しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




卓球

当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

バックスイングを引いたら最後――ポジショニングとの関連

私のミスの大半は「振り遅れ」によるものだと思っている。
たとえば、下回転を持ち上げるときに、ボールをネットにかけてしまったり、相手のドライブをブロックするときにオーバーさせてしまったり。これらのミスは、スイングスピードや、面の角度の問題ではない。振り遅れによるものである。

だから、どうやったら振り遅れないかをずっと考えてきた。それで私が出した結論は、こちらに向かってくるボールのスピードに合わせて、同じスピードでバックスイングを引くということである。ゆっくり飛んでくるボールには、バックスイングをシンクロさせて、ゆっくり引き、速いボールには、素早くバックスイングを引く。もちろん、速いボールの場合は大きくバックスイングを取ったら間に合わないので、バックスイングを小さめにとる。

しかし、私は間違っていた。

バックスイングをボールに合わせてはいけなかったのである。

------------

前記事「スキマ時間の有効活用」で、移動するしないにかかわらず、打球前にとにかく細かく足をバタバタさせることで足が動きやすくなり、立ち位置の微調整が容易になるはずだと述べた。ここ数週間ほど、このバタバタを試してみたのだが、どうもうまくいかない。気づいたら足が止まっている。フォアミドルにつっつかれたとき、左方向に素早く移動しなければつまってしまうのに、気づいたら体とボールの間に十分なスペースがなく、詰まってしまう。「あ!」と気づいた時には、もうボールが目の前に来ている。そこからバックスイングを引くが、もう間に合わない…。

しかし、後から考えると、おかしな点がある。バックスイングを引いているときに、時間的な余裕がけっこうあるのである。バックスイングを引いて、少し時間が経ってから、ボールが懐に入ってくるような感じなのである。

あれ?さっきのボール、素早く横に移動していれば、間に合ったんじゃないか?

練習中、同じようなシチュエーションが再びめぐってきた。

「よし、今度は詰まらないように、素早く横に移動…できない!」

興奮で体が震えた…。すごい発見をしてしまった。

「バックスイングをとる体勢に入ったら最後、そこから足を微調整するのは不可能」なのである(特にフォアハンド)

もちろん、飛びつきや、ロビング打ちのような、大きな動きのときは、移動しながらバックスイングを取ることも可能である。しかし、通常の小さな動きの中で、バックスイングを取ってしまったら、もうそこから動けなくなってしまうのである。

ということは、バックスイングのスタートをできるだけ遅らせれば、その分、移動できる時間が稼げるということである。今までのように向かってくるボールに合わせて早い段階からバックスイングを引きはじめるというのでは、足が止まってしまう。もっとボールをギリギリまで引き付けて、「これ以上は無理」というところではじめてラケットを引き始め、最高速度でバックスイングを止めずに、フォワードスイングにつなげなければならなかったのである。

言葉での説明は分かりにくいが、要するにバックスイングは、ボールが自コートにバウンドしてから引くぐらいがちょうどいい。それ以前に引き始めると、足を動かす時間がなくなってしまう。もちろん、引き付けて、振り遅れないためにはコンパクトにバックスイングを取らなければならない。

たとえばフォア打ちで相手の打球が自コートにバウンドするまでバックスイングを引かず、足をバタバタ動かし微調整しながら、バウンドを待ち、そこからバックスイングを引くようにすると、ワンコースのラリーながら、フットワークを十分使うことができる。

私は振り遅れを恐れるあまり、早めに準備を始めすぎたのである。打球の準備はギリギリ打球に間に合うぐらい、直前のほうがいい。

colour rubber
10月からラバーの色が増えるそうだが、私のお気に入りの黄緑(明るい緑)が不採用になったは残念である。

【付記】
ゴルフではバックスイングの初動段階をテークバックと呼ぶようである。今回取り上げたテーマはテークバックと呼んだ方がぴったりかもしれないが、ゴルフのことはよく知らないので、バックスイングという用語だけを用いた。

卓球の木のはなし

近所の大工の古老から、昔語りを聞く機会があり、おもしろい話がたくさん聞けた。
今回はその一部を紹介したい。

古老は実際には本物の京ことばで話している。
私は長年京都に住んでいるが、京ことばが使えない。そのため古老のセリフは私が考えたエセ京ことばで再現せざるをえない。イメージ的には大阪の船場ことばに近い。
また、私は木について全くの素人なので事実誤認や聞き違いもあるかもしれない。
以上二点を予めお断りしておく。
-----------
しろの「明治になって天皇が江戸へ行ってしまったのに伴って、公家もいっしょに江戸へ引っ越してしまいましたよね。その際、京都御所に軒を連ねていたほとんどすべての公家屋敷が分解されて、江戸まで運ばれたという話を聞いたことがあるんですが、どうしてそんな面倒なことをしたんですか?トラックもない時代に大きな柱や梁を荷車に載せて運ぶよりも、江戸近隣で木を切って新しく屋敷を作った方が楽だし、経済的じゃないですか?」

内裏図
幕末の京都御所。周りにはお屋敷が所狭しと並んでいた。

御苑
現在の京都御苑。お屋敷は閑院宮邸ぐらいしか残っておらず、自然の豊かな広い公園になっている。

古老「木は切ってすぐに使えるわけやおまへんやろ。切りたての木を材木として使たら、狂いが出てきて、家が傾いてしまいますんや。材木として使う木は、最低でも10年は寝かせて、乾燥させんとあかんのですわ。」

し「なるほど。しかし、江戸にだって長年乾燥させておいた材木ぐらいあったはずでしょう?どうしてそういうものを使わないんですか?」

古「昔の日本の家は釘やらボルトやらつことりませねや。材木を組み合わせてあるだけですんや。せやさかい、分解も組み立てもすぐにできますねん。組み合わせてあるだけやから、地震にも強いんでっせ。江戸で材木を買うて、一から建てるよりも、運んだ方が早いし、確実ですねん。それに本物の建築は最高の木をつこうてますさかい。」

し「最高の木というのは?」

古「たとえば、桜とか、栗とか、樫とか、そういう硬い木で、分厚い立派な材木はそうそうおまへんで。硬い木やからゆうて、それが材木に使えるかというと、そういうわけでもないんですわ。反りやすい部分があって、一流の大工は木目を見たらどの部分がどの方向に反るか分かる。『ここの部分なら、柱にも使える!』っちゅうことが分かりますねん。」

し「なるほど。そういう一流の大工の目利きを経た材木だから、最高の木というわけですね。」

古「今の若い大工は木の性質なんかまったく知らん人が多いですわ。今の家はプラモデルと同じですやろ?住宅会社が材木を全部カットして、穴を開けて。記してある番号の通りに順番に差し込むだけでできあがりますんや。今の若い大工は、伝統的な日本建築なんか作れませんで。」

し「宮大工なら作れますよね?」

古「そうやなぁ…。たとえば清水寺とかの大改修なんちゅうのは、50年や100年に1回ですやろ?宮大工いうても、伝統的な本物の建築の仕事を受けるチャンスはほとんどないんですわ。せやさかい、今の時代、昔の一流の大工のような名人はほとんどおらへんのちがうかな。」

し「話が横道にそれましたが、公家屋敷は最高の材木を使っているから、それを再利用するためにわざわざ江戸まで運んだというわけですね。」

古「昔のお屋敷の材木っちゅうのは、家を引き払うときに、みんなバラして他の屋敷やら城に利用してますんや。太閤はんの聚楽第ちゅうのがありましたやろ?あれもバラして伏見城や本願寺の門やらに使われとるらしいですえ。」

し「私は卓球が好きなので、卓球の木について聞きたいんですが、卓球では檜が重宝されてるんですよ。柔らかくて打球感がいいんですよ。」

古「あぁ、檜はええなぁ。狂いも少ないし、香りもええ。檜は古うなるとごっつ硬とうなりますんや。法隆寺とか、古い寺に檜が使われてますやろ?ああいう古い檜は釘も通らんぐらい硬いんでっせ。鉄骨とおんなしや。昔、そういう古い寺で使われとった檜にノミを入れたら、キーンいうて、ノミが欠けよりましてん。」

し「へぇ。檜は柔らかいというイメージがありましたが、年数を経ると、硬くなるんですね。」

古「せやで。100年以上経った檜は最高ですわ。そんなに乾燥させてへんやつは、割れたり反ったりしやすいけどな。」

し「そういえば、檜のラケットは割れやすいのが欠点だと言われてるんですよ。」

古「ちゃんと寝かせた檜は、乾燥して、木の水分が60パーセントぐらいになってますんやわ。せやのうて、水分がたとえば80%ぐらい残っとる木が、夏場の湿気の多いときに水を吸いますやろ。そうすると反ったり割れたりしやすいんですわ。」

し「木の水分が十分抜けていない木に湿気やら、手汗がしみ込んで、割れてしまうということでしょうか。じゃあ、檜のラケットを買って、すぐに使わずに、10年ぐらい寝かせてから使った方がいいんでしょうか?」

古「そうかもしれんな。まぁ、木は生き物やさかい、どのぐらい寝かせたらええいうんは、いちがいには言えんわな。材木も、その土地の産がいちばんええんですえ。東南アジアやロシアの木を輸入して日本に家を建てると、反ったり割けたりしやすいんですわ。やっぱりその土地で育った木は、その土地の気候で使うのが一番狂いが少ない。」

し「…(じゃあ、スウェーデンの木材で作ったラケットは、湿気の多い日本では狂いやすいのだろうか)。」

古「30年で育った木は30年しか持たへん。見た目は立派でも、切ってみると目が詰まってませんのや。同じ太さの木でも、年数が経ってへん木は、色の濃い芯材が細うて、色の薄い辺材が厚い。木の太さは同じでも、年数を経ると、中の芯材が太うなって、目が詰まってきますんや。そうすっと持ちもようなりますわな。若い頃、材木屋さんに同じような材木が並んどって、手前のは1万円、奥のは数十万円もしとって、わしにはその違いがさっぱり分からんかった。」

古「木は性質によって用途がいろいろですんや。杉は湿気を吸うさかい、畳の下に。桐は湿気も吸うし、虫も食わん。樫や栗は頑丈やさかい、刀も受けられるんでっせ。江戸時代にはサスマタの柄にも使われとったらしいですわ。障子の枠には油の多い桜やツゲが使われるし、碁盤や将棋盤にはカヤ。音がええんですな。私なんか、使われとる木を見れば、その家がどのぐらい金がかかっているかだいたい分かりますえ。」
-------------

木というのも種類によって多種多様で、また長く使っていると、性質が変わってくるらしい。
ということは、買ってすぐ使ってみて合わなかったラケットも、10年後に使ってみたら、打球感がよくなるということもありうる。ベランダに何年も陰干ししておいたら、安物のラケットが味のある打球感に変わったりするのだろうか。あるいは使い続けているうちに打球感が変わってきたりするのかもしれない。
私もようやくラケットに目移りしなくなってきたので、これからは今あるラケットの打球感の変化を楽しもうと思う。

木のメモ帳


対戦で大切なこと――格闘ゲームとの比較

格闘ゲームの攻撃において重要なのは、単発の「通常攻撃」です。
ボタンを押したらパンチとかキックするアレです。

初級者の対戦において大切なのは、確実に通常攻撃を相手に当てることだ、と格闘ゲーム上級者のマスティ氏は語る。

一般的に格闘ゲームというと、派手な必殺技だの、複雑なコンボだのを連想するが、対戦でそれらの大技を普段使いするのは、上級者になるまで控えたほうがいい。初級者は地味な通常攻撃で確実に小ダメージを与えて、相手の体力を削るのが勝ちやすいということだろう。

これは卓球でも通用する考え方ではないだろうか。
上級者の試合を見て、初中級者は試合中に卓球における必殺技――台上ドライブ強打やカウンター、スマッシュ等を使おうとして、ミスを連発してしまう。そんな派手な必殺技が、たまたまうまくいって、1点とったのに味をしめ、何度も必殺技を使おうとして凡ミスを連発して負けてしまうという初中級者を何人も見たことがある。スーパープレーも1点、ツッツキミスも1点。それなら使う機会の多いツッツキのような「通常攻撃」をミスしないように安定させるのが初中級者が勝利に近づく近道であるはずだ。

格闘ゲームにおける攻撃の基本は、
何を押したら何が出て、どの距離でどの攻撃が当たるのか把握することです。
初心者の多くはこれができていないので勝てません。

卓球で言えば、どのぐらいの強さで打てば、台から出るのか、あるいはどのぐらいの時間的な余裕があるときに、どのぐらい強く打てるかを把握することというのが近いのかもしれない。前陣で相手が早い打点でこちらのバック側につっついてきたボールを初中級者が回り込んで豪快な、決めに行くフォアドライブを打とうだなんて無謀すぎる。ボールのコントロールや、時間と、その状況で可能なショットの選択の関係が把握できていない初中級者は、「勝てません」。


動く相手に100%当てるのは上級者でも難しいのでやる必要はありません。
ここで重要なのは、「攻撃を外さない意識」です。

これを卓球に敷衍すれば、実戦の、どこに打たれるか分からない下回転ボールを100%決める(決定打を打つ)ことは上級者でも難しいので、初中級者はそのような練習をする「必要はありません」。初中級者にとって大切なのは、とにかくミスをしない(つなぐ)意識だと言えるだろう。

通常、格闘ゲームの攻撃は、次のような何もできない「硬直」が発生します。

・攻撃が相手に当たった時、相手が動けるようになるまでの時間
・攻撃を相手にガードさせた時、相手が動けるようになるまでの時間

つまり、相手に攻撃をヒットまたはガードされた時、お互い動けない時間が発生します。
この時、相手の方が早く動ける場合、反撃を受けてしまいます。
こういった反撃を受けてしまいやすい攻撃を「隙が大きい攻撃」と呼びます。

卓球でも「硬直」が発生する。
たとえばドライブ強打である。こちらが回り込んで相手のバック側にフォアドライブ強打を打ったものの、相手がそれをプッシュ気味のブロックでストレートに返した場合などは、ふつうは対応できない(フットワークのいい学生なら、連打できるかもしれないが)。フォアドライブ強打の後は「硬直」が発生しやすいからである。逆に軽いループドライブやブロックのような「通常攻撃」は硬直時間が短いので、次のショットに繋げやすい。こういう意味でも初中級者の試合では「通常攻撃」をミスなく使いこなせる(=当てられる)ようにするのが大切である。

攻撃を当てられるようになったら、今度は射程を自由自在に操れるようにしましょう。
その一つが「先端当て」です。
ではこの「先端当て」、何が良いのでしょうか。
具体的には次のメリットがあります。

・最大射程で攻撃できるようになる
・反撃を受けづらくなる

自分の攻撃の当たり判定ギリギリの先端で攻撃を当てると、仮にガードされても、ある程度の距離があるので、相手からの反撃を受けにくいというわけである。

卓球でも、スイングの前半でインパクトを迎えるのではなく、後半で迎えれば、戻りが早くなり、次の相手の攻撃に対応しやすいし、こちらの攻撃にも移りやすい。

分かりやすいのはツッツキである。
ツッツキのスイングの前半でボールに触ってしまうと、相手に打たれた時にブロックが難しい。逆にツッツキのスイングのいちばん最後でボールに触れた場合、戻りが早く、相手の攻撃に備える時間が十分にある。

--------
以上、対戦格闘ゲームで初級者が勝つためのコツをみてみたが、卓球の対戦にも応用できる部分が多かった。ビデオゲーム(e-sportsというのか?)に限らず、対戦スポーツの「勝ち方」というのは、案外どの競技にも通じるものがあるのかもしれない。


対戦空手道
対人対戦格闘ゲームの先祖、デコの「対戦空手道」


スキマ時間の有効活用――バックドライブの安定性のために

「与えるな ムダな体力 ヒマとカネ」
学生時代に小学校の通学路でこんな標語を見かけて思わず苦笑してしまった。
子供の人権とか、そういうのを一切無視した潔さは、ある意味力強さを持っていた。

この標語を作った親の子供は、友達としょっちゅうケンカをしてケガをさせたり、なまじカネがあるためにファストフードやゲーセンなどに入り浸って悪い仲間とつるんで悪い遊びを覚えたりして、親を困らせているのだろうか…などといろいろ想像がふくらむ。

子供でなくても、大人でもヒマとカネがあると、いいことがない。なんとなく手持無沙汰な時間が続くと、空腹に敏感になってしまい、つい何かを食べてしまう。そしてつい必要もないのに新しい用具を買ってしまったりする。ムダな体力が残っていると、夜更かししてyoutubeの動画などをつい見てしまったり、ブログの記事を書いてしまったりする。

卓球で言えば、特に「ヒマ」が問題である。自分が打球した後に何もやることがないと、つい自分の打ったボールを見てしまい、次の対応が遅れてしまう。卓球においてヒマというのは百害あって一利なしなのである。そこで私は自分が打球したあと、相手の打球が返ってくるまでの約1秒を有意義に使うことを心がけることにした。

というのは、以前、こんなことがあったのだ。
練習中、どうしてもバックドライブの下回転打ちが安定しない。集中して必死になって打てば入ることは入るのだが、がんばって打たないとドライブが入らないというのは、絶対に何かがまちがっているはずなのである。正しい打ち方をすれば、軽い力で楽に下回転が持ち上がるはずなのである。
そんなとき、バックサイドを切るツッツキを打とうとして、左足を斜め前に一歩踏み出してバックドライブを打ってみると、不思議なことに楽々と下回転が持ち上がるではないか!

