週末の日曜日は京都の三大祭り「時代まつり」の日。

葵祭、祇園祭と比べると、歴史的にも知名度的にも大きく劣りますが、私は以前、時代まつりに「随身」として参加したことがあるので、この祭りに少し思い入れがあります。

jidai

ちなみに馬に乗る役(名のない公卿)もできたのですが、100万ほどの寄付が要るという噂を聞いて辞退しました。坂本龍馬とか、巴御前とかを演じている方は、どんな方なんでしょうね(笑)。

明治維新から時代をさかのぼり、延暦時代までの仮装をした人たちがパレードするというお祭りです。歴史上の人物に興味があって、当時の服装などを知りたい人なら楽しめると思います。

ちなみに足利尊氏は逆賊ということで、このパレードには登場しなかったのですが、近年、登場することになりました。歴史観が変わったからというより、やっぱり足利市が経済的にがんばったからのようです。

服装や武具、装飾品などをできるだけ当時のままに再現しているためにお金がかかるそうです。

京都御所を出発し、平安神宮がゴールです。見学するなら途中の丸太町通りや御池通りのあたりや、ゴールの少し手前のほうが見物人が少なくていいかもです。

桓武天皇が平安京に遷都したと伝えられる10/22に行われます。

明治時代半ばから始まった、歴史の浅いお祭りです。

【付記】
私はまだ行ったことがありませんが、同日夜に行われる「鞍馬の火祭り」のほうが評判がいいようです。