しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




卓球

当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

足惜しみ――私なりの省エネ卓球

サッカーで自軍のキーパーがボールを敵の陣地に向かって大きく蹴り上げたとき、そのボールを追いかけて全力で走るというのはサッカー選手にとってふつうのことだろう(たぶん)。ボールを敵に奪われたくないからである。

ロングキック

卓球ではどうだろうか。

「バック側に来たボールを回り込むのはリスクがあるから、バックハンドで打とう」

「台から離れると、ストップされるから、あまり下がらないでおこう」

私は足を使うことに消極的である。なんとかして足を使わずに済む方にばかり考えを巡らせてしまう。省エネ? そのセーブしたエネルギーを私は一体どこに使うというのか。試合が終わっても体力は十分すぎるほどに残っている。プロの選手のように台の端から端まで何メートルも連続で素早く動くというわけではない。回り込みの数10センチ、バック側からフォア側までの2~3メートルを1回だけ。このぐらいなら中年でもなんとか動ける範囲ではないだろうか。その労力をどういうわけか私は惜しむ。

「相手のサーブがバック側に来た。台から出そうだ。間に合わないかもしれないが、全力で回り込んでみよう。」

「相手のレシーブはストップかもしれない。あるいはチキータで打ってくるかもしれない。前に出るか、後ろに下がるか、どっちだ?その判断は一瞬だ。短距離走の選手がスタートの合図と同時に全力で走り出すのといっしょだ。」

1球ごとにこんなふうに感覚を研ぎ澄ませ、判断が下されると同時に前後左右にダッシュする。こんな卓球をしていたら、1試合でクタクタに疲れてしまうだろう。しかし、スポーツというのは本来そういうものじゃないだろうか。そのぐらい全力で取り組んでこそ清々しい達成感を味わうことができるのだ。1試合終わって、大して汗もかかないというのでは卓球の楽しさも半減だろう。

回り込んではみたものの、間に合わず不自然な姿勢で棒球を送ってしまった。こういう経験から私は「なんとかして回り込まずに済ませたい」と思うようになったのだろう。しかし、こぼれ球を追って、必死で走ってみたものの、奪取できずに敵にボールを奪われてしまったサッカー選手が「全力で走って損した。これからは、こぼれ球を取りに行くのはよそう」などと考えるだろうか。スポーツというのは何度失敗してもあきらめずに全力で走りまわってボールを追いかけるものではないか。

そう考えると、私はなんとつまらない卓球をしてきたことよ。卓球は手よりもむしろ、足をよく使うスポーツだったのだ。

山中教子氏も言っていたではないか、「ちゃんとボールのところまで体を運んで、タイミングを合わせて、しっかり入るように自分の体で打てばいい」と(前記事「動作の楽しみ」)。ちゃんと足を使って動くことが卓球の前提なのである。

よし、これからは「足惜しみ」をせず、一瞬一瞬、全力で足を使うぞ!

---------

そのような覚悟で先日の練習に臨んだのだが、現実はやはり厳しかった。

相手のサービスが台から出るか出ないかを少しでも早く察知し、2球目で回り込んでドライブをかける、3球目も同様に台から出るか出ないかに神経を集中し、回り込みなり、バックドライブなりで先手を取るという卓球をしてみたところ、50~60%ぐらいの確率でうまく先手がとれ、いい展開になった。しかし、1ゲームを終わった頃には集中力が切れ、足も重くなってきた。

1試合でクタクタになるどころか、1ゲームでクタクタだ。こういう卓球でこそ「省エネ」をすべきだったのだ。相手のサーブを2球目で全部回り込むつもりで待つのは体力的に厳しい。そこで相手のサーブの2本のうちの1本は回り込むつもりで待つ――つまり、足を使うのを惜しむのではなく、攻撃的な姿勢を間引くことにしたのである。3球目も2本に1本は無理をせず、ツッツキなどを厳しく送って相手に軽く打たせて、カウンターを狙うようにする。これでうまくいくかどうかまだ検証中だが、そのうち判断が早くなれば、体力への負担も減り、ほどほどに「エコ」な卓球になるのではないかと思われる。


節制は勝利のもと

どうして自分は東山高校卓球部を出ていないんだ。いや、別に東山高校でなくてもいい。どうして関西学生リーグ1部や2部の大学の卓球部を出ていないんだ。そんなことを試合後に考えたりもする。強豪校出身の学生の卓球、それはたとえレギュラーでなかったとしても、彼らの卓球は私たちの卓球とは全く次元が違う、ということを試合に出るだびに思い知らされる。私が一生卓球を続けても到達できない地点に彼らはいる。

----------
試合
イメージです。

先日久しぶりに試合に出て、さんざんな結果だったのだが、明らかに私の卓球とは次元の違う卓球をしている大学生たちがいた。ほとんどフォアで動き回り、台から離れて豪快な打ち合いをする卓球である(といっても全日学とかに出られるレベルではない)
そういう生きの良い学生たちに60代の老練な片面ペンのオジサンが勝ってしまったりするのも、卓球のおもしろいところである。

試合後、そのオジサンと話をする機会があって、どうしてあんな化け物(私のレベルから見ると)みたいな学生に勝つことができるのかを聞いてみた。

オジサン曰く、
「そらぁ、ボールの威力とかはとんでもないで、回転もすごいしな。我ながら、あんなドライブ打たれて、ようブロックが止まったもんや。サーブもめっちゃ切れてるんや。ちょっと触ったらピュンと飛んでまいよる。それをあっちは回り込んで、フォアドライブでズドンッや。」

「しかしな、あいつは自分がサーブにどんな回転をかけてるか分かってへん。とにかく目一杯切れば切るほどいいと思っとるから、こっちのレシーブが予想したところに返ってこーへんで、びっくりしたりしよる。オレは自分がサービスにどんな回転をどのぐらいかけとるかちゃんと把握しとるから、レシーブもどんなもんが返ってくるかだいたい分かる。それでミスが少なくなる。あいつはそういうところがまだ分かっとらんさかい、オレに負けるんや。」

サーブは切れていれば切れているほどいいし、ツッツキもドライブも、回転がかかって、スピードが速ければ速いほどいい、と私は思っていたのだが、強すぎる回転や速すぎるボールは時には自分のプレーを損ねかねない諸刃の剣になりうるのである。自分の対応できる範囲を超えた回転やスピードは、こちらの想定を超えた返球を招いてしまい、時にはミスにも繋がる。

この話を聞いて思い当たることがある。

私も同じようにサーブに回転をかけすぎて、相手のレシーブがこちらのエンドぎりぎりの高いボールだったり、自分のかけた横下回転サーブをつっつかれて、回転がそのまま返ってきてしまい、打とうにも打てなかったり、ということがある。全力のドライブを打ったはいいが、体勢が崩れてしまい、次のボールに対応できなかったり、台上で低くて速いフリックを打ったが、コースが甘く、鋭いブロックが返ってきて返球できなかったり。というか、そもそも自分の限界近いボールを出そうとすれば、ミスする可能性もおのずから高くなる(前記事「軽打礼讃」)。

練習のときは夢中になって限界近くまでスピードやスピンを追求するのもいいが、試合の時は節制をこととすべきである。自分の限界からある程度マージンをとることで、相手のボールも予想しやすくなり、ミスも減る。自分の打ったボールが相手にどのような影響を与えるのか、相手がどのようなレシーブをしやすいのかを把握できないようなショットは試合においては慎まねばならない。


動作の楽しみ――台に着かない練習

フットワーク練習がしたい。
卓球上達に欠かせないと言われるフットワーク練習。まだほとんど続かないが、数か月も取り組めば、きっと20~30往復ぐらいラリーが続くようになるに違いない。そしてそのころには体の動きが俊敏になり、卓球も大いに上達していることだろう。しかし、フットワーク練習には上手にブロックしてくれる練習相手が必要である。台の2/3の3点にブロックできちっとボールを回せる人は私の周りにはあまり多くない…。
-------------
前記事「卓球の番組小学校」のことを思い出して、ふと

「そういえば、山中教子さんも京都のご出身だったなぁ。どこの小学校だったのだろう」

と気になって、『卓球王国』18年12月号を引っ張り出してきた。この号の「伝説のプレーヤーたち」で山中氏が取り上げられていたのだ。

yamanaka noriko
当時、美人選手として有名だった山中氏

上京区の室町小学校のご出身だということが分かった。室町小学校は上京第六番組、第七番組、第十三番組を起源に持つらしい。同志社大学を少し北に上がった辺りだ。

なんとなく山中氏の記事を読み進めていく。その後、御所の西にある上京中学に進学し、卓球部に入部したという。中学の顧問の先生は厳しく、新入生は球拾いばかり。拾ったボールを先輩に渡すやり方がまずいと、野球のノックのように球拾いの練習までさせられた。

しかし、それから山中は少しずつ、ボールを拾っては先輩たちにタイミング良く、さっとボールを渡すのが楽しくなってきた。

退屈なボール拾いにも、動作の楽しみを見出すその感性。

「動作の楽しみ」…。そうか!体を動かすというのは楽しいことだったんだなぁ。

目からうろこが落ちる思いだった。
私はランニングとか、ウェイトトレーニングとかが大嫌いである。なぜなら退屈だからである。一方で台に着いてボールを打つ練習は大好きである。なぜなら楽しいからである。しかし、よく考えてみると、台に着かない練習というのは楽しくないのだろうか。ランニングだって足だけでなく、腕も腰も動かす。それは卓球の動きにも重なるものである。台に着いてボールを打っているとき、私は足をどれだけ動かしているというのか。上半身を動かすばかりで下半身は申し訳程度にしか動かしていないではないか。「フットワーク練習がなかなかできない」などと、かこっているが、ボールを打ちながら足を動かすのは楽しいけれど、ボールを打たないで足を動かすのは退屈だというのだろうか。どちらも「動作の楽しみ」という点からみれば、大差ない。自分の思った通りに素早く、無駄なく、体の各部を有機的に動かすことが退屈なわけがない。そう考えると、日常の動作でも楽しくなってくる。

テーブルの端にある醤油を取って席に戻ってくるのだって、考えようによっては楽しいことである。駅まで歩くのだって、階段を上るのだって楽しい。すべての動作に卓球の動きをイメージして、重ねてみれば、日常の単純な動作でも楽しくなってくるではないか。

「だって卓球って、そんなに複雑じゃないでしょう。単調ではないけれど、複雑ではない。ちゃんとボールのところまで体を運んで、タイミングを合わせて、しっかり入るように自分の体で打てばいい」

スイングの角度がどうとか、体重移動がどうとか、それ以前に「ボールのところまで体を運」ぶというのが私にはできていない。そして体を運ぶという動作はランニングの中に豊かに含まれている。またウェイトトレーニングの中にはボールを「体で打」つという動作が含まれている。

ボールを拾いに行くのだって立派な練習だ。最近はボールを豊富に使い、いちいちボールを取りに行くことは少ないが、ボールを拾いにいく動作はフットワーク練習に重なるものがある。めんどくさいと思いながら、だらだらと拾いに行くのではなく、フットワーク練習だと思ってボールを拾いに行けば、それも楽しみになる。

山中は近所の堀川通りをランニングするときの姿勢でさえ、前へ無駄なく進みながら故障をしない走り方を研究し、「きれいに走る」ことを心がけた。プレーするうえでは、より早く、もっと強く、自分の体がよく動いて、そこにラケットを持たせたら良いボールが出る。体の使い方を工夫することは、山中にとっては勝利以上に魅力的なものだった。

そういえば、以前「常住卓球」という記事でも同じような主張をしたことを思い出した。が、大切なことなので繰り返し記しておきたい。

安定したツッツキ

5往復にも及ぶ激しいラリーを制し、ようやく1点とったかと思うと、次のポイントは、わずか2球目でこちらのレシーブミス。

なんだかむなしくなってくる。さっきの目の覚めるようなラリーで獲った1点は一体何だったんだ…。それも相手のサーブの質が高かったわけでもない。単純な下回転サーブだったのだが、私が想定したよりも少しだけ回転量が多かったためにツッツキをネットにひっかけてしまったのである。

こういう経験から、ツッツキの安定性について考えるようになった。いくら切れていても、安定しなければツッツキの意味がない。ある程度の回転量の幅があっても、そこそこの低さで安定して返せるツッツキというのはないものだろうか。



やっすん氏はツッツキには2つの感覚があるという。一つは前に押す速いツッツキ、一つは上に飛ばす遅いツッツキ。

前者は低く鋭くなるが、ミスが多くなる。逆に後者は時にはかなり浮いてしまうが安定性が高い。ツッツキは後者の感覚で打つのがいいのかもしれない。

また、次のような考え方もある。

下の動画はカットの安定性を高めることを解説した動画だが、ツッツキとカットには共通点が多い。カットが安定するなら、ツッツキも安定するはずである。



上の動画でオカピー氏は次のように説く。

(カットせず)ただ当てるだけでもボールは入る。だから、ボールを飛ばすことは考えず、回転のことだけに集中すれば安定するのだと。

当てたら入る

前に飛ばさない

つまり、オカピー氏の言いたいことはこうである。

「カットが安定しないのは、前へ飛ばそうとする意識と、回転をかけようとする意識の、2つの意識でカットするためだ」と。

2つの意識を持ちながら打球すれば、どちらもおろそかになる。ある程度角度を合わせて当てれば、それだけで入るのだから、前へ飛ばそうする意識は捨てて、回転のコントロールだけに集中すべきだと。

そのためには厚く当てるということが前提条件となってくる。厚くしっかり当てて、とりあえずそのままでも入るという状態を作っておいて、回転をコントロールするという作業に集中するわけである。

私もツッツキの際、つい低く鋭く返そうとして、薄く切りがちである。そうではなく、とりあえず厚く当てておき、ネットにかからないような角度を作ることだけに集中し、余裕があれば少し回転もかけてみる。そのようにすれば、ミスが減るのではないか。

最近見たアジア選手権2019での許昕選手のプレー。

決勝から。

掘るツッツキ1

掘るツッツキ2

掘るツッツキ3
 
許昕選手はラケットをシャベル(関西ならスコップ)のように使って、ボールの底のほうをこすっているように見える。



3ゲーム目後半からの連続写真。
掘る

掘る4

掘る3

掘る4
ちょっと分かりにくいが下から上にラケットを持ち上げている。

全てのツッツキがこのようにしゃくりあげるようなスイングというわけではない。
張本選手の下回転サーブは相当切れているはずだが、全くミスなくつっつけるのは、もしかしたらこの「しゃくる」ようなスイングが効いているのかもしれない。

あまりまとまらなかったが、上の3つの考え方をいろいろ試していけば、安定したツッツキにたどり着けるかもしれない。




 

卓球の「番組小学校」

明治2年、京都に全国初の「小学校」が誕生した。

番組
地域のコミュニティーセンターであるだけでなく、
火の見やぐらとしての役割も果たしていたらしい


もちろん、江戸時代から寺子屋や藩校といった教育機関もあったが、身分や貧富を問わず通える(通わなければならない?)大規模な「学校」というのは日本で初めてだったようだ。

小学課業表」というカリキュラムをみると、四書五経、日本外史、万国公法、真政大意といった、いかめしい科目が並んでいて、封建時代が終わって間もない庶民の子供がどこまで理解できたのかわからないが、とにかく世の中にはこういうありがたい本や考え方があるということぐらいは知ることができたはずである。

