しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

アクセルか、ブレーキか――踏み込みについて

サービスを出すときに床をダンっと蹴ったり、フォアドライブを打つときにグッと右足で踏み込んだりする。そうすることで回転がかかったり、威力のあるショットが打てるのではないかと私は思い込んでいる(冷静に考えると、サービスの時に足を踏み鳴らして回転量が増えるかどうかは疑問だが)

この踏み込みという動作にはアクセルとブレーキの働きがあると思う。

たとえば野球のピッチングで非利き足をグッと踏み込むことは球威を上げるのに重要な役割を果たす。これはアクセルだろう。卓球でもフォアドライブで体重移動しながら非利き足をグッと踏み込むことは球威を上げるのに役立つはずだ。

他にも相手のショートサーブに対するレシーブ時に前に移動し、右足でグッと踏み込んでツッツキをしたりする場合は右足の踏み込みがブレーキとして働いていると言える。もしこの「グッ」というブレーキがなければ、ツッツキのとき、台上で前に突っ込みすぎてしまい、次の動作が遅れる原因になるだろう。

前記事「○球目にご用心」で1球目を終えて3球目に備える、あるいは2球目を終えて4球目に備えることの重要性を再認識したので、最近はできるだけ素早く次の動作に移れるように気をつけている。

ツッツキのときに右足でグッとブレーキをかけて、すぐに台から距離を取るようにしているのだが、ここで私の右足は上述の私の考えとは異なる働きをしていることに気づいた。

私は相手のサーブをツッツキするとき、相手のインパクトの前に助走として少し足をバタバタ動かし、インパクトの瞬間、ショートサーブだと分かると、2~3歩小さくポジショニングして、ボールを正面から迎えられるようにする(ペンホルダーのツッツキはシェークより正面ぎみでボールを迎えるので)。その最後の1歩が右足になるのだが、そのときの右足の「グッ」はどちらかというと、アクセルのような「グッ」になるのである。

踏み込み

私が想像していたように、体が前に行こうとする力を止めるのに右足を使っているわけではなかった。

小さなステップで台に接近して、最後に右足を踏み込んでから右腕を少し伸ばしてツッツキをする。時間的な余裕がある時は、前に突っ込むようなことはなく、あまり前傾姿勢にもならない。右足はブレーキではなく、むしろアクセルのように働く。このようにツッツキ時に右足を利かせると、攻撃的な深いツッツキが打てる。しかも、その右足はそのままブレーキにもなり、私の身体を台から後ろに移動させる働きもするのである。

右足の踏み込みはフォア側の打球全般で使うと思うのだが、フォアツッツキの場合、

右足の踏み込み→打球→右足に体重を載せたまま後ろに戻る

という流れになるので、右足の踏み込みはアクセルであると同時にブレーキでもあったのである。
以下の王皓選手の動画のようなイメージである。


1分ほどオープニングが続くので、下のリンクから視聴されたい。
https://youtu.be/zyEMKbalUxw?t=58

同じく右足で踏み込むフォアドライブではどうだろうか。

通常(?)は

右足の踏み込み→打球→左足の踏み込み

のような流れになると思うのだが、そうすると、右足の踏み込みはアクセル、左足の踏み込みがブレーキということになるだろうか。しかしこうすると体が左に流れてしまい、次の動作が遅れてしまう。

上手な人のフォアドライブを動画で見てみると、

FD踏み込み
右側に体を傾け、右足でグッと踏み込む


FD伸び上がり
打球後、左右のどちらにも偏らない中立の姿勢


FD戻り
左足でブレーキ…あれ?左足が仕事をしていない。




https://youtu.be/5TWreEciHGc?list=PLsb_4V4-v9foxwDadaD_P7P3n5JtqcbNo&t=81

左足の踏み込みでブレーキを掛けていない。打ち終わったときに左足にはとりたてて体重が載っているわけでもなく、ちょうど中立の姿勢で終わっている。左に体が流れない。

フォアドライブってこうやって打つのか…。なるほど、こうすれば次の動きにすばやく移れる。

今までの私のフォアドライブは、右足で踏み込んで左足でブレーキをかける、大振りで効率の悪いフォアドライブだったのか。

フォアサービスの場合はどうなるのだろう。私は今までフォアサービスのインパクトと同時に左足をダンッと踏み込んでいたのだが、もしかしたら、左足を踏み込むことによって3球目への準備が遅れていたのかもしれない。ツッツキとフォアドライブの考え方をフォアサービスにも援用すると、フォアサービスでも左足にはあまり体重を載せず、右足に載せたまま後ろに下がったほうがいいということである。

