しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

文明の病――テレワークの弊害

今回は卓球には関係のない無駄なお話。
--------
世の中、テレワークが真っ盛りである。
コロナウイルス流行の副産物としてテレワークの普及が挙げられる。
これまでぼんやりと「ネットを使えば、わざわざオフィスに行く必要はないのではないか」などと思っていたものの、実際にそれをやってみようなどという職場は稀だったはずだ。それがいざテレワークを余儀なくされてみると、意外に便利だと多くの人が感じたのではないか。
teleworking

「これならわざわざ電車に乗って職場に行かなくてもいいんじゃないか?」
「いや、むしろ、職場に行くよりも、在宅勤務の方が仕事がはかどるんじゃないか?」

などと私も思ったのだが、テレワークには問題も多いということに気づかされた。

職場のチームの人とメールで意見を交換していると、キツイことを書かれたりすることがある。自分の意見を全否定され、他の人もそれに倣い、否定してくるので、自分ひとりが孤立してしまったかのように感じるのである。

文言の細かい部分も気にかかる。
「そこは『てください』ではなく、『ていただけないでしょうか』だろ!」
「何が、『私だったらこうしますけど』だ!その『けど』はなんなんだ、自分が模範だとでも言いたいのか!」

そして相互不信に陥り、
「価値観の違う人間に何を言っても無駄だ。あいつらとはもうこれ以上関わりたくない…。」

挙句の果てに必要最低限の事務連絡しかしないような冷たい関係になってしまう。

こんなことはテレワークではしょっちゅうである。この間も私のウェブミーティングの呼びかけに対し、「その時間帯は都合が悪いので、参加しかねます」「今、どうしても集まる必要性がありますか?」などとつらい返信が相次ぎ(その「かねます」ってなんなんだ?感じワル!)、私もうんざりして召集を取り下げたのだが、その後、感じの悪い回答をよこした、にっくき一人が私に電話をかけてきたのである。

「この間のウェブミーティングの件、どうもすみませ~ん。どうしても外せない用事があったもので~。」

その声を聞いて、私の彼女に対する敵愾心は解消された。あれだけぬぐいがたく心の奥底にこびりついていた感情が一瞬にして蒸発したのである。

なんだ、別にイヤな奴でもなんでもないじゃないか、彼女。テレワークになってから、「ついに本性を現したな!」などと思っていたが、話してみたら、以前の信頼のおける彼女のままであった。電話の声を聞いただけで人の評価がこんなにも変わるなんて我ながら驚きであった。

最近、人気女子プロレスラーが自殺?したというニュースが話題になっているが、言葉というのは本当におそろしい。自殺した彼女に中傷メッセージを送った犯人たちも、軽い気持ちで「キモい」だの「消えろ」だの書いていたのだと思うが、それを受け取った相手は恐怖心や憎悪を掻き立てられ、それらの感情は時間が経つにつれて増幅していくものである。音声を伴わない字面だけのメッセージというのは、多くの場合相手にネガティブな印象を残してしまいがちである。

日本語の場合、丁寧さを表す敬語表現が豊富で、文末に「ね」とか「よ」などの終助詞がつくので、他言語に比べて自分の態度や気持ちなどを伝えやすいはずである。それでもメールのような音声を伴わないコミュニケーションの場合は誤解や相互不信に陥ることがままある。これらの主観的な表現に乏しい英語や中国語では、どうなのだろうか?

仕事帰りの一杯、という昭和の習慣が少なくなってきたのは喜ばしいことだと思っていたが、顔を合わせて腹を割って話す機会がなくなってしまうと、それによってうまく回っていた人間関係も回らなくなってくる。一見無駄に思える行為を排除して、効率の良さやエッセンスだけを追求すればするほど、私たちの精神的な健康はむしばまれていく。効率というものは、無駄な行為があって初めて成り立つものなのかもしれない(前記事「膾炙練習」)。卓球でも効率のいい練習メニューをこなすだけでなく、利き手と逆の手でラケットを握ってみたり、トリックショットなどのゲームをやってみるという「無駄な」練習も必要だろうし、ときにはみんなで遠足に行ったり、昼ご飯をいっしょに食べたりという機会も必要だと思う。そういう経験があって初めて有益な練習というのが意味を持ってくるのだと思う。

テレワークは効率性というものを意識させてくれると同時に無用の用の存在というものも気づかせてくれた。ネット上のコミュニケーションは今後も有効性を持ち続けるだろうが、これが行き過ぎると人々を深刻な人間不信に陥らせることになるだろう。