お上に頼らず、地域の全ての住民が出資(竈代として1戸につき現在の数千円を出し合った)して作った小学校であることから、京都市民はこの小学校を地方自治の観点から誇りに思っている(ただし、今では大半の小学校が閉校・合併されている)。京都の中心部を64の「番組」という区域に分けて、それぞれの番組に小学校が作られた。例えば湯川秀樹が卒業した京極小学校(上大組28番組と29番組で合同設立)は、御所の東に作られ、現在も残っている。その後、明治政府が全国に学制を敷き、小学校を作り始めたのは、その3年後だったという。(KYOTO SIDE より)

小学校という、地域に欠かせないインフラを政府に先駆けて、市民が自腹まで切って作ることができたのはどうしてだろうか。おそらく今では考えられないほど地域の絆が強く、地域の一体感や危機意識も強かったのだろう。近所付き合いも希薄で、地域のことは人任せで誰かがやってくれるだろうという現代の風潮とは隔世の感がある。最近、京都市が「レジエント・シティー」とかいうのに選ばれたらしいが、その決め手となったのは京都市の地域の伝統と絆の強さだと聞いたことがある。

京都は近世まで学問の中心であり、教えられる人がいて、学びたい人がいて、学ぶことは正義だという考え方があったので町衆(市民)は自腹を切ってでも小学校を作ろうと考えたのだろう。

---------------

最近、世間の卓球に対する関心が低下しているように感じる。
去年はネットのニュースで卓球の記事をよく見かけたものだ。世界選手権はもちろん、ワールドツアーのレギュラーイベント、チャレンジシリーズでも、日本人選手が優勝したり、中国選手に迫ったりすれば、ニュースに取り上げられていたが、現在、開催中のアジア選手権2019インドネシアについてのニュースを全く見ない。卓球ブームはもう終わりかけているのだろうか。

私は別に卓球が世間で話題にならなくても困らないが、卓球界にお金が入らなくなって、卓球イベントが開催されなくなったり、卓球メーカーがつぶれたり、卓球場や卓球教室が廃業するとなると、非常に困る。今のところ、東京や大阪での卓球業界はそこそこ利益が出ているのかもしれないが、地方の卓球場や卓球教室の経営は赤字を出さないだけで精いっぱいなのではないかと思う(前記事「オジサンの夢」「卓球教室経営」)。卓球場がつぶれて、卓球をしたいときにできる場所がないというのは絶対に困る。社会人がいつでも卓球できる環境というのはどうしても必要なインフラである。地域のクラブがあるじゃないかという人もいるかもしれないが、週に1~2回しかないし、2時間程度しか使えない。しかも幅広いレベルの人と打たなければならない。初心者やムチャ打ちでミスばかりして、みんなに敬遠されている人とも打たなければならず、自分のための練習ができるのは2時間のうち、せいぜい20~30分程度である。これで上達しろというのは無理な話である。

そこで地域の卓球人がお金を出し合って、場所を借りて指導者を雇い、練習するということはできないだろうか。教えられる(管理できる)人がいて、練習したい人もたくさんいるし、卓球の練習はもちろん正義である。指導者がレベル別に練習相手をマッチしてくれれば、自分の近いレベルの人と打てて、お互いにいい練習ができる。例えば一人あたり月に5000円出資するというのは社会人にとって無理な金額ではない。有志を20人集めれば、月に10万円になる。そのうち5万を指導者に支払い、週に1回4時間ぐらい卓球場を借りて思う存分卓球をする(社会人なので、夕方の20時~0時まで)。この時間帯を1万円で貸し切りにしてくれる卓球場は探せばありそうだ。社会人なので20人がずっと練習するわけではない。22時から参加する人もいれば、21時過ぎには満足して帰る人もいるだろう。半年に1度総会を開き、お金の使い方や指導方針を見直すこともできる。

そもそも地域の卓球協会がこのようなサービスを提供してくれればいいのだと思うが、そのような動きはなさそうだ。「お上」が動いてくれるまで待つよりも自分たちで行動したほうが早い。

でも、こんな夢をいろいろ思い描いていても、実際に行動するのは様々な困難が伴うだろう。何かいい方法はないだろうか。

ネットで私の想像したような試みを探してみたところ、近いものが見つかった。


クラウドファンディングというのを利用して寄付を募り、東京に卓球場をオープンするという試みらしい。私の考えた出資したメンバーで指導者を雇い、練習場所を確保するというのとは違うが、こちらのほうが規模が大きく、卓球場を借りるのではなく、所有するという形態は、番組小学校により近いものと言えよう。ここが地域の卓球コミュニティーセンターとなり、多くの人を巻き込んでいけば、卓球を仕事にできる人も増えていくのではないか。

さすが日本の首都である。東京にはこんな計画を行動に移してしまうような人々が存在する。

彼らの運動をモデルにして、卓球における「番組小学校」が日本各地に広まっていくことを願わずにはいられない。

【付記】
もう一つ、北海道でも同じような試みがあるようだ。
Ping T Studio


感覚を閉じる

「スッキリ」というテレビ番組で早田ひな選手が取り上げられていた。


選手のボールコントロールの良さを試す、お約束のコーナー、台上の小さな的にスマッシュでボールを当てるというコーナーがあった。

スマッシュで的当てをしながらアナウンサーがインタビューをする。

「今のはどこを狙ってる感じなんですか?」
「すべてをぼんやり見ながら打ってる…」
「割と全体でとらえて…」
「全体で。」

(実は相手とラリーしているときに見ているのは…)
「ボールは見えないので、相手のラケットの面の角度でだいたいでもう…」

ボールは見えない

ラリー中にボールを見ていない!?
しかし、考えてみると、私も台上のゆっくりした展開ではボールを見ているが、ラリー中はほとんど見ていないということに気づいた。ボールが相手のエンド(陣地)にあるときと、自分のインパクトの寸前に一瞬ボールのだいたいの位置を確認するが、それ以外はボールを見ていない…と言いたいところだが、未熟な私はついつい自分のエンドにボールがあるときでも、ボールを見てしまうことがしばしばである。プレーが順調に行っているときは、ほとんどボールを見ないでプレーしているのだが、うっかりボールを浮かせてしまうといったイレギュラーなことが起こったり、難しいボールに対する返球に自信がないときなどにはボールをじっくり見てしまい、戻りが遅れ、相手に得点されてしまう。

人間の感覚のうち、最も大きなウェイトを占めているのが視覚である。そしてその視覚が開いていることによって他の感覚が鈍くなってしまうと思われる。卓球のプレー中に視覚を完全に閉じてしまったら、プレーなどできないが、ある程度視覚の精度を低めることによって他の感覚がより開かれるのではないかと思う。

左肩痛で2軍調整中の中日・バルデスが19日、ブルペンで驚きのピッチングを披露した。 39球を投げた後に、ビックリのリクエスト。「目をつぶって投げるから」。なんと、助っ人は両目を閉じて捕手に向かって投げ始めた。「キューバで20歳ぐらいのときにコーチから習ったんだ。6、7年ぶりにやったけどね」。だが、これがストライクゾーンに面白いほど吸い込まれる。「目を閉じると、感覚が研ぎ澄まされて、フォームのチェックポイントの修正ができるんだ」。(SANSUPO.COM 16.4.19より)


「手を直接見ながら」、手を「グーパーグーパー」の要領で開いたり閉じたりしてみてください。
「いつ」「どのくらいの力で」「どれくらい」指を動かしているかを、感じてください。

次に「目を閉じて」、同じように手をグーパーしてみてください。

いかがでしょうか?
目を閉じたときの方が、筋感覚をはっきりと意識できたと思います。

視覚を使うと視覚が優先され、筋感覚は弱ってしまうのです。
言い換えると、筋感覚は普段あまり使っていない感覚なのです。

(TS.VOCAL SCHOOL「筋感覚」を体験してみよう より)


上の二つの例は「筋感覚」が鋭くなる例である。視覚を閉じることによって体の内側から体を感じることができるようになるのだと思う。卓球でも「すべてをぼんやり」見ることによって自分が体をどのように動かしているかに敏感になるのではないかと思われる。腰を回すタイミングとか、姿勢、どの筋肉に力が入っているかなどが把握でき、フォームが修正できるようになれば、上達も早まるだろう。

私の場合、視覚に充てていたリソースを一部解放したら、聴覚が敏感になった気がする。相手の打球音、バウンドする音がよく聞こえるようになった結果、打球のリズムが安定し、ミスが減ったような気がした。

視覚ばかりに頼らず、他の感覚も利用してみると、今まで気づかなかったことに気づくことが期待できる。

「エネルギーの方向」という考え方

社会人から卓球を始めた年配の女性でドライブをしっかり打てる人は少ないと思う。
もし、そのような女性に下回転に対するドライブを教えてほしいと言われたら、どのように教えればいいのだろうか。

私ならこんなふうに説明するかもしれない。

「ボールがバウンドして上がってくる途中の頂点前の打点(バウンドと同時にスイングスタート)で、ボールをしっかり引きつけて、ボールが当たる瞬間だけ力を込めて打てばいいですよ。腕の力は打球の瞬間以外は抜いておいてください。前に打つのではなく、上方向に。山なりのボールが出るように回転をかけてください。」

私は指導経験などないのだが、結果は容易に想像がつく。この説明では年配の女性が下回転打ちができるようにはならない。「頂点前」といっても、絶対に頂点を過ぎてからインパクトするだろうし、「引きつけて」といっても、ボールが十分近づく前に力を入れて、ボールを迎えに行ってしまうだろうし、「力を抜いて」というのも無理だろうし、「上方向に」と言っても、前方向にスイングするに決まっている。

年配の初心者・初級者に下回転打ちをどうやって教えればいいのか。その一つの解答がが以下の動画である。

-------------

「(下回転打ちについて)どのように習ったことがありますかって伺ったらですね、回転がかかっているボールに対して『倍返し』…倍に回転をかけ直して入れなきゃだめだから。でもあなたは力がないので、だいぶ難しいですよと言われたらしいんですね。」

「倍返し」。この説明はよく分かる。下回転を上回転で持ち上げるには、下回転の回転するスピード以上のスイングスピードでボールを擦り上げなければならない。切れた下回転サービスやカットを持ち上げるには、かなりのスイングスピードと力が要求される。ちょっと気を抜くと、ボールをネットにかけてしまう。


「ドライブは物理的に考えると超簡単!」

だが、上の動画のオカピー氏は言う。
「猛烈に切れていても、物理的に考えれば入ります。腕力とかの力は全然関係ないです。」


角度打ちの原理
橋下徹氏に少し似ている…。

オカピー氏は物理学の考え方で下回転打ちを説明している。

エネルギーの方向   図1


垂直にしたラケットに下回転のボールが当たった時、もちろん、ボールは下に飛ぶ。しかし、真下ではなく、前下に落ちる。その落ちる角度Aと同じ角度Bを作るように下から(C)エネルギーを加えれば、軽い力でボールは水平に飛ぶのだという。

「絶対に入ります!地球上にいるかぎり」



これをマシンを使って実演したのが上の動画である。

落ちる角度

この通り、下回転のボールをラケットを垂直にして当てるとかなりの急角度で下に落ちる。

それを図1のCでボールに触って上前方向のエネルギーを意識してこすりあげると、

軽く入った

軽く打っても余裕でボールが持ち上がる。上の写真では確認しづらいが、中央右の白い線が水平気味に飛んでいくボールである。

「下回転のボールは、その回転スピードの倍のスイングスピードでこすり上げなければならない」
という方法に比べると、非常に簡単な返球方法である。

オカピー氏の下回転に対する特徴的な考え方はスイングスピードに拠らず、「エネルギーの方向」という概念を用いている点である。エネルギーの方向という考え方を応用すれば、たとえばフォアフリックが一挙に簡単な技術になる。私はフォアフリックをする時、どうやって下回転に負けないスイングスピードを生み出せばいいかと考えていたのだが、そうではなく、エネルギーの方向に気をつけて擦り上げればよかっただけなのだ。カット打ちもそうである。こちらが必死で回転をかけてスピードドライブを打てば打つほど、カットマンはキツいカットで返球してくる。そうではなく、やはりエネルギーの方向を考えて、軽くこすって、浅く落とせば次のカットも甘くなる(と思う)

ただ、このように軽く打つだけでは、単に返すだけにとどまり、得点には結びつかないかもしれない。そこで、エネルギーの方向を意識しつつ、威力を持った下回転打ちを紹介したのが以下の動画である。



「体幹を圧縮させることによって、足がフッと浮くんですよ。それに合わせて体を回転させると…全身が同じ圧力で回ってくれるので、スピードが出ます」
体感を圧縮

この動きは古武術からヒントを得たそうである。

圧縮させて回転

「体幹を圧縮する」ということを意識すれば、腕の力が抜けて、スイングスピードも速くなりそうだ。


下回転を返球するにはスイングスピードではなく、エネルギーの方向性を優先的に考えれば、卓球のさまざまな場面で応用がきき、よりミスの少ない卓球が可能になるだろう。



動画レンタル「松下大星の裏面打法」

ある晩のこと、無性に豆腐を食べたくなり、近所のスーパーを22時頃訪れた。

信吾港町

その店は豆腐をいつも88円で売っているのだが、ちょうどその日は78円になる特売日だった。すると、なんと豆腐が一丁も残っていない…。いつもは20丁ぐらい置いてあるのに、その日に限って完売だった。たった10円安いだけではないか。そんな目の色を変えて買い込むほどのことか!?

思い起こせば昭和の時代、新聞のチラシに50円引きクーポンとか100円引きクーポンとかが付いていても、恥ずかしくて使う気にはならなかった。今なら、50円引きクーポンなんてRPGのレアアイテムのように貴重なものだ。使わずに使用期限を超えてしまうなんて考えられない。時代は変わった。

そんなこんなで、来月から消費税が10%に増税されるのだという。

すわ!一大事。

9月中に卓球用具を買いだめしておかなければ。ラクザ7は実売、3450円に8%の消費税がかかって3726円。それが10月になると、3795円で、71円も高くなる。
ラケットは何かほしいのがなかったっけ? 神選手愛用の馬琳エキストラスペシャルをちょっと使ってみたいな。6555円に8%の消費税がかかって7079円。10%になったら、7211円。132円高くなる。

…しかし、100円前後高くなるからって、それがどうしたというのだ。別に無理して駆け込み購入しなくてもいいだろう。

歳を取ると、新しいラケットにラバーを貼って、気に入らなくて別のラバーを貼って…というのがとても億劫になってくる。いつものラケットに同じ銘柄のいつものラバーを貼り替えるだけで十分だ。買い物はラケット以外のものがいい。他に買っておくものはないだろうか。シューズは使っていないのが2足あるし、ウェアの類もタンスの中にいっぱいある。かばんもストックが1つあるし…。何も買いたい物がない。

そんなときに卓球王国WEBで技術DVDがネット上の動画で見られるというニュースを見た。
http://world-tt.com/ps_info/ps_report.php?bn=5&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=1380#1380

「松下大星の裏面打法」が1週間レンタルで500円。これは安いのか?

