「私もついにテレビデビューしたんですよ。」

2020年全日本卓球選手権決勝のyoutube動画を職場の同僚に見せながらおどけてみた。

「え!?ホント?どれどれ。これが張本くんですよね。じゃあ、相手がしろのさん?」

「ほら、ここ見てくださいよ。観客席の上の方に私が映ってるでしょ?」

--------

上の会話から分かるように同僚はまったく卓球を知らない人だったが、人間のできた方だったので、私の、さして興味のない卓球話にも乗ってきてくれた。

「そういえば、あの強い女の子、どうなったんですか?ミ、ミ…。」

「あぁ、伊藤美誠は残念ながら準決勝で負けちゃったんですよ。今年は早田ひなっていう子が優勝したんです。」

「もうひとり、強い女の子がいましたよね?ミ、ミ…。」

「あぁ、平野美宇はランク入り――つまりベスト16にも残れませんでしたよ。」

「次から次へと強い選手が出てくるんですね。ひなちゃんはいくつなんですか?」

「伊藤美誠や平野美宇と同い年です。伊藤美誠は中国の一軍にもときどき勝てるぐらい実力があるんですが、早田ひなが今、日本で一番強いかもしれません。」

hina優勝

「この子がひなちゃん?顔、ちっちゃ。なんだかアイドルみたい。佳純ちゃんもきれいでしょ?卓球選手ってきれいな子が多いんですね。」

kasumi skII

「言われてみればそうかもしれませんね。準決勝で石川佳純に敗れた橋本帆乃香って子も何気に美人ですし。」

honoka tobituki
最近その美脚に注目が集まっている気がする…

「テニスの強い女子って、もっとゴツい感じで卓球みたいな女の子らしい人がぜんぜんいないんですよ。」

「あぁ…テニスはボールが重いから、卓球よりもずっと筋力が要求されますもんね。」

-------------

こんな会話をしていて、もしかしたら卓球女子選手って一般人にもアピールできる可能性を秘めているのではないかと思うようになった。世の中には「推し」のためにわざわざ新幹線に乗ってコンサートやイベントに駆けつけるファンがいると聞く。卓球選手ももっと露出を増やして一般層の目に触れれば、「ひな推し」だの「ほのか推し」だのといった非卓球人のファンがTリーグに詰めかけたりしないだろうか?

アイドルから学んだ19歳の意外な思考回路」というネットの記事で平野美宇選手がアイドルが支持されるための戦術を卓球にも援用したいといった発言をしているが、卓球選手もトークが上手で愛される人柄であれば、注目されるようになり、最近伸び悩んでいる卓球人気が再び上昇するのではないか…

…などと一瞬思ったりもしたが、そんなわけないか。やっぱり卓球選手は強くてなんぼである。国際試合でも大いに活躍できる実力がなければ、いくらおしゃべりが上手で美人でもテレビなどへの出演依頼も来ないし、一般層は興味を持ってくれない。とはいうものの、卓球女子選手の美しさを多くの非卓球人に知ってほしいものである。

なお、私はアイドルとかには全く興味がない。