しろのたつみ



卓球について考えたこと、
気づいたこと(レベル低いです)
を中心に中級者の視点から綴っていきます。




当ブログでは皆様からの寄稿を募集しております。卓球について意味のある主張を発表したい方はshirono.tatsumi◯gmail.comまで原稿をお寄せください。

コメントについて:
コメント欄は他の読者が読んで意味のある情報交換の場としてご利用ください。当ブログの方針(察してください)に沿ったご意見は公開します。返信しにくい場合は公開のみとさせていただきます。指導者ではないので、技術的な質問には答えられません。中傷等は論外です。なお、メールアドレスは公開されません。

動いて、考えて、また動く――自分だけの打ち方

運動でも勉強でも、「まず動く、そして考える」ことが大切です。そうして何度も成功や失敗をくり返しながら工夫を重ねると、きっと、自分にとって最高のものを実現できます。

勉強で「まず動く」というのが何を指すのかはっきり分からないが、運動に関しては「まず動く」というのは大切だと思われる。というのは、最近は卓球の情報が非常に多いので、動く前に考えてしまうことが多いからだ。

「考えてから動いてもいいじゃないか」

という意見もあろうかと思われるが、私も「動いてから考える」のほうがいいと思う。というのは、「動いて」の後なら疑問が生じやすいからである。初めから「正解」を知ってしまっていて、疑問がない状態で考えると、なんというか、考える幅が狭くなってしまう。

わたしが走り方を工夫し始めたきっかけは、高校生のとき、当時取り組んでいた走り方にぎもんを感じたことでした。それは、「ひざを高く上げて」「あしを思い切り後ろにける」、つまり大きな動作で走るというものです。そうすれば、速く走れるといわれていたのです。

カール・ルイス

といっても、何もない、まっさらな状態から考えるのも難しい。考える「たたき台」のようなものがあると、考えやすくなる。ここの「大きな動作で走る」というのを「大きな振りでスイングする」に置き換えれば、卓球にも通じる問題になりそうだ。

あるとき、「ひざを高く上げるような大きな動作をせずに走ったらどうなるのか。」と思いつきました。

たしかにひざを高く上げることは必要です。でも、それは地面をより強くふむために必要なのであり、ただ高く上げることに意味があるわけではないのです。同じひざを高く上げる動作でも、地面を強くふむことを意識して行うことが大切なのだと気がつきました。

卓球で小さなスイングで振ったらどうなるのだろうか。やはり威力のあるショットにはならないのだろうか。大きなスイングはボールをより強く打つために必要なのであり、ただスイングを大きくすることに意味があるわけではない。そうではなくて小さなスイングでインパクトを強くする方法があるのではないか?インパクトを強くするために本当に必要なことは何なのか。

このように、いろいろためしながら、自分に合ったあしの動かし方やうでのふり方を考えました。そうすることによって、自分にとって最高の走り方を見つけることができた気がします。人によって、ほねの長さや筋肉のつき方はちがいます。ですから、習ったことをなぞるだけでは、自分に合った走り方を身につけることはできません。何がむだか、そうでないかは自分で動いてみて発見するしかないのです。(高野進「動いて,考えて,また動く」より)

人によって体の作りが違うのだから、理論先行で、自分の体を理論に合わせるというのでは本末転倒である。自分の体に合った打ち方、自分だけにしかできない打ち方を、時には理論の助けを借りて、模索するというのでなければならない。
最近は情報が氾濫していて、自分の体がどうなっているのか、自分にとって打ちやすい打ち方は何かということをつい後回しにして、安易に理論に従ってしまいがちである。

人間は,自分の手を動かし,頬に風が当たっていろんな感じを受け,それで脳が刺激されて進化してきたんだと思います。脳が先に進化して,それからいろんなことができるようになったわけではありませんからね。(「「動いて,考えて,また動く」で伝えたいこと」)

卓球で言えば、ボールを打った感覚を確かめ、それに刺激されて考えるというプロセスが大切なのではないだろうか。一度、理論などは全て忘れ、一番自分に合った打ち方を虚心に自分の体に聞いてみたほうがいいのかなと最近思っている。

貫く棒の如きもの――軸を意識する

健康のために街なかを走っている人をよく見るが、ときどきうっとりするような美しい走り方をしている人をみかける。
city running

まるで「動く歩道」がその人の足元にあるのではないかと錯覚するような滑らかな動きで水平移動していく。地面反力を効果的に使って柔らかく走っている。体幹がぶれないので、ほとんど力を入れずに楽々と走っているように見える。専門的なことはよく分からないが、こういうのを「軸が通っている」というんだろうな。

correct

卓球でも「軸」の感覚について言及されることが多い。一本の棒が頭から股の間までを貫いているような意識でスイングするといいなどと聞いたことがある。今まであまり疑問に思っていなかったのだが、よく考えると分からない点が多い。

卓球における軸のイメージというのは、上の図のような細い棒のようなものだろうか。あるいはもっと太い丸太のようなものだろうか。太さのイメージが変わることによってスイングの運動も変わってくるだろう。細い棒のようなイメージよりも太い丸太のようなイメージのほうが体幹を旋回させるイメージが強くなる。グルグルとよく回りそうなイメージである。固さはどうなのだろう?ガチガチに硬くて決して曲がらないようなイメージなのか、あるいはある程度柔らかくてしなったりするイメージのほうがいいのだろうか。卓球では前傾姿勢なのだから、まっすぐの棒のイメージではなく、支点を持った棒のイメージのほうがいいのだろうか。
そもそも実在しない軸について「何が正しいか」などというのは愚問かもしれないが、イメージが鮮明であればあるほどそれを意識したときの身体の動きも鋭くなっていくだろうから、イメージもバカにできない。

身体の軸はコマの様に縦に延びる軸の感じですが、上半身の傾きにより変わる為、常に垂直ではありません。(「体幹軸とは?」)

ネットでこんな記事を見つけた。この記事によると、支点がある棒ではなく、傾く棒をイメージするといいらしい。

そして体幹軸は、単にその軸だけではなく腕全体の内旋外旋につながり、それが円運動に発展し、結果的に野球では投球フォームになりテニスではボールを打つフォームになっている訳です(^ ^)(「体幹軸の感じ方」)


あぁ、これはなんとなく分かる。しかし、軸を意識して体幹を旋回させることによって腕の旋回が生まれ、円運動に発展するなんて…夢のある話だなぁ。これぞまさに「体全体を使ったスイング」と言えるだろう。


軸ということを考えることによって身体を効率的に使うことができるようだ。


フットワークの向上にも役立つらしい。




とりとめもない内容だが、今回は以上である。


最新記事
記事検索
プロフィール

シロノ タツミ

カテゴリ別アーカイブ