私は裏面でのショートに不安を抱えている。裏面ドライブも打てることは打てるが、もっと安定性を増したいし、裏面のプッシュも使えるようになりたい。ちょうど上級者の技術動画で裏面を研究したいと思っていたところなのだ。

考えてみれば、私は技術DVDをメルカリとかで1500円とかで買って「安い!」とか言っていたのだが、1週間の制限があるとは言え、たった500円というのは激安ではないか。「サービスはマジックだ(前)」を中古で1000円弱で買って、その買い物に満足したが(前記事「バイバイの動き」)、結局3回ぐらいしか観なかった。「松下大星の裏面打法」もそんなに繰り返し観ない気がする。おそらく2~3回も見れば満足し、十分もとは取れると思う。日本一高い京都の地下鉄に乗ったら、往復で500円を超えることもしばしばである。500円というのはそんなに躊躇するような金額ではないはずだ。よし、清水の舞台から飛び降りたつもりで購入してやれ!

Vimeoという動画サービスのページに行って、クレジットカードの番号とメールアドレスを記入し、会員登録する。そして「松下大星の裏面打法」をレンタルするボタンを押すだけ。1分もかからない。
DVDを4000円ぐらい出して買うよりもずっとスマートである。LiliとかWRMといった他社でもVimeoのサービスを使って今まで無料だった動画を有料にし、薄利多売で販売したら、みんなが幸せになれると思う。

動画の構成は以下の通りである。

A【グリップの解説】
B【各打法のポイント】
裏面ショート 裏面ツッツキ 裏面ブロック 裏面プッシュ 裏面カウンタープッシュ 裏面ハーフボレー 裏面前陣ドライブ 裏面カウンタードライブ 裏面3球目スピードドライブ 裏面3球目ループドライブ 深いツッツキに対する裏面ドライブ 裏面フィッシュ&裏面中陣ドライブ 裏面フリック 裏面チキータ 台上裏面バックドライブ

C【裏面チキータのよくある失敗例】
D【その他のプレー】
台上からの連携プレー 台上BDからカウンターBDの例 台上BDからFDの例 台上BDから回り込みFDの例 フォア側に回り込んでチキータ(BD)の例 ダブルスでの回り込み裏面チキータの例

E【フェイントプレー】
裏面チキータと見せかけて裏面ツッツキ 裏面チキータと見せかけて裏面ストップ 裏面チキータと見せかけて裏面サイドスピンストップ 裏面ツッツキと見せかけて裏面フリック 裏面チキータと見せかけて裏面フォア前ストップ 

F【裏面打法のスーパープレイ】
松下大星選手 加藤由行選手 宋恵佳選手 小野志保選手のプレーが合計で4分ほど。

--------
以下、見た感想である。

Aの【グリップ】にはたとえばこんなコメントがある。

・グリップはフォアハンドのときは指全体に力を入れる。
・バックハンドは親指と後ろの指に力を入れて、人差し指は力を抜いて添えるだけ。
松下式グリップ

このように各項目に簡単なコメントを付し、実際に打球する映像(とスロー映像)、実際の試合でのプレー映像を続ける。Bはこんな感じである。Cの「失敗例」というのは新鮮で非常に勉強になった。Eの「フェイントプレー」も実際の試合でも使えそうなので参考になった。Fの「スーパープレー」はボリュームがなさすぎて残念。個人的には加藤由行選手のプレーをもっと観たかった。



一通り、観てみて、この動画は前記事「要素構成主義を超えて」で取り上げた「表ソフトの教科書」と同じような印象を受けた。基本的には「単体の技術の実演」+「簡単なコメント」という構成が中心である。これを見て、裏面が打てるようになるかは微妙である。ある程度打てる人が参考にするという性質のものだろう。「表ソフトの教科書」は4000円ほど出して買ったので辛辣に批評してしまったが、「松下大星の裏面打法」がわずか500円で見られるなら、十分値打ちがあると思った。

以下、補足である。

・画質:パソコンのブラウザで観たら、360Pしかなかった(Vimeo有料会員ならもっと高画質で観られる?)。
・序盤に重複あり(「ツッツキ」の後で動画が切れており、もう一度初めから再生される)
・中盤に音ズレあり

【補足】190911
【裏面チキータのよくある失敗例】の部分に【その他のプレー】を含めてしまっていたので、修正した。

自分の持ち味――「ドミナント」を考える

私がいろいろな仕事で接してきた「できる人」に共通している特徴は、「自分の能力特性の分析」がうまいということだ。
まず、自分は何が得意で、何が不得意なのかを分かっている。もちろんオールマイティにあらゆる仕事をこなすエリートもいるのだろうが、たいていの人は、「仕事の得手、不得手」を持っている。そのうえで、得意な仕事を積極的にこなし、「不得意な仕事」からは上手に逃げている人が、実は「仕事ができる人」と評価されるのだ。(和田秀樹『頭をよくする ちょっとした「習慣術」』)


卓球にも同じことが言えるだろう。
「強い人」に共通している特徴は「自分の能力特性の分析」がうまく、苦手な展開を避け、得意な展開でいつも勝負している…。

-------------
先日、横浜を訪れたとき(前記事「夏休み 横須賀・横浜散歩」)、ホテルに滞在したのだが、そこで初めて「卓球ジャパン」というテレビ番組を見た(私はふだんテレビを見ない)。そのときのゲストは加藤美優選手だったのだが、この番組は卓球選手をゲストに招いて、自身の試合を解説してもらうという番組のようだ。これは前記事「本人による解説」で私が望んでいたとおりの番組内容ではないか!すごい、すごすぎる!試合をした本人がどんなことを考え、どんな狙いでプレーしていたかを試合のビデオを見ながら明かしてくれるのだから。

卓球ジャパン

司会の武井壮氏が番組中でこんなことも言っていた。
曰く、人の身体には「ドミナント」というものがあり、手の平、手の甲のどちらかに感覚が偏っているものだと。

「ドミナント」ってなんだ?

辞書で調べてみると、dominant armは「利き腕」の意味、dominant dialectは「優勢な方言」、dominant factionは「主流派」、dominantだけで「顕性遺伝子」という意味があるらしい。「ドミナント」というのがなんとなく分かってきた。

つまり複数のものがせめぎ合っている中で、任意の一つが他のものより優勢に働くということだろう。武井氏はこれが人によって異なっているというのだ。手のひらよりも、手の甲の感覚が発達している人は、加藤選手のようにバックハンドが得意であり、つま先よりも踵のほうがドミナントになっている人は後ろ回し蹴りが上手いということになる。

後ろ回し蹴り
後ろ回し蹴り

こう考えていくと、身体の様々な部位にドミナントを想定することができ、そのドミナントを上手に結び付けてプレーができれば、自分の最大限のパフォーマンスが発揮できると言えそうである。

身体の部位だけでなく、卓球の技術にもドミナントはあるだろう。上回転のラリーよりも下回転のラリーがドミナントになっている人はカットマンに向いているわけだし、前陣よりも中陣のほうがドミナントの人もいる。下半身よりも上半身がドミナントならば、前陣であまり動かない卓球をしたほうがいい? いや、逆に前陣に貼りついていると、ボールが早く返ってくるので、細かいフットワークがより大切になるということもありうる。ドライブよりもミート打ちのほうがドミナントの人もいれば、ブロックやツッツキがドミナントの人もいる。ちっとも上達しないドライブ型の選手がペン粒に転向したとたん、急に頭角を現したなんてこともあるかもしれない。

このように身体の部位だけでなく、卓球のさまざまな打法、技術のドミナントでも「自分の能力特性の分析」をし、自分の特性に応じた卓球をすれば、自分の能力を最大限に発揮できるにちがいない。

瞬撮アクションポーズ

卓球の楽しさを教える

地域のクラブに来ている小学生の女の子(初心者)に卓球を教えてやることがあるのだが、なかなかうまくいかない。わりに筋のいい子で、何回か教えると、フォアドライブが上手に打てるようになった。フォアはある程度安定して打てるようになったので、今度はバックハンドを教えたいと、バックのショートを集中的に打たせてみたのだが、こちらはなかなか上達しない。バウンド直後の早すぎる打点でラケットを当ててしまい、ナックルプッシュのようなショートになってしまうのだ。しばらく続けたが、一向に上達しないので、そこで練習を打ち切らざるを得なかった。というのはその子が途中でやる気をなくしてしまい、休みたがっているのが伝わってきたからだったのだ。

この子はまだ卓球の楽しさが分かっていないようだ。どうして卓球の楽しさが分からないのか分からない。どうしたら子供を卓球好きにできるのだろうか。

先日、若い(といっても30代だが)卓球仲間にこんなことを聞いてみた。

「卓球の練習のある日に、友達との飲み会が重なったら、どちらを選びますか」

その人は「難しいですね…。」とだけ答えたが、私ならもちろん練習を選ぶ。どうして飲み会なんかに行きたいのか、そんな機会はまたすぐ訪れるだろうに(よく考えたら、卓球の練習の機会はもっとすぐ訪れるか)。この人も卓球が好きなのだろうが、卓球狂いというほどではないらしい。

だが、その人の気持ちも分からないではない。私も中年になって、卓球を再開して、はじめのうちは楽しさがよく分からなかったからなのである。卓球が楽しくなかったわけではない。しかし、何ものにも替えがたい楽しみとまでは思えなかった。仕事が忙しいときはよく練習を休んでいたし、大雨が降っていたら、練習を休んだりしたし、卓球以外のレクリエーションにも興味があった。

しかし、今や私の生活は卓球を中心に成り立っていると言っても過言ではない。どうして私はこんなに卓球にハマってしまったのだろうか。

思い返してみると、私が卓球の楽しさに目覚めたのは、ドライブを打つ爽快感がきっかけだったのかなと思う。実戦ではなかなか気持ちよくドライブを打たせてもらえなかったが、練習で相手にバックでブロックしてもらい、ワンコースでフォアドライブを打つと、非常に気持ちよかったのである。はじめは3~4本もドライブを打つと、ミスしてしまい、あまり続かなかったのだが、いろいろ工夫していくうちに10本以上連続して打てるようになってきた(ワンコースだが)。打ち方によってはしっかりと引っかかる感覚が感じられたり、あるいは回転がかかる前に飛んで行ってしまったり。打点を変えたり、スイング方向を変えたり、力の入れどころを変えたりすると、それに応じて多様なドライブが打てる。威力ばかり求めてしまうと、安定性がなくなるので、とにかく何本でも続くような、6~7割ぐらいの力で打つドライブに落ち着いた。これでバック半面ぐらいにボールを散らしてもらってフォアドライブを連打していると、時間があっという間に過ぎていった。ドライブが1本決まるだけでも気持ちいいのに、それが延々と何本も続くのだからたまらない。

ちゅ~る
喩えていえば、こういう気分である

そんなことばかりしていたから、バックハンドや台上はちっともうまくならなかったが、それでも卓球の楽しさを知ることができたのは大きかった。

多くの人にとって卓球の楽しさの入り口は、ドライブを打つ気持ちよさではないかと思う(前記事「「擦る」感覚の習得」「卓球の楽しさの原点」)。相手が上手にブロックしてくれると、ドライブが連続して打てるようになってくる。私の周りには幸いブロックが上手な人がいてくれたので、私はどんどん卓球に惹き込まれていったのだが、社会人の場合、そういう環境がない人も多いだろう。

健太ブロック

ブロックができる初中級者というのは案外まれだと思う。私の周りにもバックブロックができず、バックハンドはすべてカウンターで返す人が少なくない。そういう人はワンコースで続ける練習ができないのか、したくないのか分からないが、2~3往復ぐらいでラリーを断ち切って、打ち抜こうとしてくるのでラリーが続かず、楽しくない。初心者、初級者にとって分かりやすい卓球の楽しさは、ワンコースで延々とラリーを続けながら、自分の技術の信頼性を高め、打法を確立していくことなのではないか。

いろいろな人がいるので、「いや、全面にツッツキでラリーをするのが楽しい」とか「ゲーム形式の練習が最高!」という初心者、初級者もいるかもしれないが、私はワンコース練習が効果的なのではないかと思う。今度、その子と打つ機会があったら、難しいことはさせず、心ゆくまで思う存分ワンコースでフォアドライブを打たせてみよう。




フォアハンドを振り切るには――「アープ卓球通信」から

私がよく言われるのは、フォアドライブのとき、振り切っていないということである。自分では意識できないのだが、振り終わったときにラケットが止まってしまうらしい。これをしっかり振り切れるようになれば、動きがなめらかになり、連続ドライブが打てるのだという。

何も難しいことなんかない。ただドライブ時にラケットを途中で止めずに振り切るだけなのである。

「ドライブを打ち始めた体勢から、途中でカットを引け」
とか
「ドライブを相手の台上で2バウンドさせろ」
とか

そういう普通の人ができないような技術ではなく、たんにラケットを止めずに振り切るだけなのだが、私はラリー中にそれができない…。

そんな私にちょうどおあつらえ向きの動画が上がっていた。アープ卓球通信のPVである。




「右肩線上で体を合わせていくと、いつでも芯の力で打てる」

「芯の力で打つ」ということを、要約すると、

「ラケットが腕の延長線上にあり、肘と背中がくっつきながら…体を放り込んで、…軽い力で打てる」

ということらしい。

背中で振り切る

アープ代表の山中氏は「腰で打つ」ではなく、「背中で打つ」ことを推奨しているようだ。そういえば、背中の筋肉は非常に大きく、腕の筋肉に数倍すると聞いたことがある。

林慧卿図1

上の図1のように背中(肩)と腕が直線になれば、軽い力で良いショットが打てるのだという。

私はこれまでフォアドライブを打つとき、下のAのような向きで打っていたように思う。これをBのような向きで打てば、背中と腕が直線になり、背中の力を使えてしっかりと振り切ることができるかもしれない(さらにフォアとバックの切り替えもスムーズに行くという)

背中で打つ図2

だが、体の向きが問題なのだろうか?だとすると、図1の林選手の姿勢の説明がつかない。
さらに上の動画の後半部分は「点・タッチ・スピン」という考え方の実践である。この考え方は動画の説明から判断すると、体の前にラケット待機させておき、決してボールを迎えに行かず、最適な場所までボールを引きつけて打つということのようである。

ラリー中にスイングが止まらず、振り切れるようになるには、体の向きというのも無関係ではないと思うが、それよりも背中の力を上手に使うというところに秘密がありそうだ。だが実際に自分で検証していないので、詳細は分からない。読者諸氏の判断に委ねたい。

【付記】
昨日から続く大雨で九州北部が被災している。これからも引き続き大雨の予想である。
人的な被害は多くないが、それでもインフラや住宅、車などに大きな被害が出ているのだという。
家のリフォームとか車の購入とか、被災した人たちの将来に対する不安は察するに余りある。

北九州の方々にお見舞い申し上げます。


柳板新話 浮世卓

髪結い

●「なに、お前、また別れたのか! 今回はひと月も続かぬではないかい。」

■「う~ん…。見た目は好みだったんだが、付き合ってみたら、ちょっと不満なところも出てきてな…。」

●「彼女、スウェーデン人じゃったろう? あんなすてきに美しい娘のどこが不満じゃ。」

■「きれいはきれいだが、ちょっと体格がよすぎてな。身長なんか177センチもあるし、肩幅なんか俺より広いんだぜ。俺の手には余る。」

●「最近は中国娘と付き合うとると聞いたぞい。」

■「いや、付き合ってるじゃねえが、月に1回食事したり、デートしたりっていう程度の関係さ。」

●「いつまでたっても落ち着かんの。もういいかげん身を固めたがいい。その前はハンガリー人で、その前はドイツ人じゃったか? みなお前にはもったいない女じゃったがの。」