私のバックドライブは、ラケットの角度や体の使い方が間違っていたのだと思っていたが、そうではなかったのである。なんてことはない、左足の位置が10数センチほど足りなかっただけだったのである。

そんなわずかな足の位置の調整でこうもバックドライブが安定するものなのか。
左足をいつもよりも大きめに(斜め前に)踏み込んでバックドライブをすると、自分の体の正面が相手の打球方向に対して真正面を向く。それですなおに真上に振れば、簡単にバックドライブが入るのである(スピードは出ないが)

ちなみに踏み込みがほんの少し足りないというのは、上級者でも起こりうることのようだ。
一歩だけ

「横山友一が三重県代表候補選手を直接指導」
https://www.youtube.com/watch?v=b_xdpLGqKHo

足の位置がずれていても、入ることは入るので、今まで気づかなかったが、この出来事があってから、ポジショニングをできるだけ正確にしたいと思うようになった。どうやって適切なポジショニングにすればいいかというと、足をバタバタさせるのである。自分が打球したあと、相手の打球を見ながら、足を小刻みにバタバタさせて、より適切な位置に足を運ぶのである。この「バタバタ」を必ずしなければならないとなると、自分の打球後にのんびりボールを見ている余裕がなくなる。つまり「ヒマ」がなくなるわけである。

私の卓球はいたるところにヒマ、つまりスキマ時間がある。それらをボールの行方を眺める時間にしてしまわず、すべてを足の運びのために費やせれば、すいぶん上達するに違いない。適切なポジショニングというのは、体の使い方やフォームなどに先立つものと思われる。

卓球とはどんなスポーツか――非卓球人への発信

卓球に近いスポーツとしてテニスやバドミントンが挙げられる。これらのスポーツの知見が卓球に参考になるだろうことは疑いを容れない。特にテニスから学べることは多いだろうと思うのだが、テニスの本質についてテニス未経験者に簡潔に解説してくれるような記述に出会ったことがない。たしかに、テニスの入門書にはそれに近いことが書いてあるかもしれないが、それは私が求めている情報ではない。

ネットで「大人になってテニスを始めてみたい」という人に向けた情報は、

・テニスの魅力(少人数でできる、年をとってもできる、男女がいっしょにプレーできる)
・テニスに必要な用具や習える場所
・テニスにかかるお金

といったものである。
私が求めている情報は、もっとプレーの本質に関する情報なのである。

拙ブログは、基本的に卓球について卓球人に対して発信しているが、非卓球人への発信がもっと必要なのではないかと思っている。卓球というスポーツがどんなスポーツかを多くの人に知ってもらうことで卓球の地位向上にもつながるだろうし、私のように、卓球のプレーの本質について知りたいと思っている他競技人もいるだろうからである。

とはいえ、卓球にどっぷり浸かっている私が、卓球を知らない人に卓球とは何かを語るのはかなり難しい。たとえて言えば、日本を出たことのない日本人が「日本とはどんな国か」を語るようなものである。この試みがうまくいくとは思えないが、私なりに非卓球人に卓球とはどんなスポーツかを語ってみたい。
--------
卓球というスポーツは

・時間の感覚がシビアである
卓球は時間の奪い合いと言われる。自分の時間的余裕を作りつつ、相手には時間的余裕を与えないようするということである。が、これは卓球に限った話ではなく、テニスでもバドミントンでも、その他、多くのスポーツにも通用することだろう。ただ、卓球の場合は他のスポーツに比べてその要求が厳しいと思われる。テニスなら、自分が打球して0.5秒ぐらい何もしない時間があっても大丈夫かもしれないが、卓球にはそんな時間的余裕さえないことが多い。相手の打球を見て、次のアクションに移るのでは遅い。遅くとも相手が打つ寸前には自分は次の行動の準備に移っていなければならない、というぐらい時間の感覚がシビアなのである。

・反射神経よりも、予測や戦術が大切である
卓球は早いテンポのラリーが続くことから、反射神経が最も大切だと思われがちだが、返球が早すぎるので、反射神経でプレーするのではどうしても間に合わなくなる。相手の次のショットの深さやコース、タイミング等を予測して、常に次のボールに備えなければならない。相手の次のショットを予測するためには、その前のこちらのショットで「罠」を仕掛けなければならない。たとえば、こちらから長くて速い、上回転のサービスを送れば、相手が浅いショットで返球するのは困難である。必然的に長い、上回転のボールが返ってくる。このように自分のショットから相手のショットを限定することができれば、高い確率で相手のショットが予測可能である。このような予測によって反射神経に頼るよりも早く次の行動に移ることができる。

・ボールの回転が勝敗を左右する
他競技で全国レベルの実力を持つほど運動能力が高い人でも、卓球を初めて2~3年の子供にさえ勝てないだろう。複雑な回転のかかったボールは、経験がなければ返球できない。たとえば上回転だけのラリーなら、テニス経験者はある程度対応できるだろう。しかし、横下回転サーブを3球目強打されないようにレシーブするのは卓球経験がないと難しい。卓球では、回転の分かりにくいサービスが出せれば、それだけでかなり試合を有利に運べる。

・用具がプレーに大きく影響する
ボールの回転を生み出すラバー(ラケットに貼り付けるゴム)によってプレースタイルも変わってくる。
ラバーの種類

表面がフラットでグリップ力のある裏ソフトラバーを使う人は、ボールをこするように打ち、ドライブ(上回転のショット)やカット(下回転のショット)を主体にしてプレーする。
表面がツブツブで、相手の回転の影響を受けにくい、表ソフトラバーを使う人は、ボールを叩いて打つ、ミート打ち(あるいはスマッシュ)を多用する。
表面がツブツブだが、粒が長い、粒高(つぶだか)を使う人は、相手のショットを受けて、浅く返球したり、回転を変化させて返球したりするトリッキーなプレーが持ち味である。
卓球はラケットとラバーの組み合わせによって、ショットのスピードや回転量がが2割、3割ぐらい変わる印象である。用具の性能がプレーに大きく影響する。

・細かいフットワークが大切である
卓球では1メートル以上の距離を移動する、大きいフットワークと、10センチほどの短い距離を移動する小さいフットワークがある。どちらのフットワークも大切だが、卓球は他のスポーツに比べて、小さいフットワークの重要性が際立っている。というのは、卓球ではわずか10センチ足のステップがずれているだけで、ミスや体勢の崩れにつながるからである。そのため、常に足を小刻みに動かし続け、素早く適切なポジショニングをすることが求められる。

・一般愛好家レベルでは身体能力はそれほど必要ではない
卓球では非力な小学生や女性が男子大学生に勝つということも珍しくない。むろんプロともなれば、筋力が必要とされるが、県大会レベルぐらいなら、筋力がなくてもある程度勝つことが可能である。同様に若い卓球部員が上手な老人に翻弄されることも珍しくない。
また、背の高さがそれほどアドバンテージがないスポーツである。背の高い人は台から距離をとって、大きな卓球をするのに適しているが、背の低い人は台の近くでタイミングの早い卓球に適している。日本の男子プロ卓球選手は、身長が170センチ未満の選手が多い。

以上が私の考える卓球という競技の特徴である。メンタルが勝敗を左右するというのは、卓球に限らず、ほとんどの競技に言えることだろうから割愛する。


バック前ショートサーブから――戦術うひ山ぶみ

私は試合では気の向くままに多様なサーブを出すので、試合が終わった後、何も残らない。
しかし、解説付きの試合動画などをみていると、どうやら他の人は違うらしい。

「何も残らない」というのは、戦術的な反省点が出てこないということである。

「ミドル前に下回転ショートサーブを出すと、相手はフォアハンドでこちらのミドル前にストップするか、こちらのバック奥に深く流してくる。バック奥を警戒しながら、ストップを狙って深くつっつけば、優位に立てたのに…」

のような反省点が出てこず、ただ「負けて残念!」としか思えないのである。

1球ごとにサーブをあれこれ変えるのではなく、腰を据えて一つのサーブを出し続ければ、相手の返球パターンが見えてきて、こちらも試合中に対策を講じることができるに違いない。

とりあえず、王道のサーブといえば、バック前に下系のショートサーブである。これを軸にして、どんな得点パターンが作れるか、研究してみよう。
-----------
現在開催中のWTTドーハ大会。
床のマットも黒で、卓球台の色もガンメタルでかっこいい。Tリーグで一般的なレジュブルーの台は色が明るすぎてディスプレーによってはボールが全然見えないので、この黒い卓球台が日本でも普及してほしいものだ。

今大会で私が日本選手とともに注目しているのがドイツのチウ・ダン選手。
qiu dan

ここ1~2年でメキメキと実力を上げているペンホルダーである。
彼の試合を見ていると、驚くぐらいサービスを変えないのである。しかも出す場所はほぼすべてバック側。基本的にショートサーブである。
ということは、チウ選手の試合を見れば、自分でバック前ショートサーブを出したときの相手のレシーブの反応をイメージすることができるのではないか(プロと、草卓球では全くレベルが違うが、参考程度にはなるだろう)

バック前サーブ
チウ選手のサーブが相手コートにバウンドする寸前の一コマ。戻りがほぼ完了している。
https://youtu.be/vH3blQF-Si8?t=4335


具体的に下の動画でどんなサーブとレシーブになるか数えてみよう。数えるのは研究の第一歩である。
https://www.youtube.com/watch?v=67F2I61bDjg
Qiu Dang vs Thiago Monteiro | WTT Star Contender Doha 2021 | Men's Singles | QUAL Highlights

全4ゲームのチウ選手のサーブの配球は以下のとおりである。
A)バックにショートサーブ:12
B)ミドルにショートサーブ:14
C)バックにハーフロング:9
D)バックにロングサーブ:1

横からの視点なのでバックへのショートサーブとミドルへのショートサーブというのは判別しにくい。またハーフロングかショートサーブかというのも判別しにくい。おおざっぱな分類だと考えてほしい。

バックにショートサーブばかりかと思っていたのだが、実際に数えてみると、バック寄りのミドルへのショートサーブのほうが多かった。このミドルへのショートサーブについてだが、センターラインをフォア側に越えたのは数本で、ほとんどすべてのサーブがセンターラインのバック側である。大雑把にまとめると、長短はあるものの、チウ選手のサーブはほとんどが相手のバック半面へのサーブである。

それに対するモンテイロ選手のレシーブは以下のとおりである。上の数字と数が合わないのはご愛敬(1回目と2回目の集計で分類の基準が変わったか)
A)バックへのショートサーブに対するレシーブ
→バックへツッツキ:2
バックへストップ:5
ミドルへストップ:2
→ミドルへツッツキ:1
フォアへストップ:3

B)ミドルへのショートサーブに対するレシーブ
→バックへツッツキ:3
→ミドルへツッツキ:1
ミドルへストップ:3
→フォアへフリック:1
フォアへストップ:5

C)バックへのハーフロングサーブに対するレシーブ
バックへドライブ強打:3
バックへフリック:2
→バックへツッツキ:1
ミドルへフリック:2
→フォアにツッツキ:1
→フォアにストップ:1

D)バックへのロングサーブに対するレシーブ
→バックへドライブ強打:1

まず、A)とB)のショートサーブで考えてみよう。
ショートサーブに対してモンテイロ選手はチキータやフリックをほとんど使わなかった。どういう理由か分からないが、仮に下回転がブチ切れだったということにしておこう。

A)とB)に対して最も多かったレシーブはA)のバックへのストップと、B)のフォアへのストップである(ここで「ストップ」というのは、台から出さないように打ったという意味で、結果として台から出てしまったものも含む)。次がA)のフォアへのストップ、B)のミドルへのストップとバックへのツッツキである。

このことから、バック辺りに下系ショートサーブを出したとき、まず警戒すべきはストップだということが分かる。バックからフォアまで幅広くストップされる。回数にして18回/26回(約69%)。ツッツキは7回/26回(約27%)。ストップとツッツキを7対3ぐらいの割合で待っておけばいいだろう。

次にC)のハーフロングサーブに対するレシーブである。
これはバックハンドドライブやバックフリックなどである程度強打される可能性が高い。ツッツキも少しは警戒したほうがいい。コースはバックやミドルで待つのが無難である。逆にストップは1回のみなので、待ちから外していいだろう。

最後にD)のロングサーブは自分のバック側への強打を待っておけばいいだろう。

このような待ちはレベルの低い、愛好家レベルの試合でも通用するだろうか。ストップとツッツキの割合が変わるかもしれないが、基本的に通用しそうに感じる。

バック側への下回転ショートサーブを出したあと、前陣でストップを待っておき、返球が低く、短いストップなら深いツッツキで、高く、甘いストップならフリックで返球する準備をしておけばよい。
モンテイロ選手とは違い、ストップよりもツッツキを多用する人との対戦なら、ドライブでコースを突く準備をしておけばよい。

やや長いハーフロングサーブを出す場合は、相手に軽く打たせてから、カウンター、あるいはブロックでコースを突くという心構えでいたらよさそうだ。

それ以前に相手がフリックやチキータをしたくならないような低くて切れた下系サーブを身につけることが先決なのは言うまでもない。

【付記】
2011年3月11日のあの日から、もう10年が経とうとしている。
まだ4万人以上もいる避難者のみなさんの健康と心の平安をお祈りいたします。


節目の一本――用具の値打ちについて

春の新製品が発売された。
私が注目したのは、バタフライの高級ラケット 林昀儒 SUPER ZLCである。性能やデザインに惹かれたというわけではない。ついに実売3万円台のラケットも珍しくなくなってきたと感じたからなのである(下は国際卓球の価格。激安ショップなら、もっと安い)
lin yun ju ZLC

LIN YUN-JU SUPER ZLC 37,620円(税込)

この不景気にこんなに高い用具をいったい誰が買うのだろうか。別に高いラケットを買ったからって卓球が上手になるわけでもあるまいし。それほどの値打ちがあるものだろうか?
--------------

散髪屋で髪を切ってもらいながら、店員さんの腕を見ると、スマートウォッチがはまっていた。
この手のガジェットが使い物になるのかどうか、前から気になっていたので、スマートウォッチの使い勝手などについて質問してみた。

apple-watch-series-6
しろの「それ、スマートウォッチですよね。おいくらぐらいするんですか?」
店員さん「アップルウォッチなので、6万ぐらいしますね。」

し「へぇ。私のケータイ本体よりもはるかに高いですよ。それ自体でケータイとして使えるんですか?それともアイフォンがないと機能しないんですか?」
店「それ単体で電話ができるタイプもあるんですけど、もう少し高くなります。これはアイフォンが近くにないと使えませんね。」

し「もっと安いやつもありますよね。」
店「僕はアイフォンをずっと使ってるので、スマートウォッチもアップルで統一したかったんです。
毎日仕事で腕にはめて、防水もあるので、このままシャンプーもできるし、仕事の後にジムに行ってワークアウトのデータとかも記録できるし、一日中使えるんです。6万円は高いですが、毎月5000円払うと思えば、1年で元が取れますから、そんなに気になりません。」

し「平成なら、男は車とかバイクとかにお金をかけたりしましたよね。」
店「中京区(※京都市の中心部)に住んでいるので、車は必要ないですし、買って趣味で乗るとしても休日だけだから、ほとんどガレージの中に置いとくことになるので、もったいないですよ。」

し「なるほど。そう考えると、毎日使える時計なら、あまり高く感じませんね。」
店「でも、いつか100万円ぐらいのロレックスを1本買いたいと思ってるんですよ。」

し「え、時計に100万!? 商談のときとかにはめてると、見栄えが良いからですか?」
店「いえ、高級時計は値崩れしにくいので、資産にもなりますし、いつか自分の店を持ったときに自分へのご褒美として買いたいんですよ。」

し「私は4桁の値段の時計しか自分で買ったことがないですよ。」
店「そういう人生の節目に高い時計を買ったら、『あぁ、オレはがんばったな』って励みになると思うんですよ。腕にはめて仕事中に眺めたら、仕事もがんばれますし。」

--------------
店員さんのお金のつかい方が、私と全然違うので、新鮮に感じた。
一見高い買い物も、毎日(あるいは頻繁に)使うのであれば、1回あたりの「使用料」は大したことはない。

また、店員さんの買い物についての考え方で感心したのは、ほしいものがあれば、高くても妥協しないという点である。

たとえば私がアップルウォッチがほしいと思って、アマゾンやらヨドバシやらのサイトを見れば、類似品がもっと安く売っている。性能的にアップルウォッチの80%ほどで、値段が半分だったら、私は迷わず類似品のほうを買ってしまうだろう。しかし次第に不満な点も出てきて、別の類似品に買い換えることになるだろう。もしかしたら、買い替えたものにも不満で、結局もう1台ぐらい買い換えることもありうる。結果としてアップルウォッチを3~4年使い続けるよりも割高になってしまう。

そして人生の節目に、記念として買い物をするという発想である。
私は何となくお得なものが目に入ったら買ってしまうという悪い癖を持っている。「ほしいけど、高いから買えないな」と思ってためらっているモデルがある一方で、特売品やら中古品やらで5~6千円ぐらいのラケットがあると、「ずっとほしかった」というモデルでなくてもつい買ってしまう。特に思い入れもないので、数回使ったら、別のラケットに替えてしまったりする。ずっと気になっていたラケットを買って、3~4年も使い続けるよりも、はるかにお金がかかる。

さらに買ったものが励みになるという価値観である。
自分ががんばったから買ったという大義名分があるので、なんとなく買ったものよりも思い入れも生まれるし、なによりもその時のがんばりを思い出して、「私はやりとげられる!」という自己肯定感の源泉となる。パワースポットならぬ、パワー用具である。

人が何かを買うとき、その人なりの理由がある。その理由を聞くと、その商品が不思議とかけがえのないものに思えてくる。逆に特に理由もなく、安いから買ったというだけでは、その商品の価値を高めることはできない。ラバー込みで、実売1万円台前半という標準的?な価格のラケットでも、それを買うに至ったストーリーがあれば、そのラケットは持ち主にとってかけがえのないものとなる。したがって他のラケットに目移りしなくなる。いつも他のラケットのことが気になる私のような人間は、今使っているラケットに大した価値を見出していないからだろう。

商品の値打ちというのは、まさに買う人によって決まるということを散髪屋のお兄さんから学んだ。3万円台のラケットを買う人は、きっとなんとなく買うわけではないのだろう。

ちなみにニッタクの新製品ではキョウヒョウ龍5が3万円台である。
馬龍5

「意識的なプレー」と「無意識のプレー」

最近の私のゲーム練習の一コマ。
Mさんはペンドラで、中陣から豪快なドライブを打ってくる。スピードもあるが、回転量が多いので、ちゃんとブロックできない。ブロックできても止めるだけの甘いブロックなので、連続でドライブ強打を打たれてしまう。
「なかなかミスしてくれない…安定してるなぁ。」

そうかと思うと台上で厳しいフリック。ボールのスピードが速い!
「あんな低いボールを強打してよく入るなぁ。」

といっても、Mさんもマスターズとかに出られるレベルには程遠い。そのへんによくいる「強い人」である。レベルの低い中級者同士のゲーム練習でこれなのだから、上級者ならもっと厳しいボールが飛び交うことになるのだろう。
--------------
アマゾンプライムでTリーグを見るようになって(前記事「Tリーグの未だ…」)、だんだんTリーグがおもしろくなってきた。Tリーグのおもしろさは、なんといっても解説だと思う。卓球の指導者がプロの試合をわかりやすく解説してくれて、勉強になる。ほとんどコメントしない解説者もたまにいるが、だいたいの人が上手に解説してくれて、時には実況のほうが聞き手に回ってしまうほど、卓球を熱く語ってくれる解説者もいる。そういう解説はとてもおもしろい。

最近見た、リーグ最下位のトップおとめピンポンズとリーグ最上位の木下アビエルの試合。
バック表の木原みゆう選手と、シンガポール代表のリン・イエ選手の対戦である。木原選手のバックハンドのピッチの早さとリン・イエ選手の男子並みのフォアドライブの威力のぶつかり合いである。
木原リン・イエ

が、解説では、そういうボールのスピードとか威力とかについての言及はほとんどなかった。

(木原選手は)リン・イエ選手がサービスのときも、ストップレシーブが本当によかったですよね。…リン・イエ選手の攻撃をさせないで自分で攻撃してたので。
(実況)「ストップレシーブで相手にそのまま返させないシーンもありましたからね。」
そうですね。そして長いサービスを読んでの回り込みドライブ。本当に読みどおりの試合だったなと思いますね。

12/11 トップおとめピンポンズ 対 木下アビエル(森本文江氏解説)

木原選手の読みが今、当たっているので、全部打ちに行こうとしているんですね。…打ち急ぐと、勝ち急ぐとミスになってしまいます。
自分の読みが当たると、全部がチャンスボールに見えるんですね。


2/18 トップおとめピンポンズ 対 木下アビエル(森本文江氏解説)

木原選手のバック表の鋭いミート打ちは?リン・イエ選手のドライブの威力は?
解説の中心は、ボールのスピードや威力ではなく、選手がどんなことを考えてサーブやレシーブでコースを突いているかばかりである。

プロの試合では、ボールの威力というのは大した問題ではないのだろうか?

