しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

【寄稿】スマッシュを打たれたらどうする?

前記事「卓球と料理」で改めて読者のみなさんにご自身のレベルに応じた「気づき」をご投稿いただきたいと呼びかけたところ、さっそく読者のぴーろん氏からの寄稿をいただいたので紹介したい。

以下、本文である。
------------
 
先日、中学生の女子二人に指導というほどでもないのですが、一緒に練習したときに「スマッシュされたときの返球方法を教えてください。やっぱり下がって打たなければならないんですか?」と質問されました。
smash

「カウンターやブロックは無理だから、ボールの落下点に入って・・・」、とここまで答えたとき、「いや違う。スマッシュの返球方法など練習する必要はなく、スマッシュを打たれるボールを返さないことが大事なのでは?」と逆に質問したところ、「あー、そうですね。」と納得した様子でした。

いろいろな技術の習得は必要ですが、試合で使わない、使えないものを習得する必要はないはずです。

では、技術習得の優先順位の高いものは何かと考えたとき、1番目はサービスと(サーブ)レシーブであることは疑いようのないものだと思います。でも、サービスエースやレシーブエースだけで得点できるわけではないので、得点するために2番目として3球目攻撃ができる両ハンドのループドライブやスピードドライブ、下回転(角度)打ち、レシーブ技術として低いツッツキやストップ、流しやチキータ、フリックなどを習得する必要があるのだと思います。

これらの技術を習得した後、自分が得点しやすい、あるいは失点しにくいパターンに相手をはめる、いわゆる戦術が必要となるのでしょう。その戦術を実行するために1番目と2番目が単にできるだけでは不十分でその精度UPやほかの技術習得が必要となるのでしょう。

皆さん、延々とフォア対フォアの基礎打ちばっかり練習して満足していませんか?

卓球と料理――「みそ汁」を作ってみた

実は卓球には関係ないのだが、ただ「みそ汁を作ってみた」だったら、なんとなく後ろめたくて題名に「卓球」をつけてしまった…

みそ汁は私の健康の源である。私は元来胃腸がとても強い。それは子供のころから毎朝みそ汁を飲んでいたおかげだと勝手に思っている。おそらく私だけでなく、世間でもみそ汁は体にいいと認識されていると思う。

「味噌をみんなで研究してみたら、ガンの予防になるとか血圧を下げるとかいろいろなことがわかってきました。おいしくてカラダに良いんだからこれはとるべきだと。」(小泉教授)「NHK 美と若さの新常識

最近、不健康な食生活を送っているせいか、胃腸が弱ってきたように思う。胃腸が弱ると気力もなくなってくることを身をもって知った。このままではいけない。みそ汁を飲んでみたら、また元の強い胃腸に戻るのではないか。そう思ってみそを買ってきたが、たぶんみそをお湯で溶くだけではみそ汁にならないと思われる。ネットで調べてみると、案の定ダシが必要らしい。そんなこともあろうかと粉末のいりこだしというのを買っておいたやつがあったはずだ。あった、あった。このスティック状のダシの粉末の半分、4gをお湯600ccに溶いて、みそを45gと、油揚げとわかめ…はないのであきらめよう。長ネギはある。これを刻んで、あとでかけるとして、他に使えそうなものは…これだ!実家から送られてきたサツマイモ。焼き芋があまり好きではないので、使い道がなくて困っていたのだが、これをペンホルダーの単板ぐらいの厚さに切って、皮ごとお湯で煮ればいいらしい。そういえば、みそ汁は煮立ててはいけないと聞いたことがある。順を追って説明すると、

なべに水600ccと輪切りにしたサツマイモを入れて沸騰させる。
火を止めてダシの粉末4gとみそ45gを入れる。
お椀にみそ汁を入れて、
最後に刻んだねぎを上からかけてできあがり。

misoshiru

なんだ、メチャクチャ簡単ではないか。これで4杯分ぐらいできたので、2杯飲んで、残りは晩にまた飲もう。どれどれ、ちゃんとみそ汁の味がするかな…うまい!これはまさにみそ汁だ!次は乾燥わかめや豆腐を入れたり、玉ねぎとジャガイモのみそ汁も作ってみよう。こんな簡単に作れるなら、学生時代にも毎日作っていればよかった。

------------

拙ブログの読者層はよく分からないが、大半は男性だと思われる。一部の女性の読者が上の私の「気づき」を読んだらどう思うだろうか。おそらくあまりにもレベルが低い「気づき」でわざわざ記事にする価値もないと思われるのではないだろうか。しかし、男性の読者の中には、「そうだったのか!こんなに簡単に作れるなら、俺も作ってみよう」と思われる読者も少なからずいるはずである。

拙ブログは中級者――全国大会などには縁がないレベルだが、基本技術は一通り身につけている程度の愛好家を対象にしているが、もっと初歩的なレベルの「気づき」も発信したほうがいいのではないかと最近思うようになった。中高年の愛好家にはバックハンドが振れない、横回転サーブがとれない、ドライブとミート打ちを打ち分けられないといった層が相当数いるからである。

だが私はそのような段階の多くを小学生の時に踏み越えてしまっているのでなかなか思い出せない。初心者・初級者にとっての壁がどのようなものだったか思い出せない。現在、このような壁に向き合っている人たち、あるいはそういう人たちを教えている指導者でないと、このレベルの「気づき」を記事にすることはできないだろう。

というわけで読者の皆さんにお願いです。

さまざまなレベルの「気づき」を寄稿していただけませんか。

現在、拙ブログはほとんど私の個人的なつぶやきの場となっていますが、もっと多くの人が自分の意見を発表できる場にしたいと思っています。政治的なことはよく分からないのですが、協会や有名選手、有名企業などだけが情報発信をして、名もない個人はその情報を受け取るだけという構図は今の時代にはそぐわないと思います。誤解を恐れずに言えば民主主義ではないと思います。名もない個人からも意味のある情報発信が、もっとできないかと常々思っています。

万人にあてはまる「正解」である必要はありません。個人的な体験談で結構です。「今までAができなかったが、Bと考えて、Cを試してみたら、少しうまくいった」という程度の800字ほどの文章で結構です。
我はと思われる方は
shirono.tatsumiあっとまーくgmail.com
まで文章を送ってください。

よろしくおねがいします。
最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