人がキョウヒョウなどの中国ラバーを打ってみると、「硬すぎる」と感じるだろうが、子供のころから中国ラバーを使っている人が、一般的なテンションラバーを打ってみると、硬めのテナジー05やファスタークG1でも「柔らかい」と感じるのではないだろうか。逆に柔らかいヴェガ・ヨーロッパとか、ラクザ7ソフトなどを使っている人が05やG1を使ったら「硬い」と感じることだろう。ラケットでも、私とは逆にアウターカーボンのラケットを使っている人がインナーカーボンのラケットを打つと、「柔らかい」と感じるに違いない。

ということは、世間一般に「硬い/柔らかい」「弾む/弾まない」「球持ちが いい/悪い」などと言われている用具は、その人が普段使っている用具が何かが分からなければ、人によって正反対の評価になってしまうということである。数多くの用具を使った経験のある人なら、ある程度妥当な評価ができるのだろうが、用具に詳しくない人の評価は当てにならない。

**********************
用具と慣れ
「住めば都」という言葉があるが、用具の違いの多くの部分は「慣れ」によって解消できるような気がする。初めてインナーカーボンのラケットを打った時の感想は、「球持ちがいい」だった。それまで使っていた5枚合板と比べてそれほど違和感なく移行できた気がする。そしてしばらく使っていると、どのタイミングで力を入れればいいボールが打てるかというのがだんだん分かってきた。言葉では説明しにくいが、ラケットがボールを受けてミクロレベルで少しへこみ、それが復元してボールを弾き飛ばすような感覚が感じられるようになってきたのだと思う。5枚合板でも同様にラケットが衝撃を吸収して、弾き返すようなプロセスがあるが、インナーカーボンとはそのタイミングが微妙に違う。そういう微妙なタイミングを体で覚えると、用具を替えた時の違和感がなくなり、たいていの用具がしっくりくるようになると思う。用具を替えて、2~3回練習して「合わない」と投げ出すのは早計で、用具のクセのようなものを感じ取れるまでにならなければその用具の良さは分からない。数か月使い続ければ、たいていの用具は良き相棒になってくれると思う。

************************
女性向けラケット
卓球王国のウェブサイトを見ていたら、スティガの「アゼリア」というラケットが目に留まった。

アゼリア

女性をターゲットにしたラケットということである。きっとグリップが細くて、軽いラケットなのだろう。女性向けのラケットは、ニッタクが「ミグノン」とか「フェミニスト」とかを出していたが、他メーカーの用具ではあまり記憶にない。バタフライの劉詩文や福原愛PROは女性をターゲットにしているのかもしれないが、高いし、あまりかわいくない。それに比べてアゼリアはピンクの色遣いがとてもかわいい。
前記事「女性の視点が…」でラケットの相談をしてきた女子中学生が、「友達がラケットを替えたがっている」とまた相談にきた。その友達がどんな用具を使っているか聞いてみたところ、分からないということだった。どんなタイプのラケットが好きなのか、どんなプレースタイルなのかも聞いてみたのだが、女子部員はみんな自分のラケット名前すら知らないので答えられない。

「プレースタイルは知ってるでしょ?」
「う~ん。ふつうかなぁ…」

カットマンや異質ではないらしい。たぶん「住めば都」で、与えられたものにあまり不満を感じないで使える子なのだろう。よく分からないが、このアゼリアなんかよさそうだ。6月まで待てて、かつ安かったら勧めてみよう。ちなみにアゼリアはツツジという意味だそうだ。


技と技の間――卓球の「基礎力」

「人生に無駄な経験などない」
という言葉があるが、これは本当だなと思う。一見するとこれからの人生に全く役に立たなそうに見える経験でも、いつかどこかで役に立つものだ。ただ、一つ一つの経験が自分の進みたい方向に大きく役に立つか、少しだけ役に立つかという違いはあるかと思われる。ともあれ、どんな経験でも多かれ少なかれ何らかの役に立つに違いない。
*******************************************
新年度が始まり、卓球動画をゆっくり見ることがなかなかできなかったが、この週末にいくつか見ることができた。



勉強が卓球に役に立つか、あるいは卓球が勉強に役に立つか、という対談だった。
それを見て私が思ったのは、頭がいい人が必ずしも偏差値が高いわけではないし、偏差値の高い人が必ずしも頭がいいわけではないということである。

