高級ラケット初体験という題名だが、本当はエバンホルツとか、劉詩文とか、アコースティックとか、ちょっと試打したことはある。ただそれは数分に過ぎなかったので、今回のように購入して数時間使ってみるのは「初体験」である。

以前、ラケットをとっかえひっかえ買い換えるのではなく、一つの高級ラケットを長く使おうと決心した(「ラケットの品質」)。それでナケナシのヘソクリから2万ほど捻出したのだが、、ラケットに1万以上もかけるのは本当に意味があるのだろうか?定価5000円と1万円のラケットは違いがあると思うが、定価1万のラケットと、2万弱のラケットに価格に見合うだけの性能差があるのだろうか。ここまで高価格になってくると、単に好みの問題なのではないだろうか…。さまざまな思いが脳裏をよぎったが、ともあれ今回はケチらず、本当に気に入ったものを買おうと決心した。
予算が2万近くあると、よりどりみどりである。最近は中ペンを使っているので、中ペンの高級ラケットのなかで以下の候補を考えた。

スティガのインテンシティカーボン 中国式
バタフライのインナーフォースZLC-CS
ニッタクのアコースティック 中国式
ヤサカのギャラクシャカーボン 中国式

結局選んだのはバタフライの中ペンラケットの最高峰インナーフォースZLC-CSである。

images


実売15000円前後もする超高級ラケット。ブレードサイズが158☓150ミリとちょっと縦が短いのが気に入らないが、グリップのカラーリングやデザインもカッコイイし、バタフライというブランドの信頼性もある。
インテンシティ―はちょっと打たせてもらったら、打った感じが軽く(ポコンといった打球感)、あまり気に入らなかった。貼ってあったラバーが薄かったのかもしれないが。
アコースティックの中国式もほしかったが、10/20の発売日まで待ちきれなかった。

ラケットのレビューというのは私程度の実力では力不足である。それでインプレッションである。使い込んだ末の評価ではない。第一印象といった程度の評価である。

グリップ
驚くほど手にフィットする。私はかなり手が大きい方だが、吸い付くように手に合う。握った時点で早くも高級感が漂い始めている。

素振りをしてみた感じ
ずっしり重く、中身が詰まっている感じ。ラバーはうちに余っていたF:ラウンデル(厚)、B:V>01(特厚)を貼ってみた。ラバーを含めた重量は180g弱あった。ラケット単体の重量は測っていない。

削ってみると
カーボンで黒ずんでくる。カーボンって炭なんだなぁと気づかされた。

打った感じ
よく飛ぶが、飛び過ぎない。ちょっと重いが、とてもいい。不思議なのだが、よく弾むけれど、オーバーミスが少ない。自分の思った通りのボールが打てる。それだけでなく、想像以上のボールも打てる。他のラケットならミスしているだろうボールも入ってしまう。
たとえば、バックのブロックをしたとき、押しが弱すぎて「あっネットにかかった」と思ったボールも入ってしまう。当てただけでボールが入ってしまう。相手がスマッシュしてきたボールを中陣からドライブしても入ってしまう。ふだんの私なら絶対入らないボールである。ドライブをかけたとき、打った瞬間、「あっオーバーしたか?」と思ったボールがネット近くのはるかに浅い位置に入っていた。なんなんだこれは?もはや魔法である。以前、「テンションラバーの不思議」でテナジーのインチキ的な使いやすさに言及したが、このラケットもインチキ的に性能が高い。速いボールが打てるというより、速いボールが入ってしまうところがインチキである。さすが入門者向けラケットの3倍以上の定価だけのことはある。
ただ、よく言われるように基本を習得するには弾まないラケットと非テンションラバーがいいのかもしれない(前記事「弾まないラケット」)。インナーフォースを使うと、まちがった打ち方でも入ってしまうので、長い目で見ると上達を妨げるような気もする。

もっといろいろな比較やコメントができればいいのだが、私には大雑把な感想しか言えない。より詳細な評価はもっと上手な人のレビューを参考にしてほしい(前記事「打球感の変貌」)。 

【追記】 131003
プッチンプリンに醤油をかけると、ウニの味に、きゅうりにハチミツをかけるとメロンの味になるという。
同じようにドライブキラーにテナジー64でインナーフォースの打球感とかにならないものだろうか。
そんなことが気になって仕方がない今日このごろ。 

【追記】 131005
やっぱりインナーフォースは私には重すぎる。せっかく買ったけれど、もっと軽い製品を探そうと決心した。私がいつの日か上級者になったとき、このラケットがきっと役に立つはずだ。 

【追記】 140105
自信がないのであまり人には知らせたくないのだが、「バンブーショット」+「V>01」で「ウニの味」に感じられた。

【追記】 140217
感覚的に喩えれば、5枚合板の打球感が「マリービスケット」の歯ごたえだとすると、インナーフォースZLCの打球感はアーモンドの歯ごたえに感じられる。