■「それはそうだが、若い娘を見ると、つい気になってな…。」

●「そないなこと言うとるさかい、いつまでたっても結婚できんのじゃわいな。」

■「おきやがれ! 俺は結婚できねえんじゃなくて、しねえんだ。もっといろいろな女と付き合ってみてえんだ。」

●「学生時代に付き合おうてたアコちゃんと縒りを戻したらどうじゃ?天然で、素朴ないい子じゃったがの。」

■「アコちゃんはもう結構な歳だし、手垢がついているというか、新鮮味がねえっていうか…。ときめかねえんだよ。」

●「おまえもいい年じゃさかい、お互い様じゃわいの。誰でも付き合いが長うなれば、新鮮味はなくなってくるもんじゃわい。新鮮味がない代わりにお互いに心が通い合うてな。うちの山の神なんぞ、わしがツーといえば、カーと答えるというものよ。」

■「若い子にはどうしても惹かれちまうんだよ。肌もきれいだし、身体に張りがあってさ、よく弾む。生命力に満ち溢れてるんだ。いっしょにいるだけで楽しいんだよ。」

●「観光地を旅行したり、モールで買い物したり、他愛のないおしゃべりをしたり…、それがどうだというんじゃ。そんなこと、いままでさんざんやってきたではないか? そんなことより、所帯を構えて、車を買うて、子供をこしらえて、家を買うて、苦労を共にするというのが大人になるいうことじゃわいの!」

■「どうも話が通じねえ。唐人と話をするようだ。時代違いも甚だしいぜ。男は結婚しなきゃならねえなんて誰が決めたんだ? 俺は一生結婚なんかしねえぜ。芸能人みたいに生涯独身で、恋人たちともずっと適度な距離を保って付き合いてえんだ。一人の女に束縛されて、ちょっと別の女に手を出したら『浮気だ』なんて言われるのはごめん被る。俺は俺のもんだ。女のものじゃねえ。」

●「まあ、聞かんせ。女の良さいうもんは、新しい刺激のあることでない。長年連れ添えば、お互いに以心伝心でな。茶がほしいと思えば茶が出てくるし、ウトウトしたら、布団をかけてくれる。こういう一体感のようなものは結婚して長い間いっしょに暮らさねばなかなか出てこないことじゃ。こうなると、気が楽で、仕事にも身が入るものじゃわい。」

■「俺は特定の女は作らねえ主義なんだ。新しい女を作ることが俺の生きげえなんだ。そういう生き方があってもいいじゃねえか? それが俺にとってストレスのねえ、最も俺らしい生き方なんだからさ。」

●「どうもお前さんは度し難い。一人の女と定めて、そいつと添い遂げるよさが知れぬとは。ハテ、残念閔子騫。」

ーーーーーーーーーーーーーーー

個人的には一本と添い遂げたいとは思うが、もう一本囲っておいて、ときどきそいつとも遊びたい。


「足で打つ」とは――フットワーク練習の意味

全国レベルの学生たちが練習しているところへ監督的な人が「足で打て!」と叫んでいるのを聞いたことがある。しかし、禅問答ではあるまいし、足でボールなど打てるものだろうか。そんなはずがあるわけ…。

いや、もしかしたら、私は脳が衰え、硬化しているから理解できないだけで、実際は足で打球できるのかもしれない。

ネットで検索してみると、あるはあるは。
ゴルフ、テニス、剣道、バスケ、ボクシング…多くのスポーツで「足で打つ」ということが推奨されている。

足で打つといっても、いろいろな解釈がある。

A フットワークを使って、ボールの近くまで行って打つ。
B 手から先に行かないで、しっかりと踏み込んでから打つ。
C 足で床を蹴る力をラケットに伝えて打つ。
D 体重移動で上半身を揺らすことによって打つ。腕の力を抜く。

Aはないだろう。もしAなら「足で打つ」ではなくて「足を使って打つ」になるのではないだろうか。
Bは「手からではなくて、足から動かす」という順序についてである。これは私も最近意識しているので、このBの解釈は私の中では有力である。
Cはゴルフやテニスなどで推奨されている意見に近い。他スポーツでは「腰を入れて打つ」の延長で「足で打つ」ということを言っている人が多いのかなと思う。
Dは体重移動で打つということだが、Cのように足だけでなく身体全体で打つイメージか。

しかし、よく考えてみると、B~Dの内容には重なりがあるように思える。Aだけちょっと毛色が違うが、B~Dはどれも下半身の力をラケットに伝えるという共通点があるように思う。あるいはBをA寄りに考えて、まず足から入るという意味だと考えれば、AとBが部分的に重なってくるように思える。

整理すると、A(あるいはB)は、移動重視ということであり、B以下は打球重視ということである。

このことについてお世話になっているNさんに尋ねてみた。Nさんは長谷川・伊藤・河野選手といった日本の黄金時代の選手とだいたい同世代である。

し「『足で打つ』って分かりますか?どういうことですか?」
N「そらあ、ボールにしっかり近づいて打つことに決まってるやろ」

まさかのAであった。しかし、これはあくまでもNさん(の世代)の解釈であって、もっと若い指導者は別の意味で言っているのかもしれないことをお断りしておく。

N「強豪校の練習いうんは、たいがいフットワーク練習や。それができんことには試合には勝てへん。」
し「フットワーク練習って、例えばフォアに1本、バックに1本をオールフォアで延々と繰り返す練習ですよね。」
N「そうや。フォア・ミドル・バックの3点の場合もあるし、最近だったらオールフォアちごうて、バックハンドも使うんちゃう?」
し「そういう練習って、全国レベルの豪快な卓球には必要かもしれないですが、私たちのような一般愛好家には必要ない練習だと思うんです。フォアからバックまで大きく動いてラリーする前にポイントが決まってしまいますし。一般愛好家のレベルで必要なフットワークってもっと小さいフットワークだと思うんですよ。ミドル処理とか、回り込みとか、フォア前ストップからのバックハンドドライブとか。」
N「わかっとらんな。大きく動けるようになれば、小さいフットワークなんて簡単なんや。大は小を兼ねるやろ。」

フットワーク練習…。
前から疑問だったのだが、どうして上級者はこんな単調な練習ばかりするのだろうか。卓球上達に欠かせない秘密があるのだろうか。

荒ぶる季節
「どうしてみんなアレをしようとするの?」
「アレにどんな魅力があるっていうの?」


そういえば、ぐっちい氏のブログでもフットワーク練習の重要性を説いており(「なぜフットワークが必要なのか」)、その中で次のような説明があった。

動き系を極めてくると全体の技術の動きが速くなってきます。

いつもよりも少し速い対応できたり、動きで追いつくことができる。

フォアもバックも台上もレシーブも速く動けるようになるのでフットワークは強い人によくある全体的なキレのある動きを磨くことができます!(しろの注:改行は適宜削除)

ぐっちい氏は打球に威力が出るということにも言及していたが、私は「キレのある動き」、つまり総合的な反応の早さというところに注目した。

フットワーク練習の意味というのは、素早く「移動する」ことに主眼があるのかと思っていたが、それよりも、むしろ素早く「動き出す」ことに主眼があるのかもしれない。返球されたボールは1球1球深さや左右の幅が違う。それに対応して常に適切な打球位置に移動するにはどうしても素早く動きださなければならない。そして素早く動き出すためには相手が打球する瞬間(あるいは直前)を確認しなければならない(返球される位置はおおまかには決まっているが)。ということは、「動き出す」に先立つものとして「確認」のほうに眼目があるのかもしれない。

優先順位をつけるなら、

確認>動き出し>移動

ということになろうか。そうすると、フットワーク練習というのは足を速く動かす練習に見えて、実は早く相手の打球方向を察知し、素早く動き出し、速く移動するという3つの目的がある練習ということになるだろうか。


さらに打球との関連で言えば、大振りをしていたら反応も移動も遅くなるので、できるだけコンパクトなスイングにしなければならない。そうするとスイングの無駄をそぎ落とすという効果も期待できそうだ。

やっぱりそうだった――回り込みと戦術

「卓球は頭を使うスポーツだ」などと言われるが、果たして私は頭を使っているのだろうか。サービスを出す前に

「フォア前に短いサーブを出して、ストップされたら裏面バックハンドでフリックしよう。相手が先にフリックしてきたら、カウンターで強打しよう。」

ぐらいのことを考えないことはないのだが、この程度で「頭を使っている」などと言えるのだろうか。おそらく上級者はこんな簡単なことではなく、めまぐるしく代わる局面で瞬間的に何手も先を読んで1つのポイントを組み立てているに違いない。

---------------

卓球のレベルをどう考えるかについては諸説あると思うが、私は大雑把に3つのレベルを考えたいと思う(もちろん厳密に考えれば、こんなにきれいに分けられるというわけではない)

レベル1:初中級レベル
このレベルではボールを正しく打つというところに重点がある。例えば「横系のサーブを浮かさずにしっかりと台に収めてレシーブできる」「体幹を使って力のこもったショットが打てる」等である。私もこういうレベルの問題を数多く残しているので、強い興味をもっている。

レベル2:中上級レベル
このレベルでは打球と打球をつなぐ技術が問題になる。例えば「どうすればドライブ連打ができるか」「素早くボールに近づくにはどうすればいいか」等である。レベル1でどんなボールでもだいたい安定して返球できるようになったが、実戦ではそれらの技術がうまく機能しない。ほぼすべてのボールに対して間に合っていない。

「おかしい。練習ではちゃんといいショットが打てるのに実戦では全く打てない。」

ここに来て中級者は壁にぶち当たる。そして気づく、打球と打球の合間に問題があるのだと。打球のしかたというのは目に見えるものである。雑誌の写真でラケット面や腕の位置がどうなっているかが参考になるし、ビデオでも威力のあるボールを打つためにどのような姿勢で待っているかというのはわかりやすい。しかし、上級者が打球の前後にどんなことを意識し、どんな狙いで、どうやって足を動かしているかというのは見えにくい。いくら上手な人のプレーを見てもレベルの低い人間には自分のプレーと何が違うか分からない。

「自分のサービスを出した瞬間に相手のラケットの角度を確認し、その方向へ素早く動くんや」

などと上級者や指導者に解説してもらってはじめて気づくのである。自分の観察だけでは分かるわけがない。このような打球と打球の間に隠された秘密が分かってくると、レベル1で習得した打法が実戦でも使えるようになってくる。

レベル3:上級レベル以上
私はこういうレベルに達したことがないので分からないのだが、Rallysの記事で大島祐哉選手がこんなことを語っていた。

大島:「最後はフォアハンドで」と皆さん簡単に言うんですけど、そこまでにいろんなストーリー、シナリオがあった中での最後のフォアなんですよね。ただサーブを出して、(バックサイドに来るボールを)フォアハンドで回り込めば良いってものではない。そこが卓球の奥深さです。

――なるほど。フォアで勝負行く1本にストーリーがあると。

大島:相手にもフォア側にチキータやストップをするなどいろんな選択肢がある。そんな中で、最後に僕がバック側で回り込んでフォアを振るためには、それまでの布石がなければ、絶対に攻められない。そういう戦術、勝負勘が必要なんですよね。

見ている方にはなかなか伝わりづらいと思いますが、回り込んでフォアを振っている時は、常に勝負をかけているんです。

https://rallys.online/person/player-voice/oshimayuya2/


大島回り込み

やっぱりそうだったのか。
上級者はどんなボールでも軽々と回り込んでいるように見えるが、そんなに簡単なことではないのだ。そのためにしっかりと「布石」を打っていたのである。レベルが上がれば上がるほど、相手は自分の回り込みを防ぐ対策を講じてくる。そんな中でも回り込めるというのは相手のボールを自分のバック側に集めるための工夫や戦術が要るのである。

私もよく回り込みをしては失敗するので、「若い人のようなフットワークがあれば…」などと、自分のフットワーク力の低さを嘆いていたのだが、それ以前の問題なのである。たとえ若い人のような脚力、体力があったとしてもおいそれと回り込みなどできるものではない。大島選手ほど身体能力の高い選手であっても、偶然バック側に来たボールをフォアで回り込むなんて「絶対に攻められない」のである。偶然ではなくて、必然を作ってからでないと回り込めないのである。

そしてこれは回り込みだけではなく攻撃全般に言えることだと思う。簡単そうに強烈なスマッシュを打ちこむペン表の人も、きっと綿密な準備をしてはじめてスマッシュを打っているに違いない。
「頭を使う」と言えるほど高度な作戦ではないかもしれないが、自分から攻めるためには中級レベルでもある程度の工夫や仕掛けをした上でないと「絶対に攻められない」。

正しく打球できる(打球単体の)レベル、打球と打球を繋げるレベル、そして最後のレベルは戦術と駆け引きのレベル。この最後のレベルになって初めて真の意味で「頭を使った卓球」というものができるのではないかと思う。私が今から上級者になれるとも思えないので、一生縁のないことかもしれないが、中級レベルでも「頭を使う卓球」というのをいつかやってみたいものだ。

カットマンの美学

最近、卓球界に勢いがなくなってきた。

去年の後半から今年の前半にかけてはずいぶんと卓球界がにぎやかだったのに。
Tリーグが始まり、国際大会では伊藤選手や張本選手を筆頭に中国のトップ選手を破る快挙があり、他の日本選手のレベルも高く、「もうすぐ中国と肩を並べる」と思わされたが、ここに来て、日本選手が減速しているように感じる。

無理もない。大会が多すぎるのである。充電する間もなく、次から次へと国際大会が続いては、選手のモチベーションも下がってしまうだろう。選手からすれば、ちょっと立ち止まって自分の卓球を見直してみたいところだろうが、東京オリンピック代表権を獲得するためにはそんなことも言っていられないから、仕方がないといえば仕方がない。今、調子を落としている選手たちは、試合を通して調整しながら、オリンピックに自身のピークが重なるように牙を研いでいるのかもしれない。

そういえば、1年前は何をしていただろう。
そんなことが気になって去年の拙ブログの記事を見ていると…

「あっ!」

ボールを当てる位置」という去年の記事ですでにエラ打球のことを述べているではないか。前記事「ブレードのどの辺で…」を書いているときに、なんだか以前にも似たようなことを書いたような気がしていたのである。これは本当に脳が劣化しているのかもしれない…。
でも、まぁ今回の「ブレードのどの辺で…」は「ラケットを斜め(縦気味)に使う」というのが眼目なので、一歩前進した主張となっている、ということにしておこう。

-----------

今年のハンガリーの世界選手権も日本選手は不完全燃焼だったなぁと思いながら、世界卓球2019の動画を見返してみる。当時はあまり余裕がなくて、結果だけしかチェックしていない試合も多かった。



佐藤瞳選手対王曼昱選手の試合をじっくりと観てみたのだが、すごい激戦だった。今回はこの試合を観てカットマンの気持ちが分かったような気がしたので、それを述べてみたい。

佐藤選手は王曼昱選手の豪打を苦にしておらず、何本でもカットで返球し、互角の戦いを見せる。ゲームカウント2対3で迎えた6ゲーム目は、佐藤選手が終始リードしており、このまま7ゲーム目に入るかと思われた。7ゲーム目に入れば佐藤選手が有利だったと思う。王選手はこれまでさんざんドライブを打たされているので、打ち疲れてくるはずだ。しかし惜しくも9-11で佐藤選手がこのゲームを落とし、負けてしまう。その後、王選手は準決勝まで進み、3位に終わる。

