ボールを打ち終わった後のフォロースルーというのは、意味がないと思っていた。
ボールを打つ前、あるいは打つときが重要なのであって、打ち終わった後にどんなフォローをしようがボールに影響はない。だから技術指導記事や動画などで「フォロースルーをしっかり振り切ってください」などと言われるのに違和感を感じていた。

フォロースルーが大きくなると時間がかかって次の打球に間に合わなくなるし、大きく腕が動くことによって体のバランスも崩れる。だから私のフォロースルーはいつも顔の前ぐらいで止まっていた。


レシーブ基礎と切り返し(玉木コーチ)

最近、このピンレモさんのレッスンを受けるシリーズにハマっているのだが、この動画にフォロースルー問題のヒントがあった。

pink back

左利きの玉木コーチとバック対バックのラリーを数本続け、ときどきフォアに行くボールを飛びついて打ち、またバック対バックのラリーを続けるという練習なのだが、ピンレモさんはバックのワンコースのラリーは続けられるが、不意にフォア側にボールが行くと、反応が遅くミスしてしまう。

pink tobituki

玉木コーチに「ボールではなく、相手のラケットを見ていれば、反応できる」と教えられ、フォア側のボールに素早く反応し、返球できるようになったのだが、今度はバック側に戻るのが遅れてしまう。

それからしばらく練習が続き、ピンレモさんはフォア側に飛びついてから、素早く戻ってバックのラリーが続けられるようになってきた。

follow

そのとき私は見た、ピンレモさんのフォロースルーが左足と連動していたのを。

ピンレモさんがフォア側に行った後、体重はどうしても右足にガッツリ乗ってしまう。そのままの状態で打球し、スイングを終えてから、体重を左足に移して、バック側に戻ると次のバック側のボールに間に合わない。フォア側に飛びついてバランスを崩しているところで、フォロースルーを大きくとって、フォア側に行った体重を、バック側に引き戻しつつ移動すれば重心のバランスが回復し、かつバック側にも素早く戻れるということではないか。

フォロースルーを大きくとることのメリットとして、崩れた身体のバランスを整え、フットワークが向上するという働きもあるのだと思われる。フォロースルーの役割は他にもいろいろあるだろうが、そのうちの一つが分かっただけでもよしとしよう。上半身のフォロースルーが一番離れた部分である下半身の動きに大きく影響するというのがおもしろい。