以前、松下浩二氏の解説について厳しいことを書いてしまった(「卓球の解説」)ので、申し訳なく思っている。
そこで松下氏の著書『DVDで極める!卓球回転テクニック』(西東社)を読んでみたところ、なかなか良かったので紹介したいと思う。

この本のユニークな点は、サービスとレシーブの説明に大半の記述を費やしている点である。
一般的な卓球の本はグリップの握り方から、フォアハンド・バックハンドの振り方、サービスの出し方、レシーブ、ツッツキと順番に説明されており、それはあたかも卓球に初めて触れる未経験者の進歩の過程を反映しているかのようである。つまり、初心者はまずグリップを正しく握り、なんとなくフォアで打ち合い、そのうちバックも打つようになる。その時点では回転をあまり意識していないのだが、試合を意識するようになると、どうしてもサービスを身につけなければならない。そこから回転と向き合うようになる。この時点から「初心者」は「初級者」になったと言える。サービスを出せるようになると、ツッツキも覚えなければならず、ツッツキができるようになると、ドライブも覚えなければならない。効果的にドライブをするにはフットワークも必要だ。一般的な卓球書ではちょうどこのような順序で技術が説明されている。

フォアハンド→バックハンド(ハーフボレー/ショート)→サービス→レシーブ(ツッツキ)→ドライブ

本書ではそのような総合的な卓球書とは一線を画し、一部の技術(サービス・レシーブ)に特化して解説されている。さらに特筆すべきはサービスからの展開も紹介してくれていることだ。これは実践的で役に立つ。

回転と付き合い始めた初級者はすぐ壁に突き当たる。回転のかかったサービスが返せないのだ。まずそこで脱落者が出てくる。フォア打ちはかなり上達し、フォア打ちからのラリーも続くようになったのだが、試合になると、全くいいとこなしである。そこで「試合はきらい。楽しく打てればいい」と諦めて、ずっと上達しない人も出てくる。

一般的な卓球書ではあまりにもサービス・レシーブが軽視されている。卓球の醍醐味はラリーだと思うが、ラリーに持ち込むためには思い通りのサービスが打てなければならない。回転のかかった短い下回転のサービスを出すのは初心者には難しい。しかしそれをクリアしなかったら、ラリーに入る前に終わってしまう。切れていない長いサービスは相手に攻撃されやすいからだ。サービスの練習をせずにラリーの練習をするというのは、漢字を学ばずに日本語会話を学ぶようなものだ。流暢に日本語を操っている外国人も会話の中に「相対的」とか「誤動作」といった語がコンニューしてくると、とたんに理解不能となってしまう。漢字を学ばない外国人の日本語が買い物程度の域を出ないように、サービス練習を避けてきたプレイヤーはラリーまで辿りつけない。
初級者に聞いてみると、サービスが卓球に占める重要度は10~20%程度だと思っている人が多い。重要なのはスマッシュやドライブであって、サービスは初めのわずか1打にすぎないという類推から来る数字だろう。しかし実際はサービスの卓球における重要度は50%近いのではないだろうか。全国大会に出るような上級者のことは分からないが、私のような趣味で卓球をしている中級者は、サービスが上手ければ、格上の相手とも互角以上の勝負ができる。


【卓球王国】サービスはマジックだ!〈中編〉

上のビデオの1:01ぐらいのところで市川梓選手が出しているサービスがすごい。こんなサービスを出せるようになったら、どれだけ卓球が上手になるのだろうか。

初級者はサービスやレシーブが少しできるようになると、すぐに派手なフォアドライブやバックのハーフボレーの習得ばかりを優先し、サービスやレシーブは未発達のまま後回しにしてしまう。自戒を込めて言うが、これでは試合で勝てない、というより卓球にならない。まっとうなサービスとレシーブができるようになって初めてラリーに辿り着けるのだから、むしろドライブの練習よりもサービス・レシーブの練習を優先すべきではないか。

相手の2球目攻撃を封じる切れたサービスを出し、返球されたボールをドライブ、あるいは深くて速いツッツキで返すことができれば、試合を相当有利にすすめることができる。そのためにはサービスの練習が欠かせない。

フットワークが重要なことは言うまでもないが、これはフットワークと対になるドライブやスマッシュといっしょに習得するべきものだとすると、サービスやレシーブよりも優先順位は低いのではないだろうか。

まとめ
初級者にとってサービス・レシーブは非常に重要であり、むしろドライブの習得よりも優先させるべきだと思う。しかしサービス・レシーブが詳しく解説されている卓球書は少ない。本書はその点で初・中級者に益するところ大である。さらにカットやペンホルダーに対する配慮もあるので、非常にユニークな卓球書である。

【追記】
「ドライブよりサービス・レシーブの練習を優先させるべきだ」と書いたが、やはりそれもアンバランスな感じなので、サービス・レシーブとドライブをバランスよく習得するのがいいかと思い直した。
遊澤亮『DVDでよくわかる!卓球』(西東社)という本を読んでみた。この本はサービス・レシーブに大半を割いており、付属のDVDはとりわけレシーブに特化している。遊澤氏はネットのいたるところで怪しげな宣伝を繰り返しているので、手に取る気にはならなかったのだが、この本はレシーブ技術の習得に益するところが大きいと思われる。