日ごろは何とも覚えぬラケットが… ――ランニングから学ぶ

久しぶりの練習は、案の定、例の練習とはかなり違ったものだった。

ラケットってこんなにずっしりと重かったっけ?185gぐらいだったと思うが、スイングすると、なんだか腕が引っ張られるような感じだ。

アッ痛!なんだこれは思い切りスイングすると腕が痛い。

そうなのである。ここ1ヶ月、運動らしい運動をしていないために筋肉だか、筋だか分からないが、硬化しているのを感じていたのである。腕を真っ直ぐ上に伸ばすと痛い。シャツを着たり、脱いだりすると痛い。これが噂の五十肩というやつか。

ドライブを打ってもボールがちっとも走らない。全力のドライブが、「ギュン!」ではなく「ポワ~ン」という感じなのである。これでは攻撃というより、つなぎである。

しかし、これはこれでおもしろい。

女性がドライブではなく、ミート打ちを多用する理由を身を以て知った気がする。適度に下回転のかかったチャンスボールを弱いインパクトで「ポワ~ン」とドライブするのではなく、「バシッ」とミートしたほうが断然楽で、威力もある。あるいはドライブを打つにしても、柔らかいラバーでないと、しっかりボールが食い込まない。フォア面を柔らかいラバーに替えてみるというのもおもしろそうだ。

今までは「ドライブのボールが軽い」などと言われると、罪悪感を感じてしまい、硬いラバーに替えて全身の力を一点に集中して打たなければならないという強迫観念のようなものを感じていたが、中年にはそんなドライブは無理なのである。

「ドライブが軽くたっていいじゃないか。別に全国大会とかに出るわけでもあるまいし。」

そういう執着がなくなると、気分も軽くなる。柔らかいラバーでドライブはつなぎでもいいと割り切ると、不思議と足の動きが良くなってくる。特に私の苦手な前後の動きが良くなってきたのである。おそらく今までドライブの威力を優先していた結果、そこに多くのリソースが割かれていて、動きが遅くなっていたのだと思われる。

スイング時に腕が痛くなるというのは、おそらくこういうことなのだ。
スイング弧線

スイングの描く弧線が
大きく、直線的な場合は腕が痛くなり
小さく、曲線的な場合は腕が痛くならない

腕を伸ばして、腕の力で打とうとすると、体が痛みでブレーキをかけてくれる。こういう機能が身についたというのは、考えようによってはラッキーなのではなかろうか。体幹がうまく使えるようになるための矯正具を内蔵したようなものである。

しかし、ずっとこのままというのもちょっと不安である。少し体を鍛えて筋力を補強したほうがいいのかもしれない。ちょっとランニングでもしてみようかな。初めから何キロも走るのは無理だから、できる範囲で1キロぐらいから走ってみよう。

晩ごはんを食べて、腹もこなれた頃合いに人通りの少ない道を少し走ってみた。が、わずか200メートルほど走ったところでもう限界である。

無理は禁物だ。走ることに執着してはいけない。ウォーキングに切り替えて、疲労が少し回復したところでもう一度チャレンジである。

だんだん疲労が回復してきたので、もう一度走ってみることにした。ただ、今度はやみくもに走るのではなく、体の使い方を意識して走ってみよう。疲れにくい走り方というのがきっとあるはずだ(前記事「昔の人はえらかった」)。

お腹に力を入れて走ってみる、腕を大きく振ってみる、姿勢を真っ直ぐにしてみる、腰を回してみる…いろいろ試してみたが、一つ発見があった。脇を締めて走ると疲れにくいのだ。

キシャポッポ
こんな感じでキュッと脇を締めて走ってみる


なんだこれは!楽に体が前に進むぞ!今まで脇を拳一個分空けて走っていたのだが、胸を張って脇をぴっちり締めて、腕を真っ直ぐ前に大きく振ると、腕を振ったエネルギーがほとんど逃げずに体を前方に進めてくれる。

「この感覚はどこかで…そうだ!フォアドライブのときに左半身で壁を作るという動きに似ている。」

脇を締めることで上半身がしっかり固定されブレなくなった。そして下半身は、腰を回すようにして走ってみる…まだ足に力が入っている。足に力を入れるのは一瞬であるはずだ。なぜならドライブで力を入れるのは一瞬で、それ以外のときは脱力しているのがいい、という教えがいろいろな卓球動画で言われているではないか。ドライブのインパクトに比定されるのは、ランニングでは足の接地であるはずだ。接地の瞬間だけ足の力を入れ、それ以外は足が脱力していなければならない。

そんなこんなで今日のランニングを終えた私は、脇を締めるという収穫を得て帰宅し、卓球とランニングの体の使い方の共通性に思いを馳せるのであった。

最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