威力といえば、水谷選手が全日本決勝の一つ一つのプレーを細かく解説してくれる下の動画。
森薗政崇選手にはチキータという得意技があるが、及川瑞基選手にはこれといった得意技がない。しかも及川選手の球威は水谷選手に「威力なさすぎ」と言われるほどである。それでも及川選手が強いのはなぜか。

読み合い
水谷隼 全日本決勝を語る 第2ゲーム
https://www.youtube.com/watch?v=3t0A4N48s5I&t=607s

試合の序盤、及川選手は森園選手のバック側に2本連続でロングサービスを出す。
水谷選手によると、2本連続のロングサーブは森園選手にとって「想定外」のはずだそうだ(第1ゲームでの解説から)
その意外な選択にも森園選手はうまく対応し、ミスせずレシーブできた。

「(森園選手が)仕上がっていなければ、…バック側への2本目のロングサービスは返せないと思います。」
「今は完全に森園が有利ですね。次の及川のサービスのときはロングサービスを待たなくていいようなものなので。」

その後、森園選手は得意のチキータを出してくる。水谷選手の言った通り、及川選手はショートサービスを出してきたのだ。

「あそこ(ロングサーブ2本の次のサーブのターン)で及川がバック側にロングサービスを出せていたら、本物なんですよ、読み合いとしては。」
「あの2本(のロングサービス)を取られた(うまくレシーブできた)ことによって森園がチキータをできるようになってしまうという…」
森園チキータ
積極的にチキータを使い出す森園選手

「またチキータですね。バック側にロングサービスがないってことが分かっちゃってるんで」

次の及川選手のサービスのターン。及川選手は森園選手のチキータを警戒して今度はロングサーブを出すが、及川選手の狙いを読んで、森園選手は回り込んでフォア強打。

森園回り込み

FDで打ち抜く
レシーブ強打一発で打ち抜かれる及川選手

「森園、うまかったですね」
「完全に優位に立ち回っているんですね、読み合いでは。」
「たぶん森園からしたら、さっきいいチキータを2本したから、次はチキータをさせないサービスだろうと逆に今度は一気にロングサービスを警戒していたと思うんです。」

「完全に及川はハマってるんですよね」
「(及川選手は)森園が考えていることをそのままやってしまっている」
「どこかで断ち切らないといけない」
「このままだと、ずっと森園の罠にハマったままサービスを出さなければいけなくなるんで」

「(森園選手は)相手のことをしっかり把握して、『絶対にこれはないだろう』というのを自分の読みから外して自分が待つところを限りなく狭めてしっかりそこを狙い打っている
「相手がうまくバック側にロングサービスとかフォア側に逆を突いても、(森園選手は)結構対応してるんですよね、変なミスがないので、無意識でできるプレーもかなりいい状態だと思います。」

なんだか私にとっては異世界の会話のようである。
卓球の試合ってこんなに考えながらするものだろうか?
この解説からわかるのは、卓球には「意識的なプレー」と「無意識のプレー」の2つがあるということである。意識的なプレーというのは、相手の狙いや考えを読んで、その裏をかくようなプレーであり、無意識のプレーというのは、予測ができず、その場で反射的に行うプレーということになる。及川選手は2ゲームまでは読み合いに負けていたが、3ゲーム目からは読み合いで優位に立っていく。及川選手が強いのは、技術の精度もさることながら、相手の先手を取れる読みの鋭さにあるのではないか。

Tリーグの試合解説や水谷選手の全日本の解説を聞いて、プロのレベルの試合ではボールのスピードや威力というのは二の次で、相手のサーブ・レシーブを読んで、いかに相手の狙いを外しつつ、自分が先手をとるかという「意識的なプレー」が重要だということが分かった。

私のプレーは9割以上「無意識のプレー」である。打てそうなボールが来たら、全力で打ち、打てなそうなボールならつなぐ。これだけである。しかしプロはおそらくほとんどの場面で意識的なプレーをしているのだろう。意識的なプレーが冴えていれば、ボールの威力がない選手でも試合に勝つことができるのである。

しかし、これはあくまでもプロの試合の話であって、初中級者の試合では予測や読みよりも、ボールの威力のほうが…いや、もしかして無意識のプレーの精度の低い中級者の試合でこそ意識的なプレーが有効なのではないか?

10時から11時の間――裏面インパクトの位置

お化けが最も活発に活動する時間は夜中の3時だと聞いたことがある。
なぜなら夜が明ける直前が最も闇が深いからである。

そんなことを思い出したのは、裏面ドライブのインパクト位置を探していたときに同じような経験をしたからなのだった。

以下、いつもどおりレベルの低い考察になるので、軽く読んでいただければ幸いである。

対下回転の裏面ドライブが安定しなくなり、いろいろ試しているなかで、原因とおぼしきものにたどり着いた。それは私のバックドライブはヘッドの回転の前半でインパクトを迎えてしまっていたことだと思われる。

ドライブ――特にペンホルダーの場合はヘッドがよく回る。スタート時はラケットのヘッドが斜め下を向いていて8時ぐらいからスイングをスタートし、9時にヘッドが水平になり、10時にヘッドが上を向き、11時にスイングが終わる。フォワードスイングが終わる寸前の11時に近い位置――10時ごろが最も力が入り、8時に近い位置が最も力が入らない。下回転打ちが安定せず、ネットに掛けてばかりだった私はどうやら9時ぐらいの位置でインパクトを迎えていたらしい。これをもう1時間遅らせれば下回転が楽に持ち上がったはずなのである。

このインパクト位置を曖昧にしていると、力が分散してしまう。

力を入れる時間は短いほどいい。8時から11時まで力を入れ続けると、かえって力がこもらなくなる。8時から10時ぐらいまでは手を使わず、左足の踏ん張りと、腰の回転だけでラケットを動かし、10時あたりになってはじめて手に力を入れる――よく言われる「インパクトの瞬間にラケットを握る」というやつである。

このように打つと、下回転打ちの安定性が高まる。

フォアドライブでも同様である。特にフォアハンドは腕が大きく使えてしまうので、力が分散しやすい。腕を伸ばしてバックスイングの時点から全力を込めている人もいる。ペンはその点、力の込めるポイントがわかりやすい。手首を回す、1時間ほどの間を目掛けて力を込めればいい。こちらは時計で言えば、4時から1時の間である。

head rotation
ペンホルダーのヘッドの動きは、AからCあたりまでは下を向き気味だが、CからDでヘッドのスピードが急激に上がる。言い方を変えれば、Cまでは「ためて」おき、Dの前で手首を返し、一気に力を込めるようにすれば、プロネーション(のような何か)が起こる(前記事「手首って使うの?…」)。

ペンホルダーはフォアドライブが強力だというのは、このヘッドの返しの恩恵に与っているからだろう。力を入れるポイント(CからDの間)が可視的でわかりやすい。

週末に見た加藤氏の動画。ペンのヘッドを下げるメリットについての解説が今回のトピックとの関連で参考になった。

kato channel

「ラケットのヘッドを上げる、下げる、どっちがいいの?」
https://www.youtube.com/watch?v=yHva7A8JGeY

【追記】
裏面のインパクトをいろいろ試してみたが、スイングが9時に終わる振り方なら、9時直前、10時にスイングが終わるなら、10時直前にインパクトが来るのがいいと感じた。振り方によって必ずしも10時過ぎが最適とは限らないだろう。

ぐるぐる回そう!卓球ビジネス

最近、卓球ショップからのプロモーションのメールが頻繁に届く。大手のショップでも経営が苦しいのだろうか。

このような社会の変動にあたって、卓球ビジネスについて考えることが多くなった。別に卓球ビジネスを自分でやってみようと思っているわけではない。単に世の卓球ビジネスの行く末が気になるだけである。

-------------

やまなみ氏:歌詞の中に「思い描いていた未来とは違うけれど、すべてがいとおしい」とありましたが、…(若いころ)どんな未来を思い描いていましたか?


純一氏:少なくとも、20代のころに住み始めたワンルームマンションに、まだ住んでるとは思いませんでした。もうワンルームは卒業してると思ってました。45歳でワンルームにまだ住んでるとは思いませんでした(笑)。

 

 山下純一

https://www.youtube.com/watch?v=xnOzTIu6sqk

京都の誇る、全盲車いすのブルース・ハープ奏者、山下純一氏のライブ動画がアップされていたので見てみた。その中での障害者アートをプロデュースする「やまなみ工房」の代表、山下完和(=やまなみ)氏との対談が興味深かった。

----------
やまなみ氏:やまなみ工房の人たちの中にはですね、描きたいときに描きたいものを描くっていうような、たとえば社会の評価や賞賛を気にせず、極端に言えば、描き終わったものに執着も何もなくなるんですね。有名になりたいとか、いくらで売りたいとか、そのような意識がなく、とにかく描きたいものを描くという方々もいらっしゃるんですけども、純一さんの表現とやまなみ工房の人たちの絵画作品を見ていると、純一さんは目の前の誰かに音楽を通して何かを伝えたいとか…目的がまずあると思うんですが、そのあたりはただただ音楽が好きだから伝えている、じゃなくて音楽を通して社会に何か発信をしたいっていうようなことはあるんでしょうか?

純一氏:好きだからやる、これは当然ありますし、誰かとつながりたいという思いで音を発信している。もう一つはそれをやり続けたい、そのためにはみなさんに喜んでもらったり、かわいがってもろたり、応援してもろたり、ようするにビジネスとして成り立つっていうところまでいかないと、グルグル回らないですよね。

 

純一氏:僕がやまなみさんのすごいなぁって思うのはね、知的障害の方とか、そういう方たちに居場所を提供されてるのかなって思うんです。好きな絵を描いて、喜んでもらうために描いてないとしても、結果として喜んでもらえている。それを世の中の人に「いいやんか、これ」みたいな形にして送り出しておられる。人間ですから、生きていかなあきませんから、お金のことは大事だと思うんですよ。そこでグルグル回る…やっぱ回らんとね、福祉とかって止まってしまいますよ。


やまなみ氏:社会を回していくっていうのは、それだけ人と人とがつながっていくっていうことが大事なんだろうな、っていうふうに思いますが…。

------
やまなみ工房のアーティストたちは、純粋に描きたいから描いているだけ。それをやまなみ氏が間に入って世の中に広く発信していることで人と人とがつながってビジネスになり、お金が「グルグル回る」。
一方、純一氏(と、その仲間たち)は純粋に演奏したいから、演奏するだけでなく、それを広く社会に発信していくという二つの役割をこなしている。多くの人の鑑賞に堪える演奏をするだけでも大変だが、それを「ビジネスとして成り立つ」ように発信するというのも同じぐらい大変なことだろうと思う。

「卓球ビジネス」などという言葉を軽く使ってしまうが、これがいかに大変なことか、起業してみないと実際には分からないに違いない。卓球ビジネスがグルグル回るためには2つの難関を突破しなければならない。

一つはマッチングである。欲しい人に、欲しいもの(サービス)を届けてやる。

これがうまくマッチすれば、卓球ビジネスは「ぐるぐる回る」。しかし、今まではマッチしていても、これからはマッチしなくなるものも出てくるだろう。

たとえば、
生産者側:「外出先でも食材のストックがケータイでチェックできる。スマート冷蔵庫30万円!」
消費者側:「機能は基本的なものだけでいいから、故障しにくくて15万円ぐらいの冷蔵庫がほしいなぁ。」

こういうのがマッチしない例である。

卓球ビジネスでいえば

生産者側:「あの有名選手の卓球指導DVD!1枚5000円!」
消費者側:「何回も見るもんじゃないし、DVDでなくてもいいから、24時間制限付きネット配信で、500円なら見てみようかな。」

生産者側:「各チームに国家代表レベルの選手が在籍!世界最高レベルのプレーが目の前で見られる!入場料3000円。」
消費者側:「交通費で往復2000円ほどかかるし、国内上位レベルの選手でいいから、入場料1000円だったら見てみたいなぁ」

DVDにしても、作っている人は精いっぱいがんばって作っているのだろう。その結果、非常に質の高い製品ができ上っているに違いない。卓球リーグはどうだろうか。各選手は「卓球が好きだから卓球をしている」という純粋な気持ちで非常にレベルの高いプレーをしていると思われる。が、それだけでは「グルグル回」らない。品質がいい、プレーのレベルが高いだけではダメなのである。山下純一氏のハーモニカの演奏は一級品である。にもかかわらずワンルームを卒業できない。それを必要とする消費者とマッチングしなければならないのである。

もう一つの難関はメッセージ性だと思われる。

上の動画のやり取りの中でやまなみ氏は「音楽を通して社会に何か発信をしたいっていうようなことはあるんでしょうか?」と問いかけていたが、これからの時代は、単に安くて質が高いだけでなく、卓球を通して何かを発信したいという思いが求められるように思われる。卓球用具メーカーにしても、Tリーグにしても、どんな理念をもって、消費者にどんなメッセージを伝えようとしているのか。その辺があいまいである限り、卓球ビジネスは、やがてグルグル回らなくなってくるのではないだろうか。

先日のネットニュースで福原愛氏がomusubiという会社を設立したというのを見た。どんな活動をするのか未定ということだが、今の卓球ビジネスに欠けていること――メッセージの発信を担い、生産者と消費者をつなげるような活動をしてくれればなぁと思う。


レシーブ修行――ストップの位置づけ

Sさんは大学までガッツリ卓球をしてきた、とても上手な人である。ものすごくフットワークがよくて、フォアドライブが強烈である。

そんな人と先日ゲーム練習をした時のことである。Sさんのサーブを私がレシーブすると、ものすごい3球目強打が返ってくる。私がなんとかブロックすると、Sさんはさらにドライブを連打してくる。しかもコースが厳しい。うまくブロックできた時は、2回、3回とブロックするが、結局打ち抜かれてしまう。私はSさんに強打されないようにレシーブのコースを散らし、サイドを切ったりするのだが、Sさんはフットワークがいいので、どんなコースに返しても最終的にドライブ強打を打たれてしまう。

2ゲーム目の途中で気づいた。

今まで私のほうから攻撃したことってあったっけ?サーブを持っても、レシーブでも、とりあえすSさんが先に攻撃して、それを私がブロックするという展開ばかり。私が得点できるのはSさんが凡ミスしたときや、打ちミスをした時だけだといっても過言ではない。こんなに攻撃されてばかりでは勝てるはずがない(まぁ、ふつうにやったら勝てないのだが)。いつかきっと反撃のチャンスがめぐってくる。そのときになんとしても私の方から攻撃しなくては!

そんなことを考えていたのだが、結局0-3であっけなく負けてしまった。私からの攻撃は?
なんと、ほぼ一度も私の方から攻撃できなかったのだ!

「いやぁ、強いですね。私もいつか攻撃できるチャンスをうかがっていたんですが、全く攻撃できませんでしたよ。」
「しろのさんのレシーブって、基本、ツッツキか、フリックじゃないですか。台から出たら、だいたい(ドライブを)かけれるので、ストップとかも使って、前後にゆさぶった方がいいですよ。」

そうだったのか!自分では全く気づかなかったが、私はストップをほとんど使っていなかったらしい。レシーブが苦手だというのは頭では分かっていたが(前記事「上手いレシーブとは」)、これはあまりにもひどすぎる…。そりゃそうだ、あんなに縦横無尽に動き回るSさんなら、台から出るボールはどんなボールでもチャンスボールになってしまうにちがいない。

台上技術って基本がツッツキで、それにフリックやストップというアクセントをつけるものだと思っていたのだが、Sさんの言葉から察するに、台上技術の基本はストップで、それに深いツッツキやフリックでアクセントをつけるのがいいんじゃなかろうか。

今までの私の認識:台上ではツッツキが基本。たまにストップやフリック。
Sさんの認識?:台上ではストップが基本。たまにツッツキやフリック。

最近見た、2006年の全日本決勝、水谷隼選手 対 吉田海偉選手の試合を思い出した。
水谷選手は当時高校2年生。対する吉田選手は全日本2連覇(2年間、全日本で無敗。17勝0敗)という当時の日本最強の選手。解説の宮崎義仁氏によると、吉田選手のフォアドライブのスピードは「世界でも5本の指に入る」というもの。

吉田選手が考えていることはおそらくこうだろう。「先にフォアドライブさえ打てれば勝てる!」。いくら守備力の高い水谷選手でも、吉田選手にフォアドライブを振らせてしまったら、勝てる見込みは薄い。そこで水谷選手のサーブは基本的に台から出ないショートサーブ。レシーブは基本的にストップを徹底していた。これではさすがの吉田選手も得意のフォアドライブを封じられてしまう。試合を通して両者が台上でしのぎをけずっているのがよくわかる。

水谷ストップ
フォア前をストップする水谷選手

https://www.youtube.com/watch?v=nE1MzWDBoNg

私がSさんにやっていたことは――レベルは全然違うが――吉田選手に対して台から出るツッツキレシーブを送ってしまうようなものだったのだ。どんなに速いツッツキでも、コースが厳しくても、台から出してしまったら、Sさんのとんでもないドライブが飛んでくる。
私も水谷選手のようにサーブは基本、フォア前に台から出ないショートサーブ。そしてときどきアクセントとしてバックに速いロングサーブ。レシーブは基本、ストップ。そしてときどきアクセントとして深いツッツキ。こういう戦術にしなければ、こちらから攻撃するチャンスは永遠にめぐってこないのである。

一発強打を持っている相手に対してチャンスを作るためには、台上技術がカギになる。この敗戦がきっかけで私はようやくそのことに気づき、遅ればせながら、レシーブを研究しようとし始めたのだった。

レシーブ巧者への道のりは長く険しい。

Tリーグの未だ知られざるを憂う

去年2020年は本当に驚くべき年だった。半世紀ほど生きてきて、こんな大きな変化は今まで経験したことがなかった。絶対安泰だった銀行、病院、寺といった職場でさえ経済的に余裕がなくなってきている。大手企業が外国資本に買収されたり、経営危機に陥ったりしている。こんな大きな変動の中で卓球業界だけが無事でいられるはずがない。

今、日本全体が断捨離をやっていて、「これがなくなるのは、ちょっと惜しいな」程度では生き残れない。「どうしても必要だ」というものでないと、生き残れないのではないか。

この国は今一度
この国の「洗濯」というのは、これほどまでに過酷なものだったのか…

今後、卓球ショップや卓球メーカーの半数が廃業してもおかしくない。そしてTリーグも存続できるか微妙である。

そもそもTリーグに関心がある人、あるいは試合をチェックしている人がどれだけいるのだろうか。私の周り(社会人)でTリーグの話題を聞いたことがない。卓球が好きで、熱心に練習している人でさえTリーグに関心を持っている人は多くはないのかもしれない。今後Tリーグは「どうしても必要」なものとして生き残れるだろうか。

二度目の緊急事態宣言が発令された影響で、Tリーグが無観客試合になり、ネット中継されるとTリーグのメルマガで知った(今は有観客になっている?)。アマゾン・プライムで放映されているらしい。私はプライム会員である。ということは、Tリーグが見られるではないか! Tリーグのダイジェストはちょっと見たことがあるが、一日の試合を通してみたことは一度もない。週末の時間があるときにちょっと見てみよう。

プライムビデオのページに行くと…なんだ、有料じゃないか。

7日間の無料体験により、今すぐAmazonでTリーグ TVのコンテンツを視聴いただけます。無料体験期間が終わると有料期間に自動的に移行し、設定されているお支払い方法に月額198円 (税込み)が請求されます。

月額198円か…。卓球ユーチューバーの「メンバーシップ」が月額300円とか500円である。198円というのはかなり安いんじゃないか?昨日なんとなく買ったキットカットの大袋が198円+税だったことを考えると、毎月198円というのは、私の財布にほとんど影響しない額だと言える。

ちょっとTリーグチャンネルを登録してみるか。

登録すると、現在対戦中の試合があれば、そのライブが、また今シーズンの過去の試合と、そのダイジェストが見られるようになる。今シーズンは2月下旬まであるようだ。

12/23日の琉球アスティーダ 対 TTさいたまの試合をダウンロード。ダウンロードできるので、ネットがつながらない場所でも見られる。全2時間36分。試合自体は2時間強だが、その後、選手・監督へのインタビューとハイライトなどが30分ほど続く。

ハイライト動画
https://www.youtube.com/watch?v=rBb-EwYFX2o

Tリーグは以下の試合構成となっている。おそらくご存じない方も多いことだろう。
1番:ダブル(2ゲーム先取)
2番:シングル(3ゲーム先取)
3番:シングル(3ゲーム先取)
4番:シングル(3ゲーム先取)
5番:シングル(ヴィクトリーマッチ 1ゲーム先取)

デュースは基本行わない。最終ゲーム(ヴィクトリーマッチも)のみデュースあり。シングルの5ゲーム目は6-6からスタート。3-0で勝敗が決しても、4番までの試合は行われる。2-2で同点の場合、5番のヴィクトリーマッチが行われる。

1番のダブルは、平野友樹選手・有延大夢選手 対 英田理志選手・ジオニス選手の対戦。
男子でカットマンのペアというのは珍しい。それも今、波に乗っている英田選手と、いつまでも強いジオニス選手のプレーというのは興味が惹かれる。が、英田・ジオニス組はいまいち息が合わず、ストレート負け。残念。

2番のシングルは、宇田幸矢選手 対 松平健太選手の対戦。
当時の全日本チャンピオンに対して、健太選手は厳しいのではないかと思いきや、3-2で健太選手の勝利!宇田選手は勢いはあるが、自分の展開にならないときは勝てない。今年の全日本の結果と同じである。
あれ?意外と楽しめるではないか。しかし、1時間も試合を見ると疲れるなぁ。ネットだと、残りの試合を翌日に見ることもできるので助かる。

翌日、試合の続きを見た。
3番のシングルは、戸上隼輔選手 対 篠塚大登(ひろと)選手の対戦。
篠塚選手というのは、将来有望な選手だとよく聞くが、実際に試合を見るのは初めてである。
篠塚
なるほど、台湾の林昀儒選手を思わせる、しなやかな卓球をするなぁ。しかし、勝利への強い意志のようなものが感じられない。一方、戸上選手は格下相手にも容赦ない。ガツガツ攻める。

ロビングから反撃
ロビングから反撃する戸上選手

結局、戸上選手のストレート勝ち。強い!

