しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

われは中年、のびんとす

「しろのさんはマスターズとか出はらへんのですか?しろのさんならチャンスあるんじゃないですか。」
などとおだてられて、うっかり「マスターズ予選に出てみようかな?」などという考えが頭をかすめたことがあるが、よく考えたら、チャンスなどあろうはずがない。ああいう全国大会につながっている大会には東山卓球部のOBをはじめ、化物のように強い人が出てくるのだから。

東山高校卓球部で3年間卓球をやっていた人なら、ふつうはたとえ中年になってもおそろしく強い。私のように中学時代まででやめてしまい、中年になって卓球を再開したような人間とは根本的に違う。向こうがサラブレッドなら、こちらは農耕馬である。勝てるはずがない。

しょせん、中年の草卓球である。これからいくら努力しても、上達できる伸びしろは高が知れている。全国レベルなどには到底到達できない。

こんな卓球を続けていて、いったい私は楽しいのだろうかと自問してみる。

われは草なり 伸びんとす
伸びられるとき 伸びんとす
伸びられぬ日は 伸びぬなり
伸びられる日は 伸びるなり


楽しいに決まっている!
一生全国大会に縁がないとしても卓球ほど楽しいことなどないではないか。

私は、毎日部活で3~4時間もレベルの高い練習をしている学生のような「樹」にはなれない、へたくそな「草」である。そして多少は上達するときもあれば、なかなか上達しないときもある。いや、練習時間の大半は上達しない、停滞しているときなのである。試行錯誤を繰り返し、内に何かを萌しつつも、それが表には表れない状態である。だが、上達しないときは上達しないことを受け入れ、上達できるチャンスがめぐってくれば、思い切り上達しようとがんばるのである。

われは草なり 緑なり
全身すべて 緑なり
毎年かはらず 緑なり
緑の己れに あきぬなり
われは草なり 緑なり
緑の深きを 願うなり


若い人のようなフットワークもなく、速いボールは連打できず(1本ぐらいなら打てる)、なんとかミスせず入れるのが精一杯のオジサン卓球である。若い人は日に日に目に見えてうまくなるが、私は去年と同じような進歩のない卓球をしているように感じる。しかし、それでも卓球が楽しくてたまらない。こんな卓球でも私なりの深さで追求しようと思う。

ああ 生きる日の 美しき
ああ 生きる日の 楽しさよ
われは草なり 生きんとす
草のいのちを 生きんとす


卓球をしている、それだけで楽しい。生きていると実感できる。
ヘタクソなりに、卓球をしていると、あるとき自分でも信じられないようなスーパープレイが飛び出したりする。

「今、私は何をしたんだ?こんなショットが私にも打てるのか!」

今のプレーを再現したい。どうやったらコンスタントにできるようになるのだろう。たぶん、さっきのフォアドライブは、ボールを打つ直前に一瞬、上体を沈め、膝にグッと力を込め、伸び上がりながらドライブを打ったのだと思う。ということは、膝を固定点にして打てばいいのではないか……

これだから卓球はやめられない。自分の限界がどこまでかなんてどうでもいいことさ。

zassou

リソース不足――フットワーク練習で気づいたこと

フットワーク練習といえば、フォアサイド、バックサイドに一本ずつ送ってもらい、それをフォアで動いて打つとか、3点に送ってもらい、オールフォア、あるいはフォアで2点、バックで1点を打つとか、そういう練習を思い浮かべる。
上級者はみんなこのようなフットワーク練習をしているのだから、きっと上達に必要な要素がいくつもあるのだろう。そう思って私もこの手の練習を試みるのだが、続かない。すぐに振り遅れてきて、ステップも遅れがちになる。
まぁ、中年のオジサンがこんな練習をするなんて無謀なんだろうな。
しかし、卓球でフットワークが大切なことは言うまでもない。だからフットワーク練習をしたいと思って、フォア半面にランダムに送ってもらってフォアで動きながら打つということをしてみるのだが、これもボールのスピードが上がってくると、すぐに追いつけなくなってくる。

フォア半面でもだめか。

もうやけくそで、今度はバック半面で、オールバックのフットワークをしてみることにした。
すると、なぜかよく足が動く。もちろん大きく動くことはできないのだが、小さく、細かく動くフットワークが気持ちいい。

「若者じゃないんだから、こういう小さなフットワークで十分じゃないか。」

しかし、どうしてバックのフットワークのときは足がよく動くのだろう。
省みると、バックハンドのときは、フォアハンドのようにラケットをブンブン振り回さずに、バックショートのように軽くラケットを押すだけだった。そうすると、ラリー中のボールも速くならないし、足に意識が向きやすい。

私の仮説はこうである。

人間の意識の容量は一定量に決まっていて、腕と足を同時に大きく複雑に動かすと、意識の容量が不足してしまい、どちらかの動きが疎かになるというものである。あたかもメモリの少ないPCで多くのアプリケーションを同時に開くとリソース不足でフリーズしてしまうように、人間も一度に身体の複数の部分に意識を割くと、動かなくなる。

リソース不足


オールバック練習の場合は、前腕を軽く動かすのと、足を小刻みに動かすという2つの動きだけに意識を割いていたため、フットワークが止まらずに機能したのではないか。フォアハンドをつかったフットワークの場合は、しっかりとドライブをかけて、いいボールを打とうとして、身体のいろいろな部分に指令を出しながら足を動かすということをしていたため、ボールに遅れてしまっていたのではないか。

しかし、「上級者はフットワークを止めずに質の高いボールが打てるではないか」という反論もあるかもしれない。それは上級者の場合は上半身か下半身か分からないが、どちらかの動きを無意識に行えるほどに身体に染み付いているからだと思う。歩きながら本を読むとき、我々は歩くという下半身の動きにほとんど意識を割いていないはずである。そのとき本の内容にだけ意識が行っている。それと同様のことが上級者のフットワーク練習で起こっていると推測される。

ということは、初中級者がフットワーク練習をする場合は、上半身の動きを最低限のものにして、まだ習熟していない下半身の動きに意識を割かなければならないのではないだろうか。

最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