佐藤選手はどんな気持ちなんだろう。
カットマンという戦型では、ベスト4ぐらいまでは行けるが、いくらがんばっても世界チャンピオンにはなれないだろう。1981年の童玲選手が最後のカットマンの女子世界チャンピオンらしいが、これからもカットマンは世界チャンピオンにはなれそうもない。

童玲

「攻撃型にしておけばよかった」と佐藤選手は後悔しているのだろうか。

おそらくそんなことはないと思われる。というのは同じ非主流派のペンドラの私は「シェークのほうが有利だ」と言われても、シェークに戻ろうなどとはこれっぽっちも考えていない。シェークなら面の角度が出しやすく、両ハンドドライブでどこにでも強打しやすい。ペンでシェークと同じことをしようと思うと、いろいろ工夫しなければならない。そういう工夫をしながら「フォアでシュートドライブっぽいのが打てるようになった!」などと、ペンの「障害」を一つ一つ克服していくのが楽しい。勝てるかどうかは二の次である。

非主流派であることが私のアイデンティティーを満足させるのである。

女性に「女性は社会的に差別されたり、いろいろな制限が多いし、男性よりも生きづらいと思うんですが、生まれ変われるとしたら、男性に生まれたいですか?」という質問をすると、たいていの女性は女性が不利なことが多いのは認めるが、それでも女性に生まれ変わりたいと答える。それと同じなのではないかと思う。

カットマンというのは特に女性に人気がある。生物学的に男性は攻撃を好み、女性は攻撃を好まない、というのもあるのかもしれないが、それよりも美学的にカットマンは女性を惹きつけるスタイルなのではないかと思う。「バチバチ速いボールを打ちあっても美しくない。相手の豪打を柔らかくいなすのが最高にスマートだ!」という美意識があるのではないか。カットマンは勝敗よりもむしろ美しく戦えるかどうかにこだわっているように思えるのである。

息をもつかせぬ怒涛のドライブ連打を浴び、フォアサイドからバックサイドまで大きく振り回されながら、台のエンドから4メートルも下げられ、そこから乾坤一擲のバックカットを放つ。

勝った!
時よ止まれ!君は今美しい…。

今までせわしなく聞こえていた打球音、足を踏み鳴らす音、シューズのこすれる音等が一瞬消え、ボールが虚空をゆっくりと一直線に滑っていく。満場の熱い視線はそのボールの行方に注がれている…。

こんなドラマの主人公になれるのはカットマンだけである。このシーンで佐藤選手は「勝った!」と思ったに違いない。卓球の勝負にではない。美しさの勝負にである。たとえ試合に負けてもこのポイントを演出できたことで彼女の中では大勝利である。彼女が攻撃型にしておけばよかったなどと思うはずがないだろう。

佐藤選手の試合を観て、カットマンは、もちろん試合の勝敗も大切だとは思うが、プレーの美しさという点でも勝負をしているように思えた。佐藤選手と話す機会があれば、この辺りのことをぜひ聞いてみたいものだ。

ブレードのどの辺で回転をかけるか――エラ打球のすすめ

主観と客観は大きく異なることが多い。自分では小さなスイングで打っているつもりでも、はた目には大振りだと思われていたりといったことはよくあることである。思い込みと現実の乖離が甚だしい場合には主観を修正する必要も出てこようが、さして実害がない場合は思い込みを放置しておいても構わないように思う。

何を言っているかというと、これから私の思い込みを話したいと思うのである。現実と一致している保証はない。ただ、この思い込みが多くの初中級者の卓球に裨益するにちがいないと思ってのことである。

黄裏面01
昨日のT2ダイヤモンドで黄鎮廷選手がベスト4進出!

まず、ブレードに補助線を入れてみる。

ブレードを斜めに
図1

私はフォアドライブで漠然と上図のイの線に沿ってドライブをかけようと思っていた。つまり、線イに沿ってボールを転がすイメージでドライブをかけようとしていたのである。実際にはこんなにきれいに真横にボールを通すことなんてできないから、あくまでもイメージである。

しかし、最近はロの線に沿ってドライブをかけたほうが威力が出るのではないかと思うようになり、実際にそうしてみると、スピードが出る。

スイングの軌道を図示すると、ペンならヘッドが下を向いている状態Aから、スタートし、スイングが後半にさしかかったところCでヘッドが上を向きはじめると思う。

スイング図2
ドライブでヘッドがまだ下を向いているときにインパクトしたときと、ヘッドが上を向いているときにインパクトしたときを比べてみると、違いがあるだろうか。私の場合、図2のAやB(ヘッドが下や横を向いているとき)でインパクトすると、大きなトルクが必要で、ボールが重く感じる。逆にCやD(ヘッドが上を向いているとき)でインパクトすると、軽い力で速いドライブを打てるように思う。

これはどういうことだろうか。

おそらくヘッドが下を向いている相で回転をかけると、ボールが図1のイのライン(つまり横)に沿って「転がる」のだと思う(実際の接触時間は一瞬だが)。一方、ヘッドが上を向いている相で回転をかけると、ロのライン(つまり斜め)に沿っていく(あくまでもイメージである)のだと思われる。

これを別の言い方で表現すると、ブレードを横気味に使うか、縦気味に使うかの違いだと思う。ブロックをするとき、ブレードを横(気味)に使うと、ボールの威力に押されやすい。一方ブレードを縦(気味)に使ってブロックすればボールに押されにくくなる。

ブロックだけでなく、ドライブでもブレードを図1のロのラインに沿って縦気味に使った方がいいショットが打てる。
シェークはドライブを打つとき、ブレードを縦気味に使いやすいので、ロのラインに沿ってドライブをかけるのが普通なのかもしれないが、ペンの場合はスイングのスタートが遅く、ボールが自コートでバウンドしてからスイングをスタートしようとすると、スイングの前半のAやBでドライブをかけてしまいがちである。また背筋を伸ばし、体勢が高い状態でドライブをかけると、ブレードを横気味に使ってしまうと思う。スイングのスタートを早くして、姿勢を低くし、スイングの後半のCやDでインパクトを迎えられるようにするのがいいと思う。またインパクト位置はブレードが上を向いているときのスイングの外側のエラの部分(ハ)でこするイメージがいいと思う。回転をしっかりかけるなら、ブレードの先端寄りでかけたほうがいいかもしれないが、(ハ)のあたりでインパクトすると、ボールがよく引っかかる。下回転が持ち上がりやすい(前記事「インパクトの位置」)。

こういうことを思いついたのは下回転ショートサーブを練習していたときである。下回転サーブは図1のイのラインに沿って切るものとばかり思っていたのだが、むしろロのライン(斜め)で切ったほうが短く安定するということに気づいたのである。

裏面ドライブやフリックもブレードの先端を上向きにして、エラの部分でインパクトしたほうが安定すると思う。しかし、黄鎮廷選手の裏面ドライブ(本記事冒頭)の写真を見るとヘッドが下を向いており、ブレードの先端で回転をかけている。やはり私の思い込みは客観的とは言えないようだ。しかし、このような現実を突きつけられても、私は依然としてエラでのインパクトは有効だと考えている。客観的には私もエラ付近でインパクトしていないかもしれないのだが、エラでインパクトしようと意識することによって安定性や威力が増すことは私の経験から否定しがたいものだからである。


-----------
今週、京都アニメーションをめぐる、なんともやるせない事件が起こった。

「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「けいおん」「日常」「響けユーフォニアム」
ハルヒ

質の高い作品の数々に私も大いに楽しませてもらった。台湾の総統が「京アニは我々の青春だった」と語ったそうだが、私も共感する。京都アニメーションの社長は工場跡地を公園にしたいと述べたそうだが、この事件は京都人にとっての911テロ事件だと思った。

かけがえのないものが失われてしまった。このような事件が二度と起こらないように私たちも何かしなければならないと思う。

【追記】
張本選手との1回戦より。
こちらはエラの辺りで打球している。
エラ裏面

気になる手打ち

今日は祇園祭の山鉾巡行。
船鉾

京都の夏の風物詩をのんびり見物してみたいものだが、そんな余裕はなく、ブログの更新もちっともできなかった。

世間ではみんなどうやって練習する時間を作っているのだろう。毎日があっという間に過ぎていく気がする。知人でパン屋さんで働いている人から話を聞いたが、毎日12時間以上働いていて、腕が肩より上に上がらなくなってしまったのだという。それでも仕事を休むことができず、余暇など望むべくもないのだという。一握りの人を除けば、今の日本でゆとりのある生活を送っている人などいないのではないかという気がしてくる。昔はもっと心の余裕や余暇もあったように思うのだが…。

-----------
それはさておき、4~5年前の自分の練習を振り返ってみると、当時は相手にバックブロックしてもらって、ワンコースでフォアドライブを打つという練習が好きだった。ワンコースといっても、常に一定のコースに返ってくるわけではなく、左右数十センチの幅のあるボールが返ってくるし、ボールの深さも微妙に異なる。それをフットワークで微調整しながら全力でフォアドライブを打ち、10往復以上続けるという練習である。腰の入ったフォアドライブが打てるようになってきたので、ドライブの威力が増し、安定性を損なわずにさらなる威力を出すために体重移動のタイミングを調整したり、スイングの大きさを変えてみたりと、いろいろなことを試し、それが自分のショットにどのような影響を与えるかが気になって仕方なかった。

しかし、いつしかそういう練習をすることもなくなり、より実戦的な練習を好むようになった。なぜかというと、そんな豪快なフォアドライブを打つチャンスは実戦ではあまり多くないからである。こちらは一撃必殺?のフォアドライブを打つつもりで構えていても、実戦では台上の段階でパシパシと払われて主導権を握られたり、回り込みが間に合わないようなグッと深いツッツキを打たれたりで、ワンコースフォアドライブ連打練習が生きる場面は限られているのである(意味のない練習だったとは決して思わないが)

アニメの中では、正義の味方が華麗な変身シーンで長々と踊りながら変身したり、必殺技の名前を唱えて決めポーズをとっている間、敵は攻撃せずに待っていてくれるが、卓球ではそうはいかない。
SMR変身
こんなのが7~8人分続いたら、5分ぐらいかかると思う。

こちらのロングサーブを相手が長めに返球してきた。台からちょっと下がって

「よし、ここで全力でフォアドライブだ!ぬぉ~」

と打点を落としてバックスイングを大きく振りかぶっている間に相手はブロックできる位置に移動を終え、万全の態勢で待っている。その渾身のドライブはわりと簡単に止められてしまい、こちらが慌ててそのボールを棒球で返すと、今度は相手が攻撃する番になっているのである。

台から離れて時間的な余裕のあるラリーなどしていては試合で勝てない。前陣でちゃっちゃか早いピッチで攻撃したほうが私のレベルでは勝ちやすいと思う。
目下の課題はいかに戻りを早くして、相手のフリックやツッツキを狙っていくかである。こちらがしっかりとポジショニングを終えて打つ準備も整った段階でちょうど打ちごろのゆっくりした下回転が返って来るなどというおいしいシチュエーションはなかなかない。実戦では常にどこに打たれるか分からないボールを警戒しながらの自転車操業だということをしみじみと感じる。

そういう意識が芽生えるとともに、自分の手打ちが気になってしかたなくなってきた。今まではあまり意識していなかったのだが、台上でふいに甘いボールが来たときなどに、つい手打ちをしてしまうのである。今までもとっさに手打ちをすることがよくあったと思うのだが、それが最近、妙に気になってしかたがない。ドライブやフリックだけでなく、ツッツキでさえも「あぁ、また手打ちしてしまった…」と後味の悪さを感じることが多いのである。

この後味の悪さが意識できるようになったのは大きな進歩だと思う。課題さえ見つかれば、解決するのはそれほど難しいことではないからである。

【寄稿】初中級者にとっての技術認識について――木を見て森を見ず――

初めまして。うどんと申します。初めて寄稿させて頂きます。

10代後半で、中高の部活で5年ほど卓球をやっていました。

私にとっての「初中級者」というのが、部活動の一環で見た同校、又は他校の学生をベースにイメージしているので、できるだけ初中級者全体を意識して書こうと努めましたが、偏りがあることをお断りしておきます。

----------

 現在、ネットの普及の影響で、かつてよりも多くの人が卓球技術に関する情報を発信できるようになった。そしてその多くのものが、かなり範囲を狭めた限定的なシーンについての技術説明である。例えば、「バック前下回転に対するチキータでは、肘を支点にして横から擦って打つ」というものだったり、「バック側のロングボールに対しては手首を支点にして若干押し出すように打つ」というものだったりする。

 こういった説明はつまり、各技術の「相違点」に着目して、それぞれの技術に対して「チキータ」「下回転に対するフォアドライブ」などといった名称をつけているわけである。このようなそれぞれ別の技術を組み合わせていく「卓球」というのが、現代の卓球界の共通認識であるように思える。

 しかし、バックドライブのレベルが非常に高い選手なら、チキータも上手なのがふつうである。別個の技術を組み合わせるのが卓球という認識では、このことを説明できない。

 この点について私が思うのは、バックドライブとチキータには非常に大きな「共通点」があるという仮説だ。これらの技術を別々の名前で呼ぶことは「相違点」ばかりを強調して「共通点」を隠してしまうのではないかということである(バックドライブとチキータというのは例にすぎず、他にもあらゆる技術同士がこのような共通点を持つ関係にあると思う)。もっと全体的な、アバウトな捉え方が必要ではないだろうか。その捉え方が「共通点」に着目する技術認識である。

 例えば、「チキータ」と「下回転に対するバックドライブ」と「上回転に対するバックドライブ」と「バックフリック」と「バックブロック」、これらを全て、「バックハンドで上回転をかけて返球する打法」というふうに、「共通点」からとらえてみる。そう考えることで、各技術の細かな相違点に着目していた時よりもずっと卓球の根本的な部分が見えてくる。その根本的な所こそが、初中級者の全面的な技術上達に必要なことだと私は思うのだ。

 この「共通点」の設定方法は多岐に渡る。「バックハンドで上回転で返球する方法」というのは、自分がどちらの面で何回転をかけるかという点に着目したものである。

 これ以外にも例えば、相手から送られるボールの回転に着目して考えれば、「フォアツッツキ」も「下回転に対するバックドライブ」も、両者共に「相手の下回転に対する打法」と考えれば、共通点が見えてくる。

FH push


BH drive


一見無関係に見えるこの二つの技術も互いに、下回転のボールのバウンド後の変化が見えていなければ成立しないという意味で、共通する部分もあるのだ。

 このように、点としてバラバラに存在する各技術の「共通点」を探し、その共通点の設定の仕方を様々に工夫していくことによって、それぞれの技術に関係性が生じて、体系的に卓球技術を把握することができる。点ではなく、線、平面あるいは立体的な形での技術認識によって、自分の卓球と目指しているプレーの違いがはっきり分かってくる。それは初中級者が目指すべき、卓球の「全面的な実力向上」に繋がるはずだ。

  この「共通点」に関しての私の考えは、言葉にすれば余りにも当たり前であり、また、センスのいい人や上級者は実感として理解できるものであって、余り意識されていないように思う。勿論、現在主流の各技術に対して細かいアプローチをしていく指導方法には大変有意義な面もあると思うのだが、この指導では所謂不器用な選手が成長しにくいように思う。

