今のレベルより上のレベルに行きたい。
そのときに必須の「武器」はブロックだと個人的には思っている。
ブロックに自信があれば、相手の攻撃を過度に恐れずに済み、たとえ相手に先に攻撃されても、自分の展開に持っていくことができる。それ以上に格上の練習相手も務まるので、格上と練習する機会が増えるし、ミスが減るので普段の練習でも効率よくボールを打てるからである。

そんなことをずっと前から思っているのだが、まだまだブロックに自信がない。「鉄壁」と言われるようなブロックを身につけたい。そう思ってバック系の技術ばかり練習しているので、今度はフォアハンドがおかしくなってきた。安定しない、力の入る打ち方が分からない、かとおもえば軽く打っているつもりでもボールをオーバーさせてしまう…。

そんなときにOKP氏の以下の動画を見て参考になった。

point

裏面バックハンドがヤバくなってきた

「なんか足らんことない?」
「なんか…フニャフニャしてる…当たった瞬間とか、インパクトとかに、フォアだったらギュッと行く感じ…『(力が)入る点』があるんですけど、バックはまだ見つかってない感じがします」

「(力が)入る点」!
そうだ、これが今、私のフォアハンドで分からなくなっているのである。

ここでいう「入る点」というのはブレードの「当てる点」と言い換えてもいいだろう。今の私はここがあいまいなのである。

当てる場所や、進入方向などいろいろ試してみて、私の場合、フォアドライブはブレードの中央、グリップ寄りに当てるのが安定するということが分かった。

この経験からインパクトの「点」を意識することは大切だと気付かされた。

----------

卓球では腕の力を抜いて、打球時の一瞬だけ力を込めれば十分だと言われる。
逆に腕にずっと力を込めていて、ガチガチの状態だと、ショットに力がこもらず、ボールが全く走らない。これは一般的に言われていることである。

では、集中力についてはどうだろうか。

練習ではよく知っている相手とリラックスしてプレーできるので、そこそこ自分の実力も発揮できるが、試合となると、なかなかそうはならない。相手がどんなプレーをしてくるか分からないし、緊張もしている。なんということもない相手のショットに対しても、反応が遅れてミス。もっと早く反応しなければと思い、相手の一挙手一投足を目を皿のようにして観察し、集中力マックスで、一瞬でも早く反応しようとするがうまくいかないし、疲れる。一方、上手な人はそんなに目を血走らせて全力で相手の挙動に集中しているようには見えない。わりとリラックスしてプレーしているように見える。

集中すればするほど、かえって反応が遅れてしまうのか?

そう考えた私は集中することをやめ、無心・平常心のリラックスマックス状態でプレーしてみたところ…やっぱり反応が遅く、相手のプレーにちっとも対応できなかった。

ガチガチにずっと集中している必要はないと思うが、完全に気を抜いてしまってもダメらしい。腕の力と同じで、要所要所のポイントで集中力をオンにしなければならないのではないか。では、どんなときに集中力をオンにするのか。

相手の打球の瞬間だと思う。

相手の打球の瞬間を確認すると、ボールが来る方向が分かるだけでなく、ボールを打つタイミングが計れる。このタイミングを逸してしまうとこちらからは攻撃できず、相手のショットに合わせることしかできなくなる。

実戦でこれを試してみた。

あちらからサーブを出し、こちらは無難にツッツキレシーブ。相手は3球目をフォアドライブする体勢に入る。私は相手の攻撃に備えつつ、相手のインパクトの瞬間をしっかり確認するために集中力のスイッチをオンにした。

見えた!

その瞬間、私は全身をキュッとこわばらせ、相手のドライブをしっかりとブロックで返球したのだった。ほんの少し心の余裕があった。

-----------
ショットは、一瞬だけ力を込めて、
集中力は、相手の打球の瞬間に。
これがいい。