「頭がいい」をどうとらえるかは人によって違うだろうが、とりあえず「ポテンシャルとして頭の回転が速い」ということにしておこうかと思う。

ノーベル賞をとるような飛び切りの頭脳を持った人はともかく、通常の人は頭の回転数が高いだけでは結果が出せないことが多いのではないだろうか。

私は子供のころ、夏休みの宿題を8/31日にまとめてやるような、典型的なダメっ子だったが、成績のいい子は31日に地獄を見ないようにきちんと計画を立てて夏休みの宿題をこなしていた(前記事「さんすうとよそく」)。
社会人になって、私は配布された書類をクリアファイルに無造作につっこんでおいて、紛失したり、重要な連絡をうっかり忘れたりといったことがよくあった。仕事ができる人は配布された書類にパンチで穴をあけ、時系列に沿ってきちんと大きなリングファイルにまとめていたし、重要な連絡を受けるたびに、忘れないように手帳にきちんとメモしていた。そういえば、そういう人は机の上もよく整理されていた。私よりももっとひどい人もいるかもしれない。ねぼうして授業や仕事に大幅に遅刻したり、きちんと挨拶できなかったり、軽率に上司を批評してしまったり。

日常生活の中には膨大な情報と複雑な人間関係のネットワークがある。
上手に世を渡っていくには頭の回転が速いだけではだめで、不意にやってくる雑然とした情報を整理して、人間関係を円滑にするための技術が必要である。そういうものがあってはじめて頭の良さが生きてくる。このような生きる上での最も基本的な能力「人間力」が備わっていれば、多少頭の回転が遅くても高い偏差値を維持できるし、逆にそれが欠けていれば、いくら頭の回転が速くても学校の成績が悪かったりするのだ。


「卓球上達のヒミツ!やっすんとがねが語る上達サイクルとは」

もう一つはやっすん氏の上の動画である。
基礎力

「チキータを完全マスターしようとする人が多すぎる!」
「チキータの質をいきなりレベル10まで上げようみたいな」

たとえばチキータをやったことがない人が、チキータの練習をするとする。
ミドルあたりにきたショートサーブをチキータで返球するという練習を繰り返し、なんとか山なりの遅いボールで8割がた入れられるようになった。
しかし、それでは満足せず、チキータのスピードをどんどん上げて、一発で打ち抜けるような鋭いチキータを目指し、ひたすら練習に打ち込む。ある程度低くて鋭いチキータが打てるようになっても、「まだまだ威力が足りない」と、さらなる進歩を追求する。どうやったらもっとスピードが上がるか、回転がかかるか、厳しいコースを突けるか…こんな人が多すぎるとやっすん氏は述べているのである。

しかし、こういう人が本当にすごいチキータを打てるようになったとしても、コースを散らされれば対応できずミスを連発するし、ロングサーブを出されたとき、チキータをやめて、バックドライブ打つといった方向転換がなかなかできない。単体の技術のレベルを上げることばかりに汲々として、それを支えているフットワークや素早い判断といったことを全く磨いてこなかったからである。

やっすん氏の考え方はこうである。
山なりのチキータでも、安定して入るようになったら、それ以上チキータの威力を上げる必要はない。100点満点は必要ない、60点で十分である。次はいろいろなコースに来たボールをチキータで打てるようにする、あるいは相手のツッツキに対してチキータをしてみる等、どんなシチュエーションでもチキータが打てる(あるいはとっさに方向転換する)練習をすべきだ。そしてどんなボールにもミスせずチキータが打てるようになったら、次はチキータのレベルを2に上げて、ボールを低くし、回転ももう少し上げて、同じようにいろいろなボールを送ってもらってミスせず返球できるようにする。それができるようになったら、チキータのレベルを3に上げて、一発で抜けるようなチキータにする…。

不思議なことにレベル1のチキータで多様なボールに対応できるようになる――1周目が終わると、自然にチキータ自体の質も上がり、レベル2になっているのだという。チキータ自体の質を上げる練習を特にしていなくてもである。それはランダムに多様なボールに対応する練習をしているうちに相手のボールがどこにバウンドし、どんな軌道を描くかを以前より早く判断できるようになり、それによって、足も早く出せるようになり、チキータを打つときに時間的な余裕ができるので、万全の態勢でチキータを打つことができるので、自然と威力が増すのだという。

