年末にインフルエンザに罹ってしまい、ずっと床に臥せっていたのだが、手持ち無沙汰だったので、youtubeで卓球の動画をいろいろ見ていた。
知らない間にいろいろな人気卓球チャンネルができていたことに驚いた。

その中で、年末に私を大いに楽しませてくれたチャンネルに大阪発の「ごぶりんずTV」というのがある。
メンバーはみんな(?)全国レベルの上級者の若者で、とんでもなく上手い。



そのうちの一人、ヤンマ氏がいろいろなラバーを試打してその「性能」を点数化するという企画の動画を見て、ラバーの「性能」について考えさせられた。

yamma

試打するラバーは
「ラクザX」「ラクザ7」「V15エキストラ」「V15スティフ」「スーパーヴェンタス」「ファスタークG1」「ファスタークP1」「ラザンターR47」「ハイブリッドK1J」「エボリューション」

どれもZX-GEAR INというラケットに貼ってある。



私はこのうち、「ハイブリッドK1J」「エボリューション」以外は「試打」したことがある。ラクザやスティフ、ファスタークなら数週間(といっても週1の練習だが)以上使ったこともある。

ファスタークG1だけ、私には硬すぎて違和感があったが、それ以外はみんな使いやすい良いラバーだと感じた。スピードも出るし、しっかり回転もかかる。程よい硬さで打球感も良い。これらのラバーに私が点数をつけるとしたら、5点中、5点である。各ラバーの個性?う~ん…よく分からない。どれも大差ないと感じる。

私の「試打」というのは、ちゃんとボールが入るかどうかというのが最も重要で、それ以外のボールのスピードや回転性能などは高ければ高いに越したことはないが、必須条件ではなく、「おまけ」という位置づけである。

しかし、ヤンマ氏の場合は違った。凄まじいスピードのボールをバシバシと連打している。これが全国レベルか…ボールの質が高い。

bekkaku

sugosugi

ヤンマ氏のショットは非常にシビアなタイミングと強いインパクトで放たれているので、ラバーのほんのわずかな違和感が即ミスにつながる。もしミスしないで入れることを優先したら、本来のスピードや回転が大きく損なわれてしまうのである。

全力のカウンターが目に見えないほどのスピードで這うように台上を滑っていく。こんなショットが半分以上の確率で入るなら、私はこのラバーに忠誠を誓うだろう。
しかし、ヤンマ氏は納得できない表情で小首をかしげている。このラバーに全く満足していないようだ。

「絶対無理や」

絶対無理

こんなすさまじいショットが打てるラバーでも、ヤンマ氏にとっては実戦での使用に堪えないらしい。

われわれ中級者層の「良いラバー」と全国レベルのプレーヤーの「良いラバー」というのは、もしかしたら全く違うものなのではないだろうか?中級者層の要求も上級者層の要求も広くカバーする万能ラバーというのもあるのかもしれないが、中級者層に使いやすいラバーが上級者層に使いやすいとは限らないし、逆もまたしかり。そう考えると、ラバーの良し悪しというのは一体なんなのだろうか?

ヤンマ氏の試打ではスーパーヴェンタスとK1Jが高評価だったが、おそらく全国レベルの上級者が「ここが違う」と評価する部分というのは、ラバーの限界性能の部分で評価しているのであって、中級者以下の人たちはその違いを体感できる、ラバーの性能の限界に近いショットなど打てないのではないか。

そう考えると、評価の高いシューズというのも、森園選手や神選手のようなフットワークのいい選手が限界ギリギリまでシューズに負荷を与えたときにはじめて性能の違いがあらわれるのであって、一般層ではどのシューズでも大差ないということになる。

ラケットでも中陣より後ろから豪快なショットを打てる選手なら違いを感じることができても、ほぼ前陣でプレーする選手には、性能の違いというのは感じることができないということもあるのかもしれない。

用具の性能の違いというのは、結局のところ、限界近くまで性能を引き出せるような力のある人でなければ意味がないということにならないだろうか?

用具レビューというのはどのレベルを対象にして、どんな基準で評価するのかというのを考慮しなければならないので、非常に難しいと感じた。

stiff
V15スティフを私は実際に使ってみて非常に満足し、リピートしたが、ヤンマ氏の評価は最低レベルである。


ヒッコシカクメイ
大阪の電車で見つけた吊り革広告。おもしろい。