栃木youtuberのめしだ会長(前記事「俺たちのTリーグ」)の動画で、卓酔会の飯塚選手のプレーが紹介されていた。




めしだ氏が「師匠」と仰ぐほどだから、実力だけでなく、人間的にも立派な方なのだろう。

片面の日ペンだが、フォアドライブでガンガン攻めるタイプではなく、ロビング(というのか、フィッシュというのか)中心で、ときどきバックハンドをパシンと打つという戦型のようである。

iizuka

動画をみると、飯塚氏は試合を通じてなんともゆったりした卓球をしている。実戦とは思えない。まるで戯れているような卓球である。若い人の攻撃的な卓球を見慣れている目からすると、ゆっくりしたボールが主体の飯塚氏は、一見、あまり強くないのではないか?と思われるかもしれないが、めしだ氏がちっとも攻撃させてもらえないところをみると、飯塚氏は相当上手なのではないかと思われる。凡ミスが非常に少なく、めしだ氏がどんなボールを打っても、強いボールではないものの、それなりの返球をしてくる。打ち抜かれることが少ない。しかもコントロールがよく、台の深いところにボールが入ってくる。めしだ氏が強く打てないところをみると、サーブもロビングも見た目よりもずっと強い回転がかかっているのだろう。

こういう卓球を見ていると、私は何か大きな勘違いをしているのではないかという気がしてくる。私が目下取り組んでいることといえば、フットワークの向上、両ハンドのドライブ強化である。しかし、おそらく現状でも私のドライブは飯塚氏のドライブやバックハンドにスピードも回転も劣らないのではないかと思う。それどころか、もしかしたら私のショットのほうが威力があるかもしれない。フットワークでも私のほうがまだ動けているのではないかと思う。しかし、私がもし飯塚氏と対戦したら、まったく勝負にならずストレート負けを喫することだろう。

となると、もうこれ以上両ハンドの威力を追い求める必要はないのではないか。若い人のフットワークにあこがれて、必死でフットワーク練習をすることもないのではないか。オジサン卓球のレベルなら、現状で必要にして十分な球威があるわけで、私が今すべきことはもっとボールに回転をかけられるようなタッチの習得と、コントロールの向上、レシーブやブロックの安定性なのではないか。

そんなことを考えさせられる動画だった。