しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

おなかの力はすごい――感覚の開発

人間は猿から進化した…いや、猿から分岐したといったほうが分かりやすいだろう。

先史時代
こんな質のいい動画が無料だなんて…代ゼミが潰れるわけだ。
先史時代1

類人猿と猿人とを分かつものは何か?
二足歩行とその結果としての腕の可用性こそがヒトの証なのだという。
その有り難い「腕」というものが卓球の上達をどれほど阻害しているかはみなさんよくご存じだと思う。私も頭では理解していたのだが、最近身を以てそれを思い知ることになった。


肩が急に痛くなって、腕を伸ばせなくなった。
これはおそらく五十肩である。
そのうち元に戻るだろうと思っているのだが、いつになっても元のように腕を伸ばせない。職場の人に相談してみると「私はもう一年以上そういう状態ですよ」とのこと。もしかしたら完治しないものなのか?

しかし、このために卓球の調子が非常にいいのである。

腕がまっすぐ伸ばせないので、いつも脇を締めたような状態でプレーすることになる。フォア側に適度なスピードのドライブなり、ロングボールなりが来て、「カウンターできる!」と手を伸ばそうとしてもラケットが届かない。ツッツキ打ちをしようとしてフォアドライブをかけようとしても力がこもらない。フルスイングしようものなら激痛が走り、ラケットを落としそうになる。バックドライブはもっと深刻である。軽く打っただけで激痛が走る。どうしてもボールにちゃんと近づいて打たなければならない。

今までいかに腕力に頼ったプレーをしていたのかと反省させられた。

ビュン!っと速いドライブを打つのはもうあきらめて、とりあえずそこそこのスピードで安定したドライブを打てるようにしなければ。そのためにはこまめなフットワークで常に足を動かすようにしなければ。

ちゃんとボールに近づくようにすれば、ボールを打てることは打てるのだが、あまり威力が出ない。腕を伸ばさず(痛くならないよう)に強いドライブを打つ方法はないものか。腕に力を入れずに強いショットを打つには、イヤでも身体の他の部位を使わなければならない。そんなこんなで試行錯誤しているうちにお腹でバックドライブが打てることが分かった。迫ってくるボールと一緒にお腹を凹ませて、バウンドと同時にお腹を前に突き出すと、腕に力を入れずに自然にバックドライブが打てる。

「うわっなんだこれ?腕にほとんど力を入れなくてもそこそこの裏面ドライブが打てるじゃないか!」

決定打を狙うような、スピードの乗ったドライブを諦めたのがよかった。限界までスピードを乗せようとは思わないから、力が自然と抜ける。腕の力が完全に抜けると、今まで感覚のなかったお腹や腰骨を動かす感覚が生まれてくる。よくトップ選手が「腕は振るのではなく、自然に振れるのだ」などと言っているのはこういう感覚だったのか。今まで、強すぎる腕の感覚にかき消されてしまい、プレー中に腰や肚の感覚というものを感じることはあまりなかったが、腕の感覚を最低限のスリープ状態にすると、今まで感じ取れなかった感覚が感じられるようになる。喩えて言えば、強烈な甘みで素材の味が全く分からなかった料理が、甘さ控えめにしたら、素材の味が分かるようになったような感じである。

次は回転のキツい下回転に対するバックドライブである。お腹の凹みだけではボールが持ち上がらないので、今度は打球前に姿勢を低くして、伸び上がる力とお腹の力を重ねてバックドライブを打ってみると、キツい下回転が持ち上がるではないか。そのときに私はおそらく初めて膝の感覚を感じることができた。よく膝を使ってドライブを打てと言われるが、こういうことだったのか。

腕を伸ばせないので、脇をキュッと締めているために体幹が回るのも感じやすい。

おそらく腕の感覚というのも、何らかの役には立つのだろうが、今は腕の感覚を徹底的に排除して、その他の感覚を「開発」するのが楽しい。

五十肩に感謝!

直感は告げる――卓球練習で大切なこと

新緑の美しい春のある日、私は相変わらずゲーセンで遊び呆けていた。

新緑


そこに久しく姿を見せなかった一年上のO先輩が久しぶりに姿を現した。O先輩は、私がひそかに憧れている人だった。O先輩は天才肌の人で、そんなに熱心にゲームに取り組んでいるようには見えないのに、どんなゲームでも器用にこなし、ちょっと気の利いた作品が入荷すると、この辺りで一番最初に全面クリアを達成するのはO先輩だった。

「先輩、お久しぶりです。なんだか浮かない顔をしていますね。受験疲れですか?」
「あぁ…受験はオレが思っていたよりもずっと難敵だったよ…」

O先輩は3年生。あと10ヶ月もしないうちに大学受験を迎える。私はO先輩ほどの人なら、直前に受験勉強を始めたとしても、そこそこの大学に合格してしまうのではないかと漠然と思っていた。そのO先輩が受験までまだ半年以上も残している時点で「全く歯が立たない」と嘆息しているのだ。これは尋常なことではない。

「シロノも2年の夏休みからエンジンをかけても遅いぞ。今からエンジン全開じゃないと、とても間に合わん。」

その一言が妙に心に残った。高校の先生からはいつも「2年生になったのだから、受験を見据えてちゃんと勉強しないとダメだぞ!」などと耳にタコができるほど聞かされていたのだが、全く心に響かなかった。それに対してO先輩の一言は、私の心に訴えかける何かがあったのだ。

「これは掛け値なしの真実だ。この忠告を聞かなかったら、きっと後悔する…」

と私は直感的に思った。その日から私は必死で勉強に打ち込むように…はならなかったが、その言葉がずっと頭に残っていた。そして少しずつだが、受験勉強を始めるようになった。無情にも夏休みはあっという間に訪れ、周りのみんなも本気で受験勉強を始めだした。私も同じように2年の夏休みから受験勉強に本腰を入れるようになったのだが、何分、毎日うちで5時間も6時間も勉強することに慣れていなかったので、計画通りには進まなかった。もっと早い時期から身体を受験モードに慣らしておけばよかった。夏休みもあっという間に過ぎ去り、気づけば冬の足音が…。

やがて3年生になり、「あの時のO先輩の言葉は本当だった」と改めて思った。もっと早くに気づいていればよかったが、それでもあの時点で、気づけてよかった…。結局私は第一志望の大学には入れなかった。
---------------
神山氏のこの動画を見て、私は高2の春のできごとを思い出した。
氏は言う、ボールの深さを意識することがミスを減らす上で非常に有益だと。



ボールの「深さ」を普段の練習で意識することはとても重要

「卓球のミスって深すぎてオーバーミスするか、浅すぎてネットミスするかだと思うんですね。」
「深さっていうのを意識すると、結局ですね、自然とボールの高さも意識せざるを得なくなるのかなと思います。」

これは掛け値なしの真実だ!
この意識をもって卓球に打ち込まないと、私はきっと後悔する!

私の直感がそう告げている。根拠はない。

卓球上達に必要なことは人によって違うし、優先順位も人によって異なる。世の中には卓球における重要事項というものが多々紹介されている。しかし、今の私にとって「深さ」を意識した練習こそが最優先であるに違いない。

そんなことを感じた。

【付記】
九州の皆さん
大雨や洪水で大変な思いをなさっていることと思います。お見舞い申し上げます。

最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