しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

節目の一本――用具の値打ちについて

春の新製品が発売された。
私が注目したのは、バタフライの高級ラケット 林昀儒 SUPER ZLCである。性能やデザインに惹かれたというわけではない。ついに実売3万円台のラケットも珍しくなくなってきたと感じたからなのである(下は国際卓球の価格。激安ショップなら、もっと安い)
lin yun ju ZLC

LIN YUN-JU SUPER ZLC 37,620円(税込)

この不景気にこんなに高い用具をいったい誰が買うのだろうか。別に高いラケットを買ったからって卓球が上手になるわけでもあるまいし。それほどの値打ちがあるものだろうか?
--------------

散髪屋で髪を切ってもらいながら、店員さんの腕を見ると、スマートウォッチがはまっていた。
この手のガジェットが使い物になるのかどうか、前から気になっていたので、スマートウォッチの使い勝手などについて質問してみた。

apple-watch-series-6
しろの「それ、スマートウォッチですよね。おいくらぐらいするんですか?」
店員さん「アップルウォッチなので、6万ぐらいしますね。」

し「へぇ。私のケータイ本体よりもはるかに高いですよ。それ自体でケータイとして使えるんですか?それともアイフォンがないと機能しないんですか?」
店「それ単体で電話ができるタイプもあるんですけど、もう少し高くなります。これはアイフォンが近くにないと使えませんね。」

し「もっと安いやつもありますよね。」
店「僕はアイフォンをずっと使ってるので、スマートウォッチもアップルで統一したかったんです。
毎日仕事で腕にはめて、防水もあるので、このままシャンプーもできるし、仕事の後にジムに行ってワークアウトのデータとかも記録できるし、一日中使えるんです。6万円は高いですが、毎月5000円払うと思えば、1年で元が取れますから、そんなに気になりません。」

し「平成なら、男は車とかバイクとかにお金をかけたりしましたよね。」
店「中京区(※京都市の中心部)に住んでいるので、車は必要ないですし、買って趣味で乗るとしても休日だけだから、ほとんどガレージの中に置いとくことになるので、もったいないですよ。」

し「なるほど。そう考えると、毎日使える時計なら、あまり高く感じませんね。」
店「でも、いつか100万円ぐらいのロレックスを1本買いたいと思ってるんですよ。」

し「え、時計に100万!? 商談のときとかにはめてると、見栄えが良いからですか?」
店「いえ、高級時計は値崩れしにくいので、資産にもなりますし、いつか自分の店を持ったときに自分へのご褒美として買いたいんですよ。」

し「私は4桁の値段の時計しか自分で買ったことがないですよ。」
店「そういう人生の節目に高い時計を買ったら、『あぁ、オレはがんばったな』って励みになると思うんですよ。腕にはめて仕事中に眺めたら、仕事もがんばれますし。」

--------------
店員さんのお金のつかい方が、私と全然違うので、新鮮に感じた。
一見高い買い物も、毎日(あるいは頻繁に)使うのであれば、1回あたりの「使用料」は大したことはない。

また、店員さんの買い物についての考え方で感心したのは、ほしいものがあれば、高くても妥協しないという点である。

たとえば私がアップルウォッチがほしいと思って、アマゾンやらヨドバシやらのサイトを見れば、類似品がもっと安く売っている。性能的にアップルウォッチの80%ほどで、値段が半分だったら、私は迷わず類似品のほうを買ってしまうだろう。しかし次第に不満な点も出てきて、別の類似品に買い換えることになるだろう。もしかしたら、買い替えたものにも不満で、結局もう1台ぐらい買い換えることもありうる。結果としてアップルウォッチを3~4年使い続けるよりも割高になってしまう。

そして人生の節目に、記念として買い物をするという発想である。
私は何となくお得なものが目に入ったら買ってしまうという悪い癖を持っている。「ほしいけど、高いから買えないな」と思ってためらっているモデルがある一方で、特売品やら中古品やらで5~6千円ぐらいのラケットがあると、「ずっとほしかった」というモデルでなくてもつい買ってしまう。特に思い入れもないので、数回使ったら、別のラケットに替えてしまったりする。ずっと気になっていたラケットを買って、3~4年も使い続けるよりも、はるかにお金がかかる。