4番のシングルは、吉村真晴選手 対 曽根翔選手の対戦。
曽根選手は、確か水谷選手が今後伸びる選手の筆頭に挙げていた選手ではなかったか。
曽根
身長177センチの体格に恵まれた曽根選手。

吉村選手のサーブが効いて、1ゲーム目は吉村選手が圧倒。しかし、その後、曽根選手が対応し始め、逆転勝利。琉球が圧勝するかと思いきや、さいたまもヴィクトリーマッチまで食い下がる。

5番のヴィクトリーマッチはシングルの1ゲームマッチ。オーダーは試合直前に決まる。1ゲームきりなので、番狂わせも起こりやすい。格上の琉球はエースを起用し、挑戦者のさいたまは、番狂わせを狙い、あまり慣れられていない選手を起用するのがいいだろう。

琉球は戸上選手。さいたまは曽根選手を選んだ。曽根選手はガッツあふれるプレーで序盤、戸上選手を引き離す。が、ジリジリと追いつかれ、逆転。
togami
チキータというのは、このぐらい低い姿勢がいいのだ。

しかし、曽根選手もまた追いつき、デュースの末、戸上選手が勝利!
戸上ツッツキ
戸上選手のツッツキが速い!そして左足の残し方が尋常ではない。

この試合は、戸上選手が大活躍だった。それが一か月後の全日本であんな結末になるなんて…。

忙しい社会人はそんなにたくさん試合を見ることはできないが、週に1試合みるだけでも月額198円(プライム会員なら)の値打ちはあると思われる。解説とリプレイもついているので、卓球の勉強にもなる。これでTリーグに関心を持つ人が増えれば、Tリーグが存続する可能性も高まるというものだ。

「上手いレシーブ」とは?

今はもう聞けなくなってしまったが、ナウ・ボイスというサービスで水谷選手が卓球全日本選手権2021について予想のコメントしていた。早田ひな選手について

「レシーブがあまり上手じゃないので、そこがちょっと。他の技術がいいだけに、なんだかモヤモヤする」

というようなことを言っていた。

ふ~ん。トップ選手から見ると、早田選手のレシーブはあまりレベルが高くないのか。そもそもレシーブが上手ってどういうことだろう?サービスが上手というのはよく話題になるが、レシーブが上手というのはあまり考えたことがなかった。チキータとかで2球目を強打できるとか、低く深く返せるとか、ストップの精度が高いとか、そういうことだろうか。

--------
先日、ゲーム練習をしてコテンパンにやられてしまった。そのとき、レシーブが下手ということがどういうことなのか、身をもって知った。なんと私はレシーブが下手だったのだ!

それまで私は、自分がレシーブが下手という自覚がなかった。というより、どちらかというとうまいほうなんじゃないかとさえ思っていた。あまりレシーブミスをしないし、サーブを浮かせないで返せる率も高いし、チキータやフリックだってやろうと思えばできる。しかし、「レシーブが上手」というのはそういうことではなかったのである。

-----------
全日本卓球2021の決勝はちゃんと見たのだが、準決勝は忙しくて見る余裕がなかったので、あとでスポーツブルというサイトのアーカイブで確認してみた。石川佳純選手対木原みゆ選手の試合である。

試合前は石川選手が木原選手に滅多打ちにされるのではないかと思っていたが、ふたを開ければ石川選手が無難なスコアで勝っていた。何が起こったのか、攻撃力の高い木原選手の猛攻をどうやって封じることができたのか、そういうことに興味を持って観戦してみた。

木原選手はバック表である。バック表は相手がとりにくいバック強打が打てる一方で、低い下回転ボールには弱いという欠点がある。そこを石川選手はみごとに突いてきた。

木原選手のバックに深いロングサーブを送る。木原選手はバックハンド強打で応じるが、入ったり、入らなかったり、安定しない。1、2ゲームは石川選手が危なげなく連取した。

石川選手のサービスの組み立てがよかったですね。1ゲーム目、長いサービスを多く出したことによって、木原選手のレシーブが非常に甘かったかなと思うんですね。木原選手のサービスも、石川選手がうまくレシーブできてるので、自分から先に攻めるというパターンがあまりなかったんですよね。そしてバックハンドの自分の打つ位置も今、まだ少し定まらない状態でプレーしていますので、ラリーの中でも非常に苦しいラリーが多かったかなって思うんですね。
やはり、今のところは石川選手の戦術というところが非常に上手いかなと思うんですよね。(森本文江氏の2ゲーム終了後の解説)

石川選手は「うまくレシーブできてる」? 特に鋭いレシーブをしていたという印象はないが、ここまでの石川選手のレシーブというのが「上手い」レシーブ?

3ゲーム冒頭。木原選手のサーブを石川選手は、相手のミドルあたりへつっつく。鋭いボールではない。ほわーっとした深いツッツキである。
kihara reveive
木原選手はバックハンドでこすり上げようとするが、勢い余ってオーバーミス。どうやらあまり切れていなかったようだ。バック側(ミドルだったが)への深い下回転が木原選手の弱点だということを見抜いたレシーブである。

そうやってバック側を意識させておいて、次のロングサービスを石川選手は浅く相手のフォア側にストップ。台からギリギリ出る微妙なレシーブとなり、木原選手はフォアドライブを空振り。
kihara karaburi

なるほど、レシーブが上手いというのはこういうことだったのか。

全日本卓球2021 | スポーツブル (スポブル) (sportsbull.jp)


たとえば、ツッツキにしても、低くて速いツッツキを送れるに越したことはないが、そればかりやっていたら、当然相手に対応されてしまう。切れた速いツッツキの後にゆっくりした切れていないツッツキを送ったり、バック奥の後にフォア前に送ったりと、相手に的を絞らせず、相手の待ちをうまく外すことができるのが「レシーブが上手い」ということになるのだろう。そのためにはボールの高さや深さ、コースといったコントロールの技術の高さも必要だが、それよりも読みや予測といった心理面が重要になってくる。よく上級者のユーチューバーとかが「私はレシーブが苦手で…」などと話しているが、あれは低いツッツキができないとか、フリックをミスしがちだとか、そういう技術的な意味ではないだろう。そうではなく、戦術的に「相手の待ちをうまく外せない」という意味なのではないか。

私は試合にめったに出ないで、基本練習ばかりしているので、相手の待ちを外すとか、次のボールを読むといった試合の駆け引き等はめっぽう苦手である。ゲーム練習で負けたら、レシーブ時に「バックドライブの威力が足りなかった」とか「フリックの精度が低かった」などと考えて、またそのような技術を高める練習にばかり励んでしまうのだが、そういうことをして、技術面の課題を克服できたところで、よほど実力差がある相手でないと勝てないだろう。同じぐらいの実力の相手に勝つには頭を使って相手に打たせない、「上手いレシーブ」を送らなければならない。別に厳しいボールでなくてもかまわない。ゆっくりしたツッツキやストップでも相手の待ちを外したり、強く打たせなければ、レシーブとしては合格点である。

となると、「レシーブが上手い」ということは、つまり3球目を相手に厳しく攻撃させないということに近づいてくる。

早田ひな選手と伊藤美誠選手の準決勝をみると、伊藤選手が3球目で厳しく攻撃している場面が多かった。これは早田選手が有効なレシーブができなかったということになるだろうか。
hina receive
伊藤選手の和柄てんこもりのユニフォームがかっこよかった。

全日本卓球2021 | スポーツブル (スポブル) (sportsbull.jp)

そういう視点で考えると、「サーブが上手い」というのも、3球目の攻撃につなげられるかどうかということになる。一般的には「サーブが上手い人」というと、回転が分かりにくく、サービスエースを連発するような人をイメージするが、そうではなく、相手の待ちを外して、自分の3球目攻撃につなげられる人は、たとえ凡庸なサーブしか出せなくても「サーブが上手い人」になるのではないだろうか。

こういう視点で上級者の試合を見ると、戦術とか、試合の組み立てということが意識されるようになってくる。派手な打ち合いではなく、サーブ・レシーブでどのような工夫をしているかに注目すると、試合観戦がより楽しくなってくる。

私が先日のゲーム練習で負けたとき、私はどんなレシーブをしていただろうか。
たぶん、低く速いボールを送ることに汲々として、相手が3球目で待っているところにばかり送ってしまったのだと思う。自分では悪いレシーブではないと思っていたのだが、結果は3球目強打を浴びまくった。相手の狙い通りのレシーブを送ってしまっていたのである。

これまで卓球で頭を使うのが苦手で、ずっと避けてきたのだが、今回の全日本の女子準決勝の試合を見て、私も少しは頭を使わないとダメだと反省させられた。


セットフレーズと卓球の定石

全日本2021が開催されている。
インターネットやテレビでベスト8、ベスト4決定戦を見たが、さまざまなドラマがあった。
解説を聞きながら見ていると、選手たちが相手の待ちを外すために様々な工夫を凝らしているのが分かる。日本代表が高校生や大学生に負けているのを見て、全日本ランカーともなると、実力的には大差なく、駆け引きやメンタルの強さが勝敗に大きく影響するということが分かった。そう考えると10年以上決勝に進出しつづけた水谷選手のすごさがよく分かる。

-------

以前、出張でドイツに行ったことがあった(前記事「ES WAR TRAUMHAFT」)が、出張中、英語が話せる自信が全くない(ドイツでは農村でもない限り英語が通じる)。行く前に少しでも英会話の勉強をしておこうと思って、こんな本を買った。

英会話

今では絶版のようだが、要するにセットフレーズが160集めてあるだけの本である。長い期間、地道に勉強するのがイヤで、とにかく即効性を求める人におすすめである。

英語でしっかりと自分の要求や疑問を説明するためには、英文法に基づいて正攻法で文を作らなければならないが、こうすると文ができるまでに時間がかかるし、頭を使うので、疲れる。

一方、簡単な日常会話なら、セットフレーズを適当にちりばめておけば、サッと表現できて省エネである。

たとえば「May I ask you a favor?:お願いがあるんですが」とか、「You can count on me.:任せてください」とか。

こんなフレーズをたくさん覚えておいて、会話中にドンピシャのシチュエーションがめぐってきて「おっ、ここだ!」と思ったときに使うと、なんだか英語がうまくなったような気になってくる。おかげで出張中、必要以上にお願いや安請け合いをしてしまった気がする。

こういうことは卓球でも有効だろう。

プレー中によくあるラリーのパターンをいくつか練習しておいて「おっ、ここだ!」というときに適当にそれを使えばまるで上級者のように流れるプレーができるにちがいない。いわゆる「システム練習」というヤツである。

たとえば

相手が自分のフォア前にショートサーブ
→相手のバック前にストップ
→相手が自分のバック深くにツッツキ
→自分がバックドライブ

私はこういう練習があまり好きではなかった。

「そんなうまい具合に相手がこちらが待っているところに返球してくれるはずがない。こんな練習をするよりも、どんなコースに返球されても対応できるように地道に練習をすべきだ」

そうやってコースを限定しない練習ばかりした結果、返球がどこに来るか予測しないでプレーする習慣が身についてしまった。まったく「待ち」ができず、反射神経に頼ってばかりのプレースタイルなのである。これはまるで学校文法でなんとか英文をひねりだそうとする、非効率的なスタイルと同じとは言えまいか。

上級者ともなると、定石的なラリーを避けて、意外性のあるコースにボールを送ってくるのかもしれないが、初中級者相手なら、そこまで定石から外れるコースには打たれないのではなかろうか。ずっと定石どおりには返球してくれないと思うが、ときどき定石どおりにドンピシャの返球をしてくれた時は、「おっ、ここだ!」とこちらから決めに行ける。

また、戦術を考えるときも、定石という基礎があって、それとの比較で「相手はこちらからバッククロスにドライブを打つと、ストレートに返球してくる傾向がある」のように相手の特徴が見えてくるのではないだろうか。定石が身についていないと、比較の材料がないので、相手のコース取りが頭に入ってこない。

というわけで、最近は定石どおりの練習を飽きるほどやってみたいと思っている。

卓球の物理――引っ張る力と押す力

この世の自然現象の基礎的な法則を記述した物理学という学問がある。
私もはるか昔にちょっと勉強したような記憶があるのだが、何一つ覚えていない。
この世の法則を数字の言葉で記述したのが物理学だと思うのだが、よく分からない。
いったいこの学問は卓球に役立つのだろうか。
一流の指導者や選手は物理学を学んで卓球に応用したりしているのだろうか。
そういう話を聞いたことがない。
おそらく物理学が卓球の役に立つこともあるのだと思うが、物理学を勉強しなくても卓球の指導はできるし、卓球は上手になるのだと思う。
とすると、卓球の上達のために、あまり楽しくなさそうな物理学を無理に勉強する必要はないと思われる。

私は卓球における自然現象を数字の言葉ではなく、私の通俗的な言葉で記述してみようと思う。
数字を使わず、おおざっぱな記述になってしまうが、分かりやすいならそれでいいのではないだろうか。学問のような高度なものではなく、現在の私の卓球における物理現象に対する感覚的な理解だと考えていただきたい。したがって、正しい記述だという保証はない

----------
卓球でドライブを打つときのことを考えてみよう。
このとき、大切な要素が二つある。
一つは押す力、もう一つは引っ張る力である。

下回転の低いボールが来た。これをドライブで返球するなら、ラバーに食い込ませて引っかける、一般的な言い方を使えば、「こする」必要がある(引っ張る力)。だが、こするだけでは勢いがつかないので、押す力もある程度加えてやる必要がある。

前記事「カットマンの嫌がること」で卓球丼氏の力がなくてもできるカット打ちというのを紹介した。バウンドして、ボールが上に跳ね上がる力を最大限に利用して、バウンド直後に真上方向にちょっとだけラケットを振り上げ、こすり上げるというカット打ちである。これはいわば、こすり(引っ張る力)が9で、押しが1のドライブである。この打ち方は安定性は高いが、押す力が極端に小さいので、威力のあるボールは打てない。

したがって、下回転のボールをある程度威力のあるドライブで返球しようとすると、押す力をもっと強くしなければならない。

私はバックドライブの時によくボールをネットにかけてしまうのだが、不思議に思うことがある。ドライブではスイングスピードが大切だから、スイングスピードをできるだけ速くしようとがんばって振ったのに、持ち上がらなくてネットに引っかけてしまったり、そうかと思うと遅いスイングスピードでやさしくゆっくりこすり上げた、ふわっとしたドライブが悠々とネット越えていったりする。これはいったいどういうことなのだろう?全力で振ったバックドライブがネットにかかり、ゆっくり振ったバックドライブが危なげなく入ってしまう。

ドライブの安定性は、スイングスピードではない、別の要素が関与していると判断せざるを得ない。

この場合、おそらく押す力が強すぎて、引っ張る力が弱すぎたのだと考えられる。つまりボールがラバーに引っかかって、これから引っ張ろうとするときに、押す力がボールをはじき出してしまい、ボールを十分引っ張れなかったというわけである。

安定したドライブをかけるためには押す力を控えめにして、引っ張る力のほうを強くしなければならない。押す力2、引っ張る力8だと、まだ威力が弱いから、押す力を3~4、引っ張る力を7~6にしたら、ちょうどいいあんばいのドライブが行くのではないかと思っている。

押す力が弱まると、ボールの威力も弱まるとは一概に言えないと思う。スイング方向が前方向で引っ張る力が強烈なら、押す力が弱くても、引っ張る力だけで威力のあるボールが行くはずである。そして安定性と威力を両立させるには、引っ張る力を優先的に活用しなければならない。

引っ張る力を強めるには、スイングスピードが必要である。ラバーにボールがひっかかった状態のまま強い力で引っ張ってボールを相手コートに、いわば「投げ入れる」わけである。押す力はボールの引っかかっている時間を短くしてしまう。速いスイングスピードで、引っ張る力を最大限にしつつ、押す力を弱めるのが理想である。

押す力を弱める方法はいくつかある。

たとえばボールがラケットに接触するまで力を入れないという方法――つまりボールを「引き付ける」である。逆に言うと、ボールが当たってから力を入れるということである。これはたとえばバルサミコ氏が3hit理論という考え方で提唱しているものに近いものかと思う。ボールとラケットが数十センチも離れた状態からスイングスピードを上げて、ボールとラケットが接触すると、押す力が強すぎて、ボールがラバーに引っかからず(ボールを持てず)、ネットに引っかけたり、逆に直線的に飛んで行ってオーバーしてしまう。氏がスイングスピードを加速させるのはボールとラケットが接触する寸前にするというのは、押す力をできるだけ抑え、引っ張る力を確保するための工夫だと思われる。

そしてもう一つの工夫はボールを当てる角度、あるいはボールを触る場所である。

こすり方
上の図はバックハンドドライブを上から見たものと考えていただきたい。三次元のものを二次元でむりやり表現しているので、いいかげんな図である。

左の青いラケットのほうは、ボールの内側をさわってバックドライブをかけている。こうすると、ボールとラケットが衝突する力が左に逃げ、押す力が弱まる。一方右の赤いラケットのほうはボールの外側をさわってドライブをかけるので、ボールとラケットの衝突する力が逃げる場所がない。すべての押す力がボールに加わってしまい、押す力が強くなりすぎて、引っ張る力が弱まってしまう。
クロスにドライブを打つとき、シュートドライブ、つまりボールの内側を捉えれば、思いきりボールを打っても、押す力が逃げてくれるので、押す力が弱く、ボールがしっかりひっかかる。逆にカーブドライブ、つまりボールの外側を捉えると、ボールとラケットが真正面からぶつかりやすく、タッチでうまく調整しないとボールが吹っ飛んで行ってしまうおそれがある。

前記事「スイングの弧線」でデッパリ弧線とヘッコミ弧線というのを考えてみたが、この記事のデッパリ弧線というのも、上の法則に当てはまると思う。デッパリ弧線でドライブを打つと、ボールの押す力を弱めつつ、安定した威力のあるドライブが打てると思うのである。コメント欄でベルゼブブ優一氏がご教示くださった動画を見ると、よく分かる。

フランツ選手の4:07のバックドライブはデッパリ弧線のバックドライブである。

https://youtu.be/ylSIkIwKUH8?t=246


他にも打点やラバーの柔らかさも、押す力や引っ張る力に影響するだろう。またボールをラバーに押し付ける力というのも考慮しなければならないが、集中力が切れてきたので、今回はこのへんでおしまいである。

【追記】
球突きをして、バウンドさせずにボールをキャッチするという技がある。あれはボールの押す力を最小限にする練習だったのではないか?

