卓球には関係ないが、今日あったことの報告。同じようなトラブルで困っている人がいるかもしれないし。

最近、IEの表示が乱れて困っていた。画面の画像が全部三角形に表示されてしまう。ムービーメーカーやメディアプレーヤー、フォトアルバムなどのマイクロソフトの他のプログラムでも画面が乱れてしまう。しかし、firefoxでは異常がないのでとりあえず使えていたのだが、気になるのでATIのグラフィックボードのドライバを再インストールしてみたところ、画像の乱れが修復されて、一安心かとおもいきや、また画像関係の調子が悪くなった。動画編集ソフトが落ちてしまったので、再起動してみたところ、windowsが立ち上がらない…。画面が真っ黒。HDDにはアクセスしているので、しばらく放っておいたが、30分しても立ち上がらない。冷や汗が出てきた。

バックアップなどはとっていないので、これからOSを再インストールしようと思ったら、おそろしく煩わしい作業を経て元の環境を再現しなければならない。なんとかならないか…。

セーフモードで立ち上げてみようと思い、電源を入れ直し、F8キーを連打。しかしピピピピピピというビープ音がなるばかりでセーフモードでも立ち上がらない。ついさっきまでは調子が悪いとはいえ、動いていたのに。

直感的にこれはハードウェア的なトラブルではないだろうかと感じた。HDDの配線の接触不良とか、グラフィックボードの差し込みが甘くなっているとか。とくにグラフィックボードはさっきまでトラブルがあったので怪しい。

筐体を開けて、ハードディスクの配線を確認してみる。そしてグラフィックボードを触ってみる。熱い…あっもしかしいてこれか?

グラフィックボードには冷却ファンが付いているのだが、中の配線がそのファンの上に垂れ下がっていて、ファンの回転を止めていた。そこで、配線をよけてみたところ、ファンが回りだし、それで再起動してみたら、無事windows(うちのはvista)が立ち上がった。

ほっとした。

パソコンのトラブルというのはいつ襲ってくるかわからない。今回のトラブルは非常に原始的な問題だったが、これをソフトウェア的なものだと思い込んで解決法を探していたら、2~3日が無駄になったかもしれない。

私たちの文明はうまくいっている時には信じられないほどの便利さを享受できるが、一旦トラブルに見舞われると、全てが立ち行かなくなり、おそろしいほどの手間がかかる。まるで福島の原発事故の教訓を個人レベルで体験したかのような数時間だった。

【追記】
あれからしばらくして、また立ち上がらなくなった。
やはりグラフィックボード(ATI RADEON HD4850)のドライバの不具合だったらしい。
「コンピューター」を右クリック、「管理」→「デバイスマネージャ」→「ディスプレイアダプタ」からグラボを選び、細心のドライバから、古いドライバに戻したら、立ち上がるようになった。

【追記2】
またしばらくして立ち上がらなくなった。まったくやっかいである。そのまま3ヶ月ほど放置しておいたのだが、年賀状のことを思い出し、「あのPCが治らないと、来年の年賀状の時、たいへんなことになる」と一念発起し、この連休にまたいじってみることにした。しかし、ソフトウェア的にやれることはやったので、残っているのはまたハードウェア的なことだけだ。筐体を開け、グラボを抜いてみた。そうしたら、ものすごいホコリだった。復元可能な程度にネジを外し、いろいろなところを開けてみたのだが、数年分のホコリがたまりまくっていた。それを掃除機で吸い取ると、立ち上がるようになった。なんかこんな原因ばっかり。