今週は忙しかった。やっと週末でほっとしている。

卓球の日は国際的には4/6ということだけれど、日本における卓球の日は1月中旬、全日本の期間だと個人的には思っている。

全日本へ行きたしと思へども
 全日本はあまりに遠し
  せめてはラジオを出して
   会場の雰囲気を味わう旅にいでてみん

ゆっくりテレビで見たいけれど、あいにく出先なのでテレビは見られない。全日本の実況がFMラジオで聞けるらしいのでそれに期待したい。何を隠そう、この日のためにわざわざラジオを買っておいたのだ。映像はないけれど、ネットの速報と実況で雰囲気が伝わってくるかもしれない。

76.1MHZにチューニングしてっと。

あれ?入らない…。

会場内でしか聞けないらしい…orz

我ながら、なんと間の抜けたことよ。気を取り直して、youtubeで聞くことができるらしいから、それを聞いてみよう。

なに!来年から全日本は大阪で開催される?

大阪なら近い。電車で1時間強で行ける。

卓球人なのに、全日本は私には縁のない試合だと思っていたが、とうとう私にも全日本を生で観戦できる日が来るのか。全日本っていくらぐらいで見られるんだろう?調べてみたところ、アリーナ席が2900円。
area2018
アリーナ席ってこんなに近いのか!それがたったの2900円!安い!
これは速攻で買わないと、手に入らないだろう。来年はなんとしてもアリーナ席で観戦するぞ!

解説は梅村礼氏。四天王寺高校の梅村優香選手の親戚か何かだろうか。梅村優香選手と塩見真希選手のダブルスの決勝になっても梅村氏は何も語らない。単なる同姓なのだろう。

音楽が大音量で流れて会場を大いに盛り上げているようだ。台にもマイクが設置してあり、ボールがラケットに当たる音などもよく聞こえるらしい。

ブラジルのタカハシ選手や石垣優香選手がゲストで来たりして、放送席もにぎやかだ。

耳を凝らして実況を聞いてみたが…やはり、映像がないとどんなプレーをしているか全く分からない。よく野球をラジオで聞く人がいる(いた?)が、卓球ではラジオだけの中継は無理なのだろうか。

それでも聞いていて、いろいろおもしろいこともある。

「彼女(伊藤選手)の持ち味は相手が引っかけてきたボールを上から叩くということなんですけど、それがまだ合っていなかった…」
「早田選手のチキータは本当に世界トップレベルだと思います。」
「伊藤選手の足が動いていたので、早田選手もそれに引っ張られていいプレーができたと思います」

国際レベルの選手が各選手の特徴をどのように見ているかが分かって興味深い。

「いまのは中途半端なレシーブでしたね」
「あそこがシェークの選手にとって一番取りにくいですからね。」

あ~やっぱり音声だけでは何も分からない…。

解説者と実況のなにげないおしゃべりも楽しい。梅村氏と石垣選手がどのような人柄か少しだけ分かるような気がする。

「(試合のことを考えすぎて)今、フタ開けずに飲もうとしたよね」

どのようなプレーをしているかは映像がないと全く分からないが、休日にのんびり料理でもしながら聞くのなら、とても楽しい放送だろう。というか、そもそもラジオの一般的な使い方というのはそういうものだろう。何か別の作業をしながら、流して聞く。非常に心地よい。もしかしたら、私のブログもこういうおしゃべりのような文章をもっと書くべきなのかもしれないなどと思ったりして。

今回は女子ダブルスの決勝だけを聞いたのだが、youtubeで後から聞けるのなら、時間のある時にゆっくり作業をしながら全部聞いてみたい。ただ、私のように映像が見られない人も多いと思うので、できればどういうボールを打ったかも言葉で説明してもらえたらなぁ。