【追記2】
週末になったので、平日は観ないようにしてきたyoutube卓球動画を観てみることにした。
そこでOKP氏とフェニックスクラブのコラボ動画で上の記述と同じようなことを言っていた。
https://www.youtube.com/watch?v=fRGRCTt6myQ
したがって、「押す力を弱める」という部分は、おそらく正しい考え方だろうと思われる。

張りと脱力――ランニングと卓球

年末年始というのは、なんだかんだで忙しいようで、案外時間を持て余してしまったりする。ふだんからテレビを見ないので、紅白だの、箱根駅伝だのを見ることもない。だからこうやってブログを更新している。卓球をしたいけれど、卓球ができる場所は限られているし、卓球仲間も忙しくてなかなかつかまらない。

で、しかたがないのでランニングをすることにした。

なぜかというと、フットワークを鍛えたいなら、やはりランニングがいいと聞いたからなのだ。私は自分の卓球の中でフットワークを最優先したいと思っているので、フットワークにプラスになりそうなことは積極的に取り入れたいのである。

前記事「日ごろは何とも覚えぬラケットが…」でランニングの有用性を説いたが、今回も試してみたいことがあった。ランニングを日常的にしている人にはあたり前のことだろうが、私にとっては「発見」だった。

空気の抜けたタイヤでバイクや車を運転すると、燃費が悪くなるのだという。おそらくエンジンが生み出したエネルギーをダイレクトに路面に伝えられず、フニャフニャのタイヤが緩衝材になってしまい、エネルギーをある程度吸収してしまうためだろう。

身体の使い方にも同じことが言えないか。

走るとき、身体がたわんでいたり、ダラっとしていたりすると、体幹で生み出されたエネルギーがダイレクトに身体の末端に伝わらず、エネルギーをロスするイメージがある。そこで胸を張って背筋をピーンと伸ばし、上半身を中心から左右にねじって走ってみる(※背筋を反らせて走ると腰に悪いらしい。コメント欄参照)。前記事「日ごろは何とも覚えぬラケットが…」で実践したように脇を締めて腕はまっすぐ前方に振るようにする。

おお!エネルギーのロスが少ない気がする。背骨を中心にして身体の中心だけに力を入れて左右の肩を前後に揺らすと、非常に楽に走れる。さらに発見があった。なんと脚を使わずに走ることができたのだ。前記事「常住卓球」で「足歩きはいけない」と述べたが、今回も脚には力を入れず(完全に脚から力を抜くと立っていられないから、最低限立てる程度の力しか入れない)、上半身と腰のねじりだけで推進力を生み出し、足首のバネだけで走ることができたのだ。意識としては上半身のひねりと足首だけで走っている感じである。

この調子で京都駅まで走ってしまおうか。

信号が赤になるたびに休憩を入れ、なんとか京都駅に到着。脚を使わずに走ったことから、体力の消耗が少なかった。周辺のカフェでホットコーヒーを飲み、しばらく休憩し、帰途に就く。行きはわずかに下り坂なので楽だったが、帰りはわずかに上り坂なので走って帰るのはしんどい。歩いてのんびり帰ってきた。

帰り道でランニングの経験が卓球に応用できないか考えてみた。

卓球でも体幹、あるいは足でエネルギーを生み出して、それを腕、手、ラケットへと伝えていくのだから、その過程でダラっとしている部分があると、エネルギーのロスにつながるのではないだろうか。ということは身体全体を硬直させておけばいいのだろうか?
硬化
硬直のイメージ

いやいや、腕をガチガチに硬直させてしまっては手首まで動かなくなってしまう。張りと硬直は違う。身体に張りを持たせつつも、腕の力はできるだけ抜いておいたほうが良さそうだ。力を抜くということはエネルギーをロスしてしまうゆるみとも違う。力を抜いていながらも、筋が一本通っているようなイメージで、ラケットを振る。ランニングでは上半身の中心軸でエネルギーを生み、足が地面に接したときに補助的に足首を使って走ってみた。卓球でも上半身の胸あるいは背中のあたりでエネルギーを生み、腕はできるだけ使わないようにして、打球の際、手首だけを補助的に使って打つのがいいのかなと思う(前記事「バイバイの動き」)。

初打ちの時にこんなイメージで打球してみようと思う。


2020年の拙ブログを振り返る

あっという間に年末だ。
除夜の鐘

今回は毎年恒例の一年の振り返り記事である。
1年分の記事を読み返すのはかなり骨が折れる。しかし、これをやっておかないと、この1年に気づいたことや、私なりの「発見」が定着しないまま消えてなくなってしまう。特に最近は脳が壊れかけているので、物忘れが激しい。忘れる前にもう一度リハーサルしなければならない。読者諸氏もこの1年の拙ブログの歩みをもう一度振り返っていただきたい。

拙ブログの記事のうち、卓球練習における発見や技術的な気づき、卓球に対する考え方などをまとめた。私のレベルでの「発見」や「気づき」なので正しいかどうか保証できない。おそらく上級者やプロの指導者から見たら、納得できない主張も多々あることだろう。
基本的に用具関係、試合観戦、その他のどうでもいいつぶやきなどは無視した。私の自身の卓球に対する意識がどの程度変わり、進んだのかを確認するための作業である。

---------
1月
「軸を作る――新年の抱負」
自分のプレーの軸になる得意技術を作りたい。ストップやツッツキが上手になりたいが、それらが上手になると、攻撃のためにドライブもセットで上達させなければならない。あるいは攻撃されたときのためにブロックやカウンターも上達させなければならない。それぞれの技術が有機的につながっているので、結局一つの技術だけを磨くのは意味がない。


「用具の「性能」とは」
用具の性能の違いというのは、結局のところ、限界近くまで性能を引き出せるような力のある人でなければ意味がないのではないか。ということは、限界よりもはるかに低い性能しか引き出せない初中級者層にとっては、同価格帯のラバーの性能の違いを感じることはできないということにならないか。


「「孤独力」――自分と向き合う」
自分の卓球が行き詰まっているとき、情報を遮断して一人卓球についてじっくり考えてみるといい。どうして自分はいつも先手を取られるのか。上級者のプレート何が違うのかなどを一人で考えてみるのは、がむしゃらに練習するよりも有意義な時間になる。


「イメージを持ったサーブ練習」
サーブ練習は理想のイメージを持って練習しなければ意味がない。
長さ、軌道、高さ、回転量等を理想のイメージに近づけるようにサーブ練習をするならば、1分に2~3球しかサーブを出せない。量より質を重視し、1球ごとに集中してサーブ練習をしなければ意味がない。


「裏面の角度が分からなくなった」
裏面ドライブを打つ際、摩擦に頼らず、しっかりと角度を作ってボールの後ろから押すように打つのが安定するコツではないか。ペンの場合、角度を作るガイドとしてラケットのレンズを意識するといい。


2月
「もう一つの「戻り」――岡田崚選手の卓球論から」
岡田選手の「ニュートラル」と「戻り」の再定義によって自分のプレーがどこで遅れているかが明確に理解できるようになった。自分の打球が相手コートにつく前にフォロースルーを終えていなければならない。


「威力と早さのジレンマ――フォア打ちで練習する」
姿勢だの、体幹だの、下半身だのといった身体の基本的な使い方を意識するには、最も単純な練習――フォア打ちが適している。打球に意識のリソースを使わずに済むので、身体が上手に使えているかどうかに意識を集中させることができる。


「回転軸の転換」
今まで回転軸を縦軸と横軸の2つだけで考えていたが、前後軸も考慮しないと現実のプレーで不可思議なミスが起こってしまう。逆に前後軸を考慮に入れることで相手のミスを誘ったり、先手を取れたりする場合もある。


3月
「ツッツキは大切ですか?――早い人と戦う場合」
ツッツキが試合でどのように有効かという問いに対する一つの解答。
早いリズムの人と戦う場合は、相手の得意な打ち合いにもっていかず、ツッツキを多用して、試合の流れにいわばブレーキを掛けるような戦術が有効である。

「打球タイミングの取り方――初心者への指導のために」
初心者にはフォームや体の使い方よりも、打球タイミングを優先して教えるべき。藤井氏の考え方によると、「相手の打球の瞬間」と「自分のタメ(腹をへこます)」が同時で、「自コートにバウンドした瞬間」と「自分のスイングのスタート」が同時。


4月
「ショートってすごい!――ペンホルダーならではの技術」
ペンのバックハンドは、裏面のほうが一般的だが、表面ショートには、裏面にはない良さがある。打点の速さ、台上で押せる、ナックル気味の球が出る、などメリットがあるが、最も大きなメリットは戻りの早さだと感じる。

「いったん立ち止まって…レクリエーション」
練習を休んで、心をいったんリセットし、改めて練習に取り組めば、新鮮な気持ちで卓球に向き合えるのではないか。

「ショットの強弱の使い分け」
ショットの力の入れ具合を、強弱の2つではなく、その間の「中」が使えるようになれば、安定性が増す。また力の入れ具合だけでなく、当ての厚さやスイングの大きさ、なども「中」が使えるようになれば、卓球の幅が広がる。


5月
「膾炙練習――「無駄な」練習時間を取り戻す」
youtubeなどで「コツ」を学び、練習で何度も試して習得する、という順序は本来逆なのではないか。一見効率的な習得方法に思えるが、いきなり「正解」を学んでそれを繰り返して定着させるというやり方では、その技術は、定着したように見えても、本当の意味では身についていないのではないか。なぜなら失敗を修正するというプロセスを経ないからである。


「日ごろは何とも覚えぬラケットが… ――ランニングから学ぶ」
ランニングで脇を締めて走ると力が逃げずに前に向かう。これはフォアドライブ時に左半身で壁を作るのに似ている。ランニングの体の使い方の中にも卓球に応用できるものがある。


6月
「もう一つの「理解」」
理解には知的理解と、感覚的理解とがある。頭で、論理で理解するのと、身体で理解することである。だが、理解の方法とはこの2つに尽きるのだろうか?他の理解の方法はないのだろうか?

7月
「直感は告げる――卓球練習で大切なこと」
ミスしないように、ボールの高さを気にする人が多いが、深さを気にする人はまれだ。練習中にボールの深さを意識するようにすればミスが減る。

「おなかの力はすごい――感覚の開発」
腕を伸ばせなくなったので、腕を使わず、お腹を突き出すようにバックドライブを打つと、力を入れずに安定したドライブが打てる。それに膝の屈伸を加えれば、さらに安定する。

「一点、一瞬、集中力」
打球時にラケットのどのへんで打つか、身体との距離はどれぐらいか、などをあいまいにすると、いいショットが打てない。ボールとラケットが当たる点を意識することが必要である。打球時に力を入れる時間も、ダラダラと力を入れるのではなく、当たる瞬間まで脱力し、瞬間的に力を入れるといい。プレー中、ずっと集中していると疲れてしまうから、集中力は相手が打球する瞬間にマックスにするといい。


8月
「スケール・メリット――テニスと卓球の比較」
テニスでは歩くように上半身と下半身をひねってショットを打つのが推奨されている。これはそのまま卓球のショットにも適応できるだろう。フォアハンドは右足に体重が乗っている状態でスイングをはじめ、左足に体重が乗り切る前に打球するのがいい。また、テニスでは打球する瞬間にラケットを引くような打ち方がいいのだという。

「手首って使うの?使わないの?――プロネーションを使う」
前回に引き続き、テニスとの比較。
テニスではプロネーション(回内)という運動を使ってラケットヘッドを素早く回す。卓球でもこのテクニックが応用できないか。高島氏の提唱する8の字打法はこれに相当するかもしれない。


「四の五の言わず、フットワーク練習」
フットワーク練習は、上手にブロックしてくれる相手が必要だが、家でシャドープレーをすれば、フットワーク練習と似たような効果が得られる。


9月
「動きを止めないシンプルな方法」
一つ一つのアクションが終わって、反対方向に切り返す場面というのは卓球のあらゆる場面で起こっている。この時、反動という力がわずかに働くが、この反動を意識的に利用するかどうかで動きの滑らかさが変わってくる。

「調整打――流れが悪いときにとりあえずすること」
難しいボールが返球されてきたとき、無理に強打で打ち抜こうとしないで、1球つなぐドライブやツッツキを入れて、安全に行った後に強打を打つべきだ。レベルの低いプレーヤーはこれができずに難しいボールを無理に打ち抜こうとする。

「シェークの人の視点」
ペンのフォアドライブはヘッド側ではなく、グリップエンドを前にして振ると面が開けて、回転がかかりやすい。


10月
「カットマンの嫌がること──攻撃型の視点から」
ツッツキのような、次に相手に打たれるのが分かるショットを打つときは、打つ前から後ろに下がる準備をしておくといい。そうすると次の相手の強打を止められたり、こちらが打ちに行けたりする可能性が高まる。

「踊るように 歌うように」
基本練習を延々と続けることによって、タイミングの遅れや打球ポイントのずれが確かめられる。

「初中級者が見落としがちなこと――ボールを触る位置について」
ボールの2時ぐらいの位置を触って下回転を持ち上げようとしても安定しない。3時あたりを触ってドライブをかければ、さして力を入れずとも安定する。


11月
「「基本」から「基礎」へ」
中級後半になったら、ドライブ、ブロックといった「基本」打法の習得よりも、素早い判断、身体の使い方、正しい打球タイミングといった「基礎」力の養成に力を入れるべきである。

「おじさんでも多球練習」
効率的にたくさんのボールを打つには多球練習がいい。対人課題練習だと、お互いにミスをするので効率が悪い。また、多球練習は試したい技術のパラメータを少しずつ変えることによって科学的に最適の打ちかたに近づけることができる。


12月
「名前のない技術」
一見すると、同じ打法に見えるが、上級者と初中級者では細かい点で大きく異なる。上級者は名前のない数々の地味な技術に支えられて安定した打球ができるのに対して初中級者は、そのような地味な技術を持っていない。上級者のうわべだけをまねするのではなく、目立たない地味な技術にも目を向けななければならない。

「卓球一人練習――フットワークとバックドライブ」
板とまな板立てを使ってリターンボード的な一人練習ができる。またメトロノームを使えばフットワークのシャドープレーがより効果的なものになる。

「足元の暖まる暇もない――ファルケンベリ実践記」
ファルケンベリフットワークの実践記。判断や反応速度がはやくなった。


「飽識の時代だからこそ、断識」
卓球情報はほどほどにしないと、情報に振り回されて自分のプレーを見つめなおすことができなくなってしまう。youtube動画などの卓球情報は適度に利用すれば薬になるが、知りすぎは毒になる。

---------
以上、34本の記事を取り上げた(追記:6月分は間違って去年のものを取り上げていたので、修正した)。疲れた。頭が痛くなってきた。
しかし、すっかり忘れていたことを思い出せてよかった。特に「もう一つの「戻り」――岡田崚選手の卓球論から」「手首って使うの?使わないの?――プロネーションを使う」はもっと考えを進める余地があると思われる。

今年4月(3月末?)からの自粛期間のせいで卓球がまったくできなくなったのは大きな出来事だった。終わってみれば「ああいう充電期間もたまにはいいものだ」などと思えるが、その最中は気が気ではなかった。そして現在、またコロナ禍がぶりかえしそうな不安な年末である…

来年は平穏無事な通常の生活が戻ってきますように。

来年も「しろのたつみ」をどうぞよろしくおねがいします。

飽識の時代だからこそ、断識

多くの卓球人がそうであるように、私も毎日毎日youtubeの卓球動画を見てしまっていた。

次から次へとおもしろそうな動画がアップされていて、知らなかったことや、考えを改めさせられることなども多く、役に立つ。知識も広がる。しかし、その知識に振り回されてばかりで、自分でゆっくり卓球について考える時間がなくなってしまう。

ああ、この感覚を私は知っている。

スーパーに行って惣菜が安いと、翌日食べきれないほど買い込んでしまったり、ユニクロやGUがセールをやっていると、すでにタンスがいっぱいなのに、必要のない服を大量に買いこんでしまったりしたときの感覚である。卓球用具でも同様のことをしているのは言うまでもない。このように次から次にモノを買っていくと、モノを使うよりも買うことのほうが目的になってしまい、服を着たり、用具を使ったりするのはどうでもよくなってしまう。

今までの経験から、こういうものは単に冷蔵庫や部屋のスペースを圧迫するだけで、いずれ処分しなければならなくなるのは分かり切っている。

知識も同様である。

興味を広げ、いろいろな知識をため込んでも、いずれ脳のメモリが破綻する。結局残るのは、どうしても知りたい1つか2つのことだけで、それ以外の知識は、本当に知ろうとしていることをジャマするノイズにさえなってしまうのだ。

これではイカンと思ってyoutubeの卓球動画を見るのをやめてみようと思ったが、やっぱりつい見てしまうので、せめて見るのは週末だけにして、平日は見ないように決めた。知識を溜め込むのを断つという意味で、「断識(だんじき)」である。

世間では健康目的の断食が行われていると聞く。曰く、体をリセットする、老廃物が排出される、胃腸が強くなる、痩せられる、頭が冴える…等の効果があるらしい。心身の病気は、食生活が原因になる場合が多い。同様に脳の発達も入ってくる情報に左右されるはずである。「断識」にはどんな効果が認められるだろうか。

・1日目
禁断症状とでもいうべきものは特に認められなかった。youtubeは、なければないで特に困ることはない。別に依存症というわけではないらしい。
生活のことや仕事のことなど、あれこれ考えるべきことが多いので、慢性的に頭痛を持っているのだが、youtubeを見なかったおかげで頭痛がマシになったように感じる。時間的な余裕ができて、何かに追い立てられるような不安も軽減された。

そこで自分の卓球を振り返ってみる。
「先週、Kさんと試合をして2週連続で負けたのはなぜだろうか」
「レシーブで中途半端に払ったり、つっついてしまったりするのがよくないのかもしれない。ストップか、払うにしてももっと工夫しないとダメだろう」

・2日目
ときどき手持無沙汰な瞬間が訪れる。こういう隙間時間にyoutubeを見ていたのだが、見ないようにしたので、他のことをしてみる。
「部屋の片づけでもしてみよう…。エッこんなシャツ持ってたっけ?シャツやら短パンやら、未開封のものが20点近く出てきた。そういえばこのラケット、ほとんど使わず、ラバーを貼ったまま3年ぐらい放置しあるぞ。接着層は大丈夫だろうか。早く使わなきゃ、次にラバーを剥がすときが心配だ。」
本来、隙間時間にやるべき身の回りのことを後回しにしていたことに気づかされた。

・3日目
ちょっとやることがなくなったときに、昔撮った自分のプレーの動画を見てみる。
「一つ一つのアクションが遅い。ボールを打ってからすぐ次の動作に移らなければならないのに、打った後、少し止まっている。敏捷性のかけらもない。それでいてボールだけは速いボールを打とうとがんばっているのだから笑止なことである。あんな大振りでドライブを打ったところで力が分散するだけなのに。」
時間があるのでもう一度見てみる。
「あ、ここ、後ろに下がりながら打ってる。こういうプレーをすると、次のアクションに移るとき、大きく時間をロスしてしまうんだよな。」
なんだか自分の反省点がいろいろ見えてくる。
もう一度見てみよう。

・4日目以降
youtubeを見ない代わりに卓球ショップのサイトやらメルカリやらを見てしまう。もう用具は使いきれないほどあるのに。これも見ないようにしたほうがいいな。