単体の「技術」を成功させるためには素早く判断する、足を動かす、身体全体を使う…といった「卓球人としての基礎スペック」を高めなければならない。

この主張は私がずっと感じていたことを代弁してくれたように感じた。チキータやドライブといった単体の「技術」の質を高めるためにはその背景にある「基礎力」を高めなければならない(前記事「機の感覚」)。いくら単体のチキータやドライブの質が高くても、それが打てるための前提の部分(私はこれまで「準備」と呼んでいた)をおろそかにすると実戦では使えない。前記事「打つ練習と打たれる練習」で私は相手の強打を受けるという練習をしたが、このとき、私は単体の「技術」の練習を全くしなかったにもかかわらず、非常に練習になった。「技術」ではなく、すばやく戻る、足を出す、判断するといった「基礎力」の練習だったのだ。

「卓球の基本」とは何かということを私はずっと考えていた(前記事「卓球で一番大切なこと」)。フォアドライブやブロックやツッツキといった技術がきちんとできるのが「基本ができている」ということになるのだろうか?そうではなく、これらの単体の「技術」とそれを裏で支える「基礎力」を合わせて「卓球の基本」ができていると言えるのではないか。

やっすん氏の動画を見て、頭の中の霧が晴れたような、はれやかな気分になった。


つなぎのボール

季節はすっかり春で、桜も盛りを過ぎてしまった。
京都の桜の名所というと、嵐山に行く人が多いようだが、私のオススメは高野川である。
takanogawa1

京阪出町柳駅から川沿いに北上すると、延々と1.5キロにわたって桜が咲き誇っている。

下鴨

京都屈指の高級住宅街、下鴨の松ケ崎浄水場のあたりの桜も穴場である。

以上、卓球には何の関係もない情報である。

桜と言えば、「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは」という兼好の言葉があるが、卓球でいえば「球は高くて、遅きをのみ打つものかは」ということができるだろう。

先日の練習でペン表の人と練習したのだが、相手の調子が悪く、ボールが乱れていた。こちらがなんてことのない横下ショートサーブを出したところ、相手はツッツキの角度を誤って、台から30センチほど(ネットの倍ほどの高さ)浮かせてしまった。ボールが浮いたからチャンスだと思うかもしれないが、下回転がかかっているし、伸びてこないし、非常に打ちにくい。思い切って打ったらミスしそうだったので、こわごわと押して入れるだけのボールを返球せざるを得ず、逆に相手に攻め込まれてしまうということがあった。こちらが横回転ロングサーブを出した時も、払ったりドライブをかけたりしてそこそこのスピードのボールを返してくれればこちらも打ちやすいのに、ラケットを動かさずに角度を調節して当てるだけのぽわ~んとしたレシーブだったので、肩透かしを食らったような感じで強打できず、ループドライブで情けないボールを返すしかなかった。

中途半端に高いボールよりも低いボールのほうが打ちやすいし、ふわっとした伸びてこない遅いボールよりも適度に速いボールのほうが打ち慣れているので強打しやすい。

卓球にはブロックやツッツキのような守備的なボールと、ドライブやスマッシュのような攻撃的なボールがあるが、そのどちらとも言い難い、微妙なボールもある。これを「つなぎのボール」と呼ぶことができよう。私は昔、高いボールや遅いボールは何が何でも強打するというムチャ打ち卓球だったのだが、そうするとあまりにもミスが多いので、つなぎのボールを打つようになった。

そしてこのつなぎのボールというのが意外なことに卓球の中で大きな役割を果たしているのではないかと思うようになった。つなぎのボールというと、棒球というイメージがあるが、必ずしもそれは当たらない。上述したように相手の意外な返球に驚いて、打とうにも打てず、しかたなく腰の引けた情けないヘロヘロ球を送ってしまったら、それはたしかに棒球である。相手に「どうぞ打ってください」と首を差し出しているようなものである。しかし、つなぎのボールは質の高いつなぎのボールと質の低いつなぎのボールがあるように思う。相手に高いボールやゆっくりしたボールを送られたものの、強打できない、という場合にとっさに低くつっついて返したり、チョリっとドライブをかけて相手のミドルを狙ったりすれば、相手も一発で抜くことはできないだろう。このようにつなぎのボールの質を高めれば、次にこちらの強打につなげることもできるのである。

絶好球を強打するのはレベルの低い人でもできるが、やりにくい相手の難しいボールに対して隙を見せずになんとか返球し、次に自分の打ちやすいボールを返球させた上で強打するというのは思ったよりも難しいものだ。こういう相手に対してはつなぎのボールの良し悪しで勝敗が大きく左右されるのではないだろうか。

