全国レベルの学生たちが練習しているところへ監督的な人が「足で打て!」と叫んでいるのを聞いたことがある。しかし、禅問答ではあるまいし、足でボールなど打てるものだろうか。そんなはずがあるわけ…。

いや、もしかしたら、私は脳が衰え、硬化しているから理解できないだけで、実際は足で打球できるのかもしれない。

ネットで検索してみると、あるはあるは。
ゴルフ、テニス、剣道、バスケ、ボクシング…多くのスポーツで「足で打つ」ということが推奨されている。

足で打つといっても、いろいろな解釈がある。

A フットワークを使って、ボールの近くまで行って打つ。
B 手から先に行かないで、しっかりと踏み込んでから打つ。
C 足で床を蹴る力をラケットに伝えて打つ。
D 体重移動で上半身を揺らすことによって打つ。腕の力を抜く。

Aはないだろう。もしAなら「足で打つ」ではなくて「足を使って打つ」になるのではないだろうか。
Bは「手からではなくて、足から動かす」という順序についてである。これは私も最近意識しているので、このBの解釈は私の中では有力である。
Cはゴルフやテニスなどで推奨されている意見に近い。他スポーツでは「腰を入れて打つ」の延長で「足で打つ」ということを言っている人が多いのかなと思う。
Dは体重移動で打つということだが、Cのように足だけでなく身体全体で打つイメージか。

しかし、よく考えてみると、B~Dの内容には重なりがあるように思える。Aだけちょっと毛色が違うが、B~Dはどれも下半身の力をラケットに伝えるという共通点があるように思う。あるいはBをA寄りに考えて、まず足から入るという意味だと考えれば、AとBが部分的に重なってくるように思える。

整理すると、A(あるいはB)は、移動重視ということであり、B以下は打球重視ということである。

このことについてお世話になっているNさんに尋ねてみた。Nさんは長谷川・伊藤・河野選手といった日本の黄金時代の選手とだいたい同世代である。

し「『足で打つ』って分かりますか?どういうことですか?」
N「そらあ、ボールにしっかり近づいて打つことに決まってるやろ」

まさかのAであった。しかし、これはあくまでもNさん(の世代)の解釈であって、もっと若い指導者は別の意味で言っているのかもしれないことをお断りしておく。

N「強豪校の練習いうんは、たいがいフットワーク練習や。それができんことには試合には勝てへん。」
し「フットワーク練習って、例えばフォアに1本、バックに1本をオールフォアで延々と繰り返す練習ですよね。」
N「そうや。フォア・ミドル・バックの3点の場合もあるし、最近だったらオールフォアちごうて、バックハンドも使うんちゃう?」
し「そういう練習って、全国レベルの豪快な卓球には必要かもしれないですが、私たちのような一般愛好家には必要ない練習だと思うんです。フォアからバックまで大きく動いてラリーする前にポイントが決まってしまいますし。一般愛好家のレベルで必要なフットワークってもっと小さいフットワークだと思うんですよ。ミドル処理とか、回り込みとか、フォア前ストップからのバックハンドドライブとか。」
N「わかっとらんな。大きく動けるようになれば、小さいフットワークなんて簡単なんや。大は小を兼ねるやろ。」

フットワーク練習…。
前から疑問だったのだが、どうして上級者はこんな単調な練習ばかりするのだろうか。卓球上達に欠かせない秘密があるのだろうか。

荒ぶる季節
「どうしてみんなアレをしようとするの?」
「アレにどんな魅力があるっていうの?」


そういえば、ぐっちい氏のブログでもフットワーク練習の重要性を説いており(「なぜフットワークが必要なのか」)、その中で次のような説明があった。

動き系を極めてくると全体の技術の動きが速くなってきます。

いつもよりも少し速い対応できたり、動きで追いつくことができる。

フォアもバックも台上もレシーブも速く動けるようになるのでフットワークは強い人によくある全体的なキレのある動きを磨くことができます!(しろの注:改行は適宜削除)

ぐっちい氏は打球に威力が出るということにも言及していたが、私は「キレのある動き」、つまり総合的な反応の早さというところに注目した。

フットワーク練習の意味というのは、素早く「移動する」ことに主眼があるのかと思っていたが、それよりも、むしろ素早く「動き出す」ことに主眼があるのかもしれない。返球されたボールは1球1球深さや左右の幅が違う。それに対応して常に適切な打球位置に移動するにはどうしても素早く動きださなければならない。そして素早く動き出すためには相手が打球する瞬間(あるいは直前)を確認しなければならない(返球される位置はおおまかには決まっているが)。ということは、「動き出す」に先立つものとして「確認」のほうに眼目があるのかもしれない。

優先順位をつけるなら、

確認>動き出し>移動

ということになろうか。そうすると、フットワーク練習というのは足を速く動かす練習に見えて、実は早く相手の打球方向を察知し、素早く動き出し、速く移動するという3つの目的がある練習ということになるだろうか。


さらに打球との関連で言えば、大振りをしていたら反応も移動も遅くなるので、できるだけコンパクトなスイングにしなければならない。そうするとスイングの無駄をそぎ落とすという効果も期待できそうだ。