しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

一点、一瞬、集中力

今のレベルより上のレベルに行きたい。
そのときに必須の「武器」はブロックだと個人的には思っている。
ブロックに自信があれば、相手の攻撃を過度に恐れずに済み、たとえ相手に先に攻撃されても、自分の展開に持っていくことができる。それ以上に格上の練習相手も務まるので、格上と練習する機会が増えるし、ミスが減るので普段の練習でも効率よくボールを打てるからである。

そんなことをずっと前から思っているのだが、まだまだブロックに自信がない。「鉄壁」と言われるようなブロックを身につけたい。そう思ってバック系の技術ばかり練習しているので、今度はフォアハンドがおかしくなってきた。安定しない、力の入る打ち方が分からない、かとおもえば軽く打っているつもりでもボールをオーバーさせてしまう…。

そんなときにOKP氏の以下の動画を見て参考になった。

point

裏面バックハンドがヤバくなってきた

「なんか足らんことない?」
「なんか…フニャフニャしてる…当たった瞬間とか、インパクトとかに、フォアだったらギュッと行く感じ…『(力が)入る点』があるんですけど、バックはまだ見つかってない感じがします」

「(力が)入る点」!
そうだ、これが今、私のフォアハンドで分からなくなっているのである。

ここでいう「入る点」というのはブレードの「当てる点」と言い換えてもいいだろう。今の私はここがあいまいなのである。

当てる場所や、進入方向などいろいろ試してみて、私の場合、フォアドライブはブレードの中央、グリップ寄りに当てるのが安定するということが分かった。

この経験からインパクトの「点」を意識することは大切だと気付かされた。

----------

卓球では腕の力を抜いて、打球時の一瞬だけ力を込めれば十分だと言われる。
逆に腕にずっと力を込めていて、ガチガチの状態だと、ショットに力がこもらず、ボールが全く走らない。これは一般的に言われていることである。

では、集中力についてはどうだろうか。

練習ではよく知っている相手とリラックスしてプレーできるので、そこそこ自分の実力も発揮できるが、試合となると、なかなかそうはならない。相手がどんなプレーをしてくるか分からないし、緊張もしている。なんということもない相手のショットに対しても、反応が遅れてミス。もっと早く反応しなければと思い、相手の一挙手一投足を目を皿のようにして観察し、集中力マックスで、一瞬でも早く反応しようとするがうまくいかないし、疲れる。一方、上手な人はそんなに目を血走らせて全力で相手の挙動に集中しているようには見えない。わりとリラックスしてプレーしているように見える。

集中すればするほど、かえって反応が遅れてしまうのか?

そう考えた私は集中することをやめ、無心・平常心のリラックスマックス状態でプレーしてみたところ…やっぱり反応が遅く、相手のプレーにちっとも対応できなかった。

ガチガチにずっと集中している必要はないと思うが、完全に気を抜いてしまってもダメらしい。腕の力と同じで、要所要所のポイントで集中力をオンにしなければならないのではないか。では、どんなときに集中力をオンにするのか。

相手の打球の瞬間だと思う。

相手の打球の瞬間を確認すると、ボールが来る方向が分かるだけでなく、ボールを打つタイミングが計れる。このタイミングを逸してしまうとこちらからは攻撃できず、相手のショットに合わせることしかできなくなる。

実戦でこれを試してみた。

あちらからサーブを出し、こちらは無難にツッツキレシーブ。相手は3球目をフォアドライブする体勢に入る。私は相手の攻撃に備えつつ、相手のインパクトの瞬間をしっかり確認するために集中力のスイッチをオンにした。

見えた!

