最近、猛烈に切れた逆振り子サーブが出せるようになった。短いのと長いのを自在に出すと、相手は非常に返しづらそうだ。横と横下を出し分けると、相手はさらにレシーブが困難になり、サービスだけで得点できることが増えた。

だが、このサーブを試合でメインに使うことはやめようと思う。返ってきたボールの処理が難しすぎるのだ。

横下回転の逆振り子サーブを出した場合、長ければ相手がバックハンドドライブで全力で返球してくる場合がある。サーブの回転がきついだけに、返球されたボールのスピードと回転もきつくなり、速く鋭いドライブで返球されることが多い。さらにこちらのコートでバウンドしてから急に曲がったりもする。こうなると、こちらが3球目で対応するのがかなり難しくなる。
バックハンドドライブがあまり振れない人(たとえば片面ペン)なら、長いツッツキのような返球をしてくる人もいる。このツッツキもこちらの回転のせいで速くて深くて切れている場合が多い。これを待ち構えて全力で3球目ドライブができればいいが、サーブの横回転がきついので、レシーブがあらぬ方向に鋭く返ってくる。例えばバックで長いレシーブを待ち構えていたのに、フォアミドルに深いレシーブが返ってきたりする。しかも回転がどの程度残っているかよく分からない。
あるいはわざと回転を残したまま止めるだけのレシーブをして、フワッと胸の高さまで浮いたボールが浅く、あるいは深く返ってくることもある。そのボールは猛烈な回転がかかっているので、下手に強打するとネットにかけてしまう。それでそのフワッと浮いたボールをこわごわとツッツキで返したりすると、横回転が残っているのでとんでもない方向にふっ飛んで行ってしまったりする。コントロールが難しい。

すなおな下回転ショートサーブを出して、相手にレシーブされた場合なら、コースや深さにだけ気をつければ、あまり回転を気にせずに3球目の処理ができるが、この「ブチ切れ」逆振り子サーブは相手がそっと触っただけでポーンと深く飛んでいき、しかも強烈な回転が残っているためこちらも3球目の扱いに困ってしまう。相手にとっても脅威となるサーブだが、返球されたときは自分にとっても脅威になってしまうのである。
Bomb

こちらから長短さまざまな逆振り子サーブを出して、相手に返球してもらい、どんなレシーブがきても対応できるように練習をしてみたのだが、どうにもうまくいかない。まず、相手のミスが多い。そして返球もきれいな返球ではなく、荒れたレシーブが多いので、こちらも3球目をきれいに返せない。こちらのミスも多い。この練習をすると2~3球目で不完全燃焼のままラリーが終わってしまい、私も相手もちっとも楽しくない。

3球目を上手に処理するためには選択肢ができるだけ少ないほうがいい。例えば相手のレシーブが深いツッツキ、浅いストップの2択なら、私のレベルでも3球目を上手に処理できるが、いろいろなボールが返ってくるとなると、こちらの処理能力を超えてしまい、うまく処理できない。

卓球の能力として選択能力ということを考えてみる。
さきほどの深いツッツキと浅いストップの2択ならレベルの高くない人でも集中していれば瞬間的に適切な対応ができるだろう。しかし、これが3択になると、ちょっと判断が遅れる。甘いボールやミスが増える。5択や6択となると、満足に対応できなくなる。レベルの高い人なら5択や6択でも瞬間的に対応できるのかもしれないが、中級レベルならおそらく2~3択で精いっぱいなのではないだろうか。どんなボールが返ってきても素早くミスなく返球できるというのは選択能力の高い人だと言える。

世間ではいろいろなサーブ動画が公開されているが、自分の選択能力を超えるレシーブが返ってくる難しいサーブは、短期的には効果が出るかもしれないが、長期的に見ると、上達の妨げになるように思う。