自分で自分が信じられなくなった…

最近の練習で3球目攻撃の練習相手をしていた時のことだ。
相手のサービスに対して適度に打ちやすい(そして適度に打ちにくい)ツッツキを返そうとするのだが、オーバーミスが多い。なんだか角度が間違っているのかと思っていろいろ調整してみたのだが、思った通りのレシーブができない。それほど難しいサービスではないのにどうしてだろう?自分のレシーブを反省してみた。

まず、私はロングサービスに備えて、台にピッタリくっつくのではなく、1歩下がって構えている。
そして相手のトスとともに少し前に歩みを進め(前記事「丹羽孝希選手のトコトコ」)、ショートサービスだと判断した時点で素早く台の下に右足を入れ(前記事「下腹部にハメる」)、打球するのだ。
レシーブ時のラケットとボールの接地時間が長いのかもしれないと思い、接地時間を限界ギリギリまで短くしようと思い、熱いものを触って手を引っ込めるときのように打球した瞬間にラケットを引くようにしてみた。しかもラケットの先端を使って(前記事「ラケットのふち活用法」)

yakan

この工夫は効果があり、オーバーミスが減って、なかなかいい感じだった。

しかし、しばらくすると、またオーバーミスが増えてきた。

「おかしいな。他に考えられる原因としては、ボールを押していることぐらいしかないが、私はボールを押さないように十分気をつけている(前記事「止まってから打つ…」)はずだし、まさか押してるなんてことは…」

その「まさか」だった。

今度はレシーブ時にいつもよりも早めに台の下に足を入れ、完全に止まってから改めてツッツキをしてみると、ほとんどオーバーミスをしなくなったのだ。

自分のことは自分では分からないものだ。自分では止まって打っているつもりでも、実際はほんの少し上体を前に乗り出しながら(止まりきらずに)打っていたのだ。その「ほんの少し」が卓球では命取りであることを痛感させられた。

そういえば思い当たることが他にもある。

以前、強烈なドライブをブロックできなくて悩んでいた(前記事「力を逃がす」)が、上手な人に「ブロックの時にボールを少し押している」と指摘されたことがある。私はブロックでボールを押さないように力を逃がしつつ、斜め上にこすりながら打球するという打ち方なのだが、試みにいつものようにこすりあげるのではなく、完全ににラケットを止めてブロックしてみたところ、特に工夫などせず(さすがに台から下がってやや距離をとってはみたが)とも強烈なドライブをブロックすることができたのだ!

まさかとは思うが、他の打法でもボールをおしているんじゃなかろうか…。

私ならありうる。私は自分自身が信じられなくなってきた。そういえば、今まで自分には何度も裏切られてきたのだった。

「眠い…。全く頭が働かない。そうだ、こんな状態で無理して起きているよりも、1時間だけ睡眠をとって、朝の4時に起きて作業を再開したほうが絶対に効率がいい」

大切な試験の前や、レポート提出の締め切り前日、こんなことを考えて何度も失敗してきた。4時に目覚ましをかけておいたのに目覚めたのは6時や7時。目覚ましはしっかり作動したが、どうやら寝ぼけて自分で目覚ましを止めてしまい、寝続けたようなのだ。こんなことが今まで何度あったことか。私は私が信じられない。

自分のことは自分では見えにくい。「自分はちゃんと止まってから打っている」という人も止まりきる前に打球していることがあるかもしれない。ミスが多いが、原因不明だという人は、一度立ち止まって自らを省み、ちゃんと止まってからボールを打っているかどうか疑ってみてはどうだろうか。