逆上がりができるかどうかはいくつかのポイントがあるようだ(「さかあがりはだれでもできる」)。

1.鉄棒とお腹をくっつける
2.蹴りあげる方向が上
3.途中で腕を伸ばし、上体を伸ばして下げる

sakaagari

よくある失敗例として、足の勢いだけで回ろうとし、反対側の上半身が下がらない場合を挙げることができる(「体が後ろにたおれないタイプ)。上の写真でいいうと、左の矢印の方向にばかり注意が行っていて、右の矢印の方向はお留守というタイプだ。逆上がりは下半身の力だけで回ろうとするより、下半身の力+上半身の反動を利用したほうが効率が良さそうだ。

足だけで回ろうとするというのは、卓球で言えば、手だけで打とうとする「手打ち」に通じるものがあるかもしれない。そうすると、卓球でもフリーハンドをラケットハンドと連動するように動かしたらいいのかもしれない。いや、手を回すよりも、左肩や左腰を回したほうがいいのかもしれない。

「押してダメなら引いてみな」という言葉があるが、ラケットハンドを振ろうとがんばるよりもその対角線上の左腰を回して右半身を押してみたほうがいいのかもしれない。私はどうしてもラケットハンドに力が入ってしまうのだが、左腰で右半身を回そうと意識して素振りをしてみたら、ラケットハンドには力を入れずに素振りをすることができた。つまり、ラケットハンドで引っ張るのではなく、左腰でラケットハンドを押し出してやるイメージである。これが一番楽に腰を使って打てるかもしれない。

指パッチンというのは、親指と中指をこすって音を出すのではなく、中指を親指の付け根(下の写真の赤丸の部分)にぶつけて音を出すのである。

yubi

子供の頃、中指と親指を一所懸命こすりあわせて音を出そうとしていたのだが、力の入れどころが根本的に間違っていたのだ。腰を使って打つというのも右腰に力を入れて打とうとしていたのだが、反対側の左腰に力を入れるべきだったのではないだろうか。

相も変わらず腰の使い方をあれこれと考えている。前記事「重心移動を回転運動に」で考えたやり方をこの間試してみたら、バックスイング時は有効だったが、伸び上がりながらスイングという部分はあまりうまく行かなかった。次はこの左腰で押し出すイメージを試してみたい。

【追記】140223
スポーツバイオメカニクス」で紹介した反作用を参照。