さらに買ったものが励みになるという価値観である。
自分ががんばったから買ったという大義名分があるので、なんとなく買ったものよりも思い入れも生まれるし、なによりもその時のがんばりを思い出して、「私はやりとげられる!」という自己肯定感の源泉となる。パワースポットならぬ、パワー用具である。

人が何かを買うとき、その人なりの理由がある。その理由を聞くと、その商品が不思議とかけがえのないものに思えてくる。逆に特に理由もなく、安いから買ったというだけでは、その商品の価値を高めることはできない。ラバー込みで、実売1万円台前半という標準的?な価格のラケットでも、それを買うに至ったストーリーがあれば、そのラケットは持ち主にとってかけがえのないものとなる。したがって他のラケットに目移りしなくなる。いつも他のラケットのことが気になる私のような人間は、今使っているラケットに大した価値を見出していないからだろう。

商品の値打ちというのは、まさに買う人によって決まるということを散髪屋のお兄さんから学んだ。3万円台のラケットを買う人は、きっとなんとなく買うわけではないのだろう。

ちなみにニッタクの新製品ではキョウヒョウ龍5が3万円台である。
馬龍5

「意識的なプレー」と「無意識のプレー」

最近の私のゲーム練習の一コマ。
Mさんはペンドラで、中陣から豪快なドライブを打ってくる。スピードもあるが、回転量が多いので、ちゃんとブロックできない。ブロックできても止めるだけの甘いブロックなので、連続でドライブ強打を打たれてしまう。
「なかなかミスしてくれない…安定してるなぁ。」

そうかと思うと台上で厳しいフリック。ボールのスピードが速い!
「あんな低いボールを強打してよく入るなぁ。」

といっても、Mさんもマスターズとかに出られるレベルには程遠い。そのへんによくいる「強い人」である。レベルの低い中級者同士のゲーム練習でこれなのだから、上級者ならもっと厳しいボールが飛び交うことになるのだろう。
--------------
アマゾンプライムでTリーグを見るようになって(前記事「Tリーグの未だ…」)、だんだんTリーグがおもしろくなってきた。Tリーグのおもしろさは、なんといっても解説だと思う。卓球の指導者がプロの試合をわかりやすく解説してくれて、勉強になる。ほとんどコメントしない解説者もたまにいるが、だいたいの人が上手に解説してくれて、時には実況のほうが聞き手に回ってしまうほど、卓球を熱く語ってくれる解説者もいる。そういう解説はとてもおもしろい。

最近見た、リーグ最下位のトップおとめピンポンズとリーグ最上位の木下アビエルの試合。
バック表の木原みゆう選手と、シンガポール代表のリン・イエ選手の対戦である。木原選手のバックハンドのピッチの早さとリン・イエ選手の男子並みのフォアドライブの威力のぶつかり合いである。
木原リン・イエ

が、解説では、そういうボールのスピードとか威力とかについての言及はほとんどなかった。

(木原選手は)リン・イエ選手がサービスのときも、ストップレシーブが本当によかったですよね。…リン・イエ選手の攻撃をさせないで自分で攻撃してたので。
(実況)「ストップレシーブで相手にそのまま返させないシーンもありましたからね。」
そうですね。そして長いサービスを読んでの回り込みドライブ。本当に読みどおりの試合だったなと思いますね。

12/11 トップおとめピンポンズ 対 木下アビエル(森本文江氏解説)

木原選手の読みが今、当たっているので、全部打ちに行こうとしているんですね。…打ち急ぐと、勝ち急ぐとミスになってしまいます。
自分の読みが当たると、全部がチャンスボールに見えるんですね。


2/18 トップおとめピンポンズ 対 木下アビエル(森本文江氏解説)

木原選手のバック表の鋭いミート打ちは?リン・イエ選手のドライブの威力は?
解説の中心は、ボールのスピードや威力ではなく、選手がどんなことを考えてサーブやレシーブでコースを突いているかばかりである。

プロの試合では、ボールの威力というのは大した問題ではないのだろうか?

