バックハンドで見落としがちなコツは、身体を起こす動きではないだろうか。「練習からみる基本打法」を観てそう感じた。

bollback-horz

よく言われているバックハンドのコツは、

体の正面で、肘を外側に張って打球する

ということだが、バックスイングで上半身を沈めて、起き上がる力を利用して打球というポイントには言及されることが少ない気がする。当たり前すぎて言うまでもないということなのかもしれないが、私にとってはちょっとした「発見」だった。

上半身の起き上がる力を利用しなければ、腕だけで振りがちになり、安定性が落ちる。バックハンドも腰の回転を使って、身体全体で打つという打ち方を本などで読んだことがあるが、バックハンドで腰を回転させながら打つというのは難しい。とっさに来たボールに対応するときは、腰の回転よりも上体の起こしのほうが小さな動きでブレにくいのではないだろうか。特に下回転を持ち上げるバックハンドドライブでは、有効な気がする。

zhangback01-horz

上体の起こしにもいろいろな種類があって、

上半身を折り曲げてから起こすほうに重点を置くやり方

と、

膝を曲げてから伸び上がるほうに重点を置くやり方

があるように思う。

maback01-horz
馬龍選手は膝の屈伸のほうに重点がありそうだ

ovback01-horz
オフチャロフ選手は上半身の起こしと膝の屈伸が半々ぐらい

「上体の起こし」と「膝の伸ばし」は、多くの選手がどちらも使っているのだが、選手によって重点が違う。私は膝の伸ばしよりも、上体の起こしのほうが楽で、力を入れやすい。

上下運動というのは、スムースなフットワークにとってマイナス要因と言われるかもしれないが、適度な上下運動は、身体の動きに弾みがついて、むしろフットワークにもいい影響を与えるだろう。

ただし、クレアンガ選手のようにほとんど上半身を沈めず、腕だけで横方向に振る選手もいる。

kreback01-horz

この「上体の起こし」というのは多くの打法に応用できそうだが、どれほどの射程を持っているのだろうか。
バックハンドドライブだけで有効な技ではなく、台上のバックハンドドライブやフォアハンドドライブにも使えるのではないだろうか。フォアハンドドライブで試してみると、勢いがつきすぎて軽くジャンプしてしまったり、仰け反ったりしてしまうときがある。フォアハンドでは使いにくいかもしれない。しかし、「振り子」(前記事「テニスで言う「振り子」とは」)のようにフォアハンドを打てば、上体の起こしと親和性が高いかもしれない。

これからの練習でいろいろ検証してみたい。