テニスの技術記事をみていると、ときどき「振り子」という言葉に出会う。
振り子のようなスイングか、水平なスイングか」 
上級者はあまり振り子のようなスイングをしないらしいが、初中級者には振り子スイングがオススメらしい。しかし、上のサイトを見ると、上級者のスイングでも「ほぼ水平」とあるので、多少は振り子スイングをしているようだ。

 vol03_06
前提の技術 テイクバックと面の作り方


前提としてフォア面を外側に向けておき、始点のテイクバックでは、ラケットを高い位置におく。そこからフォア面を下に向けて振り下ろすようにスイングの底を通り振り上げ、そこでインパクトというものらしい。上から下に振り下ろすモーションが入るので、腕力のない人でもスイングスピードが上がりやすいのかもしれない。
では、面を下に向けるというのはどういうわけだろうか。

単純に考えれば、テイクバックでもインパクト時と同様に地面に対して垂直な面を用意すれば良さそうなものだが、【中略】実際にはそう単純ではない。腕の自然な動き方を考えれば、面を下に向けた状態で用意するのが理にかなっているのだ。

「理にかなっている」というのは聞き捨てならない。インパクトの前に面を下に向ける合理的な理由とはなんだろうか。

面を垂直にしてテイクバックすると、スウィングが始動して加速度がかかったときに面が上を向いてしまう。したがってインパクトまで面を垂直に保つためには、腕の操作(面をかぶせていく動き)が必要になり、スウィングが速くなるほど操作がシビアになって、面が不安定になってしまうのだ。

つまり、ブレードを立ててスイングした場合、スイングスピードが速いと、面が上を向きやすいということだ。
卓球の場合はテニスほどラケットが重くないので、こんな懸念はないのかもしれない。しかし、面を下に向けてスイングの進展につれて面を起こしていくというのは、卓球にも有効なのではないだろうか(前記事「リトラクタブル・ライトのイメージでドライブを打つ」)。スイングの角度を見誤って、スイング中に「腕の操作(面をかぶせていく動き)が必要にな」るというのは、卓球でもしばしばみられることである。たとえば、3球目で下回転を持ち上げたあと、5球目は面をもっとかぶせて打たなければならないが、その5球目の角度がとっさに出せず、誤った角度でスイングをスタートしてしまうことがある。その点、面を下に向けて徐々に起こしていくというスイングは安定しそうな気がする。

ただ、卓球で振り子のようなスイングはデメリットが多そうだ。
まず、バックスイングが大きくなってしまい、スイングのスタートが遅れる。さらにラケットを高いところから振り下ろすのは、スイングスピードが上がるかもしれないが、打点が低くなってしまいそうだ。

完全にテニスのスイングを取り入れるわけにはいかないが、面を下に向けてスイングするという部分は、卓球にも応用できるかもしれない。その際、手首の使い方にも注意したい。

kakudo

上の「角度をつけるタイプ」というのは、卓球用語で言う「面を開く」ということだ。リトラクタブル・ドライブでは、「角度をつけ」て、面を開いて打つのが有効だと思われる。

テニスのサイトをなんとなく眺めていて、以上のようなことを考えた。振り子スイングというのは、もしかしたら卓球に応用できる部分があるかもしれないので、試してみる価値があると思われる。テニスの技術が卓球にそのまま応用できるとは限らないが、今度練習するとき、ちょっと試してみたいと思っている。

【追記】140216
振り子打法はやはり卓球にもあるらしい。8の字打法と呼ばれているようだ。