「卓球は正しい面の角度さえ出ていれば、どんな打ち方でも入るものである」

どこかでこんな言葉を聞いたことがある。この言葉は何がいいたいのだろうか。私は初めこれを聞いたとき、「フォームや打ち方にはこだわるな」という意味だと理解した。しかしこの言葉を発した人はそういう意味で使ったわけではないのかもしれない。

先日の練習で、下回転をフォアドライブする練習をしていたのだが、指導者のアドバイスを受けてフォームを変えて打ってみたら、びっくりするぐらい安定して入るようになった。打っていて、ミスする気がしない。9割ほどの確率で入る。入るだけではない。ほとんど力を入れる必要がなく、楽々とボールが持ち上がり、速いボールが打てるのだ。この経験から今までの私のフォームは根本的に間違っていたと気づかされた。

卓球というものは間違った打ち方(スイングやブレードの角度)をしていても、入ってしまう時がある。というか、間違った打ち方でも結構入ってしまうものだ。ただ、間違った打ち方をすると、タイミングがシビアになって安定しなかったり、力のロスが多く、ムダに力を入れなければならなかったり、身体の軸が大きくぶれてしまったりする。しかし入ることは入ってしまう。そこがおそろしい。なぜなら自分の打ち方が間違っているなどとは夢にも思わないので、下手をすると何十年もその間違った打ち方のまま来てしまうおそれがあるからだ。

「正しい打ち方」とか「間違った打ち方」というのは、誤解を招くので、「合理的な打ち方」と「非合理的な打ち方」と言い換えよう。「入る打ち方」はいくつもある。しかし、その中で最も合理的な打ち方は限られており、それ以外は少なからず非合理な点を内包しているというのが実際のところではないだろうか。「打ち方」といってもスイングだけではなく、身体の向きやスタンス(以前、私は左足を前に置きすぎていた)、目線・腰の高さなどを含んだ総合的な「打ち方」である。その最も合理的な打ち方をすれば、ムダに力を入れず、素早く安定してボールが打てる。上級者のプレーを見てみるといい、凡ミスをほとんどしないし、涼しい顔をしてとんでもないボールを打っているではないか。冒頭の「どんな打ち方でも入ってしまう」というのは、「打ち方なんてどうでもいい」という意味ではなく、「入ったからといって、合理的な打ち方とはかぎらない。自分が非合理的な打ち方をしていないかどうかよく反省しろ」という戒めの言葉だったのかもしれない。

c363d5a2
指導者もおらず、我流でガムシャラに練習するような人は、非合理的な打ち方に気づかず、「うまくならないのは練習が足りないせいだ」などと思いがちだ。

【補足】140216
下回転を軽々とドライブで持ち上げるために、どのようなアドバイスを受けたのか教えてほしいというメッセージをいただいたので、簡単に説明したい。ただし言葉での説明には限界があるし、私は指導者でもない。また実際にプレーを見たわけではないので、個別のケースを質問されてもこれ以上は答えられない。

私が指導者に教わったのは、下の2つの記事にあることに重なる。さらにそこになかった説明は「その他」である。途中までは私の思っていた通りだった。

私の理解で簡単に説明すると、
・フォア面を下にしてバックスイング
・ストローク時には面を軽く開く(外側に向ける)
・脇を締めて打つ

・フォア面を下にしてバックスイング
・ストローク時には面を開く(外側に向ける)
・ストロークはバックスイングを高くして、凹面をつくるように下→上という軌道を描く
・「8の字打法」に近いと思われる。

「その他」
・下を向けたフォア面を起こしながらドライブ。前記事「リトラクタブル・ライトのイメージでドライブを打つ
・インパクトは、こすらず、当てず、スポンジに食い込ませるが、板には当てない感じ。
・デッパリスイング。前記事「スイングの弧線
・ストロークは中途半端にせず、思い切りまっすぐ振り切る
・「内旋」を使う。