普段練習する人は右裏裏シェークの人が多く、私は左利きやカットマン、ペン表がとても苦手である。じゃあ、右裏裏シェークの人には強いのかというと、そういうわけでもないのだが、左利きやカットマンと対戦すると、同じぐらいの実力の相手でも、「自分の力を出し切れた!」という達成感を得られないまま負けてしまうのである。特にカットマンである。対戦の前半はリードするのだが、次第にこちらのミスが増え、結局負けてしまうことが多い。カット打ちのコツをつかんで、もう少し安定すれば勝てたのではないかという試合も少なくなかった。カット打ちの練習がしたい、しかしなかなか機会がない。

そこで、私は上手いカットマンを見つけると、できるだけ練習相手をお願いすることにしている。世間で非主流派の戦型と練習する貴重な機会は逃したくない。

カットマンは貴種である。

カットマンで強い人は私たちのような市井の愛好家の中にはなかなかいない。おそらく育成には長い時間と専門的な指導が必要なので、通常の部活では指導できる人がいないし、我流で始めても、なかなか勝てるようにならないので、あきらめて攻撃型に転向する人が多いのではないだろうか。

最近、練習相手の中に上手なカットマンMさん(といっても、全国大会に出たとか、そういうレベルではない)がいて、こちらが全力でドライブを打っても安定して返してくれる。こういう人と練習できる幸運に恵まれたので、よくカット打ちの練習をさせてもらっている。そのカット打ちを通じて学んだことを記してみたいと思う。

カットマンは速くて深い、威力のあるボールよりも、浅くて高いゆっくりしたボールを嫌がるということを本で読んだことがあるので、私のカット打ちはネット際を狙ってできるだけ高くこすり上げるゆっくりしたループドライブだけだった。

打ち方は「とにかく全力で上にこする」だけで、前方向には振らないというものである。

しかし、これだけだと、ミスが多い。打点の大切さを痛感した。打点が頂点を過ぎてしまうと、まず持ち上がらない。バウンドしてからのボールの上昇期の、上昇する力を借りてようやく持ち上がるという感じである。

それでもあまり安定しない。

そこで以前、酒井明日翔選手のループドライブの打ち方がネットで紹介されていたので、これを参考にしてみた。




loop

「低い姿勢で右足に体重をかける」とあるが、ふつう、我々の考えるような「低い姿勢」ではなく、動画のようにネットの少し上ぐらいに目線を落として、常識では考えられないほど低い姿勢を作るのがいいと思う。

jump

そして最後の「右足のかかとが床から離れるぐらい伸び上がる」というのは安定性にとても寄与した。ラケットを振り上げ終わるときに軽くジャンプするのである。この打ち方を試してみると、上がる上がる!下回転に全然負けない。

ただ低い姿勢を作るのに少し時間がかかるので、今までよりも少し早めに打球姿勢に入り、身体を沈め、早い打点で軽くジャンプしながらこすり上げる。これでとりあえずミスせず安定してカットが打てるようになった。

しかし、このように大きく体を動かし、全力で連続して打つのは体力的に厳しい。たぶん上手な人はもっと軽く打っているはずである。たとえば50%の力で安定してカットが打てないものだろうか。

Mさんと納得のいくまで何時間も練習できるわけではない。せいぜい週に1度10~20分ぐらいカット打ちをさせてもらえるだけである。わたしは数週間にわたってMさんのカットを打ちながらスイングの角度を工夫し、ようやく納得のいく角度を発見した。スイングの角度などは、人によって力の入るポイントが異なるので、万人に最適な角度はないと思われる。私の場合は肘を支点にして斜め上方向に敬礼する――あるいは窓を拭くようにドライブすることで安定した。このスイング方向なら、たとえ打点が遅れてもなんとか入る。軽い力で安定してフワッとしたドライブが打てるようになったと思う。上級者の回転量の多いカットが同じようにして入るかどうか分からないが、中級者レベルのカットなら、この打ち方――低い姿勢から軽くジャンプし、敬礼するように肘を支点にしてこすり上げるという打ち方でたぶん大丈夫だろうと思う。

以上が私のカット打ちのコツである。

このカット打ちを通して、私は普段のツッツキ打ちも安定してきたように感じる。低い姿勢が苦にならなくなってきた。低い目線でドライブを打つと、ずいぶん安定感が増すように感じる。そして他にも大きな発見があった。力の入る範囲についてである。それはまた、別稿に俟ちたい。

【付記】
紙媒体の『卓球レポート』が休刊するらしい。60年間お疲れさまでした。卓球の技術情報が全くなかった時代に卓レポが果たした役割は大きかった。出版というのは、素人が考える以上にお金がかかるので、別の形での再開を期待したい。