そういえば、「右から左、後ろから前への体重移動というのは時代遅れだ」という上級者の意見をどこかで聞いたことがある。こういうことだったのか。踏み込みというのは両方の足でするのではなく、片足だけで完結したほうが次の動きにすばやく移れるということが分かった。


郭子琦

上の動画のモデルは郭子琦選手。ジュニアの選手である。いつか日本女子代表と戦うことになるかもしれない。

○球目にご用心――台との距離

昔、TOEICという英語のテストを受けたとき、リスニングの問題が難しくて全然答えられなかった。会話文を思い出して選択肢を選んでいる間に次の問題に移ってしまい、ひどい結果だった。

私はリスニングの問題でどうしてあんなにボロボロだったのか思い返してみると、日本語の構造と無関係ではないように思う。

日本語は重要な情報が最後に来る。

「ご依頼の件は、担当者が説明に参り…」

まで来ても、まだ諾否が決まらない。

「参ります」なのか「参りません」なのか、ここを注意して聞かなければとんでもない誤解をしてしまうことになる。そうかと思うと、「参りますが…」などと、どんでん返しの展開も想定しなければならない。日本語では文末に最大限注意しなければ重要な情報を聞き逃してしまうおそれがある。

こういう日本語の構造に慣れてしまっているため、私は英語を聞くとき、前半は流しながら聞き、最後の部分だけ集中して聞くという癖が染み付いてしまっていたのだ。英語では逆に主観的な態度や時制、肯否などの重要な情報が助動詞などによって前半に提示されるので、前半を集中して聞き、後半は流しながら聞くべきだったと後悔した。

TOEICのリスニングで私は文意のかなめとなる前半部分をむざむざと聞き逃してしまったためにテストの点数が振るわなかったというわけである。

-----------
唐突に卓球の話になるが、卓球で何球目が大切だろうか?

「それは3球目に決まっている」
「レシーブ側なら2球目だ」

などという意見が出てきそうだが、たいていのポイントが5球目までで終わることを考えると、1球目のサーブが大切なのは言うまでもないし、2球目のレシーブが大切なのも当然である。3球目は攻撃のチャンスだし、4球目はそれをどう止め、反撃に転じるかの境目になるし、すべての球目が大切だと言っても過言ではない。1球たりともおろそかにはできない。

では聞き方を変えて、何球目に最も気をつけなければならないだろうか。

私はサーブ側なら1球目、レシーブ側なら2球目が最も気をつけなければならない球目だと思うのである。なぜかというと、サービスというのは台にピッタリくっついて出す人が多い。
下の森園選手のように台のサイドにまで入り込んでサーブを出す人もいる。

morizono serve

そして相手の次のレシーブが深いツッツキやチキータだった場合、距離が近いだけにかなり早くボールが自分の打球ポイントに到達してしまうことになる。上手な人はサーブを出した瞬間にすぐに飛び退くように下がることができるが、多くの初中級者の場合、ここの対応が遅れ気味で、1球目のあと、ボーッとしてしまうことが多い。そして、あっと気づいたときにはボールはすでに自分の打球ポイントまで迫っている…。そのため詰まってまともな打球ができなくなる。

「おかしいなぁ。練習では3球目が打てるのに試合ではちっとも打てない」

こういう人が初中級者に多いと思う。練習の時は打ち慣れている相手なので、どんなボールが来るかなんとなく予測できるので台との距離が近くてもなんとかなるが、試合ではそうはいかない。

レシーブのときも相手がショートサーブを出したら、台の中に右足を踏み込んで台に最も接近した状態になってしまうが、そこで3球目を打たれたり、相手に深いボールで突かれると、詰まってしまう。ポジションが台から近いので、軽いフリックもかなりのスピードに感じられる。サーブのときと同様に初中級者はここの判断が遅いのでまともに相手の3球目に対応することができない場合が多い。

その後、うまく4球目をしのぎ、5~6球目となると台からある程度距離ができているので、ちょっと反応が遅れてもなんとか対応できる場合が多い。

3球目や4球目で攻撃するのが難しいのではない。1球目、2球目という台に最も接近した状態からすばやく距離をとって3~4球目に備えることが難しいのだ。冒頭のTOEICでの失敗のように、私は1~2球目をなんとなく「打ち流して」しまい、3~4球目に集中していいショットを打とうとするのだが、それでは遅いのである。1~2球目が終わるか終わらないかの瞬間こそが最も集中していなければならないときなのである。

最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