昔、TOEICという英語のテストを受けたとき、リスニングの問題が難しくて全然答えられなかった。会話文を思い出して選択肢を選んでいる間に次の問題に移ってしまい、ひどい結果だった。

私はリスニングの問題でどうしてあんなにボロボロだったのか思い返してみると、日本語の構造と無関係ではないように思う。

日本語は重要な情報が最後に来る。

「ご依頼の件は、担当者が説明に参り…」

まで来ても、まだ諾否が決まらない。

「参ります」なのか「参りません」なのか、ここを注意して聞かなければとんでもない誤解をしてしまうことになる。そうかと思うと、「参りますが…」などと、どんでん返しの展開も想定しなければならない。日本語では文末に最大限注意しなければ重要な情報を聞き逃してしまうおそれがある。

こういう日本語の構造に慣れてしまっているため、私は英語を聞くとき、前半は流しながら聞き、最後の部分だけ集中して聞くという癖が染み付いてしまっていたのだ。英語では逆に主観的な態度や時制、肯否などの重要な情報が助動詞などによって前半に提示されるので、前半を集中して聞き、後半は流しながら聞くべきだったと後悔した。

TOEICのリスニングで私は文意のかなめとなる前半部分をむざむざと聞き逃してしまったためにテストの点数が振るわなかったというわけである。

-----------
唐突に卓球の話になるが、卓球で何球目が大切だろうか?

「それは3球目に決まっている」
「レシーブ側なら2球目だ」

などという意見が出てきそうだが、たいていのポイントが5球目までで終わることを考えると、1球目のサーブが大切なのは言うまでもないし、2球目のレシーブが大切なのも当然である。3球目は攻撃のチャンスだし、4球目はそれをどう止め、反撃に転じるかの境目になるし、すべての球目が大切だと言っても過言ではない。1球たりともおろそかにはできない。

では聞き方を変えて、何球目に最も気をつけなければならないだろうか。

私はサーブ側なら1球目、レシーブ側なら2球目が最も気をつけなければならない球目だと思うのである。なぜかというと、サービスというのは台にピッタリくっついて出す人が多い。
下の森園選手のように台のサイドにまで入り込んでサーブを出す人もいる。

morizono serve

そして相手の次のレシーブが深いツッツキやチキータだった場合、距離が近いだけにかなり早くボールが自分の打球ポイントに到達してしまうことになる。上手な人はサーブを出した瞬間にすぐに飛び退くように下がることができるが、多くの初中級者の場合、ここの対応が遅れ気味で、1球目のあと、ボーッとしてしまうことが多い。そして、あっと気づいたときにはボールはすでに自分の打球ポイントまで迫っている…。そのため詰まってまともな打球ができなくなる。

「おかしいなぁ。練習では3球目が打てるのに試合ではちっとも打てない」

こういう人が初中級者に多いと思う。練習の時は打ち慣れている相手なので、どんなボールが来るかなんとなく予測できるので台との距離が近くてもなんとかなるが、試合ではそうはいかない。

レシーブのときも相手がショートサーブを出したら、台の中に右足を踏み込んで台に最も接近した状態になってしまうが、そこで3球目を打たれたり、相手に深いボールで突かれると、詰まってしまう。ポジションが台から近いので、軽いフリックもかなりのスピードに感じられる。サーブのときと同様に初中級者はここの判断が遅いのでまともに相手の3球目に対応することができない場合が多い。

その後、うまく4球目をしのぎ、5~6球目となると台からある程度距離ができているので、ちょっと反応が遅れてもなんとか対応できる場合が多い。

3球目や4球目で攻撃するのが難しいのではない。1球目、2球目という台に最も接近した状態からすばやく距離をとって3~4球目に備えることが難しいのだ。冒頭のTOEICでの失敗のように、私は1~2球目をなんとなく「打ち流して」しまい、3~4球目に集中していいショットを打とうとするのだが、それでは遅いのである。1~2球目が終わるか終わらないかの瞬間こそが最も集中していなければならないときなのである。