 センスのいい人、あるいは上級者は「共通点」を無意識に心得ており、個々の技術の違いを補うことができるからこそ、技術全般が安定してレベルが高いのだと思われる。しかし、無意識で当たり前だからこそ、上級者層の意識は細かな「相違点」に向いており、「共通点」は意識に上らない。しかし、初中級者に必要なのは、「共通点」、他の言葉で言えば、「基礎力」なのである。

  上級者の技術の「共通点」に対する考察がもっと盛んになって、初中級者本人、又は初中級者層に指導などの形で関わる人(中高の顧問の先生や先輩たち)がそれを理解して、今よりもっと立体的な技術認識を行なっていけば、従来の指導法で伸び悩んでいた不器用な選手にも自身が目指すべき道が見えてくるのではないだろうか。そしてそれは、初中級者層の全ての人の卓球に対する可能性が広がることを意味すると思うのだ。

「難しい」ボール――粒高攻略

私は異質との対戦が苦手である。ペン粒と試合をして勝ったことなんて数えるほどしかない。

「ツブに下回転を送ると、『どうぞ打ってください』と言わんばかりの上回転で返ってくるんですよ!なんで苦手なんですか?」

などと友人には言われるが、そんなおいしい展開になるイメージがほとんどない。下回転サーブを出そうものなら、深いナックルのような、よく分からない回転のプッシュでズンっと押されて、それをループドライブで応じると、次はとんでもない下回転が返ってきて…とにかく「ツブ高は怖い」という拭いようのない苦手意識が私には刷り込まれていたのである。しかも私の周りにはツブ高がいないので、いつまでたってもツブ高に慣れることができない。

しかし、先日公開された中国卓球の孟コーチの動画をみたら、ツブ高ってあまり怖くないかもしれないと思うようになった。



ツブ高は

”こちらが回転をかければかけるほど、重いボールが返ってくる”

したがって

”いかに軽い力で打つかが大切になってくる”

極端な話、軽く打つフォア打ち(ロング)とツッツキを交互にミスなく繰り返せばツブ高に勝てるというのである。

易しいときは軽くドライブ
軽いボールのときは、軽く打つ

難しいときはツッツキ
重いボールのときはつっつく

”ツブ高と対戦するとき、すぐに決めようとしてはいけない、延々とラリーを続ける覚悟で臨まなければならない”

永遠に続けろ

なるほど。私はツブ高が苦手なので、ラリーに持ち込ませずにできるだけ早い段階で打ち抜きたいと、3球目強ドライブをしてしまうのだが、それでは相手の思うつぼなのだ。

振り返ってみると、私がツブ高と対戦するときは、私がナックルロングサーブを送り、それを相手が低くプッシュしてくるので、3球目で全力でドライブしてブロックされ、ドツボにハマってしまうというのがいつものパターンなのである。これからは軽いボールでゆっくり戦うことにしよう(といっても裏面とかでパシっと打たれしまったらどうしようもないが)

この動画を見て、もう一つ考えたことがある。

A1「こちらがドライブする」→A2「重い、難しいボールが返ってくる」
B1「こちらがつっつく」→B2「軽い、易しいボールが返ってくる」

動画を見ていると、私にはA2が「難しいボール」には見えなかったのである。というか、むしろ打ちごろの下回転に見えたのである。

たぶん、私はA2を全力でドライブしてしまうだろう。

A3「ドライブ強打」→A4「非常に重く難しいボールが返ってくる」

そしてA4を体勢を崩してでも、イチかバチか、渾身の力でなんとか持ち上げようと思うだろう。

私の「難しい」ボールの認識は、おそらく上手な人と違うのである。となると、私が今まで「難しくない」と思っていたボールのうち、何割かは、実は難しいボールだったということになる。レベルの低い人ほど難しいボールをムチャ打ちしにいってミスを連発するものである。私がミスしているボールの多くは実は難しいボールだったということにならないか。

相手の返球場所を指定して、こちらが打つ練習をしているときは8割がた入っているボールでも、どこに来るか分からないときは、ミスすることが多い。難しさはボールのスピードや回転だけではない。むしろ、どのコースに来たボールか、身体との距離が遠いか近いか、逆を突かれて身体の向きがあらぬ方向を向いていないか、そういう気づきにくい点から私にとっての「難しい」ボールを点検しなおさなければならないだろう。


「バイバイ」の動き――「サービスはマジックだ」を観て

村瀬勇吉氏の監修による「サービスはマジックだ(前編)」を見て、驚くべき説明に出会った。



”手首で回転を掛けようとしても、手首の動きは遅い”

「バイバイ」を手首の筋肉だけで行おうとすると、非常に疲れるし、機敏に動かない。そうではなく、手首の力を抜いて前腕を全力で振ると、手首がそれに「振られて」目に見えないほど速く動くのである!「手首を振る」のではなく、「手首が振られる」のである。

言われてみれば当たり前かもしれないが、私にとっては目からウロコだった。

バイバイ

この動きをサービスのインパクト時に使ったらどうなるのか…おそろしいことになるに違いない。いや、サービスだけではない。ドライブやツッツキにも応用できるに違いない。

自分の手でいろいろ試してみたところ、「バイバイ」だけでなく、「おいでおいで」も前腕を使えばすごいスピードで動く。ペンホルダーの場合は「おいでおいで」の可動方向を利用すればループドライブがすごいことになるかもしれない。いや、むしろフォアフリックやバックハンドのツッツキのような小技のほうが効果を実感しやすいかもしれない。

私もおそらく無意識に手首の力を抜いて前腕でボールを打つことはあったのだと思う。しかし、これまでは意識して可動方向に沿って前腕を振っていなかったために手首が十分振れておらず、中途半端だったように思う。

早くこのアイディアを試してみたい。週末の練習が待ち遠しい。

なお「サービスはマジックだ(前)」には他にも多くの有益な情報がちりばめられていておすすめである。

ライトウェイト卓球

今週は余裕がなかったなぁ。ブログにまで手が回らなかった。
10日以上更新していないので、さすがに何か書かないといけないなと思い、最近の練習を振り返ってみる。

そうだ!こんなことがあった。

カット打ちをしているとき、相手のカットが低くて、切れていて、なかなか持ち上がらない。
うちのパーティーには裏裏の攻撃型とペン表しかいないので、私はツブとかカットマンと打ち慣れていないのである。

muramatsu
そういえば、村松選手は最近あまり話題に上らないが、元気にしているだろうか。

その人のカットは、早い打点で全力で持ち上げて、ようやくネットを越えるぐらいである。1~2球はなんとか持ち上げられるが、3~4球連続でカット打ちをすると。ネットにかけてしまう。よくあるケースは、威力のあるショットを打とうとしすぎて前方にスイングしすぎているというものである。私もそれは分かっているので、ほぼ真上に擦り上げているにもかかわらず、まったく余裕がない。これは何かが根本的に間違っていると直感した。
一般愛好家レベルの卓球で全力でないとボールが持ち上がらないというのは何かが間違っているはずだ。われわれのレベルで全力で打つショットよりも、上級者が軽く打つショットのほうがスピードが速いというのはよくある話である。カット打ちも上手な人は「あらよっ!」と軽々とボールを持ち上げる。絶対に私より力を使っていないはずにもかかわらずである。それでいろいろ試行錯誤してみたところ、バックスイングを取らないというやり方が効果があった。はじめは重い下回転に負けないように十分にバックスイングをとって台の下からブーンと大きなスイングで持ち上げていたのだが、それをやめてラケットを台の上からスタートさせるようにしたのである。そうすると、多少余裕が出てきた。ついでにボールにあと20センチぐらい(ブレード1枚分)身体を近づけて打つようにしてみた。すると、さらに軽い力で持ち上がるようになった。腕を伸ばしすぎだったんだろうと思う。

腕を伸ばしきる
初中級者がこんなふうに腕を伸ばして打つのは危険だと思う。

また、最近ロングサーブからの展開を練習しているのだが、せっかく打ちごろのボールが返ってきても、うまく打てない。サーブが速いだけに返ってくるボールも速いのであまり動けず、さしこまれてのオーバーミスが多い。おそらくボールに間に合っていないのだろう。横下フォアサーブを出すと同時に後ろに飛び跳ねて時間を作ろうとするのだが、そうすると、今度は浅く返されたときにうまくタイミングが合わない。

「サーブのあとに無駄に腕を動かしていませんか?」

そんなことを言われて思い当たることがあった。私はサーブのフォロースルーが大きいのである。インパクト後にスイングの勢いのまにまに、腕を前方に伸ばしてしまうので、次の打球に間に合わないのかも。いや、そうは言っても、インパクト後に30センチほどしかラケットは移動していないように思う。この30センチが私の卓球にどれほど影響しているというのか。しかし、試せることは全部試してみたい。やるなら徹底的にやらねば。インパクトと同時にラケットを止めて、すぐにニュートラルに戻り、3球目を待つようにしたところ、たしかに動く余裕が少し出てきたのである。それにバックスイングなしのドライブを合わせると、さらに余裕が出てくる。

------------
ネットのニュースで「最近のスポーツカーが高額化する理由とは」という記事を読んだ。それによると、スポーツカーにはイギリス流のライトウェイトスポーツカーと、大陸的なハイパフォーマンススポーツカーの系統があるのだという。

ロードスター

テスタロッサ

卓球も同じようにコンパクトなスイングで軽快に小さく動くライトウェイト卓球と、台から距離をとって大きなフットワークで強力なショットを放つハイパフォーマンス卓球とがあるように思う。私はそんなハイパフォーマンスな卓球などできるはずもないのに、気がつくと、つい全力で打っていることがある。ユーノスロードスターにフェラーリ・テスタロッサのエンジンを積めるとしたら、きっと私の卓球のようにちぐはぐなことになってしまうだろう。よりコンパクトに、より素早く。これが私の身の丈に合った卓球だろうと思う。

人はどうして自分の実力を省みずハイパフォーマンス卓球に走ってしまうのだろう。おそらくライトウェイト卓球よりもハイパフォーマンス卓球のほうがかっこいいと漠然と感じているからに違いない。できればハイパフォーマンス卓球がしたいけど、無理だから、ライトウェイト卓球をするというのではなく、ハイパフォーマンス卓球よりも、ライトウェイト卓球のほうがかっこいいと積極的に感じるようになるには年齢とか、人生経験といったものが必要になってくるのかもしれない。若くて体力の有り余っている人にライトウェイト卓球のほうが勝てるんだと言ってみたところで、頭では理解しても、心から納得してもらうのは難しいに違いない。

週末は卓球観戦――香港OPを観ながら

「ああ、時間がない。このままでは今日の練習に遅れてしまう…。」
しかしどうしても練習時間までには終わらない仕事量である。なんとか仕事を選別して、自宅でできない仕事だけ、職場で済ませることにした。

というわけで、この週末はいろいろ仕事を持ち帰ってしまい、うちで片づけなければならなかった。
ちょうど香港オープンをやっていたので、ブラウザで卓球動画を開きながら、PCで仕事をしていた。これがおそろしいほどハマった。つまらない仕事でも、卓球の試合を見ながらだと、非常にはかどるのである。卓球の試合も楽しめるし、それにつられて仕事の方も苦痛ではなくなってくる。
Tリーグで生の迫力を堪能するのもいいけれど、年をとると、わざわざ出かけるのがおっくうになる。自宅で仕事のかたわら試合を観戦するほうが私のライフスタイルに合っているようだ。これで積み残した仕事は解消され、月曜から晴れ晴れした気分で仕事に取り組むことができそうだ。ワールドツアーをちゃんと見ることは少ないが、仕事のBGM代わりにすると、とても楽しめる。

以下、香港OPを見たとりとめもない感想などを綴ってみたい。

香港オープンは中国オープンと違い、中国の1軍が出場しなかった。それで日本選手が上位に食い込めたので観戦にも熱が入った。とはいえ、中国の準1軍ともいうべき若手やベテランの強い選手などが出場していたのでレベルが低かったわけではない。

女子は佐藤瞳選手がベテランの木子選手(元世界選手権3位)を破るという快挙を成し遂げ、平野美宇選手は同じくベテランの馮亜蘭選手や馮天薇選手を下した。平野選手は最近思うような戦績が残せていないだけにこの勝利は復活を期待させるものだった。

印象に残ったのは張本選手と周雨選手の準決勝である。

周雨



周雨選手は準々決勝でティモ・ボル選手をラリーで圧倒し、張本選手にもそのすさまじい威力のドライブで襲いかかった。これで1軍に入れないなんて中国の層の厚さよ。ラリーでは張本選手も相当レベルが高いはずだが、その張本選手をもってしてもラリーでは分が悪かった。さすがの張本選手も万事休すかと思われたが、張本選手はラリーで打ち合わず、レシーブでは台上で短く止めたり、コースを厳しくしたりしてラリーに持ち込ませないようにしているようだった。驚いたのは張本選手のサーブである。張本選手のフォアショートサーブは短く低くレシーブされることがほとんどないのである。周雨選手だけではない。他の選手も張本選手のフォアショートサーブをどうしても少し浮かせてしまう。それを張本選手は3球目でフォアフリック強打やフォアドライブで厳しく攻めて、大きいラリーにさせずに一気に攻めきってしまうことが非常に多いのである。それほど個性的なサーブには見えないのだが、試合を通じてずっと効いていた。そして序盤の私の予想を裏切って4-1で張本選手が勝ってしまった。私はついつい派手なラリーに目が行ってしまうが、この試合でラリーが強いからといって勝てるものではないのだと学習した。

試合後のインタビューがおもしろかった。張本選手は抱負を聞かれて「GFでは勝っていますが、相手のほうが世界ランキングも上ですし、格上だと思っているので、1球1球気持ちを込めてプレーして勝ちにいきたいと思います。」のようなことを言っていたが、通訳の英語の説明は「勝てて嬉しいです。次もベストを尽くします」だけだった。張本選手もこの通訳にはびっくりして「え、それで終わり?」と目をパチクリさせていた。張本選手が自分で中国語に翻訳したほうがずっとよかったのに。

え、それで終わり?
「そんなこと一言も言ってないけど…」と驚く張本選手。



続く決勝では林高遠選手との対戦である。中国男子の一軍が馬龍、樊振東、許昕選手だとすれば、林選手は限りなく1軍に近い選手だと言えるだろう。実力では1軍の選手に対して遜色がない。ただ、いつも惜しいところで勝ちきれないという気の毒な選手である。世界ジュニアでは丹羽孝希選手に金メダルを譲ってしまったし、グランドファイナルでは張本選手に金メダルを献上してしまった。実力はあるのに運には恵まれていない選手という印象である。私は張本選手に勝利してほしいと思う一方で林選手にもがんばってほしいと思っている。現在24歳ということなので、張本選手と9つ違いということになる。もう「若手」とは言えない年齢である。実況で林選手のことをDark Knightと連呼していたが、どういうイメージなんだろう?バットマンの映画を見ていないのでよく分からないが、知人のアメリカ人に聞いてみたところ「陰からスッと現れるイメージ」ということだった。それは優勝候補ではないが、無名の人が優勝をかっさらうみたいなことなのか、と聞くと、それはDark horseだということだった。やはりよく分からない。