もっと分かりやすい例でいうと、上手なサービスを出されて、強打できない場合、なんとかして相手に強打させない程度のレシーブをするというのもつなぎのボールの質が高いと言えるだろう。

強打の質を高めることに熱心な人は多いが、つなぎのボールを磨く人というのはそれほど多くないように思う。しかし、とんでもない強打を打つ人よりも、つなぎのボールの質が高い人のほうがどんな相手にも安定して勝てるのではないかと思う。

あわせ技――ツッツキのつかいどころ

将棋の駒で最も強い駒は飛車だろう。
ob_1d64d6_shogi

誰もが飛車を大切にしてできるだけ取らせないように気をつかう。一方、歩は取られたところでさして痛くもない。
将棋の駒を卓球の打法に喩えるならば、飛車はさしずめフォアドライブだろうか。ペン表の人なら飛車はフォアスマッシュかもしれない。バックが得意な人なら、バックドライブが飛車の位置づけかもしれない。

一般的にいうと、バックドライブは角といったところか。ペンならバックプッシュだろうか。
私の中ではフリックやチキータは銀で、ブロックは金というイメージである。
サービスは桂馬で、ストップは香車かな。
では、歩はなんだろうか。
人によってイメージは違うだろうが、私の中ではツッツキである。

友人とツッツキは試合で使う機会がほとんどないという話をしたことがある。たとえばショートサーブに対してツッツキを使ったら、相手に両ハンドで待たれてドライブ強打をくらってしまう。ツッツキを使うぐらいなら、ストップとかフリックを使ったほうが主導権を取りやすい。ツッツキというのは地味だし、相手にとっては絶好球になってしまうし、使いどころがない。

真下回転サーブはチキータされにくいのだそうだ。


 
https://youtu.be/m9-lKZiXIiw?t=1473

といっても、上級者は来る場所さえ分かっていれば、いくら切れていて低い下回転ショートサーブでも、簡単にチキータできるのだという。そこで下回転サーブを同じモーションからフォア側に出したり、バック側に出したりする。といってもスピードの遅い下回転サーブをコースを散らして出したところで限界がある。同じところに出すよりはマシだが、慣れられてしまったら、やはり簡単にチキータされてしまうだろう。そこでスピードの速いロングサーブを同じモーションから出すようにすると、下回転ショートサーブが生きる。一つの技では効果は薄いが、二つの技を組み合わせて使うと効果が倍増する。逆にずっと速いロングサーブを出していたら、いくら切れた速いロングサーブでも効果は薄いだろう。短いサーブと組み合わせることによってこそロングサーブが生きるのである。

ツッツキで考えると、ツッツキの質を単独で高めるだけではなく、ツッツキとストップを併用することでツッツキの価値は倍増する。つまり、ツッツキをすると見せかけて、同じ体勢からストップをしてみたり、ストップと見せかけて深いツッツキをしてみると、単独では非力なツッツキといえども相手にとっては脅威になりうるのである。

以上は一つの場面でどの技術を選択するかという範列的な関係で考えてみたのだが、今度は統語的な関係で考えてみる。

初中級者はフォアドライブ等の「強い」打法を単独で磨けば試合に勝てると思いがちだが、試合ではだいたいそのようなおいしいシチュエーションはめぐってこない。いくら威力のあるフォアドライブを持っていても、それを試合では全く打たせてもらえないことも珍しくない。そこでツッツキが生きる。相手のショートサーブに対して低くて速いツッツキでガツンと相手のミドルを突くと、相手は詰まって甘い返球をすることが多い。それを待ち受けて4球目でフォアドライブが強打できるのである。



上の動画で「3球目でチキータを打つにはどうするか」という視聴者の質問に村田コーチはしばらく、考え込んで次のように答えた。
https://youtu.be/yuUwCIU9src?t=812

曰く、ふつうは3球目をチキータで待つシチュエーションはほとんどなく、長いボールを待っていたところでストップが来て、急遽方向転換して3球目でチキータを打つというのなら、ありうるシチュエーションだというのだ。

