バックハンドドライブが安定しない…。

先日、初めて打つ人と試合形式の練習をしていたとき、なかなかバックドライブが入らず調子が悪かった。それを上級者が見ていてこんなことを言った。

「それ、youtubeの見過ぎですよ。」

ITTF動画

もちろん、面識のある人に言われたのである。どういうことかというと、youtubeでレベルの高いプロのプレーを見て、自分もできると思ってプロの真似をして難しいボールをミスしたという意味である。

しかし、そんな高度なことをしたつもりはない。ただ相手がこちらのバック側に横下ロングサーブを出してきたので、それをバックドライブで迎撃しようとしただけなのだ。

「いきなりあんなドライブ強打を打って入るわけないじゃないですか。」

え?じゃあロングサーブをつっつけとでもいうのか。そんなことをしたら、相手にみすみすと先手を取られてしまう。台から出たボールはドライブで迎撃するのがふつうではないか。

「相手のサーブがどのぐらいの回転量かまだ分かっていないうちにあんな強いドライブを打っても入りませんよ。打ち慣れていない相手と試合をする場合、まず初めは相手のサーブがどんな回転で、どのぐらいの回転量があるか探りながら、上にこするドライブでとりあえず入れるべきですよ。しろのさんの打ったドライブはループドライブじゃなくて、前に振る、決めに行くドライブじゃないですか。打ち慣れている相手ならいざ知らず、初見の相手のサーブに対してあんな強打を打つのは危険すぎます。」

なんと!上手な人は台から出るサーブは全部ドライブ強打するものだと思っていたが、そうではないらしい。1ゲーム目は相手の回転を探りながら慎重にプレーし、2、3ゲーム目になって相手の回転が分かってきてから積極的にドライブ強打を打つようにしているのである。

「ショートサーブをいきなりチキータとかフリックとかするのも怖いから、私は試合の序盤では控えますよ。まずはツッツキとかで回転を探っていき、相手に慣れてきて初めて使う技術だと思います。」

こんなに強い人が「怖い」といっていることを私は平然とやってしまい、ミスを連発していたわけである。初見の相手のサーブをいきなり決めに行くというのは相当高いレベルの人でないと無理だというわけである。なるほど「youtubeの見過ぎ」と言われたのもむべなるかな。こういうことを譬えた蛇に関することわざがあったなぁ。なんだっけ?ネットで調べてみたが、差別的な表現だったので、代わりに英語のことわざを紹介したい。

 Fools rush in where angels fear to tread.
 【訳】 愚か者は、天使が恐れて足を向けない所へとび込んで行く。
"tread"を辞書で調べると、「歩く」とか「踏む」という意味があるので、「足を向けない」というよりも「足を踏み入れない」と翻訳したほうがいいかもしれない。

このことからいろいろなことが分かってくる。

・ドライブには決めに行くドライブと、打たれない程度につなぐドライブとがあること。
・レベルの低いプレイヤーはこの区別をあまり意識できていないこと。
・試合で相手の回転やリズムに慣れるためには意識して慎重に探っていかなければならないこと。

最近見た卓球丼氏の動画でも同じようなことを言っていた。



卓球丼氏「みなさんは最初のうちは絶対に自滅型です。」

自滅型


やっすん氏「めっちゃわかる、それ。そういう人、多い。特に学生だったら、中学生とか。高校生になると経験年数が長くなるので…それでも自滅型多いか。」

卓球丼氏「多い!すごく多い。」

やっすん氏「無理な3球目攻撃をしてミスる、みたいな。速い球出す練習ばかりしていて台に入らないとか。練習だったら入るけど、試合で台に入らないとか。」

そうなのである。まるで自分のことを言われているようだ。いつも練習している相手なら、回転の種類も量もだいたい見当がつくから、いきなり強打をしてもけっこう入るのだが、それで「この程度のボールなら、いつでも強打できる」と錯覚してしまうのである。同じようなボールでも人によって回転量や回転の方向が微妙に異なっている。卓球は非常にデリケートなボールタッチが要求されるので、そのような微妙な差異に敏感でなければならない。しかも問題は回転だけではなく、ボールの深さや打球点、打つリズムなども人によって微妙に変わるので、相手に慣れないうちに積極的過ぎるプレーに走るのは禁物である。というか、私のようなレベルの低いプレーヤーは、そのようなボールのさまざまな差異の存在すらあまり意識しておらず、したがって相手を観察したり、相手に慣れようとしたりする努力も怠っていた。その結果、「いつもの相手なら入る強打が入らない」「今日は調子が悪い」と、調子のせいにしてしまっていたのである。

「チキータができる」「カウンターができる」「強烈なスピードドライブが打てる」などというのはあくまでもいつも練習していて打ち慣れている相手に対してであって、あまり打ったことのない相手にはそれらの技術が不安定なのは当たり前のことである。自分の最大限の技術をよく知らない相手に使うのは自滅への道まっしぐらである。

そこで卓球の「制限モード」を提唱したい。レベルの低い初中級者は知らない相手に対しては、まず比較的ミスの少ない技術のみを使って相手のプレーを解析しなければならないと思うからである。

試合でまず使う技術として例えば次の技術が挙げられる
・ループドライブ
・ツッツキ
・ストップ
・角度レシーブ
・流しレシーブ
・ブロック/ショート

以上の安定性の高い技術のみを使うのが「制限モード」である。

そして試合の後半になって相手のプレー、回転に慣れてくるにつれて徐々に以下の技術を慎重に試してみるのがいいと思われる
・スマッシュ
・ミート打ち
・スピードドライブ
・フリック
・チキータ
・カウンター
・プッシュ

これらを使ったプレーは、いわば「完全モード」である。

練習でできる(といっても、おそらく成功率はせいぜい60%ぐらいだと思うが)ことが試合でもはじめから使えるわけではない。試合では相手のプレーをよく観察し、「制限モード」でミスをしないように遅くて高いボールを打ちながら相手の球質を見極め、次第に低くて速い、厳しいボールを打つようにしなければならないと思う。