林選手も周選手と同様ラリーがめっぽう強い。張本選手はやはり正面から打ち合わず、相手の打つ機を外しながら試合をしているようだった。

林高遠
「高遠」という名前がかっこいい。私も改名できるなら「たかとお」にしたい。

他にも伊藤美誠選手のプレーも印象的だった。素人目に見てだが、勝つ気がないのではないかというぐらい思い切ったプレーでミスを連発していた。ラバーを変えたというのが大きいと思うが、要所でミスが出る。ふつうの選手なら、「ちょっと安定性を重視してミスしないようにしよう」と思うところだが、伊藤選手はまるで「こんな試合で負けたっていい、勝利に執着するよりも、思い切っていろいろな技を試してみたい」とでも言いたげにミスを恐れずにプレーしていた。伊藤選手の目標はもっと高いところにあり、ワールドツアーの1大会での負けなど気にならないのだろう。

----------
この間、ツイッターをたまたま見ていたときにこんなツイートが…。

ishikawa

https://twitter.com/ittfworld/status/1136901898697494528

「今年になって一度も中国選手を倒していない」
「中国の若手にさえ負け続けるなら、東京オリンピックへの出場は難しい」

中国オープンでは若手の陳幸同選手にストレート負け。香港オープンでも若手の王芸迪選手に1-4で敗北。世界ランキングは一時3位まで上がったが、だんだん下がり、現在6位。

石川選手の日本卓球への貢献は計り知れない。世間の好感度も非常に高いし、実績もすばらしい。ミックスダブルスでは、元世界チャンピオンである。現在の卓球ブームは彼女なくしては訪れなかったといっても過言ではない。若手の台頭にどうしても伍していけないというのならしかたがないが、まだまだ十分強いのだから、気力の続く限り、がんばってほしいと切に願っている。

ズンチャッチャ――卓球のリズム

「あの選手の打点の早いこと」
「ドライブの威力もさることながら、コースも厳しい」

プロの試合を見るとき、そういうことにばかり目を奪われていたのだが、自分がフットワークで悩むようになってからは下半身のほうばかりに目が行くようになった。


木原美悠選手 対 加藤美優選手

上の動画の木原選手の動き方を見ていると、前陣では「打球→ステップ→ステップ、打球→ステップ→ステップ…」という小気味よい3拍子のリズムを刻んでいるように見える。大きく動かされたり、通常より速い、あるいは遅いボールが来たときは、これほど規則正しいステップではないのだが、ポイントの序盤、台上や軽いドライブに対応する場合はこのような3拍子のステップになることが多いと感じる。

kihara

エンドが変わり、加藤選手のステップを見てみると、やはり前陣では3拍子のステップが確認できるのだが、木原選手ほど規則正しいステップではないように見える。

ラリー中はいろいろなスピードのボールが返ってくるわけだから、常に規則正しい3拍子のステップを刻めるわけではない。

基本的には

「ズン・チャッチャ」

だが、ゆっくりしたボールが返ってきたら、

「ズン・チャッチャー」あるいは「ズン・チャッチャチャ」

の場合もあろう。逆に早く返球されたときは

「ズ・チチャ」あるいは「ズン・チャ」

となるかもしれない。
ボールの遅速にかかわらず、常に3拍子のステップを守り、拍の間隔を変える方法(「ズン・チャッチャ」「ズン・チャッチャー」「ズ・チチャ」)と、ボールの遅速によって、拍の間隔はあまり変えず、拍子を増減させて、4拍子(「ズン・チャッチャチャ」)、あるいは2拍子(「ズン・チャ」)にするやり方もあるだろう。どちらがいいのか分からないが、常に3拍子を守ったほうが安定すると思われる。あるときは4拍子、あるときは2拍子のように拍子が不規則になると、足が止まりやすいからである。

以上、実践を伴わない机上の考えであるが、前陣では3拍子を守るやり方が有効なのではないかという仮説を立てておく。

回り込みと体の向き

中学時代の部活のとき、誰が言い出したのか知らないが、腕立て50回、腹筋50回、反復横飛び台のフォア端からバック端まで10往復というトレーニングを練習の前にすることになっていた。今から考えると、どんな意味があったのか疑問である。腕立てで腕の筋肉を鍛えることで振りが速くなったりするのかもしれないが、その反面、腕力に頼った打ち方になってしまうおそれがある。しっかりした指導者がいて、スイングは体幹で打つものだという指導があれば腕力を鍛える意味もあると思うのだが、指導者どころか上手な先輩もいない、田舎の中学の部活では弊害の方が多かったかもしれない。腹筋は体幹を鍛えられそうだから、専門的にはよく分からないが、意味がありそうだ。反復横飛びはどうだろう?これが一番卓球の練習に直結している気がする。フォア側に飛びつくときも、バック側に回り込むときも、大きなフットワークを使う時は反復横飛びで移動するのだから。

そういう意識があったのだろう、私の回り込みが遅いのは反復横飛びの練習が足りないのだと思い込んでいた。そのことを上級者に相談してみるとこんなことを言われた。

「回り込みの下手な人は横に移動しとる。上手な人はまずフォア側を向いてから後ろに下がるもんや。」

私は回り込みというのは放射状にお尻で円を描くように回り込むものだと思っていた。つまり、反復横飛びを使って横に移動すると同時に体の向きを少しずつ横方向に変えていたのである。しかし、上述のアドバイスを受けて、バック側に突っつかれると察知した瞬間に体を完全に真横(フォア側)に向けてから後ろに下がるような意識で回り込んでみると、明らかに回り込みが早くなっていた。今までだったら詰まっていたボールでも、なんとか詰まらずにフォアドライブにつなげられたのである。

回り込みでは反復横飛びを使わない?

たしかにフォア側に大きく動くときは反復横飛びを使うかもしれないが、回り込みに関して言えば、反復横飛びは役に立たないと感じる。

プロはどのように回り込みを解説しているのだろうか。

水谷 回り込み

バック側に来たサービスをフォアハンドで攻撃できると判断した水谷は、右足をバック側に運んで回り込み、フォアハンドドライブのバックスイングを取った。
特に、参考にしてほしいのが、写真4の体勢だ。このように、台に対して半身になるくらい上体をしっかりひねると、スイングのパワーがたまることに加えて、相手に打球コースを隠すことができる。

「今日の連続写真」(「卓球レポート」)
「写真4」というのは上の写真の左のカットである。

戸上 回り込み

下の動画で戸上隼輔選手は回り込みのコツの一つとして左足を前に出すことを挙げている。これは私の言い方で言うと、真横を向くということである。

 

私は自分の回り込みを見たことがないので、厳密にいうと私の説明の通りではないかもしれないが、意識としては、まず体の向きを変える(真横を向く)、次に後ろに下がるというのが素早い回り込みを成功させるコツだと思う。


カウンターだよ、卓球は

とある練習風景。

10分ぐらいに時間を区切ってお互いに練習したい課題での練習。

「バックドライブからの展開を練習したいので、こちらのサーブをバック側につっついてください。それをそちらのバッククロスにバックドライブを打つので、そこからオールでお願いします。」

相手が格下で、あまり強く打つとラリーが続かないから、ほどほどのスピードの安定性重視のバックドライブからゆるくラリーを続ける。こういう練習をして、だんだん慣れてくると、相手の人は、つっつくと同時に回り込んで、こちらの打ったバックドライブに対し、フォアでカウンターを試みてくる。

「ありえない…。」

実戦で、こちらのバックドライブを回り込んで前陣でフォアカウンターするというのは一か八かの博打行為である。そんなショットが決まる可能性は相当低い。初心者に毛が生えたような人に限ってこういうありえない行動を取る。もちろんそんなショットが入るわけがない。しかし10球に1球、偶然入ることがあって、その「成功」がますます相手を勇気づけ、その「練習」に駆り立てる(その時間はこちらの課題練習の番なのに)

カウンターなんて私のレベルでそうそう打てるものではない。あれはたまたま相手の打つコースをうまく誘導でき、球種やタイミングが予想どおりだったときに限って打っていいショットであって、初中級者がふだんから打つようなシロモノではない。

私は常にそう思い、自分を戒めてきた。たとえ相手に「打たれる」と分かっている瞬間であっても、私は手堅くブロックで対応すると決めている。胸のすくようなスーパーショットが10球に1度決まるよりも、50%以上の確率でブロックしてラリーを続けるほうがよっぽど生産的ではないか。カウンターなんて打つのも打たれるのも大嫌いである。

-----------

嫌い、というか私の苦手なものはダブルである。ダブルではラリーが続く気がしない。シングルならある程度ラリーが続き、卓球らしいプレーもできるのだが、ダブルとなるとろくにラリーが続かない。なんてことのない台上のツッツキをミスしてしまったり、シングルなら確実に止められるドライブもブロックミスしてしまったりする。
そもそも一つのボールを二人で交互に打つなんて不自然すぎる。ボールを2球使ってラリーを続ける(もちろんシングルで)という曲芸を見たことがあるが、ダブルというのはそのような曲芸に近い超絶難度の種目だと思うのである。

コーナーのたびにドライバーとナビゲーターが運転を交代しながら走るラリーというのが想像できるだろうか。

rally

ドリブルを1バウンドずつ2人で交互に行いながらプレーするバスケというのは競技として成立するのか?

卓球のダブルというのは、そのような曲芸じみた不自然なことを行っているのであって、上級者のような熟練した技術がなければ「卓球」として成立しない。初中級者には難易度が高すぎる。神経を集中させ、一瞬の判断の遅れが命取りになる卓球で、1球打つごとに打ち手をパートナーに渡し、自分は休む。反対に自分が休んでいるところへ唐突に打ち手が回ってくる。こんなこと、できるほうがおかしい、ダブルはシングルの息抜き、仲間との絆を深めるためのレクリエーションの一環。そう思っていた…。

先日の練習で久しぶりにダブルでゲーム練習をすることになった。
かわり映えのしない、いつもの下回転ショートサーブからゲームが始まる。それを相手が無難につっついて私の打つ番になるのだが、フォア前ぐらいに返球されるかと思ったら、バック奥に深くつっつかれてしまい、つまって私がミス。はぁ~、こんなツッツキでポイントが決まってしまうなんて情けない。次も同じようなショートサーブから始まる。今度はほとんど切らないナックルサーブだったのだが、相手が払うようなそぶりを見せたので、ブロックで止めようと思ったが、反応が遅くて、また私のミス。パートナーに申し訳ない。そうこうやっているうちにだんだんダブルのタイミングに慣れてきて、凡ミスが減ってきたのだが、どうしてもこちらから攻められない。相手が先に攻めてきて、こちらはそれをなんとか棒球で返すことしかできない。まるで役割が固定しているかのような試合である。相手は一方的に攻める役、私たちはそれをなんとか拾い続けて相手のミスを待つ役。全く勝機が見いだせない。「先に攻めなければ」とは思うのだが、ミスしないようにするのが精いっぱいで、どうしても攻められない。
ダブルは、台上の段階は非常に窮屈でイヤである。そういう心理もあってか、上回転のラリーになってから、つまり4球目以降は私もパートナーも少し台から距離を取って展開していることが多い。そのポイントもそんな展開だった。相手が3球目で先にボールを起こし、上回転のラリーになると、すぐに私は一歩下がり、相手のドライブに備えていたのだが、冷静に見てみると、相手のドライブはそれほど速いボールではないことに気づいた。相手も交互にボールを打ちながら動いているので、ポジショニングがしっかりできていなかったり、予測外のボールが来たりして、万全の姿勢で打てないことが多いからである。

「ブロックのつもりで待っていると、ちょっと時間を持て余すかもしれない。あのボール、カウンターできるんじゃなかろうか。」

私は中陣とまではいかないが、台のエンドから1メートル以上離れていたので、相手のドライブをカウンターする時間的な余裕があった。そこで相手が打つ姿勢になったのを確認すると、そのボールを狙ってカウンターを打ってみたのである。入った!この試合で初めてこちらから攻められた!
もしかしたら、ダブルでは相手のドライブをカウンターで狙っていけばいいのではないだろうか。それからは、私は相手が起こしてくるボールをほぼすべてカウンターで狙うことにした。もちろん打てない場合やミスする場合もあったのだが、カウンターを狙っていくと、おのずとタイミングを早くしなければならなくなる。相手が打った瞬間にバックスイングを完了させておかなければならない。そのように打つ姿勢、心的態度が早まると、たとえカウンターが打てなくても、ポジショニングも早くなり、ボールに届く位置まで素早く移動できるようになる。
今までは「打たれるんじゃないか…」とビクビクしながら、なんとか相手のボールに合わせるのに精いっぱいだったのが、カウンターを狙おうと待っていると、こちらから攻められるチャンスが増えてくる。ダブルってこういう心の持ちようが有効なんじゃないだろうか。いや、ダブルに限らず、シングルでもすべてカウンターを狙う心構えでいれば、判断が早くなり、急に相手に打たれてもしっかりブロックできるのではないか。

レベルが高くなれば、そうそうカウンターなど打てないだろうが、心構えとしていつでもカウンターを打つつもりで待っていると攻めるチャンスが増えてくるのではないかと思う。

卓球で人生を語る

ちょっと前のWRMやっすん氏の動画。



女子離れしたとんでもなく強い選手だなと思ったら、最近までエクゼディの選手で、今はコーチをやっている人だった。どおりで強いはずだ。
田中彩能




お名前は田中彩能氏。この動画は全日本上位レベルの選手がこれまでどのような練習をしてきたかをインタビューしたものである。

中高――仙台育英時代は、ひたすら基本練習をしていたのだという。この時期は身体の効果的な使い方を習得する期間だったと言えよう。ミスせずに延々とラリーを続けるような練習だったのだという。
もちろんゲーム練習もあったが、それよりはフットワーク練習、サーブからの展開、レシーブからの展開の練習がメインだったようだ。インターハイで団体優勝するようなレベルの人たちでさえ(だからこそ?)基本練習ばかりしているのである。それに対して私のような草卓球レベルの人間はオール練習やらゲーム練習ばかりしている。何かがおかしい…。私は何か大きな間違いを犯しているのではないだろうか。私が遅々としてなかなか上達しないのは「身体の効果的な使い方」を身につけていないせいではないのだろうか。

大学は早稲田で、そこでは特定の指導者に習ったわけではなく、自分で考えながらチームメイトに教えてもらいつつ練習していたらしい。
今までは指導者の言うとおりに卓球をしていたが、大学では自分で勝てるスタイルを築き上げなければならない。田中選手はバックハンドが得意だったのだが、バックで決めるスタイルではなく、あえてフォアで決めるスタイルに変えたのだという。

なぜそんな回り道をするのか。バックが得意なら、バックで決めるスタイルが一番勝てるはずなのに。

それに対するやっすん氏のコメントがよかった。得意な技術(バックや台上、ブロック等)を決定打として使うのではなく、チャンスメイクとして使うのは、非常に有効なスタイルなのだと。なるほど、確かに何もないところからチャンスを作るのと、打てるボールを確実に決めるのを比べると、前者の方が難しい。それで得意な技術をチャンスメイクに使うというわけである。

社会人になってからは日本リーグ所属のエクセディでプレーするようになった。

そこで監督(あるいはコーチ?)に言われたのは、ガッツいてすぐに攻めようとせず、ある程度「距離をとって」ゆっくり打ったほうがいいということだったという。

つまり、少しでも早く攻めたい、相手つけ入る隙を与えたくないというのは誰もが思うことだが、無理な速攻をしかけるのではなく、少し間をとって打つようにしたということである。

田中選手はそれを実践することによって自身の卓球が大きく変わったのだという。

曰く「相手が見えるようになった」と。

今までは自分の技術――ドライブの威力とか、コースの厳しさとかを向上させるのに精一杯で自分のことしか見えていなかったのだが、ゆっくり打つようにしたら、相手の考え、相手の狙いといったことがよく分かるようになったということだろうか。

これはなんだか人生にも通じるものがある。

社会人になると、基本的に仕事はそれぞれの人に任されている。上司や先輩も忙しいので、向こうから手取り足取り教えてくれるわけではない。自分でできる仕事を探して、自分で方法を探りながら、責任をもってやらなければならない。社会人になったばかりのころは、絶対にミスできないと思いつめて、毎日あれこれ準備をしたり、忘れていることがないか必死で確認したりしていて余裕がない。ストレスがたまり、つい周りの人に厳しくあたってしまうこともある。

それが中年になると、仕事の全体像も見えてきて、ミスも少なくなる。心の余裕が生まれてくる。そうすると、周りの人たちのことを思いやる余裕も出てくる。余裕を持ちすぎてミスすることもあるが、「なるようになるだば」と気楽に構えている。若いころには全く見えなかったことが、中年になるといろいろ見えてくるようになる。

いい動画を見た…茶店で霧がかった富士を見た太宰治の気分である。

卓球動画は技術動画や試合動画が多いが、それ以外の方向性を探ったものとして、トップ選手に今までの卓球人生を語ってもらう「むらじの部屋」がある。「むらじの部屋」も非常に内容が濃く、勉強になるが、今回の「やっすんの部屋」もいい動画だった。わずか15分程度の動画なのに満足度が高い!次回作が楽しみである。


型離れ――戦型を考える

ずいぶん昔に大会に出たときのこと。

「次の相手はメチャクチャ強いカットマンですよ。」

そんなことを聞かされて、攻撃型の強い人でなくてよかったとホッとした。

同じ強い人なら、全く攻撃させてもらえず一方的にやられるよりも、ある程度攻撃させてもらえるカットマンのほうがマシだ。どうせ負けるだろうが、少しはカット打ちの練習になるかも、などと思っていたのだが、いざ対戦すると、その「カットマン」はなんと私との試合中に1~2本しかカットを引かなかったのである。サーブは取れないし、レシーブでこちらが打ちにくいところに打っても結局先手を取られて一方的に打たれて惨敗である。あれが本当にカットマンなのか…?