質問者はおそらく1球目のサーブとの関連をあまり考えず、単独でのチキータで主導権を握るためのコツを知りたかったのではないかと思う。しかし、上級者以上になると、単独での技をあまり考えることができず、常に他の技との統語的な連続で考えてしまう。それでチキータを3球目で待つことはほとんどないというような答えが出てくるのだと思う。

b6e17be0

将棋では飛車が眼の前の歩をとれずに退散させられたり、むざむざと飛車を歩にとらせたりするといったことが起こる。同様に卓球でもタイムリーなツッツキの前に強烈なフォアドライブが不発に終わるといったこともありうる。ツッツキ単独では簡単にフォアドライブの餌食となってしまうが、そのツッツキの前にストップを噛ませたりすれば、ツッツキが豹変して決定打となることもありうる。

前記事「要素構成主義を超えて」で単独の打法だけをひたすら学んでもあまり効果はないと主張したが、地味な打法でも合わせ技で、効果的なつかいどころを見い出せれば、相手にとって脅威になりうるだろう。


【付記】
今週末を利用して小旅行に行ってくるので、コメントなどをいただいても対応できないことを予め申し上げておく。





卓球は人なり――卓球の個性について

「文は人なり」

という言葉がある。
文章を読めば、書いた人の考え方や性格が分かるという意味である。
フランスの数学者・博物学者ビュフォンの言葉なのだという。辞書では次のように説明されている。

文章を見れば書き手の人となりがわかる。
[補説]フランスの博物学者ビュフォンの言葉から。(『デジタル大辞泉』より)

直感的に「怪しい」と感じた。前後の文脈が全くなく、意味もぼんやりしている。フランスのバリバリの理系の学者がこんな文学者のようなことを言うものだろうか。
ネットで調べて見ると、案の定、上の辞書の定義は原文のビュフォンの演説からかなり飛躍した通俗的な理解だということが分かった(「文体というわかりそうで…」)。

他のページでも同じようなことを述べている。

文章のすぐれた著作だけが後世に残ることでしょう。知識の量や事実の特異さ、発見の新しささえ不滅を保証いたしません。これらの要素はそなえていても、些細な物事ばかりを対象とし、趣味も気品も天才もない文章で書かれていれば、やがて著作は滅びます。なぜなら知識や事実や発見は、簡単に取り除かれ、運び去られ、もっと巧みな手で活用されて価値を増しさえするからです。これらは人間外のものですが、文体は人間そのものです。(And your bird can sing

この太字部分が「文は人なり」のフランス語原文の翻訳ということなのだが、演説全体の翻訳はネット上では見つからなかった。この翻訳は申し訳ないが、下手だと言わざるをえない(学術的翻訳はあえて逐語訳にするという方針なのかもしれないが)。この文章を読んでも、意味が頭にスッと入ってこない。分かるような、分からないような、もどかしい気分になる。

知識とか事実とか新発見とかは、容易に整理し、変形し、たくみな手腕で、作品にまとめることが出来る。それらが人間の外にあるからだ。しかし文体は人間そのものである le style est l'homme même.、だから文体は、持ち上げ、運び、変質させることは出来ない。(『現代小説作法』)

こちらの大岡昇平の翻訳のほうが分かりやすい(こちらも大岡の原文に当たっていない孫引きなのはご容赦いただきたい)

ビュフォンの言ったことは「文章を見ればその人の人柄が分かる」という世間一般で行われている解釈ではなく、学術論文において、事実や真理はそれだけを切り取って利用することもできるが、文章の個性やセンスというものは書いた人から切り離すことはできないということである。おそらくビュフォンの言いたいことは、「だから自分の書いた論文が忘れられないようにするために、論文に新発見を記すだけでなく、文章も磨きましょう」という主張につながると思われる。我々が一般的に使っている「文は人なり」という言葉はどうやら高山樗牛が広めた理解らしい。

それはそうと、ビュフォン的な意味での「文は人なり」を卓球で考えるとどうなるだろうか。
チキータという技術は開発者(あるいは普及者)とされるコルベルから切り離して「整理し、変形」され、進化を続けている。チキータという技術はみんな知っているし、よく目にする技術になってしまったので、今やコルベルの個性とは言えないだろう。このように個々の技術というものは「人間の外」にあるので、簡単に盗まれてしまう。プレイヤーから切り離せないものがそのプレイヤーの本当の個性と言える。

私たち一般レベルの卓球でも、やはり個性のある卓球をする人というのはかっこいいと思う。私もできることなら卓球で自分の個性を表現したい。だが卓球において他の人がまねのできない個性というと、どのようなものかよく分からない。