威力といえば、水谷選手が全日本決勝の一つ一つのプレーを細かく解説してくれる下の動画。
森薗政崇選手にはチキータという得意技があるが、及川瑞基選手にはこれといった得意技がない。しかも及川選手の球威は水谷選手に「威力なさすぎ」と言われるほどである。それでも及川選手が強いのはなぜか。

読み合い
水谷隼 全日本決勝を語る 第2ゲーム
https://www.youtube.com/watch?v=3t0A4N48s5I&t=607s

試合の序盤、及川選手は森園選手のバック側に2本連続でロングサービスを出す。
水谷選手によると、2本連続のロングサーブは森園選手にとって「想定外」のはずだそうだ(第1ゲームでの解説から)
その意外な選択にも森園選手はうまく対応し、ミスせずレシーブできた。

「(森園選手が)仕上がっていなければ、…バック側への2本目のロングサービスは返せないと思います。」
「今は完全に森園が有利ですね。次の及川のサービスのときはロングサービスを待たなくていいようなものなので。」

その後、森園選手は得意のチキータを出してくる。水谷選手の言った通り、及川選手はショートサービスを出してきたのだ。

「あそこ(ロングサーブ2本の次のサーブのターン)で及川がバック側にロングサービスを出せていたら、本物なんですよ、読み合いとしては。」
「あの2本(のロングサービス)を取られた(うまくレシーブできた)ことによって森園がチキータをできるようになってしまうという…」
森園チキータ
積極的にチキータを使い出す森園選手

「またチキータですね。バック側にロングサービスがないってことが分かっちゃってるんで」

次の及川選手のサービスのターン。及川選手は森園選手のチキータを警戒して今度はロングサーブを出すが、及川選手の狙いを読んで、森園選手は回り込んでフォア強打。

森園回り込み

FDで打ち抜く
レシーブ強打一発で打ち抜かれる及川選手

「森園、うまかったですね」
「完全に優位に立ち回っているんですね、読み合いでは。」
「たぶん森園からしたら、さっきいいチキータを2本したから、次はチキータをさせないサービスだろうと逆に今度は一気にロングサービスを警戒していたと思うんです。」

「完全に及川はハマってるんですよね」
「(及川選手は)森園が考えていることをそのままやってしまっている」
「どこかで断ち切らないといけない」
「このままだと、ずっと森園の罠にハマったままサービスを出さなければいけなくなるんで」

「(森園選手は)相手のことをしっかり把握して、『絶対にこれはないだろう』というのを自分の読みから外して自分が待つところを限りなく狭めてしっかりそこを狙い打っている
「相手がうまくバック側にロングサービスとかフォア側に逆を突いても、(森園選手は)結構対応してるんですよね、変なミスがないので、無意識でできるプレーもかなりいい状態だと思います。」

なんだか私にとっては異世界の会話のようである。
卓球の試合ってこんなに考えながらするものだろうか?
この解説からわかるのは、卓球には「意識的なプレー」と「無意識のプレー」の2つがあるということである。意識的なプレーというのは、相手の狙いや考えを読んで、その裏をかくようなプレーであり、無意識のプレーというのは、予測ができず、その場で反射的に行うプレーということになる。及川選手は2ゲームまでは読み合いに負けていたが、3ゲーム目からは読み合いで優位に立っていく。及川選手が強いのは、技術の精度もさることながら、相手の先手を取れる読みの鋭さにあるのではないか。

Tリーグの試合解説や水谷選手の全日本の解説を聞いて、プロのレベルの試合ではボールのスピードや威力というのは二の次で、相手のサーブ・レシーブを読んで、いかに相手の狙いを外しつつ、自分が先手をとるかという「意識的なプレー」が重要だということが分かった。

私のプレーは9割以上「無意識のプレー」である。打てそうなボールが来たら、全力で打ち、打てなそうなボールならつなぐ。これだけである。しかしプロはおそらくほとんどの場面で意識的なプレーをしているのだろう。意識的なプレーが冴えていれば、ボールの威力がない選手でも試合に勝つことができるのである。

しかし、これはあくまでもプロの試合の話であって、初中級者の試合では予測や読みよりも、ボールの威力のほうが…いや、もしかして無意識のプレーの精度の低い中級者の試合でこそ意識的なプレーが有効なのではないか?

最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