卓球の練習が減って(あるいはできなくて)、不安に思っている人も多いかと思われる。
私も不安である。卓球の練習時間が減ると、ただでさえ下手なのが、もっと下手になる。せっかくつかんだ技術の感覚が定着する前に忘れてしまう気がする。
週2で練習できていたのが、週1になってしまったら、先月、せっかく3歩ぐらい前進したのが、2歩後退ということにもなりかねない。気が焦る…。

うちでできる卓球の練習って何かないだろうか?

ランニング、筋トレ、素振り、球突き、トップ選手の試合動画を観て研究…。どれもあまり楽しそうじゃないなぁ。

自宅でできる練習をいろいろ探してみたが、渡辺貴史氏の次の動画が参考になる。


・壁打ち:一定のリズムと力で同じところに当てないとうまく続かない。こういう練習をすると力を抜いて打つ感覚が身につくかもしれない。

・サーブ練習:台なしで、床に落とすようにサーブを出す。切る感覚を養えるかもしれない。
・フォームの確認:鏡を見ながら、卓球雑誌の連続写真を真似してみる。自分のフォームと何が違うかを比較する。ビデオで撮ってあとで確認という方法もあるが、連続写真を実際に真似してみると、気づきがある。
・自分の試合動画の分析:自分の失点パターンや得点パターンが何かを自己分析する。
・フットワークを交えたシャドープレー:細かいフットワークを意識して。

どれも有意義な練習である。しかし、それでも何かもの足りない…。

-----------
鬱々と悩んでいてもしょうがない。
いっそのこと、卓球のことを忘れて、週末に旅行でもしてみたらどうだろう?九州なんか、行ってみたいなぁ。以前、天草に行ってみたいと思ったのだが、交通の便が悪くて断念したことがある。






しょうこちゃんねる」より

shoko

「好きな卓球ができなくなってほんとにつらくって、当時は明るい未来とか全然想像できなかったんですね。でも、今はこの人生も悪くないなぁっていうか、今ずっと下ばかり向いてるんじゃなくって前を向いて明るく楽しく行きていこうとポジティブに考えられるようになったら、いろんな世界が広がって本当に楽しいなって思えるようになりました。」

考え方次第で毎日が充実してくる。週に1回でも、2週に1回でも卓球ができるというのはすばらしいことである。自分の置かれている状況をもっとポジティブに考えたほうがいい。不満を抱いて我が身をかこってばかりだと、人生に満足できなくなる。できないことにばかり目を向けず、自分のできることをできる範囲で一所懸命やる。それが人生を楽しむコツだと、しょうこ氏の動画を観て気づかされた。