週末にyoutubeの卓球動画を見てみよう。おもしろそうなものがいろいろあるだろうから、本当に興味のある動画だけを厳選してみることにしよう。

約5日間、断識してみたが、youtubeがなければないで困ることはなく、時間的なゆとりが生まれて精神的に充実していた。

振り返ってyoutube卓球動画とは何か考えてみた。

youtube卓球動画というのは、いわば、テーマパークのようなものではないだろうか。
プロの試合動画を見せてくれたり、プロの指導者、上級者のユーチューバーが手を変え品を変え、私たちを飽きさせないようにいろいろなものを見せてくれる。そこで私たちの普段の卓球環境では見られないような非日常の卓球を見ることができる。youtubeでしか得られない知識もあるし、平凡な毎日にちょっとした刺激を与えて、私たちの目先を変えてくれるという効果もある。しかし、それは「見せてもらう」という性格のものである。基本的に私たちは参加できず、あくまで観客に過ぎない。ただ何かおもしろいことが起こるまで待っているだけである。

一方、私の日常の卓球というのは、いわば山登りである。山を前にしてただ待っていても、山は私たちに何かおもしろいものを見せてくれるわけではない。おもしろいものがなければ、自分で見つけなければならない。まず自分が登らなければ何も始まらないのである。
重い荷物をもって、山道を歩き、多くの不便をクリアして頂上まで到達する。昼ご飯を食べ、道端の草木に目を落とし、古の人たちの見た風景を私たちも見る。ただそれだけである。誰かがコメントしてくれたり、説明してくれたりすることもない(ガイド的な人がいれば別だが)。すごい大発見や、今までにない出会い、びっくりするような演出もない。すべてが想定内である。が、それでも楽しい。誰かに「してもらう」ではなく、自分で「する」余地があるからである。
trail

いつか「京都一周トレイル」を踏破してみたい。

ふだんの卓球環境は「山登り」である。自分で施設を予約したり、相手を探したり、いろいろめんどくさいことがある。家で寝転がって待っていても、卓球ができるわけではない。
そうやってある時間に卓球できることになっても、何か特別なことが起こるわけでもない。普段通りの卓球の練習である。しかし、本当に何も起こっていないのだろうか?実は練習中にその「何か」がひょっこり顔を出したりしているのではないか。よく注意していなければ気づくこともないが、「絶対何かがあるはずだ」という意識で探してみると、ふだんの練習中に案外いろいろな「何か」が起こっていることに気づく。卓球は、これだからおもしろい。

youtube卓球動画を見るのも、このブログを読むのも、結局は観客であるに過ぎない。
知識はため込むものではなく、自分の卓球のために使うものである。
消化しきれないほど多くの知識をため込んでも使いきれない。
考える材料は、ほどほどがいい。それを使って自分の卓球を「する」(考えることも含めて)のが一番おもしろい。

【追記】
あとで思ったのだが、youtubeは間食に似ている。


足元の暖まる暇もない――ファルケンベリ実践記

ここ2~3か月ほど、フットワーク練習ばかりしている。
というのは下の動画で横山友一氏がこんなことを言っていたからである。

「2本1本のフットワークあるじゃん。バック・回り込み・フォア。…あれ、一日5分でいいから、毎日やってみてよ。…(そうすればフットワークが)良くならないわけない。」
yokoyama
【卓球】1ヶ月1日5分間のフットワークを続けたら上達すると思いますか?(中間報告)【検証動画】 - YouTube


「フットワークが良くならないわけがない」!。なんと心強い言葉。

これは私もやってみるしかない。

とはいうものの、練習を毎日やるのは社会人には難しい。週に1~2回ではダメだろうか?5分が7日あれば、35分。週に1回35分のフットワーク練習をまとめてやる(集中学習)というのではやっぱり効果が薄いだろうなぁ(前記事「卓球書代用考(心理学書)」)。短い時間でもいいから、毎日やる(分散学習)のほうが絶対効率がいいはずである。だが、週に1回35分の練習を3か月やったらどうだろうか?これで毎日5分を1か月やるのと同じぐらいの効果にならないだろうか?

そんなことを考えて、だいたい3か月ぐらいフットワーク練習をやってみた、今回はその実践報告である。学生時代にフットワーク練習をさんざんやった人にはおもしろくもなんともない、私の失敗談と「発見」である。これからフットワーク練習をしてみようという初中級者の参考になればと思い、書いてみることにした。

2本・1本のフットワーク、通称ファルケンベリ・フットワーク。バック側に来る1本目のボールをバックハンドで返し(A)、バック側に来る2本目のボールを回り込んでフォアハンドで打ち(B)、フォア側に来る3本目のボールをフォアハンドで飛びついて打つ(C)。次はまたバック側の1本目をバックで(A)…の繰り返し。

Falkenber

「練習事典」(『卓球王国』)より

・1か月目
「よーし始めるぞ!バック側に2本、フォアに1本の繰り返しでお願いします。」
こういう練習でむやみに威力のあるボールを打つ人がいるが、それではラリーが続かない。威力は二の次で、まずはミスなく続けることが大切なのだ。ほわ~んという山なりのボールで十分なのである。

「バックで1本目(A)、回り込み(B)、飛びつ…(C)、あれ?」

3本目のフォアハンドがノータッチで抜かれてしまう。ほわ~んとしたボールのはずなのになぜ?

いろいろ試してみた結果、ほわ~んとしたボールを送ろうとして、スイングもほわ~んとなっているため、時間のロスが甚だしかったのである。ボールは山なりの「ほわ~ん」でもいいと思うが、スイングは切れのある、そこそこ素早いスイングでなければならない。

ポイント1:スイングが遅すぎると間に合わない

そんなことを注意しながらフットワーク練習を続けるのだが、ミスばかり。バック(A)・バック(B)・フォア(C)が1セットだが、2セット続けばいいほうで、たいてい1セット続くか続かないかで終わってしまう。ボールのスピードは大したことはないのである。軽いフォア打ち程度のスピードしか出ていないのに、角ったり、ネットにかけたり、オーバーミスしたりでコントロールが定まらない。これはどうしてだろう?
kadoru
カドってボールを上に飛ばすカドゲン氏。

上の動画のカドゲン氏もカドったりオーバーしたりで、ミスばかりだった。その気持ちが私にもよく分かる。おそらく準備の時間が足りないのである。来るボールに対して「よし、来い!」と待ち構えていればミスなどありえない程度の遅いボールなのに、簡単にミスしてしまうというのは、ボールの来るところまで足を運ぶのが精いっぱいで、心と体勢の準備をする時間がないからなのである。なんとかラケットにボールを当てることはできるものの、コントロールする時間的な余裕がないのである。前の晩に翌日の準備をせず、朝、あわててその日の準備をしたら、忘れ物をしてしまうのと同じである。ボールに間に合ったからといってボールがきちんと打てるわけではない。ボールが到着する時間と、自分がそこに到着する時間が同時ではいけない。ボールが来る前に到達地点で待っていなければならない。

ポイント2:余裕をもって少し早めに到達地点で待っていなければならない。

だが、言うは易しである。到達時間ちょうどにラケットを出すのでは間に合わないとなると、ボールの到達時間よりも少し早く移動しておかなければならないということになる。つまり一連の動きの中でどこかを省略して時間を稼ぐか、足をもっと素早く動かさなければならないのである。

・2か月目
まず実践したのが(A)のバックハンドの振り終わりと、(B)の回り込みをつなげることである。バックハンド(裏面)を左から右に振る動きをフォアハンドのバックスイングとつなげるのである。これで少し時間が節約できる。さらに回り込みの時にしっかり体重移動をして右から左へ体重を移し、その左足でしっかり床を蹴ることで(C)の飛びつきへの移動を速くするという方法である。
この方法で早めに(C)の地点に行ってボールを待ち構えて打つことに成功した。だが、かなり足への負担が大きい。続けていると太ももが熱くなってくる。下半身の筋力が必要なようである。

ポイント3:バックとフォアのスイングをつなげる
ポイント4:左足でしっかりと床を蹴る

余裕をもって(C)まで行くのには成功したのがだが、こんどは(C)での打球が安定しない。ストレートに打てず、相手のミドル気味に打ってしまうのである。しかも腕に力がこもらず、手打ちである。おそらく体の向きがおかしいのであろう。(C)で正面を向かず、やや右を向きながら打球したら、ミドルへボールが行かないのではないか?
打球時の体の向きを右気味にして打球すると、あまりミドルのほうへボールが行かなくなった。だが、手打ちの違和感は変わらない。

・3か月目
手打ちの違和感を解消するためにいろいろ試した結果、左肩をしっかり入れるのが効果があるように感じた。(B)から(C)に移るとき、私はどうやら体を開いてしまっていたために(C)で手打ちをせざるを得なかったようだ。そこで(C)でバックスイングをとるときに左肩をしっかり入れて、体が開かないようにして打つと、腕に頼らず打てるようになったかなと思う。

ポイント5:バックスイングの時に体を開かないようにする

なんとか(A)から(C)までしっかり打てることが多くなってきた。が、まだまだ安定しているとは言えない。相手のブロック力に大きく左右されるのである。ブロックが上手な人に回してもらえば、(A)から(C)まで3セット、4セットと続くが、ブロックが下手な人に回してもらうと、1セットぐらいしか続かない。ブロックではなく、ドライブをかけてくる人や、プッシュ気味の人だとうまくリズムがとれなかったり、間に合わなかったりするのである。

しかし、そういう人を相手にしても続けられるようにならないと、この練習ができるようになったとは言えない。あちらが調整できないのなら、こちらが調整してラリーを続けるしかない。その調整法であるが、(C)はストレートにボールが来るはずだが、フォアサイドを切って返球してくる人がいる。私がペンなので、フォアに少し横回転が入っているのかもしれない。そこで(B)でフォアを打つとき、ややシュート気味に、ボールを左側を触って打球してみる。すると、うまくいけば相手のブロックがストレートよりもややミドル寄りに返ってくるので、(C)が打ちやすくなる。フォアサイドを切られることが少なくなった。

ポイント6:回り込みでシュート気味に打つと、次が楽

全体的にもっと移動のスピードを上げられないものか?ガバっと足を開き、膝を十分曲げ、あばら骨を台に引っかけるような低姿勢での移動を試みてみた。スピードが上がったかどうか分からないが、ボールを下から見るようになったため、打球が安定した。ただし、脚の筋肉への負担は倍増した。

ポイント7:ボールを下から見るような低姿勢にすると、打球が安定する。

さらなるスピードアップのために脇を締め、腕が伸びないようにして、スイングをコンパクトにしてみる。極端に言うと、フォアを打つとき、ラケットのヘッドを4時の位置にして、3時の位置まで上げる、このわずか1時間の差だけで打球するようにしてみる。

現在、こんな感じでやっているが、ブロックの上手い人に回してもらえば、3~4セット、ミスなく続くが、そうでない人が相手なら2セットぐらいしか続かない。さらなる改善の余地があると思われるが、とりあえず形にはなってきたと思う。

2本1本という練習ができるようになるために練習が必要というのは、なんだか本末転倒な感じがするが、この練習は私にとってそのぐらい難しい練習だった。

で、肝心の効果はあったのだろうか?

働き者のお母さんはジッと座っていられない。
うちの年老いた母もそうである。
「ゆっくり休んでて。自分のことは自分でやるから。」
などといっても、玄関の靴が乱れていればきれいに揃えるし、取り込んだ洗濯物が目に入ればきれいに畳んでいく。家族のために何かしてあげたいという気持ちももちろんあるのだと思うが、それだけでなくジッとしているのが何か落ち着かないらしい。

そういう境地に達したら、人の何倍も効率的に働けるようになる。

フットワーク練習の最大のメリットは、そういう癖のようなものが身につくことではないだろうか。私はフットワーク練習をすれば中陣から縦横無尽に動き回り、豪快なラリーができるようになるのだと思っていたが、そうではなく、打球ポイントへの移動が容易になり、詰まったり、ノータッチで抜かれたりということが少なくなるというのがフットワーク練習の効果なのではあるまいか。ボールに対する反応が早くなるのである。

以前はボールを打った後、その場にじっと動かず、次のボールがどこへ来るのかを観察していたものだが、最近は打球後にとにかくチョコチョコ動かないと落ち着かない。おかげで以前なら簡単に抜かれていたボールになんとか手が届くようになってきた。相手の返球を見て「このボール、回り込めるんじゃないか?」などと思えるようになってきた。それが現時点での効果である。

おそらくさらにフットワーク練習をつづければ、移動スピードも速くなり、豪快な卓球ができるようになるのではないかと思われる。が、オジサンの体力ではそこまで期待しないほうがいいかもしれない。


卓球一人練習――フットワークとバックドライブ

以前、こんな記事を書いた。

 卓球がもし、ビデオゲームのように一人で上達できるスポーツだったらと想像してみる。ビデオゲームなら、自室にこもって一人でひたすらプレーすれば、かなりの程度まで上達することができるだろう。卓球もそのように一人で上達できるとしたら、自分のことだけ考えて、自分の時間を自分のためだけにつかって、自分の練習だけをすればいいことになる。…しかし、幸いにも卓球は自分ひとりでは上達できない(サービスは例外だが)。どうしてもパートナーや指導者の協力がなければ上達できないようになっている。

卓球は一人では上達できない。ふだん当たり前に存在するパートナーがいなければ自分の上達もないということを肝に銘じてパートナーの上達を手助けするような練習をするべきだ。それが「情けは人のためならず」で、結局は自分に返ってくるのだから。

効果的な卓球の練習はどうしても相手との協力が必要だということを主張したのだが、最近考え方が変わってきた。卓球の練習は一人でも、ある程度ならできるのではないかと思うようになってきたのである。もちろん対人練習が理想的だとは思うのだが、自分と相手の時間の都合がなかなか合わず、練習できないときが多いと、一人効果的な練習ができないものかと思う。私が最近試している練習は以下の二つである。

まず、シャドープレーである。
家のテーブルを卓球台に見立てて、オールフォアで、フォア・バックの1本1本のフットワークをやってみる(前記事「四の五の言わず、フットワーク練習」)。30秒×5セットぐらいやれば、かなり疲れるのだが、ただ左右に動いてラケットを振っているだけでは味気ない。これにちょっとした調味料を加えてやると、とたんに質の高い練習に早変わりする。

metronome

メトロノームを使って実際にブロックしてもらうテンポを再現しながらフットワーク練習をするわけである。しかも最近はわざわざメトロノームを買わなくても、ケータイなどのアプリでメトロノームが無料で使えるのである。

メトロノームのアプリが数えきれないほどあって、どれを使っていいのかよく分からないが、私は広告などが一切入らない、無料のシンプルな下のメトロノームをインストールしてみた。今のところ、満足している。
simple metronome

simple metronome

これで120BPM(first beat accent:every3beats)という設定で1本1本のフットワーク練習をやってみたら、良い練習になった。

もう一つは家ではできないが、台を使った独り練習である。
前記事「独り練習」でリターンボードというのを紹介したが、アマゾンでも「ラリーパートナー」という製品が売っていた。残念ながら、今は売り切れらしい。

同じようなリターンボードを自作している卓球教室があった。
板コーチ
板コーチチャレンジ
https://www.youtube.com/watch?v=0UQbepx5qdE

このような製品はとても便利だと思うが、持ち運びが難しい。私が卓球場に持って行って、よく使うのは100円ショップで売っているMDFボードとまな板立てである。これを「板トレーナー」と名付けよう。

MDF

まな板立て

これを卓球台の隅に立てて、ボールをぶつける。ラバーを貼っていないから、軽い下回転になって返球される。それをドライブ強打するという練習である。特にドライブの感覚をつかむのに適していると感じる。

市販のリターンボードのように何球も連続して打つことは難しい。たいてい1発ドライブを打ったら、高く跳ね返ってしまい、2発目は打てない。だが、それで問題ない。下回転打ちの感覚は十分つかめるからである。

まず、1本板にぶつけて(サービス相当)、返ってきた下回転(あるいはナックル)をドライブ。大きく跳ね返ってきたら手でキャッチ。それの繰り返しである。ちゃんとキャッチできないことも多いので、かごにボールを山盛りにしておくといい。プラボールは弾みすぎるので、セルボールがおすすめである。1本目の「サービス」は、台の奥ではなく手前にバウンドさせると返球が低くなりやすい。そんな調整をしながら上手に続ければ、5秒に1本ぐらいのペースでドライブが打てる。1分で12本。10分で120本。対人練習で相手に「下回転サーブを出すのでバック側につっついてください。それをこちらがバックドライブするので…」とか、そんな練習をすると、こちらがサーブミスしたり、相手がツッツキをミスしたりして、けっこう時間をロスするので、板トレーナー練習のほうがずっと効率がいいだろう。

板トレーナーによって、どのポイントでインパクトしたら力が伝わるか、ボールとの距離や体の向き、姿勢の低さ、スイングの大きさなどをいろいろ試してみて、理想的なスイングが固まってくると、ミスも減ってくると思われる。

今まで一人練習というと、サーブ練習や球突きといった練習が一般的だったと思う。サーブ練習は確かに効果があるが、球突きのほうはあまり効果がある練習とは思えなかった。それで一人練習はあまり効果がないと思い込んでいたのだが、上述のメトロノーム・フットワーク練習と板トレーナー練習はかなりやりがいのある練習である。これを数か月続ければ、効果が現れるのではないかと思う。


名前のない技術

私はブロックがあまり得意ではなかった。
練習の時にちゃんとブロックできないと、相手に迷惑をかけるのでなんとかして上達したいとは思って、練習の中でできるだけブロックする機会を増やしたり、ブロックが上手な人にコツを聞いてみたりしてきたのだが、一向に上達しなかった。

それがある日突然、ブロックが得意になってしまった。

相手の切り替え練習のためにこちらがブロックすることになったのだが、ミスする気がしない。そのうち相手がどんどん球威を上げて全力で打ってきたのだが、こちらは台から少し距離を取って、平常心で淡々と返球できている。

一体何が起こったのか?