よく言われるのがワルドナーのプレーは個性的でマネができないという意見である。ワルドナーの卓球を見て、卓球の個性がどういうものなのか考察してみたいと思う。

jo




卓球 天才ワルドナー


1999 WTTC (45th) MS-QF: Jan-Ove WALDNER Vs KONG Linghui


The Greatest Grand Slam Champion-Jan Ove Waldner

なるほど。たとえビデオの画質が悪く、顔が判別できなかったとしても、ワルドナーがプレーしていたら、それと分かる気がする。ふつうのプレイヤーとはかなり違ったスタイルに見える。上の動画で見たワルドナーの印象を思いつくままに挙げてみると、

・いつも力が抜けており、ガツガツしていない。自分から先手を取るのではなく、先に相手に打たせてから反撃するようなポイントが多い。
・緩急がある。打点を落としてゆっくりしたやわらかいショットを打った後に早い打点で鋭いショットを放つ。
・台上が多彩。
・ミスが少ない(リスキーなショットを打たない)。
・ブロックが固い。
・コース取りが厳しい(ボールコントロールがうまい)。
・サービスエースが多い。

といったところだろうか。

ウィキペディアによると

「ワルドナータイム」と呼ばれる的確でゆったりとしたワルドナーのプレーは、しばしば「天才的」と評される。

らしい。

おそらく上に挙げたワルドナーの特徴は体系をなしており、切り離せないものである。
柔らかいタッチが得意だからこそミスが少なく、相手に先に打たせても確実にブロックできるのは、その前のボールで相手に全力で打たせない場所にボールを送っているからであり、それを多彩な台上技術が支えており、厳しいコース取りや逆モーションなどで相手を崩しているため、相手の連続攻撃を防ぎ、次にこちらが攻撃に転じることができるのだろう。その前提として相手の位置や姿勢を細かく確かめながら打球しているのではないかと想像される。

これだけいくつも特徴が挙げられるというのはたしかに天才なのかもしれない。

ワルドナーはどのようにしてこのプレースタイルを獲得したのだろうか。
生い立ちに秘密があるに違いない。『卓球王国』で公開されている『ワルドナー伝説』を読むと、子供のころから「きかん坊」で、試合で負けて泣くことが多かったという。また、みんな一緒に規則正しく練習をするのが嫌いで、コーチの指示に従わず、ゲーム練習や遊びっぽい卓球(逆手卓球とか)を好んだのだという。やはり天才は子供のころから人と違っているようだ。このようなワルドナーの人間的な個性がワルドナーの卓球の個性を形成したと言えるだろう。

あれ?なんだかおかしな方向になってきたぞ。

「文は人なり」は本来「文章の個性は盗まれない」という意味で、「文章を見れば人柄が分かる」というのは通俗的な意味だった。それで「卓球は人なり」は「卓球の個性は盗まれない」という意味で理解しようしていたのだが、一周回って(?)いつの間にか「卓球を見れば人柄が分かる」という意味に近づいてきてはいないだろうか。結局、「文(卓球)は人なり」をつきつめていくと「文章(卓球)から人柄が分かる」という意味になるということなのだろうか。なんだか訳がわからなくなってきた。

ここまでがんばって書いてきたのだが、この先、文章がグダグダになるのが目に見えているので、今回はこのへんで終わりにしたい。この文章から私の人となりが見透かされそうで心配である。

上の語釈が、私がたどってきたような流れを見越して書かれたものだとしたら…『大辞泉』畏るべし。

女心の言語学―――「インスタ映え」という語をめぐって

「インスタ映え」という言葉が流行っているらしい。
私もときどきこの言葉を耳にする。

「あの店、すごい人気だね」
「やっぱ、インスタ映えするしね」

なんだろうとは思うものの、しょせん流行語にすぎないのだから、どういう使い方をするのか詳しく調べてみようという気さえ起こらない。
たぶん、「インスタグラム」という写真をアップロードしてみんなに閲覧させるサービスがあるのだと思うが、そのときにみんなの興味を惹きつけるような写真が撮れるのを「インスタ映えする」というのだろう。

先日、女友達Mさんが京都に来ることになって、1年ぶりぐらいに会ったのだが、そのとき、どこで会うか私なりに調べてみた。

京都の繁華街、四条通あたりで会おうかということになったのだが、めったに会う機会がないのだから、ドトール・コーヒーとか、サンマルク・カフェというのも味気なかろう。もう少し特徴のある店のほうが喜ぶに違いない。私はおしゃれなカフェとかいうのはすごく苦手である。どんな店があるか全く知らない。ネットで調べてみると、