その瞬間、私は全身をキュッとこわばらせ、相手のドライブをしっかりとブロックで返球したのだった。ほんの少し心の余裕があった。

-----------
ショットは、一瞬だけ力を込めて、
集中力は、相手の打球の瞬間に。
これがいい。

用具と連れ添う――用具レビューについて

ここのところ、ずっと中国ラバーを使っているのだが、なんといっても硬い。ドライブでは勢いよくぶつけないとしっかり打っている感触がない。しかし、中国ラバーはぶつけるのではなく、シートでこすって飛ばせと聞いたことがある。とすると、勢いよくぶつける打ち方というのは中国ラバーの特性を活かせない打ち方なのだろうか。

1ヶ月ほど前、練習相手に「中国ラバーになってからボールが軽くなりましたね」と言われた。以前、テンションラバーを使っていた頃のほうがボールに回転がかかっていて、ドライブが重かったというのだ。そのことを思い出して、先週はなんとなくテンションラバーに戻してドライブを打ってみた。練習相手(先月とは別の人)に聞いてみた、「今日の私のドライブは重くなかったですか?テンションラバーに戻してみたんですが。」。すると、

「いやぁ、あんまり感じませんでしたね。というか、いつもの中国ラバーのほうがバウンドしてから2速が伸びてきて、回転がよくかかっていたと思いますよ。今日のドライブはずいぶん軽く感じました。」

う~ん。やっぱりな。たしかに打っているときにあんまり引っかかっている感触がなかったのだ。

中国ラバーにしたらテンションのほうがドライブが重かったと言われ、テンションラバーに戻したら中国ラバーのほうが重かったと言われてしまう。一体どういうことなんだ?

私の出した結論というのはこうである。
中国ラバーにしても、テンションラバーにしても、そのラバーが最も回転やスピードが出せる打ち方というのがあって、力を入れるタイミングとか、当て具合(厚さ)がそれぞれ異なるということである。したがってテンションラバーで最も威力の出る打ち方で中国ラバーを打ったら、「軽い」と言われ、中国ラバーに最も適した打ち方でテンションラバーを打ったら「軽い」と言われてしまう。先月の私は中国ラバーに適した打ち方ができていなかったので「軽い」と言われ、今月は中国ラバーにかなり順応してきたので、テンションラバーに一時的に戻したら「軽い」と言われてしまったわけである。

これは中国ラバーとテンションラバーというかなり性質の異なるラバーの話だが、同じ中国ラバー同士でも、あるいはテンションラバー同士でも、威力の出る打ち方が異なり、そのラバーが持つ性能を100%引き出すには数ヶ月単位で打ち方をあれこれ試行錯誤しなければならないのではないだろうか。

テナジー05に適した打ち方、ファスタークG1に適した打ち方というのが違っているとしたら、テナジーを使い慣れている人がG1を打ったときに「全然回転もかからないし、飛ばない」という印象を受け、逆にG1を使い慣れている人がテナジーを打ったとき、「ボールが軽い」といった印象を受けたりするのではないだろうか。最近流行りの粘着テンション09CとかZを使った場合も同様で、ふだんの打ち方に合わないラバーだと「ボールが落ちる」とか「棒球になる」といった評価になるのではないか。

そう考えると、たかだか数時間から数日試打しただけの用具レビューというのは全く意味がなくなってしまう。同じラバーでも打ち方によって回転がかかったり、かからなかったりして、そのラバーの本来の性能を発揮するような打ち方を身につけるには、数週間から数ヶ月試行錯誤しなければならないからだ。それはラバーだけでなく、ラケットでも似たようなことが言えるかもしれない。

これは私の狭い経験から導き出した仮説に過ぎない。世の中には私の仮説を覆すような、「どんな打ち方をしてもよく回転がかかり、スピードの出るラバー」と、「どんな打ち方をしてもイマイチのラバー」というのがあるのかもしれない。しかし、中級者レベル以下のレベルで考えれば、ある程度評判のいいラバーなら、どれでも打ち方を工夫すれば満足の行くショットが打てるのではないかと思う。

というようなことを下の動画を見て考えた。
無題

【卓球グッズWEB】低評価から最高評価へ。打てば打つほど良くなるDNA PRO Hを分析【用具検証クラブvol.3】



最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