指導者ではないので、どういう理由でブロックが得意になったかをうまく分析できないのだが、イメージで言うと、ラケットではなく、鉄板を指でつまんで、ぶら下げているようなイメージで、ボールがラケットに当たるまで全く力を入れず、ブラブラの状態にしておき、ボールが当たって、その「鉄板」が振動したのを確認してから、ゆっくり前方にラケットを押すような感覚である。その際、ボールはブレードの中心ではなく、下半分に当てるように心がけている。

ボールの威力をラケットの振動で殺した上でボールを「乗っけて」持っていくような感覚である。今までは当たる瞬間に力を入れていたのだが、ほんのコンマ数秒、力を入れるタイミングを遅らせたのである。

こういうのをどう説明すればいいのか分からない。感覚の問題だと言ってしまえばそれまでなのだが、こういう、力を入れるタイミングを遅らすような技術に対する呼び名がないものだろうか。

たとえば「体重移動」とか、「ボールを持つ」とか、「薄くとらえる」といった、卓球の技術を説明する言葉があるが、インパクトの時に力を入れるタイミングを微妙に遅らせるという行為を的確に言い表す言葉が思い当たらない。

最近見た動画でこんなやり取りがあった。

(ラリー中にナックルが来た場合)上手な人は…上に弾く。…ふだん前に振っているフォア打ちをちょっと上に振るんだよ。…こするんじゃなくて、上にフォア打ちしてるんだよ。」

上にフォア打ち
「試合に勝てないので横山コーチに勝ち方を聞いたらまさかの展開に…」
https://www.youtube.com/watch?v=_6rw5NIKSm8

なるほど。そうだったのか。
弾くベクトルをやや上方向にずらしてフォア打ちをする。これはフォアフリックにも言えることなんじゃなかろうか。「フォアフリック」というと、身構えてしまうが、上にフォア打ちをすると考えれば、なんだかフォアフリックが簡単にできそうな気がしてくる。

このような「弾くベクトルを上方向にずらす」という技術も、ナックル打ちに限らず、いろいろ応用が利きそうだ。こういう技術にも適当な名前が付けられていない。

私は最近フットワークを意識して練習しているのだが、実戦的な練習では、打球後に必ず2歩ステップを踏むよう心掛けている(前記事「ズンチャッチャ」)。移動するにしても、しないにしても、打球したら、とりあえず2歩、ステップするのである。こうすると、足が止まらず、フットワークがよくなるのである。非常に単純な「技」だが、これをするかしないかでプレーが大きく変わると思う。

こういう名前のない「技」が卓球には無数にあって、たとえば上級者が言う「ツッツキ」と初中級者の言う「ツッツキ」はかなり違ったものだろうと思われる。上級者の「ツッツキ」は名前のない数々の技術に支えられており、安定性や次の攻撃への移行がスムーズである。おそらく初中級者の「ツッツキ」とは、見た目は同じでもずいぶん違った技術なのではないだろうか。そのような名前のない技術の存在を意識するかしないかで卓球の伸びしろが大きく変わってくると思われる。

おじさんでも多球練習

いつもどおり、10分ずつ、時間で区切って相方と課題練習をすることにした。
私はもちろんフットワーク練習をするつもりである。
フットワーク練習が一番楽しく効率的にボールが打てると信じているので、体力さえ持てば私の持ち時間の約1時間をすべてフットワーク練習にあててもいいぐらいだ(前記事「踊るように 歌うように」)。

相方はどんな練習だろう?ツッツキからの下回転打ちの練習とかかな。

「そちらから、お先にどうぞ。何をしますか?」
「う~ん…じゃあ多球をやってもらおうかな。」

なんと!まさかの多球練習。
多球練習というのは、基礎の固まっていない、レベルの低い子供とかに正しい打ち方を教えるための練習というのが私の中での多球練習の位置づけである。もちろん全国レベルの選手とか、中国選手とかも多球練習をしているのは知っている。
多球

それは練習時間が有り余っており、対人練習では難しい、コースの厳しいシステム練習などが必要な人の高度な練習であり、練習時間の限られた、一般の社会人には多球練習なんて縁のないものだと思っていた。たとえばフォア、バックの切り替えといった単純な練習なら、多球よりも、こちらがブロックしてラリーを続けたほうがずっと効率的にボールが打てるからである。こちらがブロックするたぐいの練習なら、私もブロックの練習ができる。多球練習では、送球者は練習ができないし、ラリーにならないからつまらない。

私たちが練習していた卓球場にはたまたま集球ネットと山盛りのボールが用意されていた。

「ループドライブをカウンターする練習がしたいので、お願いします。」

私の送球するループドライブなど大して回転もかかっていないだろうし、あまり満足の行く練習ができるとも思えないのだが…。

子供相手に多球をやっていたことがあるので、軽い下回転とか、ロングボールぐらいなら問題なく出せるのだが、ループドライブはどうだろう?やったことがない。手探りで球出しをしてみたところ…果たして私のループドライブの送球はおそろしく質が高かった。

「これ、これ!こういうのをカウンターしたかったんですよ!」

台から1メートルぐらい離れて、台よりやや低い位置からフォアドライブを出してみる。以前、子供相手に多球をしていた経験から、コツはなんとなくわかっていた。腕はほとんど使わず、膝の屈伸を中心にループドライブを打つのである。

よく考えてみたら、送球というのもいい練習になるよなぁ。下半身をしっかり使ってドライブを打たないと非常に疲れるし、良いボールが行かない。

次にスピードドライブもまぜて打ってみる。自分で言うのもなんだが、スピードもそこそこあり、回転もよくかかっている。これも申し分なしのいいドライブである。ループドライブの時と同じ立ち位置で台よりやや高い位置からヒョイっとトスして、空中でやや斜め上方向にドライブする。もちろん下半身と腰をしっかり使ってである。

「いやぁ、いい練習させてもらいました!カウンターのコツがおぼろげながら分かってきました。」

私もけっこういい練習ができたかな。フォアドライブでいちばん威力の出るポイント(身体との位置関係)が分かったので。実戦でもこの送球時の感覚を忘れないで打てば、コンパクトなスイングで安定したフォアドライブが打てそうである。

「そちらは何にします?」
「じゃあ、私も多球でお願いします。裏面ドライブの下回転打ちに不安があるので、ひたすらバック側に下回転をお願いします。」

だが、相方は、なんと送球の経験がないらしかったのだ!私のドライブの多球を見て、台にバウンドさせずにダイレクトに下回転を送ろうとしている。

「いや、そうじゃなくて、台の上でワンバウンドさせてから、つっつけばいいんですよ。あ~そうじゃなくて、頂点前でつっつくんですよ、ボールの上がってくる力を利用して切るんです!」

初めての経験なので、コントロールがひどく、来るコースは台のバック半面である(切るときに手首を使ったらダメでしょ)。オーバーミスや高いバウンドの下回転ボール、台から出るか出ないかの微妙な長さの下回転ボール、ときどき変な横回転が混ざっていたり…

しかし、こういう汚いボールでも安定してバックドライブできるようにならなければならない。いや、むしろ汚いボールのほうが自分のバックドライブの欠点がよく見えるのかもしれない。

約3秒ごとにいろいろな種類の下回転ボールが飛んでくる。それをあれこれ試しながらバックドライブを打ってみる。

「体の真正面でインパクトするのと、ちょっと外側でインパクトするのと、どっちが安定するだろうか?」
「当てが薄いのと厚いのではどっちがいいだろう?」
「左足前か?並行足か?」
「手首を使うのと使わないのではどっちがいいか?」
「腰をひねるのと、前に突き出すのと、どっちが安定するか?」

など、日ごろ疑問に思っていたことをすべて試してみた。なにしろたった5分間で100球以上打てるのである。
その結果、ラケットのヘッドを真下に向けておいて、身体の正面で、薄く、手首を思いきり回して打つ打ち方が最も安定することが分かった(私にとっての感覚なので、万人に当てはまるとは思えない)
先端が自分のほう
バックドライブする時ここだけは抑えておけ!人気コーチである伴コーチに教えてもらおう!【卓球動画LiliTV】

以前、伴氏がラケットの先端を自分のほうに向けるようにして手首をひねって思いきり裏面ドライブをかけるという打ち方を紹介していたが、私はそのときは、手首を使う打ち方に違和感を感じて自分の打ち方としては採用しなかったのだ。しかし、そのときから8か月ほどたった現在、伴氏の打ち方がしっくりくるようになったのだ。

以前「眼光紙背に徹す」で『本を読む本』を取り上げたが、読書で最も大切なことが、その本の構造を把握することであるように、卓球でも自分のプレーがどのような要素から成り立っているかを分析する必要がある。多球練習は自分が無意識に行っている一連の動作がどのような要素から成り立っているかを分析するのに有効だと思う。そしてそれらのパラメータを少しずつ変えてみると、自分のプレーの問題点を知ることができるのである。私の裏面ドライブで言うと、手首を使うかどうかというパラメータが最も重要なポイントだったと思う。

このように多球練習は初心者や全国レベルの選手だけでなく、一般層にも有益な練習であった。また送球も意識次第で良い練習になると思われる。


「基本」から「基礎」へ

なんだか足裏に違和感があると思ったら、マメができてるよ。

練習ができないときは、前記事「四の五の言わず、フットワーク練習」で紹介した、シャドー・フットワークを自宅でするようにしているのだが、リビングで裸足でオールフォア1本1本とかをやっていたため、摩擦で足裏にマメができてしまったというわけなのである。シャドー・フットワークでなく、台で練習したいなぁ。

東京には24時間マシンで練習できる環境があるという。もしうちの近所にあるなら月1万円でも入会したい…。
前後のフットワーク
前後のフットワーク。夜、寝る前にこんな練習をしてグッスリ寝てみたい。

https://www.youtube.com/watch?v=tMaqBVpwufg

それにしても、フットワーク練習はいろいろな発見がある。

1本1本なら、バック側で打球した[つもりの]あと、フォア側に素早く移動しなければならないのだが、そのときに左足の踏ん張り(と蹴り)をほとんど使っていなかったことに気づかされた。これじゃ飛びつきが遅れるわけだ。それだけでなく、腰のひねりも十分使っていなかったこともよく分かった。腎臓のあたりの背中の皮がねじれる感覚があると、しっかりフォアが振れて、すばやく移動できる。バック側の打球時にしっかりと左足を踏ん張って、腰をひねって打つと…腹筋というか、体幹に負担がかかるのが感じられる。あぁ、こういう部分を鍛えなければならないんだなぁ。

今まではツッツキの角度だの、ドライブのときの腕の振り方だのといった、上半身の使い方にばかり意識が行っていたのが、最近は下半身の使い方にも意識が行くようになった。フットワーク練習を通してこういう「基礎」の部分に自分がいかに無頓着だったかに気づかされた。

あれ?でもツッツキとかドライブも卓球の「基本」のはずである。「基礎」と「基本」は何が違うのだろう?

う~ん。

「基礎を築く 」とは言えるが「基本を築く」は微妙な感じだ。「基礎研究」といえば、それだけでは目に見える成果(製品化)になりにくい、地味な研究を意味するし、「基礎知識」といえば、それを使って何かを生産する土台のような、根拠のような知識を指す。

それに対して「基本を忘れる」とは言えるが「基礎を忘れる」は微妙な感じだ。「基本打法」とは言うが、「基礎打法」とは言わない。「基本方針」というのは、例外はあるものの、たいていの場合に使える考え方を指し、「基本的人権」といえば、ふつうの人が持っている生存権・社会権を指す。


これらのことから「基礎」というのは「完成品」に対するもので、自らの中に築かれる、目には見えない働きのようなものかなと思う。一方「基本」は知識のように習得するもので、具体的にこれと指して取り上げることができる「完成品」のうち、主要なものなのかなと思う。

ランニングを続けていれば、「基礎」ができるし、フォア打ちとかブロックとかは「基本」の技術である。

そうそう、思い出した!前記事「技と技の間」で、かつて「基礎力」というものについて考えてみたのだった。たとえチキータの練習を熱心にしなくても、素早い判断、身体の使い方、正しい打球タイミングといった「基礎力」を高めれば、おのずからチキータの質が上がる。フットワーク練習で自らのうちに「基礎」を築けば、個々の「基本」技術の底上げにつながるのである。

初心者・初級者のころは多様な質のボールを安定して打てなかったので、とりあえず「基本」を身に付ける必要があった。しかし、中級者になって10年以上経っている現在、ある程度「基本」が安定してきているので、これからは「基本」よりも「基礎」の構築に重点を移す必要があるように思われる。

最近見た、動画からもう一つ分かりやすい例を。
「上田仁選手の下回転に対するフォアドライブ強打のコツ」
https://www.youtube.com/watch?v=GOsPe0uGrCs

沈み込む

え?姿勢が低い…。
上田選手は身長が171センチあるそうだが、バックスイング時のフリーハンドが台の高さと同じである。

姿勢を低く
まるで卓球台にもたれかかっているように見える。

脇息

この姿勢の低さで下回転ボールを打てば、ボールの触る位置が3時近くになり、安定することまちがいない。この姿勢の低さを実現するためには足をガバっと開いて、膝を90°ぐらいに曲げた状態のまま踏ん張らなければならない。太ももの筋肉をかなり鍛える必要があるだろう。この姿勢の低さが自然に出てくるというのがまさに上級者の持つ基礎力なのだと思われる(上田選手は上級者を超えた超上級者だが)

【追記】201118
参考までに過去の卓球王国にこんな記述があった。

「卓球のミスの原因は、どう考えても足しかない」
『卓球王国』19年12月号「編集後記」より

卓球王国の「「脱・手打ち」のスイング改造術」

「良い位置取りで、しっかり重心移動ができれば簡単にミスはしない。ラケットの角度とか、根本的な要因は下半身にあります」

口うるさい三太夫――ニッタク 王晧 

今日は祝日なので、ゆっくりできる。特に予定もないし、いっちょブログでも更新してみよう。
--------

うちにニッタクがかつて販売していた紅双喜の王晧というラケットがある。
王晧

たしかブレードサイズは165×151だったと思う。攻撃用としては最大のブレードサイズになるだろう。
グリップもでかく、そしてけっこう平べったい。持った感触は悪くないのだが、ラバーの好き嫌いが激しく、かなり扱いにくい。
一般的なテンションラバーを貼ると、カポーンという打球感で力がボールにこもらない感じがする。粘着ラバーを貼っても私にはあまり合わなかった。いろいろなラバーを貼ってみたが、どれも打球感が非常に悪い(私のラケットの評価基準は打球感と見た目である)。しかし、以前ヨーラのリズム375を貼った時だけは驚くほど打球感がよくなって、気に入って使い続けていたのだが、古くなって他のラバーに替えたら、またあの気の抜けたような打球感に戻ってしまったので、しばらく放置していた。

ある日、ふと思い出して
「あんなにブレードがでかいんだから、粒高とかを貼ったら合うのではないだろうか?」
早速王晧を引っ張り出してきて、粒高を貼って打ってみたところ、やっぱりダメだった。弾まないと言っても、いちおう攻撃用のラケットなので、粒高はボールが飛びすぎてしまう。

そうやってお蔵入りしていたのだが、ふと思い出して、
「深く握ってみたらどうだろう?」
ペンは特にグリップの握り方がプレーに大きく影響する。私は普段は浅めに握っているのだが、王晧を使うときは限界まで深く握り、裏面の指もガッツリ伸ばしてみたらどうだろう?…少し打球感が改善したものの、やっぱりイマイチである。

世間にはラバーを選ばず、どんなラバーとも相性がいいラケットというのがある。たとえばSK7とか、インナーフォースとか、アコースティックとか。そういうラケットの打球感が100点だとすると、王晧は50点ぐらいである(私にとっては)。しかし、いろいろラバーを替えて、70~80点ぐらいになることもある。リズム375のときは100点だった。そうやっていろいろラバーを替えたり、自分の打ち方を変えてみたりして、打球感を調整していくというのは、もしかしたら楽しいことなのかもしれない。そして自分に合わないラケットだからこそ、そのラケットでプレーを安定させることができるようになれば、自分のプレーの弱点も克服できるのではないだろうか。

私は現在、裏面での下回転打ちに不安を抱えている。お気に入りの用具ならある程度入るのだが、王晧で裏面ドライブを打つとかなりの確率でミスる。それで王晧を使わなくなったのだが、そうやって気に入った用具に「逃げる」のは、自分の弱点にきちんと向き合えていないということではないだろうか。最も扱いにくい用具でさえ安定してボールが入るようになれば、それは弱点を克服できたといっていいだろう。

よく「用具で自分の弱点を補う」などと言われるが、それは間違った打ち方のまま弱点から目を背けているということにならないだろうか。

そういう意味で王晧は私にとって貴重なラケットである。イエスマンばかりの用具の中で一人だけ口うるさいラケットがいるというのもおもしろい。ただ、いつも使っていると疲れるので、ちょっと気分転換に使ってみて「叱ってもらう」ぐらいがちょうどいいかもしれない。


女性卓球人口を増やすには

最近、太ってきたように思う。
コロナ太りというやつだろうか。
いろいろ思い当たることを探してみると、一番の原因はスーパーめぐりかなと思う。

コロナで自粛ムードが強かった時でもスーパーだけは通常営業していた。それで毎日スーパーに行っては特売品だの、割引されたお惣菜だのを買ってきて、冷蔵庫がいっぱいになってしまうことがよくあった。特にほしいものでもないのだが、目の前にお得な商品があるとつい手を伸ばしてしまうのだ。空腹でもないけれど、賞味期限が近いものがあると、食べずにはいられない。そんなことが重なって最近太ってしまったというわけである。

卓球ショップやメルカリなども同じだと思う。必要はないのだが、なんとなくこれらのサイトを見ていると、特にほしいわけでもないのに、つい買ってしまうのだ。

そういうことに気づいてからは、スーパーに行くのをやめた(メルカリはまだ見てしまうが…)。するとどうだろう、むやみに間食をしたり、空腹になる前に食べようという気にならない。ほかの作業をしていて、身体が栄養を欲してきてはじめて「そろそろ何か食べようか」という気になるのだ。そもそも私は食にあまりこだわりがないので、たくさん食料品を買い込む必要はないのである。無駄遣いも減ったし、体調も良くなった。スーパーめぐりをやめていいことづくめである。

--------
神山氏の動画で卓球女子人口が少ない理由というのを女性youtuberに質問していた。
女性ユーチューバー

「なぜ、社会人の女子選手は少ないのか?」
https://www.youtube.com/watch?v=sGIEtuj80J4

(かつて卓球をやっていた女性がほとんど続けていないことについて)女の子っていろいろなことに興味を持つからかな?」
「あれやってみたい、これやってみたい、で結局卓球やらないとか。」

それなら吹奏楽だの、バスケだのをやっていた女性も「あれやってみたい、これやってみたい」で卓球を始めるはずなのだが、そうはならない。

拙ブログでも過去にこのテーマで原因を考えたことがあったが、よくわからなかった(前記事「セカセカしない」「女性の視点が卓球を変える」「卓球の「暗い」イメージ」…)。

もちろんいろいろな考え方の女性がいるのだから、女性卓球人口が少ない理由というのは一つではあるまい。しかし、いろいろな考え方の女性がいるにもかかわらず、趣味として卓球を選択する20代、30代の女性が少ないというのは厳然たる事実である。偶然選択されなかったわけではない。

20代、30代の仕事や育児で忙しい年代の女性が隙間時間に卓球をやらない理由の一つはプロモーションが足りないからではないかと思われる。

私はスカッシュというスポーツに興味がある。
無機質的な空間で隣り合った二人が同じコートで無心にボールを追いかけるというのはちょっとかっこいい。

スカッシュ
卓球のユニフォームもノースリーブが普及してくれれば見た印象がずいぶん違うのだが…。

やってみたいとは思うものの、わざわざ自分でプレーできる場所を探して、お金を払ってまでやってみたいとは思わない。ぼんやりと「楽しそうだなぁ」と思うだけである。実際にやってみようと思っても、ちょっと友達と二人で試してみようというわけにはいかない。用具もないし、ルールも知らない。卓球よりもかなり敷居が高そうである。

しかし、スカッシュのコートが職場のビルの同じフロアにあり、通勤のたびにいつもスカッシュしている人たちを目にしている、ということであれば話は違う。すぐ手が届く位置にあれば「ちょっとやってみようかな」という気にもなる。

一方、私は能楽には興味がない(京都に来て能が習い事として成立しているのに驚いた)。なんやかやでお金がかかりそうだし、あまり爽快感もなさそうだからである。しかし、通勤途中に能楽堂があり…【以下略】

毎日それを目にしたり、近しい人がその経験者だったりすると、さほど興味のないことでも「ちょっとやってみようかな」という気になるものである。「卓球のことが気になってたまらない。どうしてもやってみたい」という人はあまり多くないだろうから、「ちょっとやってみたいけど、一歩が踏み出せない」という人のために卓球が身近に感じられるイベントの開催やメディアへの露出を増やすことが卓球人口を増やすのに効果がありそうだ。

「楽しい卓球部」
最近読んだ卓球マンガ。なかなかおもしろかった。こういう卓球を扱った佳作が増えれば、卓球を身近に感じる人も増えると思われる。
https://piccoma.com/web/viewer/858/55347


また、スカッシュのことを調べていて分かったのだが、スカッシュのようなマイナースポーツが生き残るためにはフィットネスの一環という方向性をとるのが有効のようだ。つまり単独の「スカッシュ教室」ではなく、ヨガや水泳、ボクササイズなどの総合エクササイズ教室の一つとしてスカッシュ教室が含まれているのである。女性卓球人口を手っ取り早く増やすには「痩せる」「運動不足解消」「美しい体型づくり」などを掲げた健康卓球の推進が有効だと思われる。競技的な側面を排除した健康卓球というのなら需要を掘り起こせそうだ。ボクシングがボクササイズとして広まっているなら、身体の使い方がボクシングに近い卓球だって将来性がある。まず権威付けが必要なので、スポーツ医学の専門家とかと相談して「美しいくびれを作る3点フットワーク」などのメニューを作ってもらい、複数のマシンを使ってトレーナーの指示のもとに回せば、コスパがいい。
これをコナミスポーツクラブのような総合エクササイズ教室のプログラムに組み込んでもらえれば、流行るのではないか。卓球スクールではなく、卓球エクササイズとしてである。マシン相手なのでラリーが続かない心配もない。ネーミングは「卓球」という単語を入れず、「ポン・フィット」とか、そんなカタカナにしたら受け入れられそうだ。10分やって「運動した~!」という達成感が得られれば、継続する人も多いだろう。設備投資も手軽である。これで卓球に触れた人たちが「もっと卓球したい」と思って卓球教室などに通う女性も増えるのではないだろうか。


初中級者が見落としがちなこと――ボールを触る位置について

京都市が破綻する?
そんな驚くべきニュースが飛び込んできた。
「500億円の財源不足どうする 京都市、2年で破綻状態?」
https://mainichi.jp/articles/20201013/k00/00m/040/125000c

なんとも恐ろしいニュースである。
どうしてこんなことになったのか、なんとなく思い当たる節がある。
2016年、京都市は外国人観光客の急増で宿泊施設不足が問題化されており、市長が「ホテルを増やせ」と誘致を促したのである。たしかに当時は京都市内のホテルの予約がなかなかとれない状況だったし、2020年の東京オリンピックで外国人観光客の増加も見込まれていたため、京都にはもっと宿泊施設が必要だった。しかし、それから市の想定を上回るスピードでホテルが建ち始めた。市内中心部のあちこちの住宅が空き地になり、ホテル建設工事が始まったのである。2019年には市長が「これ以上ホテルを建ててほしくない」といったことを言い出し、そこをコロナ禍が覆ったわけである。

今でも京都市中心部には、建設中、あるいは竣工したものの営業していないホテルがあちこちにある。もちろんすでに営業しているホテルもあるが、閑古鳥が鳴いている。観光客を当て込んでいた飲食店なども、まったく当てが外れ、閉店が相次いでいる。

これほど京都市の財政が悪化するというのは、観光産業、とりわけ外国人観光客を当て込んで財政が成り立っていたことが要因ではないだろうか。外国人観光客の増加はあくまでもエクストラの収入であり、「あったらラッキー、なくても大丈夫」という収入のはずだった。それをレギュラーの収入だと勘違いしたことが財政悪化に拍車をかけたように思う(京都市を卓球メーカー、外国人観光客を用具マニアに置き換えたら…)

-------------
今まで卓球の技術動画を何本見てきたことだろう?
特にフォアドライブの打ち方、バックドライブの打ち方というのはそれぞれ30本以上は見ているはずだ。腰を使って打つだの、下半身の力を使うだの、威力のあるドライブを打つためのいろいろなコツが紹介されている。

その結果、私のドライブが劇的に改善されただろうか?