「エンガワカフェ」

というのがよさそうだ。
https://retty.me/area/PRE26/ARE108/SUB10901/100000697399/map/

古い町家(伝統的な京都の家屋)を改装した店で、麩を使ったスイーツが売りなんだとか。
engawa

烏丸駅でMさんを迎え、どこに行くか相談したところ、ドトールかスタバのほうが安くていいということだったので、ドトールで小2時間ほど雑談に興じた。

そのときに「インスタ映え」という言葉の意味を詳しく教わったのだ。

M「ふつうの女性は友達と会うときにドトールだの、マクドだの、そういう店に行くのはいやがるのよ」

し「やっぱり女性は舌が肥えているから、おいしいものを食べたいんですよね?」

M「そういうのもあるけど、やっぱり安い店に行くと、自分がみじめになるっていうのが大きいと思う。」

し「ドトールに行くと、みじめな気分になるんですか!?」

M「そうねぇ…。やっぱりどうせ喫茶店に行くなら、一流ホテルの喫茶店とか、話題のおしゃれな店に行った方が『インスタ映え』するじゃない?」

し「その『インスタ映え』ってどういう意味なんですか?つまり、美しい夕日をバックに自分を写した写真を撮るとか、トリックアートの写真を撮るとか、そういうことですか?」

M「そうじゃなくて、高級店に行って『私ってこんなぜいたくなことをふだんからしてるのよ』って見せびらかすことよ。女はそういうことを友達に見せつけたいっていう気持ちがあるのよ。そうすることによって友達の間での自分の地位が守れるのよ。」

し「とすると、外食はガストとか吉野家が多いなんて友達に言うと、仲間内であなどられるってことですか?」

M「うん。そんな感じ。『かわいそ~』って目で見られて、一段下だと思われる。夫は医者とか大学教授で、自分は有閑マダムで生活に余裕があって、夏は毎年ハワイに行って…とかいう自分を演じるのが女は好きなのよ。私はそういうのはどうでもいいけどね。」

なるほど。「インスタ映え」というのはそういう意味だったのか。
ちなみにMさんは代々医者の家系である。

女性の考え方というのはおもしろいなぁ。私ならスタバは高いから、コンビニのイートイン・コーナーでおしゃべりしたらどうかなどと提案しそうなのに、「スタバではぜいたくさが足りないから、高級ホテルの喫茶店にしよう」だなんて発想はなかった。

どうでもいいことだが、京都の一流ホテルというと、市役所の隣の京都ホテルオークラと、蹴上のウェスティン都ホテルが有名だが、京都ホテルの喫茶室で一度コーヒーを飲んだことがある。1杯800円だった。コーヒーが800円!昼ごはんが食べられるじゃないか!でも、お代わりが自由で、長居ができるので、使いようによってはお得だと思う。

こういう観点からすると、女性にとって卓球はどういう位置づけなのだろうか。
「卓球が趣味なんて貧乏くさ~」とか言われないだろうか。
おそらく卓球よりもテニスとかサーフィンをやっていると言ったほうが「インスタ映え」するのだろう。しかし、サーフィンは言うに及ばず、テニスというのも練習場所が限られているから、手軽にとりくみにくい趣味である。用具も卓球より高めだ。そこでジョギングとかヨガという趣味が女性に人気なのだろう。ジョギングなんて20~30年前はほとんど人気がない趣味だったと思う。体重を気にしている女性が鉢巻をして必死に走っている姿が目に浮かぶ。ヨガにいたっては「ちょっと変わった人の趣味」と思われていたと思う。しかし、今はどちらも「インスタ映え」する趣味になっている。なぜか?アメリカのセレブの間で流行っているからである。それなら卓球にも希望がある。アメリカのスポーツ選手や金持ちの間で卓球の人気が上がっているからだ(前記事「アメニティー卓球」)。日本で卓球が「インスタ映え」する趣味になるにはどうしてもアメリカ卓球にがんばってもらわなければならない。日本卓球協会も卓球の普及にがんばっているが、アメリカ卓球に働きかけるという戦略も、普及には効果的にちがいない。

この記事を書くことによって私もやっと「インスタ映え」という単語が正しく使えるようになったと感じた。

最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