人の批判というのは諸刃の剣である。

私の学生時代の先生は人に論争をふっかけてばかりいて学界で疎んじられていた人だった。私はナイーブにも「先生はどうしてそんなに批判がお好きなんですか?」と尋ねてみたことがある。するとこんな答えが返ってきた。

日本では間違ったことをきちんと批判せず、『考え方の違い』で済ませてしまう傾向がある。しかし、学問というのは食べ物や異性の好みとは違う。間違っていることは間違っている。そういうことを指摘しないから学問が健全に発展しないのだ。誰も好き好んで批判などしない。批判というのは細心の注意を払わなければ、批判したこちら側が大ケガをする。一手もミスできない。しかし学問を歪めないためにあえて私は批判しているのだ。

今ではこんな先生は珍しいだろう。昔気質の先生であった。

ネットなどで「☓☓のラケットはクソだ!」などと根拠も示さず一方的に不満をぶちまけているのを目にすると、嫌な気分になる。製作者に対する敬意を欠いた発言は、主張の信憑性を失わせるのみならず、発言者の品位の欠如だけが目につく結果となる。批判をするなら評価できる部分はきちんと評価した上で、根拠を示しつつ批判すべきである。

前置きが長かったが、WRMの指導動画「はらたか ワンポイントレッスン フットワーク編」(3000円)を購入したので、その感想などを書いてみようと思うのだが、結論から言うと、このDVDはあまりおすすめできない。この一言に尽きるのだが、卓球指導動画というジャンルの健全な発展のために「大ケガ」の危険も顧みず、あえて詳細に批判してみようと思う。

harataka

本編は50分強で、構成は次のようになっている。

A 身体と足の使い方についての解説(15分ほど)
B 多球練習による実演(残り35分ほど)

Aの解説は明解で、理に適っている。しかし問題はそれがBの実演に結びついていないことである。

Aにおける原田隆雅氏のフットワークに対する考え方を一言で言うと、人間の自然な動きの重視である。
それは、ムダな動きを極力省き、前の動作の反動を利用して次の動作につなげるということである。一般的な動き方はフォア側→バック側へ移動する時に、フォア側からバック側への移動動作の連続が途切れており、2つの別の動きとなっている。しかし原田氏はフォアの一連のアクションの最後を次のアクションの始動とするので、動きが止まらない。流れるように次の動きにつなげることができる。
フットワークについてもう少し言うと、跳ねるのではなく、身体をずらして移動する。あるいはまず体勢を歪めて(股関節を入れる等)、それを立て直す力を利用して移動するというものである。
これらの解説はどれもすばらしく説得力があり、いちいち納得させられる。モデルとしてぐっちぃ氏が登場し、ぐっちぃ氏のぴょんぴょん跳ねるフットワークを矯正しつつAが終わる。

次に

まずは☓☓の切り替えをやってみたいと思います。このときにラケットの先端を早く切り替える意識と、振り遅れないようにラケットを身体から離して…に意識しましょう。

といってBが始まる。フットワークについての説明ではなく、ラケットの扱い方やスイングの簡単な説明のみで唐突に多球練習の実演動画が始まる。まずぐっちぃ氏の実演、次に原田氏の実演。申し訳程度にフットワークが映るアングルからのリプレイも入る。が、これがAの解説のどこに対応するのか分からない。ぐっちぃ氏の実演が悪い例なのか良い例なのかも分からない。原田氏の指導を忠実に守っているようには見えないので、いい例とも言いがたいが、悪い例とも言い切れない。

バック→ミドル→バック→フォアの切り替え
フォア→ミドル→フォア→バックの切り替え
(ミドルをフォアかバックで打つため、フットワークを使うことになる)
フォア→バック→回り込み

とほとんど説明がないまま延々と多球練習の実演が続く。何を示すための実演なのか分からない。

次に前後のフットワーク(低い姿勢を維持しながら)の実演が始まるが、この前後のフットワークはAの解説にはなかった動きである。いわば、授業で習っていないことが期末試験に出題されたような形だ。
このような多球練習の動画がさらに続いた後で最終章「現代卓球に必要な動き」として

フォアワンコース連打(股関節を使った早い戻り)
全面バックハンドフリック(レシーブのコツ?)

と続くが、これはもはやフットワークの指導動画ではないと感じられた。

前回観た動画「礼武研究所 フォアハンド編」が価格以上の価値があっただけに、今回の動画にはがっかりさせられた。重心という目に見えない要素を扱うため、フットワークを解説するのは他の技術に比べて難しいことだろう。しかし、この動画の完成度の低さを考えると、製品として市場に出すレベルには達していないと言わざるをえない。初めの15分余りの部分だけを1000円で売るというのなら分かるが、大半が意味の分からない退屈な映像の羅列で3000円は納得がいかない。

WRMは今までにない形で卓球界を盛り上げている注目すべきメーカーである。しかしこのDVDは拙速の感が否めない。冒頭15分は素晴らしかったのである。どうして後半をもう少し時間をかけて仕上げなかったのだろうか。WRMの企業イメージを損ねないためにも、卓球動画というジャンルの健全な発展のためにももう少し手間をかけて指導動画を作ってほしいものである。