いや、ほとんど改善されなかったと言っても過言ではない。おかしいではないか。こんなに熱心に動画を見てドライブの勉強をしているのに未だに上級者のような安定した威力のあるドライブが打てるようにはなっていない(もちろん、少しずつ改善されてはいるが)。長年中級者をやってきて、ようやく私はこの事実に気づいた。不条理である…

技術動画はいろいろなことを教えてくれるが、それらが私のプレーに定着することはまれである。むしろそれらの動画の教えを一度忘れて、自分であれこれ試してみた結果、少しずつ改善されてきたというのが実際のところである。

技術動画を見ても役に立たないというわけではないだろう。おそらく頭のどこかにそれらの動画のエッセンスが残っていて、自分で試行錯誤するときに無意識にそれらを参考にしたということはあるかもしれない。しかし、結局技術動画で示されているプレーをそのまま再現することは不可能で、あれこれ試しながら相当な数のボールを打ち、自分なりの「正解」を見つけるしかないという考えに至った。

どうして世間の技術動画があまり役に立たないかというと、おそらく前提が違っているからなのだと思う。上級者のプレーは基礎の部分で私たち初中級者と異なっている。その根底にある部分を初中級者はつかんでいないため、穴の開いた柄杓で水をくむがごとく、いくら動画で学んでも、自分の技術が一向に改善されないのだろう。その根底の部分が知りたい。

いっそ、子供向けの動画で一から学び直したほうが近道なんじゃなかろうか。

下から入る
「バックドライブで下回転打ちをバンビでも出来るようになる練習方法」
https://www.youtube.com/watch?v=VBXFl6Nts1Y

上の動画の2:20ぐらいのところで、子供は2度ボールをネットに引っかけている。

下の画像はうまく台にボールを入れたときのものである。ラケットの面が垂直よりもやや上を向いている。まるでツッツキのような入り方である。
下から入る


一方、ミスしたときは下のようにラケットの面が垂直より微妙に下を向いている。
ミスヒット

同じようなゆっくりしたドライブで一方はミスせず、一方はミスしている。これは何を意味しているのか。
当たり前のことだが、ラケットがボールのどこに触れるかがドライブの安定性に大きく影響するということなのである。

私は威力のあるドライブを打とうと、ボールの2時ぐらいの位置をラケットでこすることが多い。たしかに速いスイングスピードで2時ぐらいのところをこすればいいドライブが行く。しかし、不十分な体勢でスイングスピードが出せないとき、下回転をドライブで打つには2時の位置ではボールをネットにかけてしまう。3時とは言わないまでも、2時半ぐらいの位置でこすらなければならない。

ボールの性質として、下回転がかかっているボールは3時に近い位置でこすれば無理なく入る。2時の位置でこすって入れるには相当な摩擦力が必要になってくる(実際は摩擦というより、復元力かもしれないが)。摩擦力というのは、もちろん強いに越したことはないが、たとえ強くなくても、ほどほどの摩擦力でも入る角度を作ってドライブをかけなければ安定するわけがない。私の打ち方はラケット面をかなり下に向けて、ラバーの摩擦力に過度に依存した打ち方だったため、いつまでたっても安定しなかったというわけなのである(自分では面を下に向けすぎているという自覚がなかった)

ちなみにこれをこするフォアフリックでも試してみた。限界まで低い姿勢からバウンドの上昇期に3時近くをこすり上げるのだ。果たして対下回転のフォアフリックが安定して入るようになった。

初中級者はこういう基礎的な部分でまちがっていることが多いので、技術動画を見るときは注意が必要である。

踊るように 歌うように

卓球の練習といってもいろいろある。
単純なワンコースを延々と続ける練習もあれば、「フォア前をクロスにフリックして、そこからフリー」のような特定の場面を想定したシステム練習。はたまた実戦そのままの、オール形式の練習等々。

私は実戦的な練習よりもワンコース切り替えとか、1本1本といった基本的な練習のほうをよくやるのだが、周りの人の意見を聞くと、こういう基本練習をやりたがる人は少数派である。練習はそこそこにすぐに試合をしたがる人、あるいは場面を想定した実戦的なシステム練習が好きな人がほとんどである。

私はラリーを続ける練習なら、2時間でも3時間でも飽きずに続けられる自信がある(それだけ課題が山積しているということなのだが)。ある日、私がフォアとバック1本1本の切り替えの練習を楽しんでいると、相手はこの練習が単調に感じられたのか、カウンター気味に強く打ってきたり、サイドを切ってきたりと、とりにくいボールを送ってきたりする。おそらくもっと実戦的な練習をしたかったのだろう。

調和のとれた一定のリズムで延々とボールをやりとりするのは本当に心が落ち着く。それだけでなくいろいろな発見もある。切り替えのような単純な練習でミスが出るのは自分のフットワークやスイング、タイミングの取り方に何らかの問題があるからであり、それが何かをラリーを続けながらあれこれ探ってみるのである。

例えば体重移動がうまくいかないから、フォア・バックの切り替えに微妙な遅れが生じ、その結果ミスが出る、とか、打球点が遅いとか、自分の最適な打球ポイントで打っていないとか、そんなことが基本練習を続けていると分かってくる。少しずつ不具合を調整していけば、自分なりにプレーを高めることができる。動きにキレが出てくる。それが楽しみでもある。

システム練習や試合でも、自分の不具合を調整することはできるではないか、という反論もあるだろうが、それらの練習は効率が悪いと思う。ボールを打つ時間よりも、ボールを取りに行ったりして、休止している時間のほうが圧倒的に長いのである。ちゃんと数えたことはないが、実戦的な練習で5球目までいったとすると、基本練習なら30球目ぐらいは行っていることだろう。

というと「システム練習を多球でやったらいいじゃないか」という反論もあるかもしれない。

たしかに球出しをしてくれる人がいて、環境が整っていれば多球のほうが効率がいいかもしれない。しかし、効率とか上達とかではないのである。私は一定のリズムで延々と打球する基本練習が純粋に楽しくて仕方がないのである。私はダンスというのは全く経験がないが、私にとって基本練習はダンスを踊っているような感覚なのである。

over night success
テリー・デザリオの「オーバーナイト・サクセス」。大好きな曲だった。
https://www.youtube.com/watch?v=UC3dE8TUwNc

基本練習と言っても同じボールを返すわけではない。方向も深さも速さも1球1球微妙に違うし、相手のミスでフォアに来るはずのボールがミドルに来るということもよくある。それらのイレギュラーなボールにもうまく対応して一定のリズムを崩さずにラリーを続ける。そこにステップが入ると楽しさはひとしおである。必死に追いかけなければ間に合わないスピードのボールでは楽しくない。ほどほどのスピードがいい。

切り替え練習で言えば、バック側に素早く移動して小さく体をひねり、戻すところでインパクトを迎え、その勢いのままにフォア側に素早く移動しフォア側に体をひねり、スイングを止めないようにフォアハンドのインパクトを迎える。まだ私は下半身の体重移動をうまく使いこなせないが、これらの要素をすべて含んで、完璧に流れるように打てた時は、ダンスの美しいステップに比べても遜色ない美しい動きだと思う。

左右に来るボールをコンパクトなスイングで淡々と打ち続ける。すると自然と声も出てくる。静かで穏やかなラリーである。しかし時にはイレギュラーなボールもやってくる。まるで人生のように。そのときはステップやスイングが大きくなったり、リズムを崩して高いボールを送ったりしてなんとかしのいだりする。そしてまた平穏なラリーが続く…。リズムに合わせて体を動かし、ときにはミスする危機が訪れたりもする。こんな起伏に飛んだ練習が楽しくないわけがない。

実戦的な練習ばかりしている人にはぜひ基本練習の楽しさを見直してほしいと思う。

カットマンの嫌がること──攻撃型の視点から

カットマンの嫌がることというのを卓球丼氏が解説していた。

簡単カット打ち
「最も切れたカットを簡単にドライブするコツ」
https://www.youtube.com/watch?v=gMBuYgYoHoI

「(ボールがバウンドして)上がってくる力を利用して(ラケットを)一緒に上げてあげるだけ。」

ブチ切れのカットでもバウンド直後を真上に持ち上げれば簡単に返球できるというのだ。ああ、そういえば上手な人がこんなカット打ちをしているのを見たことがある。ここで興味深いのは、ラバーの摩擦力に頼って持ち上げるのではなく、ボールが上昇しようとする力に少し力を加えるだけで下回転が持ち上がるという事実である。

これは別にカット打ちに限ったことではないだろう。ドライブマンがツッツキ打ちをするときでも同じように返球すれば、ミスなく簡単に返せるのではなかろうか?

いや、ダメか。そんなゆるくて高いボールを相手に送ったら、スマッシュの餌食である。中陣以遠に陣取っているカットマンだからこそ通用する打ち方なのだ。

カットマンの身になって考えてみよう。
私がカットマンだとして、こちらからガッツリ切れたカットを送って、「さあ、来い!」と強打を待ち構えているところにフワッとした浅い山ボールが返ってくる。急いで前陣に戻ってできるだけ低く返球しようとするが、ボールは飛んでこないし、ループドライブの回転量も分からないし、切れ味とかコースとかにこだわる余裕はない。とにかく入れるだけのボールになってしまう。攻撃型のほうは、カットマンを前陣に引き寄せておいてから広角に強打一閃。カットマンはその強打を前陣で受け止めなければならないことになる。

あぁ、辛い。他人事ながら気の毒になってくる。苦しい体勢からあまり質の高くないカットを献上し、待ち構えている相手にスマッシュあるいはドライブを近距離で打たれるだなんて。まな板の上の鯉とはまさにこのことだ。距離という「盾」を失ったカットマンは一方的に狩られる「獲物」になってしまう(レベルの高いカットマンはその限りではないのだろうが)

こんな状況で、私ならどうするか?

カットするが早いか、脱兎のごとく後ろに下がり、必死で距離を取ろうとするだろう。なんとか強打を受け止める体勢を作るのに移動できる距離はせいぜい1メートルあるかないか。この距離が大きな意味を持つ(たぶん)。カットしてから後ろに下がろうとするのでは遅い。カットする前から後ろに下がる意識を持っていなければ(そうえいば前にもこんな記事を書いた記憶が…)

あれ?こういう場面を私は何度も経験しているぞ…。

そうだ!相手のサーブがうまくレシーブできず、軽く浮かせてしまったときにいつもドライブあるいはスマッシュ強打を浴びているではないか!他人事ではない。我が身にもこのようなシチュエーションはしょっちゅう訪れるのだ。

カットマンは前陣に寄せられるが、私はもともと前陣だから、そこでショートサーブをつっつき損ねて強打を浴びる。戦型は違えど、同じように「狩られ」てしまうのである。

ツッツキに入るときの意識が悪いのだ。ツッツキに入るときは、寄せられたカットマンの気持ちになって「ボールが触れたらすぐに下がってドライブを警戒!」という意識でツッツキに入るべきなのだ。姿勢も前のめりではなく、重心を後ろに残してすぐに下がれる体勢で!

---------
実は私はすでに先日この意識でのレシーブを試してみたのである。その結果、いつもならコテンパンにやられる攻撃型の強い人に勝てたのだ。台からある程度の距離を取ることは、強打を浴びるときだけでなく、こちらから攻撃するときの安定性にも大きく影響した。攻撃型でも「寄せられたカットマンの意識」でプレーするのは効果があると思われる。

なお、下の動画では、「カット打ちをしない」というカットマン攻略を紹介している。

カットを打たない
「【2020年度版】カット打ちのコツ。」
https://www.youtube.com/watch?v=0pAHLqWGMrE

板剥がれ――ラケットに求められる最低条件

世知辛い今の世の中では、安価なラケットばかりを無駄に買ってしまいがちだ。そうやっていたずらにラケットの本数を増やして、しょっちゅうラケットを替えていては、感覚が狂い、上達が遅れるばかりだ。そうではなく、高級なラケットを1本だけ買って、もっぱらそれを使うようにしたほうがいいのではないか。

そこでちょっと高いラケットを購入し、大切に使ってきたある日、ラバーを貼り替えようとしたら、ペリっと表面の板が少し剥がれてしまった。幅2ミリほど、長さ数センチほどがラバー側にくっついている。

目の前が真っ暗になった。

「剥がす角度を真横からにしてみよう。これ以上剥がれないように慎重にはがさなければ…」

という私の気持ちとは裏腹に1か所、また1か所と剥がれていく。6割ほど剥がしたとき、もうどうにでもなれと、強引にはがした結果、まるで虎の毛皮の模様のようになってしまった。

虎

まだ3回ぐらいしかラバーを貼り変えていなかったのに。サイドも傷つかないように細心の注意を払って大切に使ってきたのに。このラケットはもはや使い物にならない。貼り方が悪かったから剥がれたのか?いや、今回は接着シートだったから、貼り方は問題にならない。ラケットコートも塗っていた。おそらく以前貼り替えたときのダメージが重なって今回の悲劇が起こったのだろう。

用具レビューとかで、球持ちがいいとか、打球感が最高だとか、振り抜きがいいとか、グリップが持ちやすいとか、そんな項目でラケットが評価されているが、たとえそれらの項目の評価が最高であっても、ラバーの貼り変え3~4回で板がはがれてしまうようなラケットは、ラケットとして評価するに値しない。というか、不良品と言ってもいいのではないか。

天然の木材を使っているラケットなので、板がはがれる不良品というのが数パーセント混じってしまうというのはしかたがないのかもしれないが、板がはがれるラケットに当たる確率は数パーセントどころではなく、実感としては数十パーセントぐらいありそうだ。というのは私が板を剥がしてしまったのは、このラケットが初めてではないからである。数年使って何度もラバーを貼り替えていると、小さな板剥がれが起こるのは珍しいことではない(さすがに今回のような虎模様になってしまったのは2回しかないが)

多くの場合、ラケットの寿命というのは、折れたり、ぶつけたりして尽きるのではない(そういう人も稀にいるだろうが)。板剥がれによって尽きるのである。そう考えると、板剥がれはもっと問題にされてもいいのではないだろうか。球持ちや打球感を犠牲にしてでも、現在の数倍強力に、板剥がれを防ぐ加工がなされたラケットを購入したいと思う。そうでないと長く付き合っていこうという気にならない。

昔、有機溶剤の接着剤を使っていたころは板がはがれたことはなかった。板剥がれを起こさない接着剤が開発されれば値段が倍になっても私はぜひ購入したい。

卓球メーカーさん、〇〇カーボンだのといった新素材の開発よりももっと優先されるべきことがあるんじゃないですか?

シェークの人の視点

前から

上田仁選手と森薗政崇選手がペンホルダーにチャレンジ
https://www.youtube.com/watch?v=HUIsM3fll28

「日本人論」というテーマの書物がある。日本人の国民性を外国人とあれこれ比較して説明するアレである。『菊と刀』が有名だが、こういうテーマでは当の日本人よりも、外国人からの視点のほうが案外、的を射ていたりするものだ。

シェークの人がペンを使ったら、どんな感想を漏らすのだろうか?

同様にペンの人が気づかないペンの特徴をズバッと指し示してくれたりしないだろうか。そんなことを考えながら上の動画を見た。

当たり前だが、上田選手はペンでも上手い!

これで回転かかるから
「これで回転がかかるから…」

何年もペンホルダーの裏面をやっているが、どこで回転がかかるとか、考えたことがない私。
正面(自分のほう)から見たら、1時ぐらいのところでキュッとこすれば回転がかかるのか。

しかし、実際に当たっているのは、ブレードの下のほう、11時ぐらいのところに見える。
横から2
横から

次は森園選手のプレー。
森園グリップ

独特のグリップだが、フォアハンドが非常に上手い(当たり前だが)
上田選手の浮いたレシーブを台上でフォア強打。
森園台上強打

会話が聞き取りにくく、何と言ったか聞き取れなかったが、どうやら台上強打はペンのほうがずっとやりやすいと言っているようだ。

面を開いてフォア
強打を決めて、気持ちよさそうにフォアハンドの素振りをする森園選手。

あ、やっぱりそっちを前にして振るのか。

シェークハンドはフォアを振るとき、ラケットのヘッドのほうが前になると思うのだが、ペンホルダーの場合、ラケット面を開いてフォアを振る人はグリップエンドが前になる。

森園2

上田素振り
上田選手もやはりグリップのほうを先頭にして、フォアを振っている。こうすれば、ヘッドがよく回り、回転がよくかかるのだろう。直感的に?二人はグリップを前に、ヘッドを真後ろにしてフォアハンドを振っている。

これは前記事「手首って使うの?使わないの?」の「プロネーション」という概念に通じるのではないだろうか。

シェークの人から見て、これがペンで最も威力の出る打ち方に感じられたのだろう。

裏面の回転がかかるポイント、台上強打のやりやすさ、グリップエンドからフォアハンドを振る、どれも私にとっては新鮮だった(上手なペンホルダーにとっては既知のことなのだろうが)。この動画でシェークの達人の視点から多くのことを学ぶことができた。
 
最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