その人は大会の終盤で歯ごたえのある相手にはしっかりカットを引いていたのだが、実力差がありすぎる相手には普通の攻撃型の選手のようにふるまっていた。イメージ的には陳衛星選手のような感じだった。こういう人が強いカットマンなんだろうな。

chen weixin

私の周りには、いわゆる前陣速攻型のペン表の人がいるのだが、その人は型通りの人で後ろに下がらずドライブを打たず、フォア主体である。後ろに下がって攻撃したときやドライブを打ったときなどは「またやっちゃった」と反省している。

「いやいや、中陣からの攻撃も威力がありましたよ。ドライブも裏ソフトの人と違って回転量が読めないので、案外効果があるんじゃないですか?」

とコメントしてみると、ペン表のいいところがなくなってしまうので、できるだけ下がらず、ミート打ち主体でゲームメイキングをしたいのだそうである。なるほど、たしかに前陣の早いピッチでバシバシ打っていくのは表ソフトらしくてかっこいいとは思うけれど、前陣でも中陣でも攻撃できて、ドライブも打てて、スマッシュも打てたほうがいいのではないだろうか。上手な人なら「対ペン表対策」というのがしっかりできているので、型通りの戦術だと老獪な相手には「型に嵌められて」しまうのではないか。

私はたぶん「ペンドラ」という戦型に分類されると思うが、フォア主体でちょっと下がって大半のポイントでドライブを打つという型通りの卓球では意外性がなく、格上には勝てないと感じる。それよりはドライブも引くけれど、台上やスマッシュでも得点したいと思う。

「趣味がないのが不安だから、何か趣味を持ちたい」とか「好きなアイドルの一人もいないのはちょっと…」という人の心理に似ているのかなと思う。自分には戦型がない、というのが不安だから、既存の「ドライブ主戦型」「ペン表速攻型」「カット守備型」などといった型にできるだけ自分を近づけたいという心理の人が多いのかなと思う。

型から離れてしまうと、きっと何か不都合もあるんだろうとは思うが、どんな相手にも一つの型で戦うのではなく、相手のタイプに応じて型を少し変えられるような卓球ができればと思う。冒頭のカットマンのように。といっても私が相手によって戦型を完全に変えて、カットマンとして戦うというのではなく、ペンドラという型のままでも、ときにはその型から離れ、相手によっては台上の細かい展開を工夫したり、あるいは自分から先に攻めずに、先に相手に下回転を起こさせてスマッシュしたりと、そういう戦型の幅のようなものが私の卓球にもあればと思う。




われは中年、のびんとす

「しろのさんはマスターズとか出はらへんのですか?しろのさんならチャンスあるんじゃないですか。」
などとおだてられて、うっかり「マスターズ予選に出てみようかな?」などという考えが頭をかすめたことがあるが、よく考えたら、チャンスなどあろうはずがない。ああいう全国大会につながっている大会には東山卓球部のOBをはじめ、化物のように強い人が出てくるのだから。

東山高校卓球部で3年間卓球をやっていた人なら、ふつうはたとえ中年になってもおそろしく強い。私のように中学時代まででやめてしまい、中年になって卓球を再開したような人間とは根本的に違う。向こうがサラブレッドなら、こちらは農耕馬である。勝てるはずがない。

しょせん、中年の草卓球である。これからいくら努力しても、上達できる伸びしろは高が知れている。全国レベルなどには到底到達できない。

こんな卓球を続けていて、いったい私は楽しいのだろうかと自問してみる。

われは草なり 伸びんとす
伸びられるとき 伸びんとす
伸びられぬ日は 伸びぬなり
伸びられる日は 伸びるなり


楽しいに決まっている!
一生全国大会に縁がないとしても卓球ほど楽しいことなどないではないか。

私は、毎日部活で3~4時間もレベルの高い練習をしている学生のような「樹」にはなれない、へたくそな「草」である。そして多少は上達するときもあれば、なかなか上達しないときもある。いや、練習時間の大半は上達しない、停滞しているときなのである。試行錯誤を繰り返し、内に何かを萌しつつも、それが表には表れない状態である。だが、上達しないときは上達しないことを受け入れ、上達できるチャンスがめぐってくれば、思い切り上達しようとがんばるのである。

われは草なり 緑なり
全身すべて 緑なり
毎年かはらず 緑なり
緑の己れに あきぬなり
われは草なり 緑なり
緑の深きを 願うなり


若い人のようなフットワークもなく、速いボールは連打できず(1本ぐらいなら打てる)、なんとかミスせず入れるのが精一杯のオジサン卓球である。若い人は日に日に目に見えてうまくなるが、私は去年と同じような進歩のない卓球をしているように感じる。しかし、それでも卓球が楽しくてたまらない。こんな卓球でも私なりの深さで追求しようと思う。

ああ 生きる日の 美しき
ああ 生きる日の 楽しさよ
われは草なり 生きんとす
草のいのちを 生きんとす


卓球をしている、それだけで楽しい。生きていると実感できる。
ヘタクソなりに、卓球をしていると、あるとき自分でも信じられないようなスーパープレイが飛び出したりする。

「今、私は何をしたんだ?こんなショットが私にも打てるのか!」

今のプレーを再現したい。どうやったらコンスタントにできるようになるのだろう。たぶん、さっきのフォアドライブは、ボールを打つ直前に一瞬、上体を沈め、膝にグッと力を込め、伸び上がりながらドライブを打ったのだと思う。ということは、膝を固定点にして打てばいいのではないか……

これだから卓球はやめられない。自分の限界がどこまでかなんてどうでもいいことさ。

zassou

リソース不足――フットワーク練習で気づいたこと

フットワーク練習といえば、フォアサイド、バックサイドに一本ずつ送ってもらい、それをフォアで動いて打つとか、3点に送ってもらい、オールフォア、あるいはフォアで2点、バックで1点を打つとか、そういう練習を思い浮かべる。
上級者はみんなこのようなフットワーク練習をしているのだから、きっと上達に必要な要素がいくつもあるのだろう。そう思って私もこの手の練習を試みるのだが、続かない。すぐに振り遅れてきて、ステップも遅れがちになる。
まぁ、中年のオジサンがこんな練習をするなんて無謀なんだろうな。
しかし、卓球でフットワークが大切なことは言うまでもない。だからフットワーク練習をしたいと思って、フォア半面にランダムに送ってもらってフォアで動きながら打つということをしてみるのだが、これもボールのスピードが上がってくると、すぐに追いつけなくなってくる。

フォア半面でもだめか。

もうやけくそで、今度はバック半面で、オールバックのフットワークをしてみることにした。
すると、なぜかよく足が動く。もちろん大きく動くことはできないのだが、小さく、細かく動くフットワークが気持ちいい。

「若者じゃないんだから、こういう小さなフットワークで十分じゃないか。」

しかし、どうしてバックのフットワークのときは足がよく動くのだろう。
省みると、バックハンドのときは、フォアハンドのようにラケットをブンブン振り回さずに、バックショートのように軽くラケットを押すだけだった。そうすると、ラリー中のボールも速くならないし、足に意識が向きやすい。

私の仮説はこうである。

人間の意識の容量は一定量に決まっていて、腕と足を同時に大きく複雑に動かすと、意識の容量が不足してしまい、どちらかの動きが疎かになるというものである。あたかもメモリの少ないPCで多くのアプリケーションを同時に開くとリソース不足でフリーズしてしまうように、人間も一度に身体の複数の部分に意識を割くと、動かなくなる。

リソース不足


オールバック練習の場合は、前腕を軽く動かすのと、足を小刻みに動かすという2つの動きだけに意識を割いていたため、フットワークが止まらずに機能したのではないか。フォアハンドをつかったフットワークの場合は、しっかりとドライブをかけて、いいボールを打とうとして、身体のいろいろな部分に指令を出しながら足を動かすということをしていたため、ボールに遅れてしまっていたのではないか。

しかし、「上級者はフットワークを止めずに質の高いボールが打てるではないか」という反論もあるかもしれない。それは上級者の場合は上半身か下半身か分からないが、どちらかの動きを無意識に行えるほどに身体に染み付いているからだと思う。歩きながら本を読むとき、我々は歩くという下半身の動きにほとんど意識を割いていないはずである。そのとき本の内容にだけ意識が行っている。それと同様のことが上級者のフットワーク練習で起こっていると推測される。

ということは、初中級者がフットワーク練習をする場合は、上半身の動きを最低限のものにして、まだ習熟していない下半身の動きに意識を割かなければならないのではないだろうか。

人生卓球――世界卓球2019を振り返って

世界卓球2019ブダペスト大会がが終わった。今年は個人戦だったが、振り返ってみると、微妙な結果だったと言わざるを得ない。
団体戦の方は毎回熱戦が繰り広げられ、日本はコンスタントに結果を出しており、楽しめるのだが、個人戦は毎回物足りなさを覚える。

男子シングルスの水谷選手や張本選手は、時には中国選手を破るポテンシャルを持っているし、丹羽選手にしても確実に強くなっている。森園選手のガッツや、吉村和弘選手の大物食いにも期待させられたが、結局メダルには届かなかった。丹羽選手とリャン・ジンクン選手とのメダル決定戦はすばらしい試合で、楽しめたが、結果はついてこなかった。

女子シングルスの伊藤選手は中国のトップ層に匹敵する実力があり、メダルに届くかと思っていたが、ダメだった。石川選手や加藤選手も、「もしかしたら」と思わせるものを持っていたのだが、やはりダメだった。加藤選手とリウ・シウェン選手の試合はすばらしい試合で、楽しめたが、結果はついてこなかった。

このもどかしさは一体なんなんだろう?

東京オリンピックに向けて選手には課題がたくさん。今、中国選手に勝てなかったのは、よかったのかも?マスコミが騒ぎすぎです。選手を過大評価しすぎです。マスコミが騒ぐほど日本選手は強くないのです。(「世界卓球、伊藤・早田銀メダル」)


「マスコミが騒ぐほど日本選手は強くない」。なるほどそういうことか。

たしかに水谷選手や張本選手が中国のトップ選手に勝ったり、伊藤選手はスウェーデン・オープンで中国のトップ3人を連破したりとすばらしい活躍をしたが、それも5回戦ってやっと1回勝てるぐらいなのかもしれない。

Tリーグが盛り上がり、マスコミなどにも頻繁に取り上げられるようになって、今まで全く歯が立たなかった中国トップ選手にもときどき勝てるようになり、なんとなく「とうとう日本は中国に追いつきつつある」と錯覚してしまったようだ。中国の前に韓国やドイツ、香港などと比べても優位に立っているとは言い難いと思わされたのが今回の世界卓球の結果だった。

劉詩文優勝

10年間にわたり、世界トップの実力を維持してきた劉詩文選手が28歳の今大会で初めて金メダルに届いた。私は劉選手のファンなので、すなおに喜びたい。2015年蘇州大会では、決勝で丁寧選手が負傷。ついに世界チャンピオンになれるかと思ったが、まさかの準優勝。長らく無冠の帝王として有名だったが、今大会の優勝で劉選手は名実ともにチャンピオンとなった。
同様に馬龍選手も約10年間金メダルの候補になっていながら、2015年の世界卓球まで優勝できなかった。毎回いいところまで行くのだが、どうしても王皓選手に勝てなかった。
世界卓球のシングルスで結果を残すというのは、それほど大変なことなのである。一度や二度中国のトップを破った日本選手がメダルに届かなかったからといって驚くには当たらない。これを3回に1回は勝てるぐらいのところまで持ってこなければ世界卓球のシングルスでメダルを獲ることはできないのではないか。
ここで思い出すのは、77年の世界チャンピオン河野満氏である。『卓球王国』2019年5月号「伝説のプレーヤーたち」によると、67年のストックホルム大会に弱冠20歳で出場してから10年間、おしいところまでは行くが、どうしてもチャンピオンになれなかった。そして77年のバーミンガム大会でついに世界チャンピオンの栄冠を手にする。

「河野がもし、初出場の67年世界選手権決勝で長谷川を破って優勝していたら。あるいは日本選手権でタイトルを獲っていたら、現役生活はもっと短いものになっていたかもしれない。」(「伝説のプレーヤーたち」)

劉詩文、馬龍、そして河野満(他にも馬琳、樊振東とか)。若くして将来の世界チャンピオンを嘱望されながら10年間、金メダルを逃し続けてきた。そして30歳近くまで辛抱強く戦い抜いた結果、ついに世界チャンピオンになることができたのだ。郭躍選手のように若くして世界チャンピオンになった選手に比べれば、彼らは卓球の楽しさも苦しさも存分に味わい尽くしてきたのではないかと思う。彼らの人生は卓球そのものだと言っても過言ではないだろう。こんな幸せな卓球人生があるだろうか。

日本選手が10代で、あるいは20代前半で世界チャンピオンになってしまうとしたら、彼らは卓球を十分味わい尽くすことができないかもしれない。なかなか結果を出せず、苦しみながら、世界のトップレベルで戦い続け、30歳近くまで門をたたき続ける不屈の選手に対して世界チャンピオンの扉は開かれる。これこそロマンである。そんな劇的な卓球人生を送れる選手は幸いである。


最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