いろいろなオンライン・ミーティング・アプリが話題にのぼる中、日本発のアプリが出てこないのはなんだか寂しい感じがする。かつてなら、こういう国際的な需要が生まれたら、日本発の製品が必ず出てきたものだ。
30年ほど前に私が初めてヨーロッパを旅行した時のことを思い出すと、当時日本経済はイケイケで、あらゆる分野で世界をリードしていたように思う。日本中に金が余っていて、「東京都の地価を合計すると、アメリカ全土が買える」などと言われた。アメリカは日本製品の流入を警戒しており、各地で日本製品を破壊するデモンストレーションが行われたりした。

bonus
若い人はなぜゲーム中でトヨタの車を壊すのか知っているのだろうか?

ソニーとパナソニックがアメリカの大手映画会社を買収すると「アメリカの魂を金で買った!」などと叩かれた。日本人が世界各国に飛び出すようになり、私がヨーロッパに行った時も、日本人観光客があちこちにいて、ブランド物のカバンやらスカーフやらを「爆買い」していた(日本で買うより安かった)。現在と違い、ヨーロッパ人で日本製品以外の日本に興味を持つ人は稀で、ヨーロッパ人は日本人観光客を冷ややかな目で見ていたように思う。かつての先進国の人たちが新興成金国の私たちを見る目は厳しかった。また、私たちが憧れのヨーロッパを見る目も複雑だった。私が初めてヨーロッパに行ったときの感想は「文化的には学ぶべき点が多いけれど、テクノロジーの点では時代遅れのものが目立つな」というものであった。今の中国人がやっていることを30年前の日本人もやっていたわけである。

そういう時代もあったな。今の貧しい日本を見ると、隔世の感がある。

しかし「かつての栄光をもう一度」というのは無理な話である。こういう時代がもう一度めぐってくるにはあと100年は待たないといけないだろう。
-------------
世の中は無常である。いつまでも同じままではいられない。何かが過ぎ去って、何かが加わり、何かが残る。最近の日本の卓球界で言えば、青森山田の卓球部の強化が終わり、卓球レポートが紙媒体の出版をやめた。ヴィクタスというブランドができ、オリンピックの活躍によって卓球が知名度を得、その後、張本選手や伊藤選手が世界をあっと言わせた。そのような流れの中で今まさに過ぎ去りつつあるものといえば、Tリーグだろうか。開幕してわずか2年だが、ここへきて、どうにも立ち行かなくなっているらしい。

Tleague

文芸春秋の記事によると、
「当初はまともな財務諸表も作成せず、リーグの予算規模では到底賄えない競技運営を行っていた。1億円以上を費やした両国国技館でのリーグ開幕戦だけでなく、1試合の運営費も800万円近かった。結果、初年度から5億円以上の赤字に陥っていたのです。やがてプロモーションやチケット販売も各チームに丸投げ状態になっていった」

ということである。この記事がどれほど事実を反映しているか分からないが、苦しい状況なのはまちがいない。観客数は減る一方で平均すれば4桁に満たないかもしれない。観客1人あたり1万円の入場料をとれば、なんとかペイするというところだろうが、学費が払えないとか、生活できない世帯が増えつつある中、入場料を値上げするというのも難しい。私もTリーグを一度観に行きたいとは思っているが、京都には来ないので、わざわざ大阪とか東京に行かなければならない。そこまでして見に行きたいかと言われると、見に行かなくてもいいかなと思う。世界のトップ選手のプレーを目の当たりにしたいとは思うが、ただ見るだけなら全日本かジャパン・オープンを見に行けば十分で、どうしてもTリーグを見に行きたいという気持ちはない。今の御時世は、できるだけお金を使わずに卓球を楽しみたいという風潮である。ようするに高いお金を払ってトップ選手のプレーを生で見たいという需要が現在あまりないのだと思われる(その一方で1万円以上のラケットがふつうに売れる不思議)

このような状況では運営も大変だろう。ふつうにまじめに運営しているだけではお客があまり来ない。尋常でない運営でもしない限り、このままでは沈没は必至だが、石にかじりついてでも存続させたいという死に物狂いさが運営からは伝わってこない(内部では必死なのかもしれないが)。運営ではなく、むしろ選手(神巧也選手や、松平健太選手)のほうが必死な感じがする。

非常に残念なことだが、Tリーグは存続できず、いずれ解散、あるいは休眠ということになりそうだ。現在の体制のままで黒字に転換できるとはとうてい思えないからである。しかしたとえば2年に一度、現在の男女各4チーム体制で対抗戦を行うということなら、どうだろうか?非日常感、期間限定感が出てきて、電車賃を使ってでも見に行きたいと思う人も出てくるかもしれない。そのぐらいの頻度の「お祭り」的なイベントとして今後も存続してもらえたらありがたいと思う。

日本卓球界にとって大切なものが過ぎ去っていくのはさびしいが、無常は世の理なのでしかたがない。

【追記】 最近WRM のやっすん氏がアキレス腱を切ってしまったらしい。 氏の動画がしばらく見られなくなり、残念である。 一日も早い快復を祈っている。