ダーカーから「アルバ ALBA」というラケットが発売されるらしい。
alba
スペイン語かイタリア語で「暁、夜明け、始まり」という意味だそうだ。ときどきこの名前の人を見かける。

こだわりの会社ダーカーから、新開発の接着剤という武器を引っさげて、期待の新製品が発売されるとなると、注目しない訳にはいかない。きっと心地よい打球感に違いない。だが、残念ながらこのアルバにはあまり心惹かれなかった。これはどういうことなのか。

同様に、SK7はとても評価が高いラケットだが、私はあまり心惹かれない。
sk7
グリップのカラーリングも、レンズのデザインも私の趣味ではないからだ。冒頭のアルバも性能的には満足の行くものかもしれないが、グリップのデザインがちょっと素朴すぎる。

今月、ヤサカから「スウェーデン・エキストラ」というラケットが発売されるらしい。

来た!
…来たっ!


sweden



このラケットのグリップデザインはモロ、好みなのだ!もう用具は替えまいと思ってはいても、かっこいいラケットが発売されると心が揺れる…。

同様に、ギャラクシャ・カーボンとか、スプラインとかはちょっと買って試してみたいという誘惑にかられるときがある。
galaxya
spline
ギャラクシャ・カーボンは板が硬くて、上級者向け(TTI-LABOによる)らしいし、スプラインD1は守備用ラケットだから、私には使いこなせないと分かってはいるのだが、ちょっと使ってみたい気になってしまう。グリップのデザインが好みなのだ。

ようするに私はラケットを選ぶ際にグリップデザインを重視するのだ。いくら評判のいいラケットでも、グリップデザインが気に入らないと、買おうという気が起こらない(前記事「ラケットの命名」)。

グリップが私的にイマイチなためにあまり食指が動かない名ラケットというのがある。そういうラケットのグリップを自分で交換・改造というのもリスクが高い。それならメーカーのほうでグリップの違うバージョンをたくさん出してはどうか。STやFLといったグリップ形状だけでなく、ブレードはそのままでいろいろなバリエーションのグリップデザインを用意してくれるメーカーがあればいいのにと思う。

SK7の2014年モデルとか、ファッション雑誌とのコラボモデルとか、世界卓球やインターハイ限定グリップとか、そんなグリップなら、多少高くてもほしいと思う(インターハイに出場した人なら、記念に買っていく人は多いだろう)し、用具マニアの人なら、グリップのデザイン違いの同じラケットを数本買ってくれるだろうから、メーカーにしてみればいいことずくめではないか。最近、コンビニでよくやっているようにアニメとのコラボで、バタフライが廃盤のカット用ラケット、カトラスを復活させ、「ソード・カトラス」という新作として発売するのもおもしろい。グリップにはもちろんドクロとカトラスが彫刻されているのだ。

cutlass
「ブラック・ラグーン」で有名な「ソード・カトラス」。ドクロとカトラスの彫刻が施された象牙製グリップだという。

スウェーデンエキストラはガシアンエキストラのグリップを換えた焼き直しバージョンにすぎないと噂されているが、私は大歓迎である。

gatien

ガシアンエキストラの地味すぎるグリップよりもスウェーデンエキストラの高級そうなグリップのほうが所有して楽しい気分になる。

いっそのこと、グリップサイズを統一してもらい、グリップは別売りにしてもらえないだろうか。そうすれば汚れてきたり、デザインに飽きてきたら買い換えることができる。接着剤でくっつけるだけ、あるいは螺子で留められるなら素人にもできそうだ。

images



IT_1003FDA00017
グリップに焼き印や彫刻が施してあれば、愛着が湧く


【付記】
グリップの交換・改造については以下のページが参考になる。ただ、板への負担が大きそうなのでおすすめできない。

ラケットを煮るといいらしい。
1、ラケットのグリップ部分だけ鍋に突っ込んで煮ます
2、5分くらい煮たら鍋から出してグリップを横にスライドさせるようにして取ります
スライドさせても簡単に取れない場合は、まだ煮たりませんので、もっと煮てください(無理矢理取ろうとするとグリップ折れます)横にスライドさせると凄く簡単にとれます

グリップを煮るとあるが、それが合板の接着剤のほうも溶かしてしまわないのだろうか?板の反りなどが起こらないかも気になる。また、木工用ボンドで貼り付けるとあるが、「貼り付けたグリップが何度もとれてしまう」という記事を散見した。

下の、手間はかかるが、より安全なやり方のほうがよさそうだ。

グリップ交換

・コップに熱湯を入れてグリップを浸すと熱と水分で接着層がはがれやすくなる
・グリップをカッターではがす

・接着はギターのリペアに使っているタイトボンド

この記事ではシェークSTのグリップを中国式に短くするというやり方である。シェークの別のグリップをシェークに貼り付けるというのもできると思うが、グリップ幅がぴったり同じものでなければ不格好になってしまう。

卓球ラケット加工
シェークを中ペンに改造してくれるサービスもあるらしい。
しかし、そんなことをしてほんとうに大丈夫なのだろうか? 

ずいぶん古い記事だが、グリップ交換はルール上、認められているという。

しかるべき人(全日本卓球選手権副審判長)に直接聞いたところ、グリップ交換に関しては、日本・世界共にトップ選手でも結構やっているとのことでした。反転式ペンなどは、市販品ものに自分でグリップを作成し、くっつけていると聞きました。

ネット上でも、グリップ交換はシロということになっているが、本当にそうだろうか?根拠は上記の出処の不明な伝聞なので、全国大会などに出場するような選手はグリップ改造はやめておいたほうがいいだろう。